新着Pick
SPD1D2ZS0I7VAUQ7
市場調査サービス
JPN

市場調査サービス 業界

日本
業界一覧
>
法人サービス
>
業務支援サービス
>
市場調査サービス
商品に対するイメージ、反応等、消費者の動向調査をアンケートやPOSデータの解析等の手法により行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
中国当局、配車最大手の滴滴を独禁法で調査=関係筋
Reuters
|
[香港 17日 ロイター] - 中国の国家市場監督管理総局(SAMR)は、配車サービス国内最大手の滴滴出行(ディディ・チューシン)について、独占禁止法違反の疑いで調査を開始した。事情に詳しい3人の関係者が明らかにした。同社は米国での新規株式公開(IPO)に向けて準備を進めている。
231Picks
リモコン激変!「ボタン争奪戦」が熾烈極める理由
東洋経済オンライン
|
動画配信サービスの勢いが止まらない。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要も追い風となり、動画市場は加速度的に成長。調査会社・GEM Partnersの推計によれば、国内の定額制動画配信(SVOD)サービス…
88Picks
オンライン動画サービスの新しい利用者は女性、ニールセンが市場動向を調査
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
ニールセン デジタル株式会社は、動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2021」を元に動画コンテンツの利用状況と利用者の意識を分析し、発表しました。 本調査は2021年3月10日~12日にかけて実施され、パソコン、従来型携帯電話、スマートフォン、タブレットのいずれかのデバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15才...
10Picks
2020年のEC決済サービス市場は19兆円に成長!昨年比で16%増
売れるネットショップの教科書
|
矢野経済研究所の発表した「EC決済サービス市場に関する調査」のまとめによると、2020年度のEC決済サービス市場は19兆円を超え、24年度には30兆円規模の成長を予測していることがわかりました。
483Picks
【ライバル不在】「Sansan」が見据える、名刺の「その先」
NewsPicks
|
NewsPicks編集部が新たにお届けする番組『デューデリだん!』。毎回、成長著しい企業1社にフォーカスして、記者たちによる綿密なリサーチと経営トップへのインタビューから、企業の「本当の実力」を正しく見極めます。 2回目はクラウド名刺管理サービス「Sansan」を取り上げます。市場そのものを開拓したSansanは、もはや国内SaaSの代表格。「明確な競合はいない」と言い切る橋本CFOにNewsPicks編集部の泉記者が迫ります。 (出演:泉秀一、谷口健/藤村聖子) *番組を全編ご覧いただくには、有料会員登録が必要です。
556Picks
月間1億2000万人がテレビでYouTubeを視聴 CTV市場の拡大で広告枠をもつYouTubeに追い風か
Real Sound|リアルサウンド テック
|
新型コロナウイルスの流行にともなって、ストリーミングサービスやゲームなど、テレビに接続して楽しむコネクテッドTV(CTV)市場は驚異的な成長を遂げている。そしてGoogleは、YouTubeでその成長の波に乗ろうとしているようだ。  米国のデジタルマーケティング企業『eMarketer』の調査では…
145Picks
脱ハンコで攻勢。電子契約“国内利用1位”VS“世界1位”それぞれの闘い方
Business Insider Japan
|
「脱ハンコ」の流れに乗り、急激に成長する電子契約。 矢野経済研究所の調査によると、2019年に68億円だった市場規模は、2024年には約4倍の264億円になると予想されている。 日本国内では、国内発のサービスと、海外発のサービスがしのぎを削る。 2015年から電子署名サービス「クラウドサイン」を運営...
909Picks
東京の不動産投資額が世界首位 コロナで海外資金流入
産経ニュース
|
東京の商業用不動産投資額が2020年1~9月期で193億ドル(約2兆円)と、世界首位になったことが不動産サービス大手、ジョーンズラングラサール(JLL)の調査で分かった。前年同期の4位から躍進した。新型コロナウイルス禍で経済的に大きな打撃を受ける欧米の各都市より影響の少ない東京の不動産市場が、海外の機関投資家などから選好されている。特に、安定的に稼働している物流施設や賃貸マンションに海外の投...
1112Picks
ポイントは貯めずに、使う、投資する。真のポイント賢者とは
──日本は世界有数のポイント大国で、2015年度の国内のポイントサービス市場規模は1兆4440億円(出典:(株)矢野経済研究所「ポイントサービス市場に関する調査(2016年)」)と言われています...
1042Picks
個人間の「スキルシェア」事業者が副業解禁でも相次ぎ撤退する事情
Diamond Online
|
今年に発表された内閣府の調査によると、シェアリングエコノミー市場は16年で約4700億~5250億円。うちオンラインマッチングサービスやクラウドソーシングを含むスキル・時間のシェアサービスは約150~250億円程度だ。今は車などモノのシェアが先行して増えているが、今後はスキルシェアが伸び率の高い分野として期待されている。
528Picks
アマゾンのクラウドサービス「AWS」、IaaS市場で圧勝の理由
Business Insider
|
市場調査会社シナジー・リサーチ・グループによれば、「アマゾン・ウェブ・サービス」(AWS)は、クラウドコンピューティング市場でライバルを圧倒しているという。シナジーは第3四半期の分析データを発表...
452Picks
2017年、急成長が見込まれるテック・トレンド9選(前編)
Business Insider
|
市場調査会社ガートナーの予測によれば、企業各社は2017年、世界全体で3兆5000億ドルをIT関連に費やすという。とくにIT関連支出のなかでも、ハードウェアよりソフトウェアやサービスへの支出が増...
436Picks
日本でも数年で1,000億市場へ、シェア経済は既存ビジネスを殺すのか?
ビジネス+IT
|
矢野経済研究所は4〜10月に実施した、日本国内のシェアリングエコノミー(共有経済)市場の調査結果を発表した。2016年度のシェアリングエコノミー市場規模は、前年度比で26%増、かつ今後も堅調な成長を続け、2021年には日本国内でも1,000億円市場に到達する予測する。今後は関連する既存業界のサービスを徐々にリプレースしながら成長していくという予測もあるが、海外ではどのような展開が生まれているのか。
407Picks
FB、米で市場調査アプリ サービス改善向け、報酬も
共同通信
|
FB、米で市場調査アプリ 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は25日、米国で市場調査用のアプリ「フェ...
334Picks
世界のアプリ市場は34兆円に、動画配信人気で20年も拡大へ-調査会社
Bloomberg.com
|
2019年の世界のモバイルアプリ市場は、消費者による支出額と広告額の合計で3100億ドル(34兆円)に達した。米調査会社アップ・アニーの調べで分かった。通信の高速化に加え、動画配信サービスや金融取引への需要が高まっており、20年も増加が予想されている。
286Picks
転職売り手市場で報酬アップする20、30代。人手不足で明暗分かれる年齢格差
Business Insider Japan
|
転職で賃金が上がる人の割合が、若手人材を中心に増えている。 厚生労働省の調査では1998年以降、転職で賃金が下がる人の割合が上がる人を上回る傾向が続くなど、日本では「転職で賃金が増えない」とされてきたが、市場は変化しつつある。リクルートキャリアによると、同社の転職支援サービスを使った転職者の分析で、...
257Picks
転職の意思決定にもっとも影響を及ぼすのは「妻や夫」 —— 1200人調査から見えた本音
Business Insider Japan
|
転職のときに最も影響を受けたのは「配偶者」の意見 —— このほど発表された調査データから、売り手市場と言われる転職市場の、意外と保守的な事態が見えてきた。 リクルートキャリアは、転職サービス「リクルートエージェント」の登録者で、2017年8月〜2018年1月の間に転職をした1201人の男女を対象にW...
252Picks
2014年度のキュレーション市場は推計178億円、矢野経済研究所調べ -INTERNET Watch
INTERNET Watch
|
 株式会社矢野経済研究所は4日、「NAVER まとめ」やスマートフォン向けニュースアプリなど、いわゆる“キュレーション”に関連した市場について調査した結果を発表した。サービス事業者への聞き取りなどをもとにした2014年度の市場規模推計(事業者売上高ベース)は178億6000万円だった。
174Picks
スマートスピーカー市場は2025年に9.2倍にーー富士経済の市場調査
ケータイ Watch
|
市場調査、マーケティングリサーチ支援を行っている富士経済は、AI搭載機器、AI活用サービスの国内市場を調査し、スマートスピーカーの市場は2025年度に、2017年度見込み比9.2倍の165億円になるとの予測を公表した。
市場調査サービス 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン