新着Pick
SPD0GBR7K0UJEHIL
医療情報システム開発
JPN

医療情報システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
医療情報システム開発
電子カルテを中心とした福祉施設、医療機関向けの業務系システム、臨床試験向けの支援管理システムを開発する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
新型コロナウイルス感染症の抗体検査チップシステム開発に参画
MONOist
|
堀場製作所は、産業技術総合研究所が代表機関として進める、新型コロナウイルス感染症の簡便かつ迅速な抗体検査チップシステムの開発に参画すると発表した。ビズジーンとともに、分担機関として参加する。
7Picks
NECとJAMSTECが協働!AIを活用した海洋マイクロプラスチック計測システムを開発
マッシュメディア
|
NECは、国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下、「JAMSTEC」)と協働し、AIによる海洋マイクロプラスチック計測システムを開発した。 マイクロプラスチックの調査手法には課題があったマイクロプラスチックとは、大きさ
87Picks
コロナ後の職場で増える「ざんねんな人」図鑑
東洋経済オンライン
|
新型コロナウイルス感染症の流行以降、職場などでこんな風に言う人はいませんか。医療や健康情報について詳しく調べるようになり、どこの食品や製品がいいの悪いのと周囲に喧伝し始めます。熱が入ったように周囲を…
1Pick
エピグノ社とケアレックス社が訪問ナースの定着支援システム共同開発を開始
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
株式会社エピグノのプレスリリース(2020年7月3日 09時00分)エピグノ社とケアレックス社が訪問ナースの定着支援システム共同開発を開始
10Picks
宇宙の香りを再現した香水「Eau de Space」がクラファン開始
ギズモード・ジャパン
|
Image:KICKSTARTER宇宙飛行士たちが体験した匂いを再現しました。あんまり想像する人はいないかもしれませんが、実は宇宙空間には、いろいろな匂いがあるのだそうです。そしてNASAは何十年も前に、宇宙飛行士たちの訓練の一環としてその匂いで宇宙に慣れてもらおうと、香水を開発したことがあったのだとか。それがいろいろな努力や幸運、そして米国情報自由法などのおかげで門外不出の座から解放され、「E
3Picks
世界初・水陸両用の自動運転バス、群馬県八ッ場ダムで検証へ
LIGARE
|
埼玉工業大学(以下、埼工大)は、システムソリューションなどを提供するITbookテクノロジー株式会社(以下、ITbookテクノロジー)と、水陸両用バスの自動運転・運航システムに関する共同開発を開...
9Picks
今年の『24時間テレビ』放送日、来月22、23日に決定 両国国技館で無観客
ORICON NEWS
|
ニュース| 日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、6日放送の日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』(月〜金 前5:50)に生出演。毎夏恒例の『24時間テレビ』の放送日が8月22、23日に決定したと発表するとともに、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、東京・両国国技館にて無観客で行うと伝えた。 水卜アナは「今年の24時間テレビですが、日本テレビでは何度も話し合いを重ねてきました。そして医療...
5Picks
京大グループ、フォトニック結晶レーザー搭載のLiDARを開発!自動運転での活用に期待
自動運転ラボ
|
京都大学工学研究科の野田進教授が率いる研究グループは2020年7月5日までに、北陽電機株式会社と共同で、フォトニック結晶レーザーを搭載したLiDAR(光測距システム)の開発に世界で初めて成功した。 京都大学と科学技術振興 […]
3Picks
インフラ監視や防災用に、LPWA対応の省電力IoT電源システムを発売へ
MONOist
|
マクセルは、LPWA対応のIoT電源システムを開発した。アルカリ乾電池またはCR電池を搭載し、必要な時だけ電力供給してシステム全体の待機電力を削減する。防災機器やインフラ監視機器用の電源への利用を見込む。
2Picks
作業効率化にも! AIで肉の部位を認識するシステム開発
マッシュメディア
|
都築電気株式会社と、業務用の計量包装機を製造販売する株式会社イシダは、「画像認識を活用した食肉判別装置」に関するシステムを共同出願した。 人材不足の解決策の一つに現在食肉加工業界では、少子高齢化に伴った人材不足、後継者
4Picks
【7月第1週資金調達サマリー】再生可能エネルギーのLooopが28億3,000万円の調達など
STARTUP DB MEDIA(スタートアップデータベース メディア)
|
国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STRTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。再生可能エネルギーのLooopが28億3,000万円の調達。発電やエネルギーマネジメントに関する同社の専門性に各企業の新たな知見を結集した新サービスを開発し、同時に全国規模の営業基盤を強化していく方針だ。
【7月第1週資金調達サマリー】再生可能エネルギーのLooopが28億3,000万円の調達など
STARTUP DB MEDIA(スタートアップデータベース メディア)
|
18Picks
在宅受験での不正行為、AIが目線の動きを追従して監視
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
株式会社EduLabは6月26日、AIを活用したオンライン試験監督システム「Check Point Z」の開発を進め、サービス提供をしていくと発表した。Check Point Zは、オンライン試験
21Picks
地デジ波をスマホでリレー、人とすれ違うことで災害情報が手に入る
ニュースイッチ
|
アトラクター(長野県軽井沢町、濱田淳社長)とテレビ信州、構造計画研究所は、テレビの放送電波とスマートフォンの無線通信を組み合わせた災害情報伝達システムを構築した。地域ごとの防災情報を電波に乗せて公共施設に発信、その情報をスマホ同士の無線通信で“リレー”のように多くの人に伝達。地震や台風などの自然災害に伴う通信障害でスマホなどがつながらない場合も、被災地の住民に情報を素早く届けられる。今後、自...
7Picks
韓国で感染検査用サンプル採取ロボット開発。遠隔操作で医療関係者のリスク軽減
Engadget 日本版
|
KIMM たとえマスクやフェイスシールド、防護服に手袋という完全防備であっても、新型コロナなどへの感染疑いの患者から検査サンプルを取る作業は、一抹の不安を医療関係者に抱かせるものです。そこで韓国機械研究院(KIMM)の研究者は、医師が遠隔操作で患者の検査用サンプルを採取できるロボットを開発しました。 このロボットは、眼科で目の検査をする際に使う器具のように患者が台に顎と額をくっつけて固定する...
2Picks
パチンコ「遊タイム情報」などで「アガる新機種」事情。いま一番「激アツな開発マシン」は◯◯だ!?
ビジネスジャーナル
|
なんでも新しい遊技機の型式試験機関が始動したそうで。その名も一般社団法人GLI Japan。なんかかっこいいですね。「グリジャ」とか言われるんでしょうか。このGLIはカジノマシンの試験業務をしているということで、日本でのカジノ解禁を見込んだ戦略かと思えば、すでに2014年には...
4Picks
コンクリ施工品質の向上/大成建設/最適打込み計画を作成/打ち重ね時間間隔2割短縮
建設通信新聞Digital
|
大成建設は、現場打ちコンクリートの施工品質の向上を目的に最適な打ち込み計画を自動作成する支援システム「T-Con・PAS」を開発した。最適な打ち込み計画を導き出すことで、コンクリートの打ち重ねによって生じるコールドジョイントの発生リスクを低減できる。施工品質の向上に役立つツールの1つとして、全国の現場で積極的な活用を見込む。 現場打ちコンクリートの初期欠陥の防止など、コンクリート構造物の品質...
21Picks
あなたはAIが診断する病院にかかりたいですか
東洋経済オンライン
|
人工知能が個人情報を駆使して医療に関わるようになると、どのようなリスクがあるのか、それに対してどのような配慮が必要なのか。人工知能が発達し続けると、予想されるリスクとして、よくいわれるのは、いまは人…
121Picks
iPS細胞で骨格筋幹細胞、筋ジスの再生医療に光 京大iPS研が移植手法を開発
京都新聞
|
筋肉が萎縮する難病「デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)」に対しiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った骨格筋の幹細胞を移植する手法を開発したと、京都大iPS細胞研究所のグループが発表した。再生医療に応用できる可能性があるという。米科学誌ステム・セル・リポーツに3日掲載する。
4Picks
AGCの若手技術者、ガラス製造の“匠の技”をAIに学ぶ
ニュースイッチ
|
AGCは、FRONTEO(東京都港区)と共同で、ガラス製造の熟練技術をコンピューターに集約し、若手技術者らが容易に知見を引き出すことができるシステム「匠KIBIT」を開発した。人工知能(AI)を使って知見を引き出す仕組みで、若手技術者らはQ&A方式で技術を学ぶ。AGCグループの国内ガラス製造拠点を中心に運用を始めており、今後は欧州を含む海外の同社グループのガラス製造拠点への展開も検討する。 ...
5Picks
クリーク・アンド・リバー社、VRやAR開発のGruneを買収
Social Game Info
|
クリーク・アンド・リバー社<4763>は、6月29日、Gruneの株式を買収すると発表した。創業者の山下 敏義氏から発行済株式の75%にあたる45万4500株を取得する。売却価額については相手の意向により非公開としている。Gruneは、2016年にSTAR(スイスのソフトウエア開発会社)出身者である山下敏義氏により設立され、 Web制作、 システム開発、 コンサルティング、3D、 VR、 A...
医療情報システム開発 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン