新着Pick
SPD0HY1Y9CJCK4O9
人事・人材コンサルティング
JPN

人事・人材コンサルティング 業界

日本
業界一覧
>
法人サービス
>
人材関連サービス
>
人事・人材コンサルティング
企業の新卒、中途採用に関わる各種業務(募集告知、求人者管理、試験問題の作成、面接等)の支援、代行を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
74Picks
逆張りの人事戦略 コロナ禍で、あえて創業初の新卒採用を決断した企業
ITmedia ビジネスオンライン
|
コロナ禍で各社が“人財削減”に追われている中、創業以来初となる新卒採用を始めた企業がある。優秀な人材が就職活動市場に豊富に存在する現状を逆手にとった、いわば“逆張りの人事戦略”を立てている。
12Picks
電機大手、ジョブ型雇用拡大 人事制度も国際化:時事ドットコム
時事ドットコム
|
欧米で主流の「ジョブ型」人事制度が大手電機・精密機器メーカーで広がってきた。職務(ジョブ)の内容を明確化し、能力重視で人材を起用する仕組みで、事業活動のグローバル化を受けて国内外の制度を統一する必要に迫られているためだ。労働人口が今後減少する中、国籍や年齢に関係なく優秀な人材の登用を目指す。 日立製作所は2021年4月から在宅勤務を働き方の標準にするのと同時に、管理職で先行導入してきたジョブ...
22Picks
32歳のときに45歳で社長になるという目標を 新 将命 氏
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ
|
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズが提供するインタビュー、「32歳のときに45歳で社長になるという目標を 新 将命 氏」です。リクルートマネジメントソリューションズは人材育成、組織開発から営業力強化まで、経営・人事課題解決を支援します。
20Picks
情熱を集めて燃えろ。元ロボットベンチャー人事が起業、人材紹介TORCHの技術者支援
ビジネス+IT
|
技術系スタートアップの人たちは口を揃えて「採用に苦労している」という。もともと技術者の需要は他の職種よりも高い。そしてスタートアップが求める人材はステージによって変化し、その折々に必要な人を集めるのは難しい。また技術者側も新しいステップへと進みたいと考えたときの選択肢は意外と限られている。そんなときに頼りになりそうな会社が1つ現れた。技術者特化型の人材紹介会社TORCHである。社会は会社で構...
21Picks
「DX」の定義とは? 採用すべき人材や課題、推進に向けたステップのほか企業事例を解説
HRプロ
|
「DX(デジタルトランスフォーメーション)」とは、企業を取り巻く市場環境のデジタル化に対応するため、企業の経済活動やビジネスモデル、組織・文化・制度といった企業自体を変革していく一連の取り組みを指す。企業の人事にとっても、組織や企業文化・風土に関わる「DX」は、重要な人事戦略の一つと言える。本記事では、「DX」の定義や課題、推進に向けたステップ、人材採用のポイント、企業事例などを紹介する。
240Picks
「生産性の低い会議」を有意義に変える3つのポイント
Diamond Online
|
元マッキンゼーで、現在は経営者へのエグゼクティブコーチング、人材戦略コンサルティングを行う大嶋祥誉の新刊書『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』から。今回は、日ごろダメな会議にうんざりしている多くのビジネスパーソンにぜひ意識していただきたい、会議を有意義に変えるためのヒントについて。
14Picks
トヨタが若手4人を執行役員に抜擢した狙い
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は3日、2021年1月1日付の役員人事を発表した。経営の中枢を担える人材育成を目的に、4人の若手幹部を執行役員に登用。豊田章男社長を筆頭に「チーフオフィサー」10人の体制とする。豊田社長と密に連携し、経営課題の解決や会社の全体戦略の策定を推進。事業環境の変化にスピード感を持って臨む。 執行役員は現在の9人から10人の体制となる。新執行役員にはコネクテッドカンパニーのトップである山...
282Picks
「できる上司」は部下を成長させるために何をしているか
Diamond Online
|
人材戦略コンサルティングを行う大嶋祥誉氏の新刊書『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』からの抜粋で、今日から即役に立つ、働き方の基本について紹介。今回は、部下の能力を引き出すために、上司は部下にどのように接するべきかについて。日頃、マネジメントの難しさに悩む管理職諸氏に、有益なヒントを与えてくれるはずだ。
197Picks
「とりあえず定年までは今の会社で」安定を求めた50代に待ち受ける哀れな末路
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
「今の会社で働き続けるのが一番安全」。もしこう考えているとすれば、それは大いなる勘違いだ。人材育成コンサルティング会社代表の前川孝
554Picks
【人事必見】新時代の人事の役割は「創造開発のエンジン」だ 
NewsPicks Brand Design
|
企業の根幹である“人”との向き合い方が大きく変わるいま、新時代の「人事」が担うべき役割とは何か。その答えを求めて、去る10月15日、クラウド人材管理ツールを開発・提供するカオナビとNewsPic...
26Picks
社員の自律的学習を促すために人事は何をすべきか | 人材・組織開発の最新記事(コラム・調査など) | リクルートマネジメントソリューションズ
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ
|
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズが提供する特集、「社員の自律的学習を促すために人事は何をすべきか」です。リクルートマネジメントソリューションズは人材育成、組織開発から営業力...
21Picks
ジョブ型雇用の普及で、「正社員よりフリーランス」の時代はやってくるのか - 本当に生き残れるのはどちらか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
「ジョブ型人事」が話題だ。フリーランスのプロ人材は、その最たる存在だろう。アメリカでは近い将来、フリーランス人口が正社員を抜くと言
29Picks
「人事制度を改定すれば社員のモチベーションは上げられますか」 | 人材・組織開発の最新記事(コラム・調査など) | リクルートマネジメントソリューションズ
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ
|
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズが提供する連載・コラム、「人事制度を改定すれば社員のモチベーションは上げられますか」です。リクルートマネジメントソリューションズは人材育成、...
14Picks
人事畑出身者 vs 事業部出身者、事業部人事で活躍できるのはどちらか? - 「事業部を元気にする人事」の研究
Diamond Online
|
事業部人事とは、営業や生産などの事業部門を「元気」にすることを目的として、人事制度・人材開発・組織開発などの諸サービスを事業部門に提供する、「ひとと組織のプロフェッショナル人材」を指す。本連載では、中原淳氏(立教大学教授)が導入企業の人事責任者などと対話し、日本でも広まりつつある事業部人事の現状と将来の可能性について明らかにする。今回は、組織開発や「1on1ミーティング」などで高い成果を上げ...
115Picks
Nizi Projectは「人材育成の教科書」だと、人事のプロが断言する理由
Diamond Online
|
9人組ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」のオーディション番組「Nizi Project」に、多くのビジネスパーソンが魅了されている。人気を支える意外な要因が、プロデューサーであるJ.Y. Park氏の言葉にある。ビジネスパーソンにとっても多くの学びがあるという「Nizi Project」。その見どころを、人事・マネジメントのプロフェッショナルが明かした。
388Picks
運任せの転職をデータの力で壊す「アセスメント採用」とは
NewsPicks Brand Design
|
 国内では今、人事・組織マネジメント、労務管理、人材育成、採用の革新を謳う「HRテック」が花盛りだ。サービスを提供する各社とも、足もとの得意領域で認知度を高めつつ、“覇者”を目指して事業拡大を急...
20Picks
【独占】ネットフリックスCEO「解雇はつらいが、世界一になるにはオリンピック選手並みの優秀人材が必要」(後編)
Business Insider Japan
|
・ネットフリックスの急成長の秘訣は、その型破りな企業文化と人事方針にあると言われている。とりわけ、パフォーマンスが冴えない人材を容赦なく解雇したり、社員に対して率直なパフォーマンス評価を下す点はネットフリックスの過激な一面だ。 ・こうした世間の見方に対し、同社CEOのリード・ヘイスティングスは「世界...
538Picks
【提言】学校教育は、なぜイノベーターを生めないのか?
NewsPicks Brand Design
|
「日本企業は、イノベーションを起こせなくなった」と言われて久しい。国の政策や企業の人事制度を指摘する声もあるが、その一因は学校教育にも遡れるという。 イノベーション人材を育てるには、どのような教...
75Picks
「金太郎アメ的なゼネラリスト人材」育成が目的ではなくなる──デジタル時代の人事部門に求められる「3つの能力」
ITmedia ビジネスオンライン
|
デジタル時代の到来は、日本企業の伝統的日本型人材マネジメントシステムだけでなく、人事部門に求められるケイパビリティ(組織能力)にも変容を迫ろうとしている。
人事・人材コンサルティング 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
タイ
インドネシア
アメリカ合衆国