新着Pick
SPD0XOQTKK4OC8UR
トラック(低温物流)
JPN

トラック(低温物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(低温物流)
緻密な温度管理が可能な特殊車両を保有し、食品等、3温度帯(チルド帯・米飯帯・冷凍食品帯)のいずれかの管理が必要な物流を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
物流の「ラストワンマイル」に挑むスタートアップは、“最適な自動化”で宅配の課題を解決する
WIRED.jp
|
物流の「ラストワンマイル」の課題解決が急務になるなか、米国のスタートアップがその解決に挑んでいる。自律走行するトラックに荷物を積み、同乗するドライヴァーが“配達員”として玄関先まで届ける仕組みによって宅配サーヴィスを試験的に始めたのだ。その先には、荷物の仕分けからトラックへの積み込みまでも自動化し、最適なルートを選んでトラックを自動運転させるシステムの導入によって、コスト削減と効率向上を目指...
149Picks
自動運転トラックで急浮上のStarsky Robotics、「遠隔操作」で物流を革新
Forbes JAPAN
|
自動運転トラックの商業化を目指すサンフランシスコのスタートアップ「Starsky Robotics」は、無人の18輪大型トラックで高速道路を走行する実験に世界で初めて成功した。同社の無人トラックは、必要に応じてオペレーターが遠隔操作をするこ・・・
14Picks
新たなデジタル経済のルール「大阪トラック」、日本はチャンスなの?
ニュースイッチ
|
主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28日、大阪市内で開幕し、安倍晋三首相が国境を越えたデータ流通のルール作りを議論する枠組み「大阪トラック」創設を宣言した。データ流通や電子商取引(EC)に関するルール整備を進める。安倍首相は「急速に進行するデジタル化の潜在力を最大限活用するには、それに遅れをとらない国際的なルールが不可欠。ルール作りにスピード感を持って取り組む」と述べた。 デ...
95Picks
JR貨物が構想する「スマート貨物駅」とは?
ニュースイッチ
|
JR貨物は、2022年度の移転開業を予定する新・仙台貨物ターミナル駅(仙台市宮城野区)で、最新のICT(情報通信技術)を活用した次世代貨物駅「スマートターミナル」の実現を目指す。構内作業を省人化するため、無人運転トラックや入れ替え用機関車の遠隔操縦など新技術の導入を検討。生産性を高めて駅機能を高度化するとともに、駅構内の物流施設と鉄道貨物を連携させて、付加価値の高い物流サービスの提供も見据え...
1089Picks
【トップ対談】JR×ヤマトHD。日本を救う「新幹線物流」の全て
NewsPicks編集部
|
これからの鉄道は「ヒト」ではなく「モノ」の移動が収益源になるかもしれない。物流業界は今、人手不足・働き方改革によって悲鳴を上げている。もはやトラックに依存した物流は限界に来ており、鉄道や海運に転...
12Picks
名神死亡事故、追突冷凍車ドラレコ分析へ 運転手は健康問題なく
京都新聞
|
13日午後1時10分ごろ、滋賀県竜王町田中の名神高速道路上り線で、乗用車が山形市の物流会社「東北第一物流」の大型冷凍車に追突され、はずみで前のトラックに衝突した。県警高速隊によると、乗用車を運転していた男性と後部座席の女性2人の計3人が死亡し、助手席の男性と冷凍車の男性運転手、トラックの男性運転手が軽傷を負った。
20Picks
物流とIT、両方の現場で働いて痛感した──トラックドライバーがこんなに不人気な理由
ビジネス+IT
|
物流危機は、いよいよ社会的な課題になってきている。消費地や取引先にモノが「運べない」、もしくは「運んでくれない」という悲鳴が、日常的に聞こえるようになってきた。物流危機の背景には「深刻なトラックドライバー不足」がある。2018年4月における全産業の有効求人倍率が「1.35」に対して、トラックドライバーの有効求人倍率は「2.68」だった。求職者1人あたり、2~3件の求人がある。これは、そもそも...
20Picks
無人トラックと隊列走行、取り組み状況まとめ 自動運転やAI技術を搭載、スタートアップも続々参入
自動運転ラボ
|
物流業界における自動運転技術は着実に進歩している。特に、ドライバーを必要としない無人トラックの登場は、労働力不足に悩んされる業界にとっては待望の存在となるだろう。
15Picks
運転席すらない自動運転トラックT-Pod、スウェーデンで公道試験開始。2020年には米国にも進出計画
Engadget 日本版
|
5月15日、運送会社Einrideが自動運転トラックT-Podによる実際の配送をスウェーデン・ヨンショーピング市で試験的に開始しました。T-Podは電気だけで走行するオールエレクトリックかつ完全自動運転のトラック。運転席すら省略した設計で、万が一の際は5Gネットワーク越しにオペレーターが完全遠隔操縦で対応します。試験運行には地元の大手物流会社DB Schenkerが協力し、T-Podは日に数...
16Picks
» 物流会社の事業売却のポイントとは?SCALE(スケール)で事業承継M&A
» 物流会社の事業売却のポイントとは?SCALE(スケール)で事業承継M&A
|
2017年度における物流業界の事業規模は25兆円とされており、その6割をトラック運送業が占めているとされます。近年はインターネット通販の普及やメール便サービスの利用増加によって運送業へのニーズが...
15Picks
10年後にはドライバー24万人不足、トラックの長時間待機問題の解決を目指す「トラック簿」がローンチ
TechCrunch Japan
|
日本GLPのグループ企業で、物流系のソリューションを開発・展開するモノフルは4月10日、物流施設や工場などにおける「トラックの長時間待機問題」の解消を目指し、新サービス「トラック簿」の提供を開始した。 国土交通省が2018年2月に公表した「荷待ち時間調査の結果」を見ても、やはり多くのドライバーが長い時間、待機している状況だというのがわかる。 2027には日本において24万人のドライバ...
11Picks
物流大手GLP傘下のモノフル、トラックの入出庫をデジタル化・効率化する「トラック簿」をリリース——人手不足に悩む運送業界の福音となるか?
THE BRIDGE
|
モノフルは、世界的物流施設大手 GLP の日本法人である日本 GLP が昨年3月に設立した、物流業界のデジタルトランスフォーメーションに特化した企業だ... 投稿 物流大手GLP傘下のモノフル、トラックの入出庫をデジタル化・効率化する「トラック簿」をリリース——人手不足に悩む運送業界の福音となるか? は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
15Picks
トラックが主役のTaaS物流市場、2025年に9兆円規模 自動運転や貨物仲介サービスに注目
自動運転ラボ
|
独自のリサーチと企業向けコンサルティングを行うフロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役:ロビン・ジョフィ)は2019年4月4日までに、TaaS(トラック・アズ・ア・サービス)市場に関するグローバル展望を発表した。
18Picks
物流のノウハウで農業者の青果集荷場を開始ー株式会社松本倉庫
ナガクル
|
見たこともないほどの巨大な倉庫、1986年築の3階建築建物で延床面積はなんと、3,300坪(約11,344㎡)。大型トラックが次々と品物を運んでくる。それを上手に専用リフトでキャッチし、倉庫の中に積み上げていく。そのスピードと正確さは圧巻だ。 市民の知らない縁の下で物流を支える 流通団地配送センターには、県内外で清算された段ボールの原料となる原紙や水などが次々と運び込まれる。ここで保管されて...
17Picks
低温物流に非電化・脱炭素化の大転換をもたらす「アイスバッテリー」に迫る
gemba-pi.jp
|
インド出身の起業家、パンカジ・クマール・ガルグ氏が開発した「アイスバッテリー」。電力に頼らず、最長120時間一定の温度を保てるというこの画期的な保冷剤によって、日本の物流はどう変わっていくのか。製品のもつ可能性と、世界も視野に入れた「アイスバッテリー」の今後の展望についてガルグ社長に聞いた。
566Picks
「自動運転トラック」実証実験=欧州物流に革命的変化も-オランダ
時事ドットコム
|
【ハーグAFP=時事】先頭車の運転を後続車が自動的に認識して追う「スマート・トラック」の実証実験の車列が6日、オランダ・ロッテルダムに到着した。ダイムラー、ボルボなど大手メーカー6社によるプロジェクトで、欧州の物流に革命的変化をもたらすと期待されている。 こ
481Picks
Googleが自動運転トラックで配達する新物流システムを計画している可能性
GIGAZINE
|
自動運転カーを開発するGoogleは、出願した特許の内容から「自動運転配達トラックを使った物流網の構築」を計画している可能性が指摘されました。(PDFファイル)US 9,256,852 B1
438Picks
「無人トラック」実現へ、未来投資会議で方針提示 成長戦略素案
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - 政府は30日の未来投資会議(議長、安倍晋三首相)で、成長戦略の素案を示した。素案では、物流面での生産性向上をにらみ、ドライバー1人で複数のトラックを実質的に操縦する「隊列走行」や、小型無人機(ドローン)での荷物配送の実現に向けた方針を打ち出した。
トラック(低温物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
マレーシア
インドネシア
インド
アメリカ合衆国