新着Pick
SPD0GBR7K0UJEHIL
医療情報システム開発
JPN

医療情報システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
医療情報システム開発
電子カルテを中心とした福祉施設、医療機関向けの業務系システム、臨床試験向けの支援管理システムを開発する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
愛知の町工場が開発したIoTシステムが中小企業を救う!愛知「旭鉄工」が生み出す、"やりたい"生産管理
Fact
|
1941年に創業した製造会社が、現場の生産状況を「見える化」して改善活動を加速するために自社でIoTのシステムを開発したところ、生産効率が飛躍的に上昇して年間2億円以上の労務費削減に成功した。
4Picks
ブルガリア歳入庁サーバーにハッカーが侵入。500万人分の個人ID、納税、医療情報など漏洩か
Engadget 日本版
|
ヨーグルトは知っているけれど、いまいちその場所がわからないという人は多いであろう南欧の国ブルガリアで6月末、国家歳入庁(NRA)へのセキュリティ侵害が発生し、成人の納税者数百万人分の納税に関する情報が漏洩したことが明らかになりました。 Reutersによると、ブルガリアのVladislav Goranov財務相はNRAのネットワークに国外からハッカーが侵入したことを確認しているとしつつ、漏洩...
12Picks
ゲノム・遺伝子ビジネスとは~法的諸問題と保険ビジネスへの影響を弁護士が解説
thefinance.jp
|
「ゲノム」「遺伝子」といった言葉を報道等で目にする機会が多くなってきた。社会構造を変革する技術としてAIと同様に、ゲノム関連技術も「生命の設計図」に関する技術として社会的に大きな注目を集めつつある。特にゲノム医療の進展はめざましく、がん細胞の遺伝子を調べて患者ごとに最適な治療法を探る「がん遺伝子パネル検査」や、ゲノムを解析して疾患リスクや体質に関する情報を提供する遺伝子検査サービスも、その普...
15Picks
ちゃんと体洗えている?数字で評価、高齢者の自立能力見定め
ニュースイッチ
|
広島大学の栗田雄一教授と産業技術総合研究所人工知能研究センターの多田充徳デジタルヒューマン研究チーム長らは、慣性計測センサー(IMU)で全身運動を計測し、自分で体を洗えているかを測るシステムを開発した。IMUのデータから全身の動きを再現して、ボディーブラシでこすった部位を推定する。IMUならトイレや食事などの評価も可能。高齢者や要介護者の自立生活能力の評価に提案していく。 IMUを頭や手、足...
10Picks
Alexaから医療アドバイスを受けられるように イギリス (iPhone Mania)
LINE NEWS
|
イギリスにて、Amazonの音声AIアシスタント「Alexa」に話しかけるだけで、必要な医療情報を提供してくれるサービスが開始しました。英政府は現地時間10日、英国民保険サービス(NHS)とAmazonの
22Picks
『テックトラップで退職を脅かす日本企業への警鐘』(西尾首席研究員) - ルール形成戦略研究所 / CRS: Center for Rule-making Strategies
ルール形成戦略研究所 / CRS: Center for Rule-making Strategies
|
当研究所の西尾素己首席研究員によるレポート『テックトラップで退職を脅かす日本企業への警鐘~証拠捏造が可能な日本企業に求められるe-discovery対策~』を掲載いたしました。 本レポートは日本企業が電子証拠の捏造が可能な情報システム構成になっている問題点を指摘しており、その技術的な根拠を複数の実例を持って検証しており …
9Picks
専門領域を深堀り、AIベンチャーの生きる道
ニュースイッチ
|
人工知能(AI)ベンチャーで業務の深掘りが進んでいる。特定サービスに事業を集中させ、業務に合わせてAIを開発している。自社でサービスを展開し、AI開発のテストベッドにするベンチャーもある。AIシステムの受託開発を続けたり、技術でプラットフォーマーを目指したりするよりも、地に足のついたビジネスになる可能性がある。AI開発は局地戦に移ろうとしている。(文=小寺貴之)FRONTEO 資料読み込み効...
3Picks
熱中症の救急搬送者数、前年同期の10分の1
CBnews
|
CBnewsは、医療・介護に特化した総合情報サイトで、専属記者の独自記事を配信しています。医療や介護行政の動きをはじめ、医療・介護業界のタイムリーな話題や、医療者・介護従事者に役立つ新商品情報などをリアルタイムでお届けしています。
10Picks
AIで進歩するガン治療! 一人一人に合わせた放射線療法計画を立てる技術
note(ノート)
|
AIが、医療用スキャン(MRIやCT)や電子カルテの情報をもとに、ガン患者一人一人に合わせた放射線量を提示して治療を手助けしてくれる――クリーブランド病院の研究者グループが発表した。 データ活用でAIが適切な放射線治療を提案 まず、MRIやCTの情報を利用して、AIが照射する放射線量に関して情報を引き出す。そして、患者に合わせて腫瘍の特徴や治療の成功を左右しうる他の要因も提示してくれる。この...
11Picks
生活介護の経営状況、通所型の4分の1が赤字
CBnews
|
CBnewsは、医療・介護に特化した総合情報サイトで、専属記者の独自記事を配信しています。医療や介護行政の動きをはじめ、医療・介護業界のタイムリーな話題や、医療者・介護従事者に役立つ新商品情報などをリアルタイムでお届けしています。
17Picks
「夏かぜ」ヘルパンギーナ、首都圏で流行の兆し
CBnews
|
CBnewsは、医療・介護に特化した総合情報サイトで、専属記者の独自記事を配信しています。医療や介護行政の動きをはじめ、医療・介護業界のタイムリーな話題や、医療者・介護従事者に役立つ新商品情報などをリアルタイムでお届けしています。
11Picks
乳ガンの早期発見に医師とAIがダブルチェックで見落とし防止へ
Ledge.ai
|
医療分野でのAI導入が進み、CTやMRIなど撮影された画像の診断をAIでサポートする事例は多くなってきた。しかし、リアルタイムで検査の解析、診断を補助する事例は多くない。 そんななか、株式会社フィックスターズが慶應義塾大学医学部と共同で開発しているのが、乳房超音波検査のリアルタイム解析システムだ。 深層学習で
21Picks
ファッションの情報源、「インスタ」が「Google」を抜く
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利…
24Picks
子どもが学校になじめなくても悲観しなくていい。親は学校の外の世界を見せてあげよう──筧捷彦×中山ところてん
サイボウズ式
|
「浮きこぼれ」という言葉を知っていますか? 「落ちこぼれ」の対義語で、高い学力ゆえに学校生活になじめない子どものことを指します。 機械学習に関するコンサルティングやシステム開発に携わる中山ところてんさんは「浮きこぼれ」として、小中学生時代に不登校を経験。 一方、筧捷彦さんは、国際情報オリンピックの運営など、長年情報分野の教育に携わる上で、就職に悩む若者を多く目にしてきました。 対談を通して、...
1111Picks
グーグルが「Google AI for Japan」を発表 AI人材の育成、技術活用の推進を目指す
Forbes JAPAN
|
どこが洪水にあいそうかを事前に予測するAIシステムを開発したり、3次元ディープラーニング(深層学習)技術を活用して肺がん診断AIを開発したり、AIを使って社会課題の解決に積極的に取り組んでいるグーグル。そうした取り組みを、日本でも強化してい・・・
10Picks
生体を材料に3Dプリンターで皮膚や骨を作り出すことに成功、宇宙での医療技術が一歩前進へ
GIGAZINE
|
月や火星への進出が計画され、地球と全く環境が違う宇宙にはさまざまな危険であふれていることも指摘されています。そんな中、医療技術が限られている宇宙での皮膚移植・骨移植を行うべく、新たに「人間の血漿(けっしょう)を材料にして3Dプリンターで皮膚や骨を作り出す」技術が開発されました。
75Picks
「ICTで『儲かる農業』」支援する農機メーカーに求められること
ニュースイッチ
|
担い手不足が深刻化する日本の農業。この問題を根本的に解決するには作業の効率化や作物自体の品質を向上させ、「魅力的=儲(もう)かる」農業を実現することが不可欠となる。これに対して、井関農機は情報通信技術(ICT)を活用した農業機械やサービスを開発し、農業の活性化を支援している。同社の動きを追った。(文=編集委員・松沢紗枝)自治体などと協業 井関農機は国や地方自治体、教育機関、ベンチャー企業など...
196Picks
わかりにくい「住宅ローン」の説明、東大の技術で変える
ニュースイッチ
|
東京大学は日本住宅ローン(東京都文京区、安藤直広社長)による寄付講座「次世代金融支援システム講座(日本住宅ローン)」を立ち上げた。仮想現実(VR)や人工知能(AI)などの情報技術を使い、金融業界における顧客対面取引の代替システムで研究と人材育成を行う。同大大学院情報理工学系研究科による世界トップクラスの要素技術を組み合わせ、顧客利便性と事務効率化の実現につなげる。 開発するシステムのイメージ...
83Picks
早期参入しなければ事業機会失う…加速する協働ロボット開発競争
ニュースイッチ
|
三菱電機は2019年度内に協働ロボットを発売し、20年までに同ロボットをより使いやすくするシステムも開発する。東芝機械は20年にも双腕型の協働ロボット2機種を投入。既存の生産ラインで使える導入のしや
医療情報システム開発 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン