新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3O8N6QYNBEGCZ

株式会社日経BP

株式会社日経BP(にっけいビーピー)は、株式会社日本経済新聞社(日経)の子会社で、出版社である。日経BP社などと表記される。 ウィキペディア
東京都港区虎ノ門4丁目3番12号
詳細を見る
概要
主に雑誌の発行と、書籍(連載記事の単行版が多い)出版を行い、書店向け販売は日経BPマーケティングである。

1969年4月に日本経済新聞社とアメリカの出版社マグロウヒル社との合弁で資本金1億800万円の「日経マグロウヒル株式会社(通称日経マグロウヒル社)」として設立、1988年5月にマグロウヒル社49%の持ち株全部を日本経済新聞社に譲渡し、1988年7月に現社名となる。のち4億円に増資し商法上の大会社基準が適用されるようになった。

当初は有限会社で設立が検討された結果、当初の通称は日経マグロウヒル社となった経緯がある。当初の資本金は3万ドル建て契約。マグロウヒル傘下時代は忠実に直販による読者への提供に限定。年間購読料は前払いのため、同社は前受け金として会計処理し、実際の雑誌発行日までの間の長期信用銀行割引債購入などの金融収益だけで従業員の給与を支払い可能という超優良の財務体質を誇っていた。

このため株式が、日本経済新聞社に譲渡される際の売買価格は、額面約5000万円が300億円超の価格となった。不動産を所有せず、千代田区にある日経神田別館、小川町三井ビルなど周辺、ニチレイ神田三崎町ビルなどに事業所を置いていたが、バブル崩壊後まもなく取引銀行のひとつ三井信託銀行から伊藤忠が販売し第一不動産が所有していた不動産が不良債権となっており担保をわずかに下回ってもよいからといって、初めて不動産を購入し、砂防会館隣の日経BP本社ビルとして改築と新館を建築した。同時に報知新聞社あとの近隣のビルにも事業所をかまえた。その後日経BP社本社ビルの市場価格は大幅に下落後に、NBFプラチナタワーに移転。

ビジネス情報誌「日経ビジネス」を始め、ビジネス・IT・医療・電子・機械・土木・建築・サービスなど、あらゆる分野の情報誌を、出版取次や書店を通さない読者直販誌で発行する他、「日経ビジネスアソシエ」「日経エンタテインメント!」など書店販売の雑誌や書籍の発行、総合ニュースサイト「nikkei BPnet」技術系総合情報サイト「日経 xTECH」「nikkei TRENDYnet」など、各種ウェブサイトの運営、「東京ゲームショウ(共催)」などの各種展示会の開催などを行っている。また、かつては商用パソコン通信サービス「日経MIX」の運営を行っていた事でも知られている。

2008年7月1日には、同じ日経グループの日経ホーム出版社と合併し、発行誌を継承した。

NBFプラチナタワー(3~12階)に本社を置いていたが、2017年8月、同じ日経傘下のテレビ東京が、六本木グランドタワーに移転した跡地の日経虎ノ門別館(港区虎ノ門)に本社移転した。
代表者
代表取締役社長 新実 傑
設立年月日
1969-04-05
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
日経クロストレンド「トレンドマップ 2020冬」を発表 技術分野で将来性スコアが伸びたのは「AR/VR/MR」
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社 日経BPは2020年3月23日、マーケティング専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020冬」を発表した。 ...
679Picks
「運はどうにもならない」は半分間違い。デキる人は “この2つ” で運を引き寄せている
STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
|
仕事で成果をあげるには、「論理的思考こそ重要」だと思われがち。ただ、実際には「運」が成果を左右することもあります。運に対する考えは人それぞれですが、「自分ではどうにもできないもの」と考える人も多いはず。 ただ、早稲田大学ビジネススクール教授であり、新刊『幸運学 不確実な世界を賢明に進む「今、ここ」の人生の運び方』(日経BP)が話題となっている杉浦正和(すぎうら・まさかず)先生は、「自分で高め...
227Picks
組織が150人超えると急に創造力を落とす理由
東洋経済オンライン
|
また、とてつもなく、とんでもない「イノベーション」の本がアメリカからやって来た。『LOONSHOTS クレイジーを最高のイノベーションにする』(日経BP社、サフィ・バーコール著)である。サクッと…
1947Picks
なぜかミスが多い人は “この4つ” に原因がある。
STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
|
人がミスや失敗をする原因は本当にさまざまですが、「学習不足」もそのひとつだと言うのは、著書『ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?』(日経BP)が注目を集める、NPO失敗学会副会長の飯野謙次(いいの・けんじ)先生です。 では、どうすれば学習不足を克服できるのでしょうか。飯野先生は「学習不足を4つに分けて考えることが大切」だと語ります。 構成/岩川悟 取材・文/清家茂樹 写真/石塚雅人 ...
37Picks
BtoBマーケは何を伝えたいかよりも「誰に」伝えたいか/KDDIが全力を注いだABM、その実現への道
MarkeZine
|
独自のABM(Account Based Marketing)を展開し、日経BP Marketing Awards 2019 ストラテジック部門入賞、日経電子版広告賞2019 大賞などを受賞してきたKDDIのBtoBマーケティングチーム。その中核を担ってきた同社の森本氏が、2019年11月26日のMarkeZine Day 2019 Autumn Kansaiに登壇し、ABMの基本的な考え方...
27Picks
ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階 - kawaguti’s diary
kawaguti’s diary
|
リーマンショックの少し後に出た本なのですが、当時書店で立ち読みしたままで、なんとなくちょうどいまくらいの時期に読むとよさそうかなということで、読みました。 ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階 作者: ジム・コリンズ,山岡 洋一 出版社/メーカー: 日経BP 発売日: 2010/07/22 メディア: 単行本 購入: 8人 クリック: 140回 この商品を含むブログ (43件) を見る ...
318Picks
【新】コンビニ帝国セブンを築いた二人の「カリスマ」
NewsPicks編集部
|
まるで預言者のように、新しい時代のムーブメントをいち早く紹介する連載「The Prophet」。今回登場するのは、経済小説『二人のカリスマ』(日経BP)を執筆した作家の江上剛氏だ。セブン&アイ・...
107Picks
ソフトウェア・ファーストの時代、あらゆる企業に内製化が必要な理由
ビジネス+IT
|
多くの企業が「ITイノベーション」や「デジタルトランスフォーメーション」といった変化を求めている。こうした取り組みに対し、組織改革、必要な人材、キャリア形成の面から「変革のノウハウ」を具体的に紹介する新著『ソフトウェア・ファースト(日経BP)』を上梓した及川卓也氏。マイクロソフトやグーグルにて開発責任者を務めた及川氏が日本企業に指摘する「ソフトウェア内製化」が必要な理由とは。
544Picks
明石家さんま「老害化する笑いの天才」の限界 「嫌いな芸人」ランキングでついに1位に
東洋経済オンライン
|
昨年、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の「好きな芸人・嫌いな芸人2018」ランキングで異変が起こった。「好きな芸人」部門で、調査開始以来、不動の首位を保ってきた明石家さんまが敗れて、新たにサンド…
27Picks
江戸時代のカスタマーサクセスを仕組み化するのが僕たちの仕事 『アフターデジタル』藤井さんと語る
ECzine
|
コメ兵の藤原さんが、一見ECとは関係ないようにも見える人たちやECど真ん中の人たちとお話しすることで、EC、そして「オムニチャネルの次」を探そうという趣旨の対談シリーズ。第6回は、『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』(日経BP社)共著者のビービット 藤井保文さんが登場です。
27Picks
巷のOMO論で抜け落ちがちな本質は「意味の置き換え」だ 『アフターデジタル』藤井さんと語る
ECzine
|
コメ兵の藤原さんが、一見ECとは関係ないようにも見える人たちやECど真ん中の人たちとお話しすることで、EC、そして「オムニチャネルの次」を探そうという趣旨の対談シリーズ。第6回は、『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』(日経BP社)共著者のビービット 藤井保文さんが登場です。
1055Picks
僕は宇野さんの背中を見て成長した
NewsPicks編集部
|
教え子や部下にやる気を出させ、指導し、経験の浅い人でも仕事を任せて本人の限界を超えさせる──。そこへいくと、U-NEXT社長の宇野康秀氏は“スーパーボス”と呼ぶにふさわしい。宇野氏が創業した人材...
794Picks
【特報】東電、ソフトバンクと提携へ
日経ビジネスオンライン
|
経営・経済にかかわるニュースや解説記事を提供する日経BP社のビジネス情報サイト。企業のトップやリーダーに向け、各分野の専門記者・執筆者による記事を毎日提供します
696Picks
33歳で上場!アパレル不況のなか「年商1000億円」を目指す風雲児とは?
FORZA STYLE | FORZA STYLE [講談社]
|
業界に与えたインパクトは、「禁断の書」と呼んでも過言ではない。今年5月に日経BP社から出版された『誰がアパレルを殺すのか』。いまだかつてないアパレルの深刻な不況の原因を、あらゆる角度から取材、分析し…
489Picks
【佐藤航陽】リーン・スタートアップはもう遅い
NewsPicks編集部
|
未来予測でしか差別化できない数年前に流行した『リーン・スタートアップ』(日経BP社)は、変化のスピードがあまりにも速くなってしまったために、もう役に立たなくなってきたと感じています。情報と資本の...
446Picks
消える若者市場
日経ビジネスオンライン
|
経営・経済にかかわるニュースや解説記事を提供する日経BP社のビジネス情報サイト。企業のトップやリーダーに向け、各分野の専門記者・執筆者による記事を毎日提供します
439Picks
ガー・レイノルズのスライドデザイン哲学「禅」
NewsPicks編集部
|
本記事は、「データプレゼンテーションの教科書」(日経BP社)掲載のガー・レイノルズ氏インタビューを許諾を得て再編集した記事です。「プレゼンテーションzen」の著者でもあるガー・レイノルズ氏のデザ...
433Picks
「2016年ヒット商品」1位はポケモンGO、2位は『君の名は。』
ORICON STYLE
|
ニュース| 情報雑誌『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶ「2016年ヒット商品ベスト30」が3日、発表された。7月22日に日本で配信され、瞬く間に社会現象ともいえるほどの話題を集めたスマートフォン向けゲームアプリ『ポケモンGO』が1位に輝き、興行収入200億円突破が確実視されているアニメ映画『君の名は。』が2位にランクインした。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ