新着Pick
SPD3PG4QPCG87VAL

株式会社 電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(でんつうこくさいじょうほうサービス)は、日本のシステムインテグレーター(ユーザー系)。電通グループの一員である。創業社長は大竹猛雄。電通初の外資との合弁会社である。設立時は、当時としては先進的であった世界的規模のコンピューターネットワークによる遠隔情報処理サービスを主業務としていた。 ウィキペディア
東京都港区港南2-17-1
03-6713-6111
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 名和 亮一
設立年月日
1975-12-11
従業員数
2,879 人
上場年月日
2000-11-30
平均年齢
41 歳
平均年収
9,939,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
9Picks
電通国際情報サービスと旭化成がブロックチェーン活用農業データ流通基盤の実証実験を実施
TechCrunch Japan
|
電通国際情報サービス(ISID)と旭化成は11月27日、ISIDのブロックチェーン技術を活用した農業データ流通基盤「SMAGt」(スマッグ。SMart AGriculture Traceability)と、旭化成が展開するクラウド型生鮮品物流システム「Fresh Logi(フレッシュ ロジ)システム」とを連携させ、11月21日から都内大手小売りスーパーにおいて実証実験を開始したと発表した。 ...
113Picks
【新しい世界のあり方を考える方法論】人工生命研究のレポート
(株)電通国際情報サービス オープンイノベーションラボ
|
あるべき未来の社会実装を実践する、電通国際情報サービスのオープンイノベーションラボが、次に注目する研究領域『人工生命』。A L I F E Lab.と予測の出来ない世界を想像するためのアイディア...
416Picks
ブロックチェーンが地方創生に一役!スタンプラリーや有機野菜でデータ有効活用
ニュースイッチ
|
売買や事務の記録をネットワーク上に分散して保存し、安全に管理・共有できるブロックチェーン(分散型台帳)技術が地方創生に一役買っている。富士通は千葉市などと連携し、ブロックチェーンを活用した地域スタンプラリーを始めた。電通国際情報サービス(ISID)は宮崎県綾町と連携し、有機農産物の品質をブロックチェーンで保証する実証実験を推進する。ブロックチェーンは低コストで安全な社会インフラとして機能する...
147Picks
ビオワイン飲んでSDGsトークン。大企業、スタートアップ、農家が目指す新消費
Business Insider Japan
|
宮崎県で生産された完全無農薬のビオワインをパリのレストランで提供し、エシカル(倫理的)消費の経済圏を広げるためのヒントを得る実証実験が5月上旬、個人経営のワイナリー「香月ワインズ」、電通国際情報サービス(ISID)、ブロックチェーンスタートアップのシビラなどによって行われた。 国連がSDGs(持続可...
125Picks
世界初「ワイン注文×ブロックチェーン技術」実証実験の中身
ニュースイッチ
|
電通国際情報サービス(ISID)とシビラ(大阪市西区、藤井隆嗣社長、06・7878・8018)、フランスのバルドワーズ県経済開発委員会(CEEVO)の3者は、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を駆使
88Picks
2020年、2000万人の外国人観光客が日本のFinTech(フィンテック)を体験する
Longine Free
|
FIBC × Longine 金融イノベーションの潮流について、国内で唯一のFinTech領域の ピッチコンテストを行う FIBC(Financial Innovation Business Conference)主催者である株式会社 電通国際情報サービス(ISID) 金融ソリューション事業部の飯田哲夫氏、伊藤千恵氏、立花千香氏にお話しをお伺いしました。 Longine編集部から読者に伝えたい3つのポイント FinTechによりスマートフォンや統合ICカード、ウェアラブルデバイスなどと連携したPOSやマーケティング情報の提供など、お店の業務をサポートする決済+αのサービス提供が増えるでし...
62Picks
【求人掲載】創業40年のISIDにあふれるベンチャーマインド〜日本のFinTechを世界に〜
電通国際情報サービス
|
2016年2月25日、東京・丸の内の丸ビルホールは300名の熱気であふれていた。「金融イノベーションビジネスカンファレンス」(FIBC2016)だ。FinTechスタートアップ企業が次々に登壇し...
60Picks
なぜアップルはApple Payをはじめるのか-FinTechで金融にイノベーションを持ち込め
Longine Free
|
FIBC × Longine グローバル金融イノベーション潮流について、国内で唯一のFinTech領域の ピッチコンテストを行う FIBC(Financial Innovation Business Conference)主催者である株式会社 電通国際情報サービス(ISID) 金融ソリューション事業部の飯田哲夫氏、伊藤千恵氏、立花千香氏にお話しをお伺いしました。 Longine編集部から読者に伝えたい3つのポイント 世界では金融機関ではない異業種が、テクノロジーを背景に新しい金融サービスを生み出しています。 欧米金融機関はオープン・イノベーションを採用することでFinTechベンチャー企...
53Picks
FINOLABはセカンドフェーズ突入でFinTechの実証実験を推し進める
投信1(トウシンワン)
|
日本一のFinTechスタートアップ企業が集積するFINOLABが2017年2月よりセカンドステージに突入。移転しフロアを拡張したほか、みずほFGが“Mizuho Creation Studio(MCS.io)”を開設するなど、さらなる発展が期待される。これまでの振り返りとセカンドフェーズの狙いをFINOLAB運営責任者であるISIDの伊藤千恵氏に、MCS.io開所の狙いをみずほFGの大久保...
46Picks
デジタル化の意義は「ダイナミック・ケイパビリティ」の強化にある —「Smart Factoryセミナー2019」レポート3
IoT NEWS
|
Team Cross FAは10月4日、東京都内で年次セミナー「Smart Factoryセミナー2019~スマートファクトリー構築の実例と進め方~」を開催(運営:株式会社FAプロダクツ、株式会社電通国際情報サービス)。本稿では、基調講演に登壇した経済産業省参事官(デジタルトランスフォーメーション・イノベーション担当)(併)ものづくり政策審議室長 中野剛志(なかのつよし)氏の講演の内容を紹介...
35Picks
AIにおける予測と解釈性を両立、説明可能AIの提供を開始
MONOist
|
電通国際情報サービスは、simMachinesが開発したAIソリューション「simMachines」の販売権を取得し、提供を開始した。従来は難しいとされてきた「予測」と「予測に至る解釈の提示」を可能にし、数千項目の変数を持つデータにも対応する。
32Picks
FIBC2018で見た新潮流。保険分野へも広がりを見せるフィンテック領域
投信1(トウシンワン)
|
2018年3月2日、東京・丸の内でFIBC2018(Financial Innovation Business Conference、主催:電通国際情報サービス、共催:一般社団法人金融革新同友会 FINOVATORS)が開催された。
31Picks
有機農業発祥地・綾町のブロックチェーン実験で見えた成果と課題…「農家の思い」は価格にどう影響?
CoinDesk Japan
|
生産者の"哲学"を付加価値として消費者に理解してもらう──。 有機農業の先進地・宮崎県綾町と電通国際情報サービス(ISID)などが、ブロックチェーンと農業を掛け合わせ付加価値を高める実証実験を続けている。この春には、生産履歴を記録した地元ワイナリーのビオワインをフランスのレストランに運び、オーガニックに関心の高い外国人消費者にアプローチする。 付加価値は生産者哲学 宮崎・綾町の香月ワインズで...
27Picks
AIを超える「人工生命」社会応用へ研究
ニュースイッチ
|
電通国際情報サービス(ISID)は、ALIFE Lab.(東京都渋谷区)と共同で、人工知能(AI)の限界を超える可能性を持つ研究領域として注目される人工生命「ALife」の社会応用に向けた共同研究を始めた。 ALifeとは「自律性」や「進化」などを生み出す「生命の基本ソフト(OS)」を見つけようとする活動。自然の生命に特有の振る舞いを示す人工的なシステムを構築し、シミュレーションをすることで...
26Picks
音楽の危機を救うのはネットか?リアルか?業界の異端児3人が立ち上げた地方創生プロジェクト『ONE+NATION』【特集:音楽とITと私】 - エンジニアtype
エンジニアtype - 技術者のキャリアを考えるWebマガジン
|
avexグループ在籍時に音楽イベント『a-nation』をプロデュースしてきたフェスのプロ、阿部元博氏。電通ISIDでオープンイノベーション研究所を立ち上げ、ITを活用した社会変革に取り組んできた渡邊信彦氏。バークリー音楽院出身の元プロギタリストであり、外資系コンサルティング会社の役員でもあるという異色の経歴を持つ松永エリック・匡史氏。異なる立場から「音楽とIT」に関わってきた3人がこの夏、...
19Picks
ブロックチェーン技術で地域農産品の生産・販売データを可視化する「SMAGt」開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
電通国際情報サービス(以下「ISID」)は、農産品の生産履歴と取引状況の可視化を目的としたスマート農業データ流通基盤 「SMAGt(SMart AGriculture Traceability)」…
22Picks
ISID、ブロックチェーンで農産物の生産・流通・消費履歴を保証するトレーサビ..(ISID プレスリリース)
財経新聞
|
TOKYO, May 17, 2018 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下 ISID) のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ) は、有機農産物の生産から最終消費までサプライチェーン全体にわたるトレーサビリティをブロックチェーン技術で保証し、近年関心が高まる「エシカル(倫理的)消費※1」の真正性を担保...
22Picks
FinTechの現在地と未来予想図 〜MITメディアラボ所長 伊藤穰一氏に訊く〜
電通国際情報サービス | ISID
|
電通国際情報サービス(ISID)の会社案内、広報誌、スペシャルコンテンツなどをご覧いただけます。
16Picks
法人向け資金調達プラットフォーム運営のエメラダ、オンラインレンディング「エメラダ・バンク」をローンチ——ISIDや地方金融機関各社が参画
THE BRIDGE
|
東京に拠点を置くフィンテックスタートアップのエメラダは23日、法人向けオンラインレンディングサービス「エメラダ・バンク」をローンチした。エメラダに加え... 投稿 法人向け資金調達プラットフォーム運営のエメラダ、オンラインレンディング「エメラダ・バンク」をローンチ——ISIDや地方金融機関各社が参画 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
15Picks
住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」のMFSがマネックスなどから9000万円の資金調達
TechCrunch Japan
|
日本初の住宅ローン借り換えアプリとして6月に紹介した「モゲチェック」を提供するFintechスタートアップのMFSが、マネックスベンチャーズ、電通デジタル・ホールディングス、電通国際情報サービス(ISID)の3社から総額で約9000万円の資金を調達したとTechCrunch… Read More
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ