新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
WMS(倉庫管理システム)とは何か解説 代表的な製品や選定基準、導入事例まで
ビジネス+IT
|
倉庫需要が止まらない。首都圏であれば、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)周辺など少し郊外に足を運ぶと、巨大な物流倉庫が多数建設されていることに気がつくだろう。10万坪単位の倉庫面積を持ち、トラックが上層階まで往来可能なランプウェイ施設を備えた「メガ倉庫」と呼ばれる物流倉庫が、次々と建設されているのだ。その倉庫内の業務遂行に不可欠なのが「倉庫管理システム(WMS)」だ。本記事では、WMSとは何か...
2Picks
小売業向け物流コスト調査/WEBで1月31日まで実施、回答者には報告書
流通ニュース
|
日本ロジスティクスシステム協会は1月31日まで、物流コスト調査WEB簡易版(小売業向け)を実施する。 通商産業省(現・経済産業省)が定めた「物流コスト算定活用マニュアル」に基づき、荷主企業(子会社を含む)の売上高に占める […]
11Picks
うなだれたPepper、誰も並ばないセルフレジ。小売店舗の誰得テクノロジーはなぜ導入され続けるのか。2020年代を生き残るための3つの提案(FINDERS)
Yahoo!ニュース
|
「最新テクノロジーを導入しさえすればバラ色の未来」なんて来るわけがないIoT、AI、デジタルトランスフォーメーション…さまざまなテクノロジーのバズワードが小売・流通企業を賑わせている。今も昔もそうい - Yahoo!ニュース(FINDERS)
138Picks
「日本型IoTビジネス」の成否を分ける「2つ」の条件
NewsPicksアカデミア
|
あらゆるモノがインターネットにつながる「loT(Internet of Things)」。話題先行の”ブーム”から”実用段階”に移りつつあります。IoTは営業、製造、物流といった企業活動から私た...
318Picks
【対談】流通の最先端・D2C。次に勝つ企業はどこか
NewsPicks編集部
|
今、流通業界で注目される「D2C」。「Direct to Consumer」の略で、メーカーが商品開発から広告宣伝までを内製し、消費者へ商品を直接販売するビジネス形態だ。直接販売が大きなポイント...
19Picks
物流界の革命児に聞く「コネクテッドロジスティクス」とはなにか?(夏目 幸明) @moneygendai
マネー現代
|
物流業界の変革者を取材した。大和ハウス工業傘下の物流ITソリューション企業・フレームワークスの秋葉淳一社長(56歳)だ。今や物流の常識となったSCM(サプライチェーンマネジメント)を日本に導入し、その後、物流の異次元的効率化を実現する、「コネクテッドロジスティクス」も実現。そんな秋葉氏に業界の未来について聞いた。
32Picks
「海外に出ない」日本の若者が気付けない自らの「貧困」:磯山友幸
新潮社 Foresight(フォーサイト)
|
最近の若者は「内向き志向」だと指摘されているが……(写真はイメージです)  昨年秋、50代の夫婦が、シンガポールに赴任している娘を訪ねた。娘は誰もが知る日本の大手物流会社で働く。夫婦は航空会社の規定…
30Picks
「海外に出ない」日本の若者が気付けない自らの「貧困」(新潮社 フォーサイト)
Yahoo!ニュース
|
昨年秋、50代の夫婦が、シンガポールに赴任している娘を訪ねた。娘は誰もが知る日本の大手物流会社で働く。夫婦は航空会社の規定いっぱいのスーツケースにギッシリと荷物を詰め込み、娘の元へと運んでいった - Yahoo!ニュース(新潮社 フォーサイト)
127Picks
あの騒動から半年...LIXIL・瀬戸社長が挑む年功序列の打破
ニュースイッチ
|
―CEO復帰から半年、2019年を振り返っていかがですか。 「波瀾(はらん)万丈の1年だった。会社の先行きに不安を持った社員もいたと思うが7月以降は順調だ。社員や流通店、施工店などのパートナーには迷惑をかけたが感謝している。潮田洋一郎氏による拡大路線を引き締める必要があった」 ―国内事業の活性化に向けて新方針「変わらないと、LIXIL」を打ち出しました。 「年功序列から実力主義に変えて強い筋...
25Picks
“よそもの”の力で熊本は変われるか 衰退する「地方路線バス」会社の挑戦
ITmedia ビジネスオンライン
|
2019年秋、熊本に新たな商業施設「サクラマチクマモト」が登場した。バスターミナルを中心とした再開発であり、主体となったのは九州産業交通ホールディングス。クルマ社会により地方のバス会社は苦戦を強いられているが、どのような狙いがあるのか。経営支援を受けているエイチ・アイ・エスと一体となり、新たな地方創生のモデルとなれるか――小売・流通アナリストの中井彰人氏が鋭く切り込む。
354Picks
【物流】アマゾンが進める「自前配送」。宅配会社は生き残れるか
NewsPicks編集部
|
「宅配クライシス」が発生したのは、今から2年前の2017年でした。宅配ドライバーのサービス残業問題に端を発し、荷主企業のEコマース企業などに対して半ば強制的に値上げをし、さらに総量を規制しました...
11Picks
「バターを積んだ自動運転トラック」が北米大陸横断に成功
Forbes JAPAN
|
シリコンバレー本拠の自動運転テクノロジー企業「Plus.ai」は、トラック向けの自動運転に注力している。同社は12月10日、レベル4の自動運転トラックによる、米国横断貨物輸送を成功させたと発表した。同社の自動運転トラックは、カリフォルニア州・・・
33Picks
米大陸横断の快挙 シリコンバレー発の中国企業「Plus.ai」が自動運転トラックで冷蔵輸送
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
大型貨物トラックの自動運転技術を手がける「智加科技(Plus.ai)」が今月、レベル4の自動運転トラックを用いて米国の東西横断輸送に成功した。米国最大手の酪農協同組合「ランド・オ・レーク(Land O
45Picks
アマゾンに「配送用EV」納車するRivian、新規で13億ドルを調達
Forbes JAPAN
|
アマゾンやフォードが出資するミシガン州本拠のEV(電気自動車)スタートアップ企業「リヴィアン(Rivian)」は12月23日、新規で13億ドル(約1420億円)を調達したとアナウンスした。2020年後半から電動ピックアップトラックやSUVの・・・
19Picks
トヨタ:ドライバー不足で部品の物流を抜本改革、自社トラックで集配
Bloomberg.com
|
トヨタ自動車はトラック運転手の減少や環境問題の高まりを受けて国内の部品輸送の効率化に取り組む。個別の取引先に自社の工場へ部品を届けさせていた従来のやり方をトヨタが手配したトラックが部品メーカーを巡回して集荷する集荷する方式を強化する。
27Picks
アフリカの主要企業ランキング-アフリカ売上高トップ500企業リスト
note(ノート)
|
「アフリカに大企業ってあるの?」「売上規模だと10億円くらいあれば大企業?」「株式市場って存在しているの?」というようなことを、これからアフリカで事業を行おうとしている企業関係者からよく聞かれます。 アフリカにも大企業は多くあります。売上規模が大きい企業はどの程度の売上高があるのでしょうか。アフリカ最大のアルジェリアのSonatrachが330億ドル(約3.6兆円)、続く南アフリカの流通コン...
145Picks
「トラックに運んでもらう努力」がなぜ必要か、製造業に打撃の“輸送弱者”問題
ビジネス+IT
|
ドライバー不足などを理由に荷物を「運べない」、もしくは「運んでくれない」という悲鳴がたびたび聞こえてくるようになった。ここ数年、トラックで荷物を運ぶ運賃は上昇傾向にある。運賃が倍近くまで上昇し、製品の利益が大幅に削られているという嘆きも耳にする。また、運賃値上げを了承したのに今度は集荷や配送を渋られたり、最悪断られてしまうなど、配送体制維持に苦労しているメーカーや商社、問屋などもいる。物流危...
12Picks
日本人マーケターがイスラエルからお届け。スタートアップ大国の素顔に迫る【栗田宏美】
Agenda note
|
イスラエルから奮闘記をお届け  はじめまして、栗田宏美と申します。流通系カード会社であるクレディセゾンで広告宣伝やデータビジネスに携わり、現在はデータビジネス部に所属しつつCVC(コーポレートベ...
10Picks
欧州の一部大手銀、石炭火力発電への融資止まらず=環境NGO
Reuters
|
[ロンドン 5日 ロイター] - 非政府組織(NGO)で環境問題を扱うウルゲバルトと、銀行の融資活動などを調べるバンクトラックはこのほど、欧州の一部大手銀行が、新規の石炭火力発電所をなおも開発している電力会社への資金融資を間接的に続けているとの報告をまとめた。関連融資すべてを断つように要請している。ロイターが5日、NGOから報告書を入手した。
23Picks
父親のモヤモヤにワーママ「しっくりこない」1万字メール込めた思い
withnews.jp
|
子育てにまつわる葛藤を描く「#父親のモヤモヤ」が始まって半年近くが経ちました。仕事と家庭との両立に悩み、子育ての主体と見られず疎外感を覚える。そんな父親たちから反響が寄せられています。一方、家事や育児の偏り、会社での「マミートラック」など、女性が経験してきた困難を訴える母親からのメールも少なくありま
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン