新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
アマゾン、「ロボットタクシー」開発企業に買収提案 狙いは物流の無人化、モビリティー分野への投資加速
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
米ウォールストリート・ジャーナルによると、米アマゾン・ドット・コムは自動運転技術のスタートアップ企業、米ズークス(Zoox)の買収に向けて協議中だという。
62Picks
【#stayhomeを振り返る】デリバリーサービス企業が物流の要を担う(後編)
Quartz × NewsPicks Brand Design
|
これまで安価のプロモーション施策て消費者を取り込もうとしていたデリバリーサービス各社だが、この新型コロナウイルスの危機的な需要に際して、初めて価格を是正して経済的な利益とステークホルダー(レスト...
2Picks
【一挙公開】「ローカル」×「リアル」の攻略〜プラットフォーマーへの一手〜(全7回)
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
ITビジネスで「ローカル」×「リアル」を攻めるポイントとは? タクシー、印刷、物流、広告、ラクスル、小売、ロードサービス等の各分野で多地域展開を行うプラットフォーマー4社が、地方におけるパートナー企業とのアライアンス、マーケティング、人材採用、組織マネジメントなど、様々な視点から議論したセッションです。ぜひご覧ください!
23Picks
アフターコロナにおけるファッション、流通、小売り企業の戦略とは ―商品・エリアを超えて実現する「マーチャンダイジング」とはー
エッセンス
|
株式会社ワールドにてSPA業態のビジネスモデルを構築、ユナイテッドアローズや良品計画、イオンリテールなど、様々な小売業のご支援を行う、西 謙太郎 氏に、アフターコロナにおけるファッション・流通・小売り企業の戦略についてお聞きしました。
126Picks
米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か
TechCrunch Japan
|
ウォールストリートジャーナル(WSJ)のレポートによれば、ホワイトハウスの担当者が、現在インテルならびにTSMCと米国内への半導体工場の建設について話し合っているらしい。米国のハイテク企業と政府は、長年にわたりアジアのチップ工場への依存度を下げる努力をしてきた。その背景にあるのは、安全保障上の懸念、米中関税戦争、さらには世界中のサプライチェーンと物流を混乱させた新型コロナウイルス(COVID...
24Picks
求ム! 居抜きオフィス - 原状回復文化のアップデート -
東京R不動産
|
新型コロナウイルスの出現によって、働き方やオフィスのあり方について見直しを迫られるこれからの時代、戦略的にオフィスを移転する企業が直面するのは旧態依然とした“原状回復”の文化です。東京R不動産では、せっかく雰囲気よくつくったオフィスをさえない内装に戻すという残念な慣習を変えるべく、「居抜きオフィス」の流通を促進することで、「原状回復文化のアップデート」を目指します。KAKOMI;;;red;現在、
28Picks
物流ロボ、2027年に3兆円市場!崩れる「物流=労働」という常識 自動運転技術を活用
自動運転ラボ
|
世界の物流ロボット市場は2027年までに292億9340万ドル(約3兆1000億円)に達する見込み——。インドの市場調査会社The Insight Partnersが、こうした予測を掲載したレポートを発表している。 20 […]
12Picks
東南アジアのEC向け物流スタートアップNinja Van、シリーズDラウンドで2億7,400万米ドル以上を調達
THE BRIDGE
|
Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 東南アジアの EC 物流大手 Ninja Van は、2018年1月のシリーズ C ラウンド以降、少なくとも2億7,400万米ドルの新規資金調達を行ったことが、同社の公開申請書...
17Picks
新型コロナで過酷さ増すトラック業界、「女性ドライバー」が期待ほど増えない理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
新型コロナで過酷さが増している業界の一つが物流だ。人手不足と高齢化を解決するために女性トラックドライバーへの期待が高まっているが、国交省が2014年からキャンペーンをやっているのに増えていない。まずは「トラガール」という呼称から見直し、男性本位の文化を変えるべきでは。
13Picks
D2C 市場の「力学」は、コロナ危機でどう変わったか?:何はなくとも収益性の時代へ
DIGIDAY[日本版]
|
D2Cスタートアップの状況は厳しくなる一方だ。数カ月前なら、eコマース企業が採算を取るために必要かつスマートといわれていたステップ(卸売パートナーシップの拡大や、実店舗のオープンなど)が、コロナ危機によって大半の店舗が閉鎖されたままの現在では、物流の悪夢と化してしまっている。
10Picks
コロナ後を生き残る…ビジネスマンが「利用すべき制度」「やるべきこと」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
日々深刻化する一方のコロナ禍。政府による非常事態宣言を受けても、いまだ終息どころか、収束も見えず、休業・倒産する企業も出始めている。命を懸けて働いている医療・流通・小売業界などのキーワーカー、不安にさいなまれながら慣れない在宅勤務をする人たち、契約を打ち切られる非正規雇用者、内定取り消しされた新社会人など、仕事においても危機的状況が訪れている。
64Picks
AI物流ロボットで日本トップシェアを握る中国「Geek+」、経営者が語る今後の展望
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
スマートロボットが多く導入されるようになった物流業界では、数年前に無人搬送車(AGV)メーカーに象徴される資金調達ブームが起きた。高齢化の進行や人工知能(AI)技術の向上に伴い、企業のAI導入ニーズは
11Picks
コロナ危機の終息を左右する「ワクチン開発」の現場では何が起きているのか | もし終息したら利益は出ないけれど…
クーリエ・ジャポン
|
新型コロナウイルスの終息が見えないなか、ワクチン開発に期待が寄せられている。多くの困難が立ちはだかるなか、開発を急ぐ企業の幹部や研究者たちを取材した英紙の記事をお届けする。また、ワクチン開発に関する理解を深められるように、大阪大学免疫学フロンティアセンターの宮坂昌之招聘教授に、記事の解説を寄せていただいた。記事と合わせてお読みいただきたい。ホアン・アンドレスは、配達用トラックの荷台に貴重なワクチン
23Picks
進展するロジスティクス業界のデジタル変革 ~注目される物流業界のスタートアップ企業4社~
NEC
|
近年、ロジスティクス業界でもデジタルトランスフォーメーションが進展しつつあります。北米のロジスティクス業界に登場してきたテクノロジーについて解説します。
21Picks
物流ベンチャー・スタートアップまとめ、物流業界の課題を解決する企業紹介
小型成長株投資.com
|
日本国内、物流系スタートアップ、ベンチャーをまとめてみました。ソフトバンクが物流業界へ参入したニュースが注目されましたが、物流業界は今最も注目されている業界の一つです。
15Picks
コロナで物流パニック「トイペが消えた!」はなぜ起きた? 元トラック運転手が明かすウラ側
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
|
日本経済を支えるトラックドライバーだが、道路上では何かと邪魔者扱いや、白い眼で見られがちだ。さらに近...
15Picks
Zホールディングスとヤマトホールディングス、ECの物流・配送強化に向けた業務提携で基本合意
ネットショップ担当者フォーラム
|
ヤフーが運営するECモール「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」に出店する企業の受注から出荷までの業務を代行する新物流サービスを6月30日より提供する
43Picks
ラストワンマイル配送にドローンを活用 医療物資分野まで広がり
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
ドローンを活用した物流分野のスタートアップ「迅蟻(Antwork)」は、「農村部から都市部へ」の事業拡大を方針に定める企業だ。2015年創業の同社は、まず都市郊外での郵便業務から事業をスタートさせ、2
553Picks
トラック運転手が大量定年、迫る“物流崩壊”
ニュースイッチ
|
トラック運転手不足による“物流崩壊”が迫っている。2027―28年になると必要な運転手の人数に対して25%の人材不足が生じるとの試算がある。単純に考えると企業は4回に1回は商品の輸送をあきらめる計算だ。経済活動への影響を懸念した政府は企業に呼びかけ、物流を持続可能にする「ホワイト物流」推進運動を展開中だ。 目指せ“ホワイト物流” トラック輸送の生産性向上や、女性と高齢者も働きやすい労働環境へ...
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン