新着Pick
SPD04FQDM26GVXSE
産業用ランプ・光源
JPN

産業用ランプ・光源 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
産業用ランプ・光源
生産ライン、産業機械、プロジェクター等に組み込まれるランプ、光源を製造する企業群。自動車用のランプは本業界より除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
日本製紙、15%以上値上げ 燃料高で 来年1月1日出荷分から
毎日新聞
|
日本製紙は4日、印刷用紙、情報用紙、産業用紙をいずれも15%以上値上げすると発表した。来年1月1日出荷分から適用する。ボイラーの燃料として使う石炭の価格高騰を反映させる。新型コロナウイルス禍で需要が低迷しており、利幅を確保する狙いもある。
16Picks
世界の自動車メーカー、EV用電池工場へ巨額投資競争取り残された日本の自動車産業の危機
ビジネスジャーナル
|
ホンダはF1から撤退し、EV(電気自動車)専業メーカーとして邁進する。2040年には世界で販売する新車をすべてEVあるいはFCEV(燃料電池車)にすることを4月に発表した。その計画に伴いHEV(ハイブリッド車)の生産を中止する。エンジン車の生産は40年でゼロである。
10Picks
マクセルが全固体電池で世界初!バイポーラ構造の硫化物系コイン型を開発
ニュースイッチ
|
マクセルホールディングス(HD)は16日、中核事業会社のマクセルが、バイポーラ構造の硫化物系コイン型全固体電池(写真)を世界で初めて開発したと発表した。11月からサンプル出荷を開始する。産業機器や非常用電源向けの採用を見込む。全固体電池事業の売上高を2030年に約300億円に増やす計画だ。 集電体の片面に正極を、もう一方の面に負極を塗って「バイポーラ電極」とし、これを複数枚重ねる構造。マクセ...
26Picks
米モノ輸出、過去最大 ワクチン普及で景気回復―7月
時事ドットコム
|
【ワシントン時事】米商務省が2日発表した7月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノの輸出は前月比1.8%増の1485億9200万ドル(約16兆3500億円)と、単月で過去最大となった。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済再開を背景に、世界各地で景気回復が進んだことが寄与した。 過去最大を記録した消費財や産業用資材が輸出をけん引。輸入は1.2%減の2363億1400万ド...
17Picks
航空宇宙、自動車、医療、防衛向け産業用3Dプリンター企業ExOneをDesktop Metalが約635億円で買収
TechCrunch Japan
|
Desktop Metalは、先に行われた決算説明会の中で、ExOneの買収計画を発表した。ペンシルバニア州に本社を置くExOneは、航空宇宙、自動車、医療、防衛などの産業向けにさまざまな業務用3Dプリンターを製造している会社だ。
94Picks
コロナ後の観光はマスツーリズムが終焉?意外とお手頃、密を避けるプライベートな船旅が人気
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
米国ではコロナ禍でレジャー用ボートの販売が急増 観光産業ではパンデミックをきっかけに起こった大きな変化がいくつか観察される。その1つが「マスツーリズム」から「プライベート/アイソレーション旅行」へ
33Picks
「スマートインスペクション」に見るドローンの威力--ドローンは企業の救世主か
CNET Japan
|
産業用ドローンの業務利用が本格化してきた。なかでも、ドローンと人工知能を活用して調査や検査を実施する「スマートインスペクション」が増えている。これにより、人が危険な現場に挑む必要がなくなり、事後のデータ処理も円滑に進むからだ。そんなドローン事業の最前線にいる企業のトップに話を聞いた。
511Picks
世界初、ステンレスの3Dプリント橋がアムステルダムにかかる。センサーで交通量や痛み具合を監視
Engadget 日本版
|
MX3D オランダ・アムステルダムに世界初のステンレス鋼で3Dプリントされた橋がかかりました。この橋はAutodeskと技術協力して開発されたMX3Dソフトウェアを使い、溶接トーチを装着した産業用ロボットアーム4台で、約6か月をかけて”出力”されました。 完成したこの3Dプリント橋の大きさは、全長12.5メートル、幅6.3メートル、ステンレス製の構造部の総重量は4.5トン。これは金属3Dプリ...
77Picks
Googleの親会社Alphabet、ロボット用ソフト企業Intrinsic立ち上げ
ITmedia NEWS
|
AlphabetのX部門から新たな企業Intrinsicが誕生した。AI採用の産業ロボット用ソフトウェア開発に取り組む。WaymoやVerily同様、Alphabetの「Other Bets」として運営される。
95Picks
経産省が産業再興へ支援。新潟「パワー半導体共同工場」の全貌
ニュースイッチ
|
新潟県での電力制御用パワー半導体共同工場計画が明らかになった。国内メーカー中心に参加を募り、大量生産によるスケールメリットを追求する。世界のパワー半導体市場では欧米大手に比べて日本勢は大規模投資に及び腰で、今後の国際競争力低下が懸念される。ロジックを含めて何度も浮かんでは消えた共同ファブ構想が日本の半導体産業再興に一役買うか注目だ。 計画主体となる合同会社ジャパンスペシャリティファンダリ(東...
40Picks
JDIが経営再建へ一手。台湾EMS大手に液晶後工程工場を売却
ニュースイッチ
|
ジャパンディスプレイ(JDI)は、台湾電子機器製造受託サービス(EMS)大手の緯創資通(ウィストロン)グループに台湾・高雄市の液晶パネル後工程工場を売却する。売却額は80億円で、2021年内に手続きを完了する予定。業績低迷の続くJDIはアセットライト化(資産圧縮)と固定費削減を図り、経営再建につなげる。 JDIは同日、車載・産業機器用液晶パネルの後工程を手がける台湾孫会社の全株式をウィストロ...
65Picks
「大麻観光」に注力の米ラスベガス、専用ラウンジ開設を認可
Forbes JAPAN
|
この秋、ラスベガスに新しいアトラクションが登場する。それは、観光客が嗜好用大麻を楽しめる大型ラウンジだ。ネバダ州のスティーブ・シソラック知事は先日、大麻消費ラウンジに関する法案に署名した。この法律は、ネバダ州の大麻産業にとって大きな意味を持・・・
83Picks
牛丼が空を飛ぶ、ドローンで医療従事者へ配送
TBS NEWS
|
できたての牛丼をドローンで医療従事者へ運ぶ実証実験が行われました。 上空50メートルでドローンが運んでいるのは、吉野家の牛丼です。「吉野家」や産業用ドローンを開発するベンチャー企業が、横須賀市でできたての牛丼を医療従事者へ届ける実証実験を行いました。  アプリで注文を受けたあと、キッチンカーで調理した牛丼をドローンに乗せ、5キロあまりの距離を時速25キロメートルで移動。海や人のいない高校のグ...
18Picks
GaN基板の売上高100億円超へ、住友化学が狙う領域は?
ニュースイッチ
|
住友化学は5年後をめどに気相成長(HVPE)法による窒化ガリウム(GaN)単結晶基板の売上高を現在の3倍強の100億円超へ引き上げる。2022年にもパワー半導体向けに4インチサイズの単結晶基板の量産販売を始める。100億円規模の投資も視野に、24年頃に国内で本格的な4インチ基板拡大に必要な生産体制を整える。 同社は高輝度プロジェクターなど向けのレーザー光源用2インチ基板で高シェアを握る。技術...
1001Picks
ビル・ゲイツと選ぶ、2019年注目の「ブレークスルー・テクノロジー10選」
MIT Technology Review
|
ロボットが、現実世界の扱い方について自ら学んでいる。機械が人間の雇用を奪うなどと言われているが、産業用ロボットは依然として不器用で柔軟性がない。確かにロボットは、組立ラインの部品を、驚くべき精度...
60Picks
グーグル、医療用アルゴリズム開発へ 病院運営大手と提携
The Wall Street Journal
|
米アルファベット傘下のグーグルと病院運営大手HCAヘルスケアは、患者情報を利用して医療用のアルゴリズムを共同開発することで合意した。足元ではIT大手が3兆ドル(約327兆円)規模のヘルスケア産業へ参入する動きが相次いでいる。  HC...
830Picks
スマホで入店、スマホで支払い。モノタロウ、初の小売店は無人店舗です
ギズモード・ジャパン
|
ボルトに工具に作業服、1,500万点を超える品数に、ホームセンター好きはだれもがうっとりしちゃうECサイト、モノタロウ。ここを見ているといくら時間があっても足りません。真鍮グリーンボルトとか産業用ロボットで使う空圧機器もあったりして謎の物欲がぐぐっと。 閑話休題。そのモノタロウが初の小売店舗をオープンします。しかも無人店舗として!
736Picks
【3分図解】愛媛発のミウラが目指す「世界のスタンダード」とは
2019年5月に設立60周年を迎える産業用ボイラのトップメーカー、三浦工業。小型貫流ボイラから始まったその事業は、高度経済成長による社会の変化とともに進化を続け、戦後の国民の生活を支え続けた。熱...
636Picks
75億円調達のロボットベンチャーMUJIN、「同時にMBO」の異例っぷり
Business Insider Japan
|
工場で使われる産業用ロボットに“知能”を与えるベンチャー「MUJIN」が、75億円の資金調達を実施し、ビジネス展開にアクセルを踏んでいく。 MUJINのビジネスの中核を占めるのが、ロボットに教えることなく自律制御させる「モーション・プランニング(動作計画)AI」という技術だ。 バラ積みのピッキングや...
産業用ランプ・光源 概要
日本
中華人民共和国
アメリカ合衆国