新着Pick
SPD056LAKMVZVFIH
包装資材(プラスチック類)
JPN

包装資材(プラスチック類) 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
容器・包装
>
包装資材(プラスチック類)
プラスチックを利用して、食品用包装材、医薬品、ビニール製買物袋などを主に製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
222Picks
年間380トン削減 お菓子の包装も「脱プラ」へ
テレ朝news
|
世界的に脱プラスチックの動きが広がるなか、国内で初めてお菓子の主力商品の包装が変更されます。  紙製に切り替えるのは来月下旬出荷分のキットカットの大袋で、年間380トンのプラスチックが削減できるということです。中の袋も紙製にするとウェハースのサクサク感を損なうということでこれまで通りプラスチック製ですが、2021年までにはリサイクルしやすい素材に変えることを目指しています。来年の東京オリンピ...
15Picks
「バイオプラスチック」関連銘柄の中でも業績好調な 19社を紹介! コンビニが植物由来素材の包装を採用 するなど、拡大する“脱プラスチック”の流れに乗れ! - 「お宝銘柄」発掘術!
Diamond Online
|
世界的に注目を浴びる「バイオマスプラスチック(だ」の関連銘柄の中でも、業績好調で成長が期待できる銘柄をアナリストの村瀬智一さんがピックアップ! 先日、コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが、今年7月中をめどに、おにぎり全品の包装を植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチック素材に切り替えることが報じられました。これまでもプラスチック素材による海洋汚染が世界的な問題として取...
109Picks
プラ代替素材「LIMEX」のTBMが31.2億円を資金調達。大日本印刷や凸版印刷、ゴールドマン・サックスなどが出資
Business Insider Japan
|
アパレルメーカーの世界大手である「H&M」が、12月5日から日本国内のすべての店舗でプラスチック製のレジ袋を紙製のバッグに置き換えると発表するなど、世界的に対策が急速に進められている「プラスチック問題」。 EUでは2018年1月、「2030年までに使い捨てのプラスチック容器や包装を再利用もしくは素材...
7Picks
英、プラスチック包装に課税へ 22年4月から、リサイクル促す
共同通信
|
英、プラスチック包装に課税へ 【ロンドン共同】英政府は30日までに、一定以上のリサイクル素材を含まないプラスチック包装への課税を2022年4月から実施する計画を公表した。環境保全のためにリサイクルを促す狙いだ。レジ袋やプラスチック...
6Picks
プラスチックみたいに空気や水を通さない「紙」、実用間近
ギズモード・ジャパン
|
Image:王子ホールディングス包装のテクノロジー、着実に進んでいます。王子ホールディングスが開発した「SILBIOBARRIER(シルビオバリア)」。これは、プラスチック素材に替わる、ユニークな機能を備えた新しい紙素材です。それが、外部からの酸素や水蒸気などの侵入を防ぎ、内容物の香りや水分を保つという「バリア性」を持っている紙であるという点。Image:王子ホールディングス「SILBI
5Picks
崎陽軒、10~50円値上げへ シウマイ弁当は860円
カナロコ|神奈川新聞ニュース
|
崎陽軒(横浜市西区)は17日、シウマイ弁当などの弁当類の価格を9月1日から値上げすると発表した。対象商品は16品目で、値上げ幅は10円~50円。主力商品のシウマイの主原料である豚肉、干しホタテ貝柱、米のほか、包装資材の高騰が背景にある。 ...
5Picks
フランス、プラスチック製の使い捨て食器を禁止へ 世界初
CNN.co.jp
|
フランスでこのほど、使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が世界で初めて制定された。 同法は2020年1月に施行予定。すべての使い捨て食器類について、家庭用コンポストで堆肥(たいひ)にできる生物由来の素材を50%使うことを義務付ける。2025年までにはこの割合を60%に引き上げる。 フ...
3Picks
サムスン、プラスチック包装を持続可能な素材へ転換 - SB-Japan
BLOGOS - 最新記事
|
韓国サムスンは1月27日、携帯電話やタブレット、家電製品などの包装材を削減する一方、包装材料についてはプラスチックから紙や生分解性プラなど持続可能な素材に置き換えると発表した。置き換えは2019年前半から始める。紙については2020年までにFSC(森林管理協議会)など環境団体の認証を受けた繊維素材だけを使用する予定。同社は2030年までに、2009年からの累積で再生プラ50万トンの使用、また...
3Picks
脱・プラ袋ムーブメントで、続々誕生する「植物性パッケージ」 | 袋ごと食べられる?
クーリエ・ジャポン
|
マクドナルドのプラスチックストローを皮切りに、ヨーロッパで次々と廃止に追い込まれている使い捨てプラスチック製品。英国に900店舗以上を構える冷凍食品大手のアイスランドは、「自社ブランド製品のプラスチック容器・包装を2023年までに排除する」と発表した。この波が広がるにつれ、代替案としての「バイオ原料」のパッケージ開発が勢いを増している。2017年末、英国では、100%サトウキビ原料の配達用パッケー
2Picks
道漁連、脱プラ進めます 加工品包装を自然分解の素材に 漁具も転換可能か検討
北海道新聞 どうしんウェブ
|
道漁連は、水産加工品の包装パッケージや漁業資材にプラスチックを使わない運動を推進する。世界的に「脱プラスチック」の動きが広がる中、自然環境で分解される素材など再生可能な資源への転換を今月から順...
2Picks
東南アジア探訪記:海藻由来の食べられる包装資材 プラスチックごみ対策に期待
毎日新聞
|
インドネシアで休憩に欠かせない砂糖入りのインスタントコーヒー。1杯分ずつ小分けにした袋ごとコップにお湯を注ぐと、袋も溶けてごみは一切でない。インドネシアの企業が開発した海藻由来の食べられる包装資材が、プラスチックごみ対策として期待されている。同国は海洋プラごみの排出量が中国に次いで世界で2番目に多
2Picks
味の素 2030年をめどにグループのプラ廃棄ゼロへ
産経ニュース
|
味の素が2030(平成42)年をめどに、グループでプラスチックの廃棄をゼロにする目標を掲げたことが28日、分かった。プラスチックごみによる海洋汚染の深刻化に対応する。この問題をめぐってはストロー廃止や買い物袋の紙製への切り替えなど“脱プラ”が始まっているが、食品の包装では、密閉性の高いプラ素材が欠かせない。このため、完全リサイクルなどにより廃棄のゼロを目指す。
2Picks
紙コップ最大手の東罐、紙製ストローを来春発売へ - SB-Japan
BLOGOS - 最新記事
|
紙コップシェア国内トップの東罐興業(東京・品川)は、紙製ストローと紙製絞りフタの来春発売に向け準備を進めている。脱プラスチックに向けた社会的な声の高まりを受け、飲料提供の際のプラスチック使用をなくし、すべて紙で提供することができる商品だ。同社は環境に配慮した製品の提供を通じ、事業者や消費者のニーズに新たな選択肢を提供する考え。(オルタナ編集部=堀理雄) 紙とプラスチックを素材とした包装容器を...
1Pick
ごみ区分変更…回収取り残し1割に 分別不十分、周知進まず?
京都新聞
|
京都府舞鶴市は14日、家庭から出る可燃ごみについて、今春以降約1割の集積所で分別が不十分なため、ごみを回収していない事例が発生していることを市議会6月定例会の一般質問で明らかにした。プラスチック包装類が不燃ごみに変わるなど収集区分の変更に合わせ、収集を厳格化したためで、市は「収集しないごみは減っており、さらに市民への周知を進める」としている。
1Pick
【北米】ユニリーバ・ノースアメリカ、プラ容器の再生素材割合を2019年末までに50%に向上
【北米】ユニリーバ・ノースアメリカ、プラ容器の再生素材割合を2019年末までに50%に向上 | Sustainable Japan
|
消費財世界大手英蘭ユニリーバの北米子会社ユニリーバ・ノースアメリカは4月10日、プラスチックを含む包装・容器全般について新たなコミットメントを発表した。 まず、プラスチック容器・包装素材について、2...
1Pick
ペットボトル単独資源化、市民定着が課題 ごみ分別見直し
京都新聞
|
京都府舞鶴市は春から21年ぶりに不燃ごみの分別区分を見直す。ペットボトルを単独にし、プラスチック容器と包装類を合わせて収集する。府内の自治体の平均を下回る低い資源化率を向上させる狙いだが、市民への定着やコストの高さをどう解決するかが課題となる。
1Pick
ファミマ、弁当の包装プラを削減側面だけ覆う改良フィルムに
msn産経ニュース
|
ファミリーマートは16日、弁当類の包装フィルムを、プラスチック使用量で従来比7割少ない改良型の「サイドシュリンク」に切り替えると発表した。
1Pick
森永乳業、牛乳・ヨーグルトなど価格改定・内容量変更 3月9日から
日本食糧新聞
|
 森永乳業は3月9日から順次、牛乳類、飲料、ヨーグルトなど一部の商品で価格改定・内容量変更を実施する。原料となる生乳取引価格の引き上げ、輸入の乳原料、コーヒー豆、茶葉などの価格や包装資材・物流費...
1Pick
減量により「きのたけ戦争」休戦か
web R25
|
明治が7月から、チョコレート24商品の容量減および値上げをすることを発表した。主原料であるカカオ豆やナッツ類などの原料価格が高騰しているほか、包装資材や物流費も上昇しているためだという。「きのこの山」と「たけのこの里」は、いずれも価格はそのままで、容量が変更。「きのこの山」は82gから74g(減量率9.8%)に、「たけのこの里」は77gから70g(減量率9.1%)に減量となる。 これに関して...
包装資材(プラスチック類) 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア