新着Pick
SPD162M82P8OH2UF
自動車用電装品
JPN

自動車用電装品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用電装品
始動電動機、配電機、制御装置、イグニッション・コイル、照明等、自動車内で実装されている各種電装・電子部品およびECU(電子制御装置)を製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
マグネット式の車用カーテンなら着脱が楽。日除け対策や目隠しに活躍
ライフハッカー[日本版]
|
国内車用品メーカー、セイワ(SEIWA)の「楽らくマグネットカーテン(2枚入り)」は、磁石の力で設置する車用の遮光カーテン。吸盤のように熱でくっつきにくくなることがなく、着脱が楽。カーテンを付けたまま窓を開けることもできます。しかも、99.8%の高い紫外線カット率。
2Picks
クルマの座席→室内チェアに。シート交換後の純正品を文鎮化させない!
ギズモード・ジャパン
|
自動車の座席をスポーツシートに交換したとき、置き場所に困ってしまう純正シート。それをオフィスチェアに変換してしまうキット「マルチキャスターPRO」シリーズを、自動車用シートメーカー、BRIDEが作っています。キットを組み立てるのは手間ですが、これならテレワークもレーシングゲームも捗りそう。
4Picks
トヨタグループの底力:トヨタと他の赤字自動車会社とではどこが違ったのか? 危機対応能力の高さを支えているの背景を分析する
motor-fan.jp
|
トヨタ自動車が発表した2021年度第一四半期(2020年4〜6月)連結業績は、最終利益1588億円を確保した。本業である自動車製造販売で得た営業利益も139億円の黒字だった。世界の自動車メーカーが軒並み赤字に陥るなかでトヨタは危機対応能力の高さを示したと言える。しかし、これはトヨタ自動車だけの「強さ」ではない。エンジンなどを生産する豊田自動織機、電装品を受け持つデンソー、機械系部品を担当する...
7Picks
電気自動車用バッテリー企業『ノースボルト』社CEOインタビュー【パート3】~低排出の優位性、プロダクトミックスと製品戦略~
EVsmartブログ
|
スウェーデンのバッテリー企業ノースボルトのCEO、ピーター・カールソン氏へのインタビュー記事。パート3では、ノースボルトの低排出工業へのアプローチ、プロダクトミックスと戦略的ポジショニングについて聞いていきます。
10Picks
CATL、メルセデス・ベンツとバッテリー技術で提携強化 主要サプライヤーに
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
8月5日、独ダイムラー傘下の乗用車事業会社メルセデス・ベンツと、電気自動車(EV)用電池メーカー「CATL(寧徳時代)」が、バッテリー技術分野における提携関係を一層強化すると発表した。メルセデス・ベンツは、CATL製のバッテリーモジュールを搭載し、航続距離が700km(WLTP基準)となるラグジュアリーEVセダン「EQ
1Pick
車脱出用ハンマーの性能調査へ 相次ぐ道路冠水で、国交省
共同通信
|
車脱出用ハンマーの性能調査へ 豪雨による道路冠水の頻発を受け、国土交通省は11日、車からの脱出時に窓ガラスを割るハンマーの性能を調...
2Picks
メルセデス「GLB」、驚異的に“狭い”3列シートの理由あえて前後を長くせず、“個性”創出
ビジネスジャーナル
|
メルセデス・ベンツ(独ダイムラー)のSUV(スポーツ用多目的車)攻勢が止まらない。量販が期待されるGLAとGLBがたて続けに日本デビューしたのだから、日本席巻を本格的に企んでいることは確かだろう。両モデルとも、先代のコンセプトをそのまま踏襲することはせず、大胆にイメージチェンジを...
11Picks
テスラの新バッテリー戦略『ロードランナープロジェクト』〜より安価で高性能な電気自動車用電池開発へ
EVsmartブログ
|
テスラがカリフォルニア州フリーモントにある自社工場の2階を大幅に改築し、バッテリーの研究と大量生産に注力するべく申請したことが明らかになりました。海外で報じられた内容をご紹介します。
12Picks
欧州の電気自動車用バッテリー企業『ノースボルト』社ピーター・カールソンCEOインタビュー【パート1】
EVsmartブログ
|
電気自動車用バッテリーのスタートアップとして注目されるノースボルトのCEO、ピーター・カールソン氏へのインタビューが『CleanTechnica』に掲載されました。
15Picks
テスラの蓄電事業は小規模ながらQ2に着実な伸び
TechCrunch Japan
|
Tesla(テスラ)の蓄電事業は第2四半期に加速し、同社の4四半期連続の黒字達成にもわずかながら貢献した。米国時間7月22日に発表された四半期決算で明らかになった。 商用・住居用の蓄電事業ならびにソーラー事業の売上はテスラの事業全体においてはわずかなものだ。同社の売上の大部分は自動車部門が占める。しかし第2四半期決算は、蓄電事業、特に2019年にローンチされた発電所規模の蓄電プロダクトである...
17Picks
電池をしっかり確保したい!トヨタが内製化で調達量積み増しへ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は車両製造を担う田原工場(愛知県田原市)で、車載用リチウムイオン電池の生産に乗り出す。すでに生産ラインの整備に着手しており、準備が整い次第、量産を始める。トヨタが車両工場で車載電池を生産するのは初めて。世界的な環境規制の高まりを受け、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車の需要は拡大基調にある。電池の内製化で調達量を積み増すとともに、工場の稼働率向上...
12Picks
日産「キックス」が時速80km以下でほぼエンジンを動かさない秘密
ニュースイッチ
|
新型「キックス」はスポーツ多目的車(SUV)に初めて独自のハイブリッド車(HV)システム「eパワー」を搭載した。既存のeパワー搭載車「ノート」などと比べ、走りの力強さだけでなく、気持ちよさにもこだわって開発した。 力強さではeパワーの制御を徹底的に磨き上げ、出力は従来比で約20%向上した。eパワーはエンジンを発電用のみに使いモーターで駆動する。これまで販売したノートなどから収集したデータをビ...
142Picks
テスラ猛追の新興EV企業「リビアン」に投資家が熱狂する理由
Forbes JAPAN
|
アマゾンが出資するEV(電気自動車)メーカー「リビアン(Rivian)」は、ピックアップトラックやSUV、アマゾン用の配送トラックの生産を計画している。同社は、生産開始前のEVメーカーとしては史上最高額となる、25億ドル(約2670億円)を・・・
16Picks
世界で急伸する「自動配達ロボット」Nuroの野望
Forbes JAPAN
|
元グーグルのエンジニア2人が立ち上げた、自動運転テクノロジー企業「Nuro(ニューロ)」は2018年初旬にステルスモードを抜け出し、宅配用の小型ロボットを世間に公開した。彼らがその当時、自動運転車やロボットタクシーではなく、デリバリーロボッ・・・
255Picks
日産新型EVはテスラ車に匹敵する高性能、ブランド再建の切り札
Bloomberg
|
日産自動車は15日、新型電気自動車(EV)「アリア」を発表した。同社としては「リーフ」に次ぐ2台目のEVで売れ筋のスポーツ用多目的車(SUV)スタイルに自動運転やコネクティビティーなど最新の技術を盛り込んだ。米テスラの株価上昇で再び注目が集まるEV需要を取り込んでブランド力向上につなげ、業績不振からの脱却を目指す。
14Picks
ノーコードで誰でもモバイルアプリをテストできる「Waldo」
TechCrunch Japan
|
Waldo(ウォルドー)を紹介しよう。素早く簡単に、開発中のモバイル用アプリのテストが可能なソフトウェア製品だ。ニューヨークを拠点とするこのスタートアップのアプリを使えば、いつも使っているブラウザー上で、普段どおりに開発中のアプリを操作できる。新しいビルドをコンパイルするごとにWaldoは、前回複数のソフトウェアやハードウェアで記録したものと同じテストを実行し、問題なく動作するかどうかを教え...
16Picks
駆動用バッテリーなど市場調査、地域別では欧州の需要が最大に
MONOist
|
富士経済は2020年7月7日、車載用二次電池の市場調査結果について発表した。2035年に駆動用バッテリーは2019年比7.4倍の19兆7185億円に拡大する見通しで、車種別では電気自動車(EV)向けが75%超、プラグインハイブリッド車(PHV)向けが15%を占めるという。補機用は同14.7%増の2兆470億円に拡大すると見込む。
11Picks
新型車「GRヤリス」のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」について聞く
Car Watch
|
9月ごろ発売予定の新型車「GRヤリス」。トヨタ自動車の次期WRC(世界ラリー選手権)のベース車として生まれ、上位モデルの「RZ」や競技用のベース車両となる「RC」では、新開発の直列3気筒 1.6リッター DOHC直噴ターボ G16E-GTS型エンジンと、新開発のスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を組み合わせており、この時代に購入できるのが不思議なほど振り切れたクルマだ。
10Picks
Amazon、自動運転技術の開発のZooxを買収 物流網の効率化へ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
Amazonが、自動運転技術の開発に取り組んでいる企業であるZooxを買収したことを発表した。 Zooxは、2014年に、自律走行用に設計された目的別ゼロエミッション車とエンドツーエンドの自律ソフ…
自動車用電装品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
アメリカ合衆国