新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3L9Y8RFX2SXT3

株式会社講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。 ウィキペディア
東京都文京区音羽二丁目12番21号
詳細を見る
概要
創業者の野間清治により1909年(明治42年)11月に「大日本雄辯會」(だいにっぽんゆうべんかい)として設立される。当初は弁論雑誌である『雄辯』を出版していた。「講談社」の名称はその名の通り「講談」に由来するもので、『講談倶楽部』を創刊した1911年(明治44年)から大日本雄辯會と併せて使用した。評論家の徳富蘇峰は、戦前の少年や青年たちに大きな影響を与えた講談社を「私設文部省」と評した。

1938年(昭和13年)10月に野間恒が2代目社長に就任すると共に株式会社に改組、同年11月に野間左衛が3代目社長に就任した。1945年(昭和20年)に野間省一が4代目社長に就任し、1958年(昭和33年)に「株式会社講談社」と改称。その後1981年(昭和56年)に野間惟道が5代目社長、1987年(昭和62年)に野間佐和子が6代目社長、2011年(平成23年)に野間省伸が7代目社長に就任し、現在に至る。

「面白くて為になる」をモットーに、戦前から大衆雑誌『キング』・『少年倶楽部』などの様々な雑誌や書籍を出版した。『吉川英治全集』・『日本語大辞典』などを出版する傍ら、多数の文学賞を主宰する。

集英社・小学館(両社とも一ツ橋グループに所属)と並ぶ日本国内の出版業界大手であり、一時は年間売上高が2000億円を超えていたこともあった。しかし、近年はいわゆる「出版不況」により売上が減少、2002年(平成14年)には戦後初の赤字決算となった。また最盛期には小学館に約500億円の差を付けていたものの、2006年(平成18年)は売上高が1456億円まで落ち込み、1470億円を売り上げた小学館に抜かれた。2007年(平成19年)にはその小学館を上回ったが、2009年(平成21年)以降は集英社に抜かれた。2016年(平成28年)以降は再び両社の売り上げを上回っている。

2002年(平成14年)と2006年(平成18年)のFIFAワールドカップの際にはそれぞれFIFAオフィシャルブックとして、2002 FIFAワールドカップ『公式ガイドブック』・『公式プログラム』・『公式写真集』(総集編)、2006 FIFAワールドカップ『公式ガイドブック』・『公式総集編』を刊行している。

1982年以来、グラビア・ミスコンテストであるミスマガジンを何度かの中止を挟みながら開催してきたが、2012年からは新たにグラビアに限定しない女性アイドルオーディションであるミスiDを開催している。

ディズニーキャラクターを使用した書籍の出版権を持っており、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとして東京ディズニーランドにトゥーンタウンを、東京ディズニーシーにレジェンド・オブ・ミシカ(2014年9月7日にショー自体が終了するため、提供を終了)、タートル・トーク(2014年9月4日から)を提供している。

社屋本館の正面に東京メトロ護国寺駅の6番出入口がある。
代表者
野間省伸(代表取締役社長、7代目)
設立年月日
1938-12-01
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
講談社、ゲーム開発者に年間1000万円を支給する「講談社ゲームクリエイターズラボ」を立ち上げ 創業111年目の試み
ITmedia ビジネスオンライン
|
講談社は、ゲーム開発者を支援するプロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」を立ち上げた。選考によって選んだメンバーに対して、半年ごとに500万円、最大2年間で2000万円の開発支援金を支給する。
1Pick
講談社とKickstarter、「ゲームマーケット 」とオンラインイベントを同時開催!
Social Game Info
|
講談社とKickstarter PBCは、リアルイベントの「ゲームマーケット 」とともに、オンラインイベントの「ゲームマーケット ライブ フェイズ1(ワン)」を11月14日・15日10~17時に同時開催すると発表した。両社は、クリエイターの育成・支援を目的としたパートナーシップを締結している。その一環として、2020年6月、アナログゲームイベント「ゲームマーケット」のオンライン版をライブ配信...
19Picks
竹中平蔵と小池百合子、メディアによって作られた「二人の怪物」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
小池百合子東京都知事の「人生の虚実」に鮮烈に切り込み、今年5月に発売されるやいなや20万部のベストセラーになったノンフィクション『女帝 小池百合子』(文藝春秋社)。その著者である石井妙子氏と、経済学者・竹中平蔵氏の知られざる素顔に迫った2013年の傑作評伝『市場と権力』(講談社、9月15日に『竹中平蔵 市場と権力』として文庫版が刊行)の著者である佐々木実氏が対談を行った。
308Picks
【長沼伸一郎】世界を変えるための「戦略」を語ろう
NewsPicks編集部
|
「資本主義の本質」を、万人が理解できる言葉で解き明かした書として大きな反響を呼んでいる『現代経済学の直観的方法』(講談社)。著者である独立系物理学者の長沼伸一郎氏は、「現在の資本主義経済は、一部...
230Picks
茂木健一郎の「人工知能は人間の仕事を奪うのか」に対する答え
Diamond Online
|
なぜ私たちには意識があるのか?この問いについて、「クオリア」というワードを鍵に挑んできた脳科学者・茂木健一郎氏が、16年ぶりに「意識」「クオリア」とがっぷり四つに組んだ新著『クオリアと人工意識』(講談社現代新書)を出版した。なぜ今、長年の沈黙を破ったのか?茂木氏の真意に迫った。
12Picks
狙いは世界3%の富裕層 いま日本に「ハイエンドトラベル」が必要な理由
Forbes JAPAN
|
昨年の今頃、私は『グローバルエリートが目指すハイエンドトラベル』(講談社)を出版しました。その時はまさか一年後の世界がこうなっていようとは、想像もつきませんでした。新型コロナウイルスの再流行やウイルスの変異なども懸念される一方で、長い巣篭も・・・
24Picks
天才イーロン・マスク「スペースXの偉業」と「コロナ懐疑論」を語る | 「叩き上げのビリオネア」か、「ツイッターの失言王」か
クーリエ・ジャポン
|
民間宇宙船の初有人飛行の成功で世界を歓喜に包み込んだかと思えば、コロナ危機に関する問題発言をツイートして大炎上を起こす。常人には理解不能な行動でつねに世間の注目を浴びるマスクの行動原理を、『イーロン・マスク 未来を創る男』(講談社)の著者が丹念な取材をもとに解き明かす。「コロナの流行はすぐに終わる」宇宙スタートアップの「スペースX」とEV(電気自動車)製造企業「テスラ」の両社が倒産の危機に瀕してい
753Picks
【10分読書】いま改めて、「資本主義」を問い直す
NewsPicks編集部
|
本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に話題のビジネス本の要約をお届けする「10分読書」。今回は、『資本主義と闘った男』(講談社)だ。ぜひ、週末のひとときで新たな知識を手に入れてほし...
166Picks
検索&クリックで寄付、ゴミ・フードロス削減…世界のSDGsの働き
FRaU | 講談社
|
講談社が刊行するワンテーママガジン『FRaU(フラウ)』の公式WEBサイト。SDGs、結婚・子育て、インタビュー、旅など、幅広いカテゴリから、真の心地よい生き方を目指す女性たちのための最新情報をお届けします。中村仁美・折原みと・福田和子・島沢優子・河合蘭など、信頼できる視点と心を持った執筆陣でお届け!
17Picks
どんな職業でも求められる「書く力」は読解力で決まる!
YouTube
|
コルク代表の編集者・佐渡島庸平のチャンネルです。 <佐渡島庸平・プロフィール> 1979年生まれ。東京大学文学部を卒業後、2002年に講談社に入社。 週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当。2012年に講談社を退社し、クリエイター...
12Picks
SDGsに関心のあるユーザーだけに、"刺さる"タイアップ記事を配信! 「クーリエ・ジャポン」×講談社広告プラットフォーム「OTAKAD」コラボ特別メニュー
講談社C-station
|
グローバル志向の読者に支持される会員制メディア『クーリエ・ジャポン』と、講談社広告プラットフォーム「OTAKAD」がコラボレーション。SDGsに関心のあるユーザーだけにアプローチする、特別メニューが誕生しました。
23Picks
講談社、漫画誌10誌の刊行&配信を延期 新型コロナの影響で「通常どおりの刊行を維持できない状況」
ORICON NEWS
|
ニュース| 講談社が14日、公式サイトを更新し、新型コロナウイルスの影響で、編集、製作、流通など出版活動に影響が出たことから「これ以降しばらくは、通常どおりの刊行を維持できない状況となる見込み」のため、漫画雑誌の増刊誌とオリジナルの電子雑誌を1号分の刊行および配信を延期することを発表した。 「弊社で刊行する漫画雑誌の増刊誌とオリジナルの電子雑誌につきまして、1号分の刊行及び配信を延期すること...
13Picks
このままでは、コロナ自粛は「国民が勝手にやったこと」にされてしまう
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
太平洋戦争時、神風特別攻撃隊の志願者を募るとき、玉井浅一中佐はこう言った。「お前たちは誰より可愛い。だから一番可愛いお前たちを日本の歴史に其の名を載せて、悠久の神として祭ってやりたいのだ。この気持ちをわかって欲しい。ただし、これは命令ではない。あくまでもお前たちの志願である」(神立尚紀、大島隆之『零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争』講談社)
69Picks
講談社とソフトバンク、xRライブの普及を目指し協業
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
講談社とソフトバンクは、現実世界と仮想世界を融合させて新しい体験を提供するxRライブの普及促進を目指して、協業することを発表した。 今回、講談社は、パートナー企業と連携しLIVEエンターテインメン…
322Picks
よみがえる宇沢弘文:「環境」を分析できる理論に挑み続けた経済学者の遺言
週刊エコノミスト Online
|
宇沢弘文の評伝『資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界』(講談社)の取材で青木昌彦氏に会ったのは、宇沢が世を去って1カ月後の2014年10月だった。米スタンフォード大学の研究室で青木氏は、米国での宇沢の評価をこんな言葉で語っていた。
1490Picks
新しいアイデアを生む人の「積み上げ」の習慣
東洋経済オンライン
|
マルコム・グラッドウェル氏の著作『天才!成功する人々の法則』(講談社)には「10000時間の法則」と呼ばれる、大きな賛否を呼び起こした考え方が紹介されています。たとえばプロレベルのバイオリン奏者になるの…
1460Picks
【佐渡島庸平】質を高めても売れない時代がやってきた
NewsPicks編集部
|
講談社で編集者をしているときのぼくは「どうすればいい作品ができるのか」ということだけを考えてきました。 新入社員時代に先輩から「作品が完成したと思ったあとに、『まだまだよくなる』と信じて、しんど...
1156Picks
「収入/睡眠時間」を犠牲にしてまで、「夢/やりがい」を追求できる人は少ない。
Books&Apps
|
『二度寝とは、遠くにありて想うもの』(津村記久子著/講談社文庫)という、芥川賞作家・津村記久子さんのエッセイ集で、こんな文章を読みました。 必死に「やりがい」を求めて、エントリーシート提出のための説明会も含めると四回もの…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ