新着Pick
SPD0FAEO5F64V8ZW
運搬機械
JPN

運搬機械 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
運搬機械
コンベヤ、クレーン等、特定の敷地内において、物の運搬を目的とした機械装置の製造を主とする企業群。但し、エレベータ、エスカレータ、機械式駐車場、建設用クレーン、フォークリフトは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
生産は4─6月横ばい圏内、自動車減産に転じる=日銀月報
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 日銀は25日に公表した5月の金融経済月報で、4─6月の鉱工業生産について「いったん横ばい圏内の動き」との見通しを示した。前月と同じ判断だが、自動車など輸送機械で「軽自動車を中心に減産に転じる」との指摘を追加しており、若干慎重な見方となっている。足元の景気の総括判断は「緩やかな回復を続けている」とし、前月の「緩やかな回復基調」からわずかながら上方修正した。
8Picks
ロイター企業調査:円安でも国内シフト鈍く、追加緩和は好影響25%
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - 12月ロイター企業調査によると、1ドル120円程度までの円安では、海外生産・調達の国内シフトを検討する企業が全体の9%にとどまることがわかった。業種別では、電機がゼロとなった半面、輸送機械は4割が検討予定と回答した。
6Picks
鉱工業生産6月速報は2カ月連続低下、予測大きく下回る 
Reuters
|
[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日発表した6月鉱工業生産指数速報は前月比2.1%低下の102.2となった。2カ月連続の低下。ロイターの事前予測調査では前月比0.4%低下と予想されていたが、発表数値は予測を下回った。半導体製造装置などはん用機械などの減産のほか、輸送機械も自動車の出荷が伸び悩んだことが足を引っ張った。
5Picks
実践トヨタ生産方式 (4) 生産技術は「重量」で様変わりする 「重量物を動かすな!」
財経新聞
|
「生産方式」を考える時、「人が手で軽々持てる重量」と「クレーンやホークリフトなど運搬機械を必要とする重量」では、考え方を逆にしなければならない。
5Picks
鉱工業生産4月は弱め、電子部品際立つ不振 先行き計画も慎重化
Reuters
|
[東京 31日 ロイター〕 - 経済産業省が31日発表した4月鉱工業生産指数速報は前月比0.3%上昇となり、わずかに上昇したものの、事前の市場予測(1.2%上昇)を下回る弱めの結果となった。在庫積み上がりは止まったとはいえ、引き続き高水準のままで、先行きの生産計画も慎重化している。輸送機械は好調を取り戻した半面、これまで好調が続いてきた電子部品の不振が際立っている。
4Picks
国内生産に勢いがある「はん用・生産用・業務用機械工業」のグローバル出荷;海外出荷主導のグローバル化が進む輸送機械工業との違いを踏まえつつ
www.meti.go.jp
|
国内生産に勢いがある「はん用・生産用・業務用機械工業」のグローバル出荷;海外出荷主導のグローバル化が進む輸送機械工業との違いを踏まえつつ
3Picks
自動車・輸送機械業界向けソリューションを印大手商用車メーカーが採用
MONOist
|
ダッソー・システムズは、インド大手商用車メーカーのアショックレイランドが、トラックやバスのモジュール設計・検証・生産、車両構成管理の向上のため、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームの使用範囲を拡大したと発表した。
3Picks
世界初!細菌べん毛III型輸送装置ができるしくみを解明
ResOU
|
大阪大学大学院生命機能研究科の南野徹准教授、難波啓一特任教授(常勤)らの研究グループと同大学院理学研究科の今田勝巳教授の研究グループは、細菌べん毛を作るために必要なタンパク質輸送装置がべん毛の根元にできるしくみを世界で初めて明らかにしました。 細菌の細胞表層にはべん毛と呼ばれるタンパク質でできた細長い繊維状の運動器官が生えていて、細菌はこれを使って水中を活発に泳ぎます。べん毛は細胞の外にでき...
2Picks
地域の景況感は全国的に悪化~輸出・生産の弱さが押し下げに寄与
大和総研
|
◆2019年4月の大和地域AI(地域愛)インデックスは、全9地域で低下した。しかしながら、低下幅を見ると、地域によってまちまちである。「北海道」「東海」の2地域は低下幅は僅かなものにとどまった。「北海道」では、2018年9月に発生した地震の復興需要による公共投資や観光客の回復が下支えした。「東海」は輸送機械が生産全体に占める割合が高く、北米向けの自動車の輸出が好調だったことで、落ち込み幅は他...
2Picks
なぜ日本のサービス産業の生産性は低いのか? - abz2010
BLOGOS - 最新記事
|
諸外国と比較した時の日本の労働生産性の低さはある種の意外感を持って語られることの多い話題であるが、中身を見ると良い意味で?イメージ通りな部分も多い。たとえば、公益財団法人日本生産性本部より発表された「日米産業別労働生産性水準比較」では・産業別にみた日本の労働生産性水準(2010~2012年平均)は、化学(143.2%) や機械(109.6%)で米国を上回り、輸送機械(92.7%)でも遜色ない...
2Picks
7月の鉱工業生産、2カ月ぶり低下
ZUU Online|経済金融メディア
|
経済産業省は31日、7月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)速報値を発表した。鉱工業生産指数は前月比0.6%低下の97.7で2カ月ぶりの低下となった。基調判断は「生産は一進一退で推移している」に据え置いた。 生産を業種別にみると、電子部品・デバイス工業、輸送機械工業、情報通信機械工業等が低下し、化学工業(医薬品を除く)、金属製品工業、石油・石炭製品工業等が上昇した。 出荷...
1Pick
セミマクロ分析から見る景気の先行き
大和総研
|
◆新型コロナウイルスの感染拡大および緊急事態宣言などの活動自粛要請が企業活動に与えた影響の大きさは業種によってまちまちである。感染拡大による影響が顕在化した3月以降、製造業では輸送機械工業などが、非製造業では生活娯楽関連サービスなどが全体の企業活動の低下に大きく寄与した。 ◆輸送機械工業の生産の減少は、経済活動の制限・自粛の影響により国内外の自動車販売が人為的に抑制されたことが背景の一つだ。...
1Pick
2020年1月鉱工業生産
大和総研
|
◆2020年1月の生産指数は前月比+0.8%と2ヶ月連続で上昇し、市場コンセンサス(同+0.2%)を上回った。上昇はしたものの、9月以前の水準と比べると大幅に低下したままだ。出荷指数も同+0.2%と僅かに上昇したものの低水準でとどまっている。 ◆業種別では、15業種中8業種で上昇した。自動車工業、輸送機械工業(除.自動車工業)、その他工業などが上昇に寄与した。品目別では普通乗用車、航空機用発...
1Pick
サイクル面から見た景気の先行き
大和総研
|
◆日米中3カ国では概ね「中国→米国→日本」の順番で景気回復となるパターンが見られ、2020年は日本の回復期入りが期待される。当面は輸出の回復がポイントとなろう。 ◆業種別に生産の先行きを見通すと、半導体需要の回復に伴う電子部品・デバイスの生産増が期待される一方、日米家計所得の影響を強く受ける輸送機械は横ばいで推移し、両者の動きが乖離した状況が続くと想定される。 ◆だが、業種間の波及構造を踏ま...
運搬機械 概要
世界
日本
マレーシア