新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
ソフトバンク・日本通運の新会社 物流事業者向け配車支援サービスの提供開始
LIGARE
|
ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)と日本通運株式会社(以下、日本通運)は、今年4月に両社が設立した物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck株式会社」(以下、MeeTruck)で、...
4Picks
【タイ】物流JWD、プーケットの貸倉庫会社を買収[運輸]
NNAアジア経済ニュース
|
【タイ】物流JWD、プーケットの貸倉庫会社を買収[運輸] タイの物流会社JWDインフォ・ロジスティクスは15日、同社の貸倉庫運営子会社が南部プーケット県の同業...
5Picks
AIチップ新興企業に成熟の兆し
EE Times Japan
|
ここ数年の間、AI(人工知能)チップ新興企業の“カンブリア爆発”(一気に出現すること)について書かれた記事が多くみられるようになった。初期に登場した一部の企業は、自社のAIチップを搭載したモジュール/カードなどを広く提供することによって、実世界においてデザインウィンを獲得したり、世界的な流通チャネルを構築するなど、成熟しつつあるようだ。
11Picks
ソフトバンク、日本通運と物流SaaSで新会社 配車やシフト管理を効率化
ITmedia NEWS
|
ソフトバンクが日本通運と共同で物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck」を設立したと発表した。輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。
10Picks
国交省が定めた「標準的な運賃」を運送会社が軽視しているワケ
ビジネス+IT
|
運送業界は、人手不足や経営の脆弱性にあえいでいる。国土交通省は、その状況を打破すべく、2020年4月、「標準的な運賃」を発表した。国内の物流網を守り、健全に経営しようとする運送会社を守るために告示された「標準的な運賃」ではあるが、しかし、標準運賃ではなく、「標準“的な”運賃」と、あいまいな表現を用いてた弱腰な施策に、実効力はあるのか。その経緯を振り返りつつ、課題を考えよう。
592Picks
【解説】アメリカで大ブームの「裏口上場」って何だ?
NewsPicks編集部
|
その会社は、マネーゲームが生んだ怪物なのかもしれない。「トラック版テスラ」として期待されてきた新興EVメーカーのニコラ。1台も自動車を販売していないのにもかかわらず、一時は時価総額が3兆円を超え...
15Picks
農家と物流会社をAIでマッチング 住友商事がサービス実証開始
LIGARE
|
住友商事が農業関連物流マッチングサービス「CLOW」の本格事業化に向け、実証実験開始を発表した。 住友商事は、現在の日本の農業関連物流について、各農家が自ら農産物を集荷場や卸売市場に持ち込む、農...
20Picks
日立物流が迫られる「成長戦略」の練り直し
東洋経済オンライン
|
これで日本通運に次ぐ陸運業界2位企業の誕生は遠のいた。9月24日、宅配大手の佐川急便の親会社であるSGホールディングス(HD)と、3PL(サードパーティーロジスティクス、物流の一括受託)大手の日立物流が、資本…
10Picks
製造から販売までPC上で完結するツールへ、アパレル特化型SaaS「AYATORI」が目指す流通改革 -vol.2-
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
いまなおアナログな業務が多いアパレル業界。特に、アパレル生産流通の原点であるものづくりの現場に関してはテクノロジーの活用事例は少なく、他業界と比べても大きく遅れてると言わざるを得ない。 アパレル特化型SaaS「AYATORI」を開発・提供する株式会社DeepValleyは、そんなアナログなサプライチェーンから脱却するべく挑戦を続けている企業の1つだ。 AYATORIは、生産管理業務に必須のデ...
172Picks
【DX塾:物流】「完璧」を目指す日本人と「最適」を目指す欧米人、DXが進むのは?
Future Stride
|
物流にイノベーションを起こした企業は、DXにより業界の地図を大きくかえようとしているがいずれも日本企業ではない。では日本の物流はどのようにDXしていけば良いのかー。ヨーロッパ最大の戦略コンサルテ...
32Picks
Nikolaの会長スティーブ・ガースキー氏が輸送関連への投資を検討
TechCrunch Japan
|
Steve Girsky(スティーブ・ガースキー氏)が自動運転トラックのスタートアップであるTuSimple(ツーシンプル)に投資する交渉を進めていると4人の関係者が明かした。同氏はGMの元副会長であり、現在はコンサルタントで投資家だ。同氏の特別目的買収会社(SPAC)はこの夏、水素燃料電池のスタートアップであるNikola(ニコラ)と合併した。 取引が成立していないため匿名を希望した情報筋...
18Picks
「ニコラより大きなゴミ」…韓国SKテレコムが投資したナノックスに詐欺疑惑(中央日報日本語版)
Yahoo!ニュース
|
ハンファグループが投資した米国の水素トラック企業ニコラの詐欺疑惑が現在進行形である中、今度はSKテレコムが投資したイスラエルのデジタルエックス線技術企業のナノックスに対する技術詐欺疑惑が出てきた。最
79Picks
ECの存在感を増すWeChatミニプログラム DAUは4億人超、取引額12兆円
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
WeChat(微信)の公式発表によると、2020年8月までのミニプログラムのDAU(デイリーアクティブユーザー数)は4億人を超え、GMV(流通取引総額)は前年同期比115%増となり、ブランド企業のGMVは前年同期比210%増となった。これに先立ち、テンセント(騰訊)の決算報告では、2019年だけでミニプログラムの取引額
13Picks
ニコラに100億円超を投資した韓国ハンファグループ、詐欺疑惑で大打撃か
コリア・エレクトロニクス
|
水素トラックの米スタートアップ企業であるニコラ社に詐欺疑惑が浮上するなか、ニコラに投資していた韓国の財閥系企業ハンファグループへの影響が注視されている。 ニコラは創業者であるトレバー·ミルトン会長が21日(現地時間)電撃辞任した。 ニコラは「第2のテスラ」と呼ばれたスタートアップで、1回の充電で約1920キロ走行できるという水素トラック技術が売りだった。 しかし、ニコラは最近になって、水素燃料電池
13Picks
バッテリー駆動のAGVから電力もらい長持ち!有線ドローンが在庫を管理する
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は、飛行ロボット(ドローン)を活用した在庫管理システムで、独ドックス・イノベーション(カッセル市)と業務提携した。同社が開発した、有線ドローンと無人搬送車(AGV)を組み合わせた完全自動棚卸しシステムを、ブルーイノベーションが日本企業の物流倉庫向けにカスタマイズし展開する。2021年度に30社以上からの受注を目指す。...
11Picks
物流スタートアップDatumixが通販物流センターにおける立体シャトル自動倉庫作業の効率化AIアルゴリズムを開発
TechCrunch Japan
|
AIとデジタルツイン技術で、物流の課題を解決する物流スタートアップ企業Datumix(データミックス)とトーヨーカネツは9月17日、2020年4月7日に物流の倉庫出庫作業を効率化するAIアルゴリズムを共同開発し、特許を申請したと発表した。時間予測の技術を使用したものとして新規性があると主張している。 通販ビジネス(Eコマース)市場が拡大する中、通販物流センターは多くの商品アイテムを保管する必...
108Picks
アマゾンエフェクトで出版取次は生き残れるのか。「電子書籍」と「直取引」が焦点に
ニュースイッチ
|
アマゾンの荷物を乗せたトラックは、もはや街の風景の一部になった。新型コロナウィルスの感染拡大は、ネットショッピングを広く生活に浸透させた契機の一つとして、後世の歴史教科書に載ることになるのかもしれない。 アマゾンは、外出自粛などの影響でニーズが急拡大し、一時は物流が悲鳴をあげるほどだったという。そして先日、2020年下半期に、国内の物流拠点を4か所も新設することを発表した。日本におけるビジネ...
81Picks
物流最適ルートを300万通りから30分で!トヨタ系と富士通が「デジタルアニーラ」駆使
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車のIT系子会社、トヨタシステムズ(名古屋市中村区)と富士通は、北米の実データを用いて自動車製造部品の物流で最適となるルートを30分以内に見いだすことに成功した。デジタル回路による近似的量子計算技術「デジタルアニーラ」を活用し、トラック配送による膨大なルート数から、300万通り超の候補を抽出し、全体コストが最小となる最適解を導き出した。大規模な物流網の効率化につながるため、トヨタシ...
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン