新着Pick
SPD056LAKMVZVFIH
包装資材(プラスチック類)
JPN

包装資材(プラスチック類) 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
容器・包装
>
包装資材(プラスチック類)
プラスチックを利用して、食品用包装材、医薬品、ビニール製買物袋などを主に製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
三菱製紙、プラ代替の食品包装用紙を国内生産に切り替える理由
ニュースイッチ
|
三菱製紙はドイツで生産してきた、プラスチックを代替する食品包装用紙の国内生産販売に乗り出す。5月をめどに発売し、2025年度までに年20億円の売上高を目指す。海洋プラスチックゴミ問題を背景に、プラスチック代替素材の需要が高まっている。また日本の食品メーカーの性能要求が欧州より強いことから、機能を高めた食品包装用紙を開発し、国内で生産販売することにした。ドイツでの生産販売は継続し、欧州市場での...
397Picks
「ペットボトルはダサい」タピオカも紙ストローに。エシカル消費が「当たり前」な世代
Business Insider Japan
|
環境に優しい商品を選ぶ、エシカル(倫理的)消費が2020年はますます盛り上がりそうだ。 企業がプラスチック製ストローの廃止を決めたり、お菓子の包装を環境負荷の少ない素材に変更したりと、2019年は次々にエシカル消費が打ち出された1年だった。エシカル消費の流れは脱プラスチックにとどまらず、大量の食品ロ...
224Picks
年間380トン削減 お菓子の包装も「脱プラ」へ
テレ朝news
|
世界的に脱プラスチックの動きが広がるなか、国内で初めてお菓子の主力商品の包装が変更されます。  紙製に切り替えるのは来月下旬出荷分のキットカットの大袋で、年間380トンのプラスチックが削減できるということです。中の袋も紙製にするとウェハースのサクサク感を損なうということでこれまで通りプラスチック製ですが、2021年までにはリサイクルしやすい素材に変えることを目指しています。来年の東京オリンピ...
110Picks
プラ代替素材「LIMEX」のTBMが31.2億円を資金調達。大日本印刷や凸版印刷、ゴールドマン・サックスなどが出資
Business Insider Japan
|
アパレルメーカーの世界大手である「H&M」が、12月5日から日本国内のすべての店舗でプラスチック製のレジ袋を紙製のバッグに置き換えると発表するなど、世界的に対策が急速に進められている「プラスチック問題」。 EUでは2018年1月、「2030年までに使い捨てのプラスチック容器や包装を再利用もしくは素材...
15Picks
「バイオプラスチック」関連銘柄の中でも業績好調な 19社を紹介! コンビニが植物由来素材の包装を採用 するなど、拡大する“脱プラスチック”の流れに乗れ! - 「お宝銘柄」発掘術!
Diamond Online
|
世界的に注目を浴びる「バイオマスプラスチック(だ」の関連銘柄の中でも、業績好調で成長が期待できる銘柄をアナリストの村瀬智一さんがピックアップ! 先日、コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが、今年7月中をめどに、おにぎり全品の包装を植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材に切り替えることが報じられました。これまでもプラスチック素材による海洋汚染が世界的な問題として取...
2Picks
菓子包装、紙素材に商機 プラごみ削減へ開発強化
共同通信
|
菓子包装、紙素材に商機 海洋汚染につながるプラスチックごみを削減しようと、菓子の包装を紙に切り替える動きが広がっている。製紙...
7Picks
英、プラスチック包装に課税へ 22年4月から、リサイクル促す
共同通信
|
英、プラスチック包装に課税へ 【ロンドン共同】英政府は30日までに、一定以上のリサイクル素材を含まないプラスチック包装への課税を2022年4月から実施する計画を公表した。環境保全のためにリサイクルを促す狙いだ。レジ袋やプラスチック...
6Picks
植物由来の包装資材やクーラーボックス用断熱材を生産するVericoolが21億円相当を調達
TechCrunch Japan
|
プラスチックの包装資材や断熱材を植物由来の製品で置き換えようとするカリフォルニア州リバーモアのVericoolが、新たな資金調達ラウンドで1910万ドル(約21億円)を獲得した。 同社の目標は、これまで使われてきたポリスチレンなどの包装資材を植物由来の断熱性のある素材で置き換えることだという。 同社はその技術で再生紙やその他の植物性素材を使用して、歩道の縁石や漆喰(しっくい)なども作っている...
6Picks
プラスチックみたいに空気や水を通さない「紙」、実用間近
ギズモード・ジャパン
|
Image:王子ホールディングス包装のテクノロジー、着実に進んでいます。王子ホールディングスが開発した「SILBIOBARRIER(シルビオバリア)」。これは、プラスチック素材に替わる、ユニークな機能を備えた新しい紙素材です。それが、外部からの酸素や水蒸気などの侵入を防ぎ、内容物の香りや水分を保つという「バリア性」を持っている紙であるという点。Image:王子ホールディングス「SILBI
5Picks
【スイス】ネスレ、食品向け品質の再生プラ開発に2300億円用意。一時的なコスト増より長期的な開発
Sustainable Japan | 世界のサステナビリティ・ESG投資・SDGs
|
食品世界大手スイスのネスレは1月16日、再生プラスチック素材で食品容器・包装品質のプラスチックを製造するために20億スイスフラン(約2,300億円)を用意したと発表した。  ネスレは2018年、2025年までにここから […]
5Picks
崎陽軒、10~50円値上げへ シウマイ弁当は860円
カナロコ|神奈川新聞ニュース
|
崎陽軒(横浜市西区)は17日、シウマイ弁当などの弁当類の価格を9月1日から値上げすると発表した。対象商品は16品目で、値上げ幅は10円~50円。主力商品のシウマイの主原料である豚肉、干しホタテ貝柱、米のほか、包装資材の高騰が背景にある。 ...
5Picks
フランス、プラスチック製の使い捨て食器を禁止へ 世界初
CNN.co.jp
|
フランスでこのほど、使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が世界で初めて制定された。 同法は2020年1月に施行予定。すべての使い捨て食器類について、家庭用コンポストで堆肥(たいひ)にできる生物由来の素材を50%使うことを義務付ける。2025年までにはこの割合を60%に引き上げる。 フ...
3Picks
会議室への移動がちょっとラクになる、ラップトップに貼り付ける小物用ポケット【今日のライフハックツール】
ライフハッカー[日本版]
|
ラップトップに貼り付けるタイプの小物用ポケット『Fillit Pocket』をご紹介。手帳やペン、モバイルバッテリーやケーブル類などが入れらます。特許出願中の接着技術で金属やプラスチックなどさまざまな素材にくっつき取り外しも簡単。
3Picks
【スイス】テトラパック、さとうきびBONSUCRO認証取得バイオプラスチック活用の紙パック販売開始
Sustainable Japan | 世界のサステナビリティ・ESG投資・SDGs
|
容器・包装世界大手スイスのテトラパックは11月20日、持続可能なさとうきび認証「BONSUCRO認証」を取得したさとうきびを原料としたバイオプラスチック活用の紙パックの販売を2020年第1四半期中に開始すると発表した。 […]
3Picks
サムスン、プラスチック包装を持続可能な素材へ転換 - SB-Japan
BLOGOS - 最新記事
|
韓国サムスンは1月27日、携帯電話やタブレット、家電製品などの包装材を削減する一方、包装材料についてはプラスチックから紙や生分解性プラなど持続可能な素材に置き換えると発表した。置き換えは2019年前半から始める。紙については2020年までにFSC(森林管理協議会)など環境団体の認証を受けた繊維素材だけを使用する予定。同社は2030年までに、2009年からの累積で再生プラ50万トンの使用、また...
3Picks
脱・プラ袋ムーブメントで、続々誕生する「植物性パッケージ」 | 袋ごと食べられる?
クーリエ・ジャポン
|
マクドナルドのプラスチックストローを皮切りに、ヨーロッパで次々と廃止に追い込まれている使い捨てプラスチック製品。英国に900店舗以上を構える冷凍食品大手のアイスランドは、「自社ブランド製品のプラスチック容器・包装を2023年までに排除する」と発表した。この波が広がるにつれ、代替案としての「バイオ原料」のパッケージ開発が勢いを増している。2017年末、英国では、100%サトウキビ原料の配達用パッケー
2Picks
電子レンジパックごはん、苦節5年で削った「13グラム」
ニュースイッチ
|
「開発に5年の歳月がかかった」。越後製菓(新潟県長岡市)の吉原忠彦社長は苦労をかみしめる。電子レンジで温める包装米飯「日本のごはん」の“超軽量容器”開発に5年を費やした。2012年に発売にこぎつけた商品のプラスチック製容器の重さは2グラム。従来品が15グラムだったので大幅な減量だ。 通常の食品容器は中身の鮮度を保つため、複数の素材を複層化して空気を遮断する。同社は単一素材にし、薄くした。さら...
2Picks
旭化成とライオン、使用済み容器・包装プラを再び容器に 技術開発を開始
環境ビジネスオンライン
|
旭化成(東京都千代田区)とライオン(東京都墨田区)は10月16日、一般家庭などから廃棄・回収される容器・包装プラスチックを、容器の原料として再利用するための技術開発を開始すると発表した。
2Picks
道漁連、脱プラ進めます 加工品包装を自然分解の素材に 漁具も転換可能か検討
北海道新聞 どうしんウェブ
|
道漁連は、水産加工品の包装パッケージや漁業資材にプラスチックを使わない運動を推進する。世界的に「脱プラスチック」の動きが広がる中、自然環境で分解される素材など再生可能な資源への転換を今月から順...
2Picks
東南アジア探訪記:海藻由来の食べられる包装資材 プラスチックごみ対策に期待
毎日新聞
|
インドネシアで休憩に欠かせない砂糖入りのインスタントコーヒー。1杯分ずつ小分けにした袋ごとコップにお湯を注ぐと、袋も溶けてごみは一切でない。インドネシアの企業が開発した海藻由来の食べられる包装資材が、プラスチックごみ対策として期待されている。同国は海洋プラごみの排出量が中国に次いで世界で2番目に多
包装資材(プラスチック類) 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア