新着Pick
SPD0GBR7K0UJEHIL
医療情報システム開発
JPN

医療情報システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
医療情報システム開発
電子カルテを中心とした福祉施設、医療機関向けの業務系システム、臨床試験向けの支援管理システムを開発する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
医療現場の情報共有を促進する重症患者管理システム「iBSEN」開発のCROSS SYNCが1.5億円調達
TechCrunch Japan
|
横浜市立大学発のスタートアップCROSS SYNCは3月8日、第三者割当増資による総額約1億5000万円の資金調達を発表した。引受先は、ファインデックス、日本政策投資銀行、豊田通商、コニカミノルタら。
4Picks
東大発建設テックベンチャーのARAV 建機向け自動制御システムを開発へ
産経ニュース
|
東京大学発の建設テックベンチャー、ARAV(アラヴ、東京都文京区)は建設機械向けの自動制御システムの開発に乗り出す。自動運転や遠隔運転などの先端技術は乗用車やトラックなどで開発が進んでいるが、建設機械にこうした技術が採用されれば、建設現場の労働環境の改善にもつながりそうだ。
5Picks
CROSS SYNC、AIを活用した医療現場の情報共有の加速を目指し1.5億円の資金調達を実施
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社CROSS SYNCは、株式会社ファインデックス、株式会社日本政策投資銀行、豊田通商株式会社、コニカミノルタ株式会社らを引受先とする第三者割当増資により総額約1.5億円の資金調達を実施し...
4Picks
NTTドコモ、16K360度VR・スーパーインポーズ対応のリアルタイム映像配信クラウドシステムを開発
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、複数のカメラで撮影した映像をクラウド上のサーバーでリアルタイムに処理し、16K以上の解像度の360度VR映像や、8KVR映像とマルチアングル映像を組み合わ...
4Picks
【前編】情報システム部門の課題とこれから、ITの力で経営に資するために今、必要なこと
ワークフロー総研
|
今回の対談では、日本企業におけるCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)の役割定着と情報化社会の発展に尽力するNPO法人CIO Loungeより、友岡賢二氏をゲストにお迎えしました。ホストは、IT化・デジタル化を通じた業務改善を支援する沢渡あまね氏です。「情報システム部門の課題やこれからのあり方」について、2回にわたってお話を伺います。
4Picks
NTTドコモ、世界で初めて16K360度VR映像のスーパーインポーズ対応でのリアルタイム映像配信クラウドシステムを開発
Social Game Info
|
NTTドコモ<9437>は、複数のカメラで撮影した映像をクラウド上のサーバーでリアルタイムに処理し、16K以上の解像度の360度VR映像や、8KVR映像とマルチアングル映像を組み合わせたスーパーインポーズ像の生成、配信を可能にする映像配信クラウドシステムを開発し、5Gを用いたライブ映像配信に成功した。横方向16K360度VR映像のライブ配信は世界で初めてとなる。16K 360度VR映像では、...
2Picks
上手な医療かかり方アワード最優秀賞に佐久医師会
CBnews
|
CBnewsは、医療・介護に特化した総合情報サイトで、専属記者の独自記事を配信しています。医療や介護行政の動きをはじめ、医療・介護業界のタイムリーな話題や、医療者・介護従事者に役立つ新商品情報などをリアルタイムでお届けしています。
2Picks
サイモンフレイザー大のリモート医療ロボットは医療従事者をサポートする!
マッシュメディア
|
将来的には医療ロボットがリモートでユーザーのバイタルをチェックし、薬の処方すら行うかもしれない。 サイモンフレイザー大学の研究チームは、そんな将来を見越してリモート医療ロボットを開発している。同ロボットは、医師や看
59Picks
“コロナ治療薬開発”の2社 金融商品取引法違反か
テレ朝news
|
新型コロナウイルスの治療薬の開発を進めると発表した医療ベンチャー会社など2社について、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反の疑いで調査を始めました。  東京・新宿区の医療ベンチャー会社「テラ」など2社は去年4月、新型コロナの重症患者を治療する薬を開発するためメキシコで臨床試験を始めると発表しました。  鳩山由紀夫元総理大臣などもPRし、テラ社の株価は2000円台まで上昇しましたが、その後...
5Picks
建機の遠隔操作や自動操縦で建設現場のDXを進める東大発スタートアップARAVが6300万円を調達
TechCrunch Japan
|
建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発スタートアップのARAV3月8日、シードラウンドにおいて第三者割当増資による 6300万円の資金調達を行ったと発表した。引受先は東京大学協創プラットフォーム開発(IPC)となる。今回の資金調達で建機の遠隔操作システムパッケージ化などを進めていく考えだ。
110Picks
“4Kの16倍”「16K」の360度VR映像を配信できるシステム、ドコモが開発 スポーツや音楽イベントに活用
ITmedia NEWS
|
NTTドコモが、5G通信を活用し、4Kの16倍の解像度「16K」の360度VR映像を配信できるシステムを開発したと発表。スポーツや音楽イベントのライブを従来より高画質で配信できるという。
3Picks
PALTEK、高性能FPGAコンピュータを発売
EE Times Japan
|
PALTEKは、高性能FPGAコンピュータ「HPFC」をベクトロジーと共同で開発し、販売を始める。4K/8K映像の伝送やリモート制御、医療画像診断、ロボット制御などの用途に向ける。
2Picks
顧客情報に不正アクセス=101人分確認―SMBC信託銀
時事通信社
|
 三井住友銀行傘下のSMBC信託銀行(東京)は8日、インターネットを通じて口座開設の手続きを行った顧客情報が保管されている外部のクラウドシステムに不正アクセスがあり、最大101人分の個人情報が閲...
3Picks
富士通、洪水時の河川水位をAIで予測--富士通がシステム販売
ZDNet Japan
|
富士通は、過去の雨量や水位データと気象関連機関が配信する数時間先の気象データから洪水時の河川水位を予測するシステム「FUJITSU Public Sector Solution Social Century Resilience AI水管理予測システム powered by Zinrai」を開発し、販売を開始した。
23Picks
いなげや、デジタルマーケティングの強化を狙い「LINEミニアプリ」を正式導入
デジタルシフトタイムズ
|
D&Sソリューションズ株式会社は、推進する“情報卸”の取組のサービスとしてスーパーマーケット専用に開発した「LINEミニアプリ」、「RETAILSTUDIO」および「ダイナミックプライシング」が...
3Picks
「KASHIYAMA」に導入されたオンライン完結・画像不要の採寸技術とは?
マッシュメディア
|
東大発3Dアルゴリズムベンチャーである株式会社Sapeetは、ユーザー情報の入力のみでサイズを推定する技術を開発。そしてこのたび、株式会社オンワードパーソナルスタイルが展開するオーダーメイドブランド「KASHIYAMA」
17Picks
高齢者見守りの新たな手段はエアコン!?三菱電機がIoT活用で来年度事業化
ニュースイッチ
|
三菱電機は2021年度にIoT(モノのインターネット)技術を活用して特別養護老人ホームなどでの見守りサービスを事業化する。各部屋に設置するセンサー端末を試作したほか、既設エアコンの赤外線センサーを活用する。超高齢化社会に入り、人材不足を含めた介護者の激務が深刻な問題となっており、同社ではデジタル技術で社会課題解決に貢献する。 三菱電機は20年に介護支援システム開発ベンチャーのジーワークス(東...
10Picks
入退院調整をリアルタイムで可視化する医療機関・介護施設向け業務支援SaaSの3Sunnyが3.2億円調達
TechCrunch Japan
|
医療機関・介護施設向け業務支援SaaSを開発・提供する3Sunny(スリーサニー)は3月4日、第三者割当増資による総額約3億2000万円の資金調達を発表した。引受先は、メディカルノート、メディアスホールディングス、帝人、ANRI、ANOBAKA、個人投資家。これにより累積資金調達額は約4億円となった。
医療情報システム開発 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン