新着Pick
SPD1KCW1BMW25VKB
産業用機械・機器卸
JPN

産業用機械・機器卸 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
電気・機械専門卸
>
産業用機械・機器卸
建設機械、工作機械、計測機械、FA機器等、工場、倉庫、研究等で設置、使用される各種機械、機器の卸売を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
ソフトバンクが中国の産業用自律型モバイルロボットYouibotの16.9億円のラウンドをリード
TechCrunch Japan
|
Softbankが、繁栄する中国の産業用ロボットスペースで、その新たな賭けの対象を選び出した。その投資対象であるYouibot(ユーアイボット、優艾智合)は、さまざまなシナリオのための自律型モバイルロボットを作る創業4年のスタートアップだ。
50Picks
アップル、「iOS 15」通知設定やiPadホーム画面を刷新へ-関係者
Bloomberg
|
米アップルはモバイル機器用ソフトウエアの大幅刷新を準備していることが事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。通知設定のアップグレードや「iPad(アイパッド)」のホーム画面のデザイン変更、ロック画面のアップデート、主力製品のプライバーシー保護機能強化などが含まれるという。
17Picks
ダイキン、家庭用エアコンの国内販売台数17年ぶり首位へ コロナ後、換気できるエアコン人気
産経ニュース
|
ダイキン工業が令和2年度に家庭用エアコンの国内販売台数で約19%のシェアを獲得し、パナソニックを抜いて17年ぶりに首位を奪還する見通しとなったことが13日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大後、「業界唯一」という換気機能をアピールし販売を拡大した。空調機器メーカーで売上高世界首位のダイキンだが、国内の家庭用ではパナソニックの後塵(こうじん)を拝していた。
14Picks
半導体の供給不足の状況を調査、自動車だけでなく産業用機器への影響も広がる
MONOist
|
MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「半導体・電子部品の供給状況に関するアンケート」を実施した。調査期間は2021年2月17日~2021年3月16日。有効回答数は201件。本稿ではその内容について紹介する。
55Picks
コロナ禍で家庭用ミシンが好調、200万円の超高級機も登場!
ニュースイッチ
|
200万円の超高級機も登場 新型コロナウイルス感染症の影響はマイナス面だけではない。これまで下降傾向だった産業に再び明かりをともした例もある。家庭用ミシンはその一つ。外出自粛などの「巣ごもり需要」を取り込み、好調の波に乗る。主要メーカーの業績も堅調に推移する。一方で工業用ミシンはコロナ禍によるアパレル業界の停滞が直撃し低迷気味。ただ、非アパレル需要の開拓や「縫い」の技術進化に向けた研究開発な...
61Picks
米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導体需要好調
Reuters
|
[24日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディアは24日、第1・四半期(2─4月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲーム機器やデータセンター向けのグラフィックス用半導体需要が強いと見込む。
13Picks
2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。現在は液体の有機電解液が使われているリチウムイオン電池が主流だが、これに代わる新しいEV用バッテリーとして国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2007年から同じリチウムイオン電池ではあるが、液体ではなく固体の無機電解質を使った全固体電池の開...
102Picks
米ロボットベンチャーOSAROが語る、「ロボットが苦手なもの」をピッキングできるワケ
ビジネス+IT
|
ピースピッキングや工場自動化を対象に、産業用ロボット向けの機械学習ソフトウェアを中心とした技術開発を行う米国のスタートアップOSARO(オサロ)。深層学習を使って従来は難しかったピースピッキングの自動化を可能にしようとしている会社だ。ばら積み、透明、光を反射する、変形しやすい物体はロボットが苦手としている。OSAROはこれらの物体のピッキングを安価なセンサーで実現可能にすることから、知る人ぞ...
34Picks
高温ガス炉で水素製造、30年めどに技術開発/政府
電気新聞ウェブサイト
|
◆天然ガス価格並み目指す 政府は2050年カーボンニュートラルに向け、高温ガス炉を活用した水素製造の技術開発に注力する。今年、再稼働を見込む高温工学試験研究炉「HTTR」などを活用し、30年をめどに水素製造の技術開発を進める。「実質ゼロ」達成にはカーボンフリー水素が必要で、原子力技術を活用すれば大量、安価に供給できる可能性がある。発電、産業用の熱供給と併用することで、50年に天然ガス価格並み1ノ
16Picks
産業用センサー大手Teledyneが赤外線カメラのFLIRを約8300億円の現金と株式で買収へ
TechCrunch Japan
|
産業用センサー大手のTeledyneは、センサーメーカーのFLIRを株式と現金合わせて約80億ドル(約8300億円)での買収を予定しており、買収は年内に完了する見込みだ。Teledyneはプレスリリースで、FLIRの事業は既存の製品と競合するのではなく、補完的なものになると述べている。 FLIRのテクノロジーはiPhoneを含むモバイルデバイス向けに設計されたアドオンサーマルカメラを通じて、...
22Picks
“匠の技”を担う。工作機械に宿る先端技術がスゴい
ニュースイッチ
|
“匠の技”を機械が担う―。少子高齢化などにより製造業で熟練技能者の減少が深刻化する中、工作機械業界で機械の自動化を進化させる技術開発が加速している。工作機械による高付加価値な加工の実現に向けて、計測や人工知能(AI)などの先進技術を機械に搭載。熟練技能という“無形資産”を紡ぎつつ、日本の産業競争力を維持・向上する上で、工作機械メーカーが果たす役割は従来以上に大きくなってくる。 高精度加工「誰...
22Picks
ハネウェル、生命科学ソフトウエア会社買収へ-全額現金13億ドル
Bloomberg
|
米複合企業ハネウェル・インターナショナルはライフサイエンスに特化した産業用ソフトウエア会社のスパルタシステムズを13億ドル(約1350億円)で取得することで、同社と合意した。ハネウェルのダリウス・アダムチック最高経営責任者(CEO)が2017年に就任して以降、最大規模の買収となる。
69Picks
中国農業用ドローン「XAG」が業界最高額の190億円を調達、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号出資
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
農業用ドローン開発大手「XAG(極飛科技)」は、新たに12億元(約190億円)を調達したことを明らかにした。出資を主導したのは「百度資本(Baidu Capital)」とソフトバンク・ビジョン・ファンド2で、ほかに「創新工場(Sinovation Ventures)」「越秀産業基金(Yuexiu Industry In
1001Picks
ビル・ゲイツと選ぶ、2019年注目の「ブレークスルー・テクノロジー10選」
MIT Technology Review
|
ロボットが、現実世界の扱い方について自ら学んでいる。機械が人間の雇用を奪うなどと言われているが、産業用ロボットは依然として不器用で柔軟性がない。確かにロボットは、組立ラインの部品を、驚くべき精度...
908Picks
労働時間が短いドイツ人が、日本人よりも労働生産性が高い理由
ライフハッカー[日本版]
|
機械産業が盛んな国同士として、ドイツは日本に近しいですが、その働き方は全く違います。労働時間は日本人よりも短く、それでいて生産性は高い。なぜ大きく違うのか解説します。
827Picks
スマホで入店、スマホで支払い。モノタロウ、初の小売店は無人店舗です
ギズモード・ジャパン
|
ボルトに工具に作業服、1,500万点を超える品数に、ホームセンター好きはだれもがうっとりしちゃうECサイト、モノタロウ。ここを見ているといくら時間があっても足りません。真鍮グリーンボルトとか産業用ロボットで使う空圧機器もあったりして謎の物欲がぐぐっと。 閑話休題。そのモノタロウが初の小売店舗をオープンします。しかも無人店舗として!
735Picks
【3分図解】愛媛発のミウラが目指す「世界のスタンダード」とは
2019年5月に設立60周年を迎える産業用ボイラのトップメーカー、三浦工業。小型貫流ボイラから始まったその事業は、高度経済成長による社会の変化とともに進化を続け、戦後の国民の生活を支え続けた。熱...
134Picks
まさにウィズコロナ時代のフィットネス!Fitness mirrorが新登場
ライフハッカー[日本版]
|
世の中にはさまざまなトレーニング機器やダイエット機器がありますが、まったく新しいトレー二ング用デバイス「Fitness mirror(フィットネスミラー)」が登場しました。ウィズコロナ時代に適応した新しいフィットネスの形、と言えるのではないでしょうか?
652Picks
マイクロソフトのVR機器、日本でバカ売れの理由はビジネス用
ダイヤモンド・オンライン
|
企業向けバーチャルリアリティー(VR。仮想現実)デバイスの本命となるのだろうか。マイクロソフトが1月に日本で販売を開始したデバイス「ホロレンズ」が爆発的に売れている。何しろ、2016年12月に始まった先行受注での台数は、欧州やオセアニアなど米国以外の6カ国での販売台数合計の3倍に上った。
473Picks
実はスマホより便利なアマゾンの家庭用AI機器
日経ビジネスオンライン
|
米Amazon.comの音声アシスタント端末「Amazon Echo」を使い始めることで、スマートフォン(スマホ)の使い勝手にストレスを感じるようになった。使えば使うほど良さが分かるデバイスというのは、なかなか珍しい。
産業用機械・機器卸 概要
日本
シンガポール
マレーシア
インドネシア
インド