新着Pick
SPD3HRK6ZKB7RRHV

International Business Machines Corp

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
One New Orchard Road Armonk New York United States
+1 914 499-1900
詳細を見る
概要
事業内容はコンピュータ関連のサービスおよびコンサルティングの提供と、ソフトウェア、ハードウェアの開発・製造・販売・保守、およびそれらに伴うファイナンシング、メインフレームコンピュータからナノテクノロジーに至る分野でサービスを提供している。

IBMは研究機関としても有名でもある、2016年時点では米国特許取得数が23年連続の1位となったIBM、23年連続で特許取得数の首位を獲得
。IBMによる発明は、現金自動預け払い機(ATM)、ハードディスク、フロッピーディスク、磁気ストライプカード、リレーショナルデータベース(RDB)、SQLプログラミング言語、バーコード、DRAMなどがある。

IBMは既存のコモディティ化した市場を脱出し、高付加価値な収益性の高い市場に着目することで、事業構成を絶えず組み替えている。例えばプリンタ事業をLexmarkに分社し(1991年に)、レノボへのパーソナルコンピュータ(ブランド、ThinkPadやNetVistaなど)およびx86ベースのサーバー事業を売却(2005年と2014年)、一方でPwCコンサルティング(2002年)、SPSS(2009年)、Weather Company(2016年)などの企業を買収した。またファブレス化として2014年にIBMのグローバルな商用半導体技術事業を米GLOBALFOUNDRIESに工場、技術者、テクノロジー知的財産だけではなく、現金15億ドルまでも付けて譲渡すると発表したIBMの半導体研究モデルは、何が他社と違うのか?
。

製品やロゴの色から本国アメリカでは「Big Blue」の愛称で呼ばれている。これに由来してIBMのプロジェクトには「Blue」を冠するものが多く、広告などのイメージカラーになっている。ダウ平均株価の銘柄に含まれる30社のうちの1社であり、2016年時点で約38万人の従業員数がいる世界最大級の規模の企業となっている。基礎科学の研究にも力を入れワトソン研究所やチューリッヒ研究所からはノーベル賞受賞者を輩出。IBM社員から5人のノーベル賞、6人のチューリング賞、10人のアメリカ国家技術賞、5人のアメリカ国家科学賞の受賞者を輩出している。

CEOのジニー・ロメッティは、米Fortune誌が選ぶ「ビジネス界で最もパワフルな女性」の一人として長年ランクインしている。
代表者
Arvind Krishna (Chief Executive Officer),James M. Whitehurst (President),Virginia M. Rometty (Chairman)
設立年月日
1911
従業員数
381,100 人
上場年月日
1915-11-11
上場市場
ニューヨーク証券取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
160Picks
「ローコード」の衝撃、2700億円評価のAirtableとは何者か
BRIDGE(ブリッジ)
|
噂通り、Airtableは本日(9月14日)1億8,500万米ドルの資金調達を発表した。評価額は前回の評価額11億米ドルの2倍以上、25億8,500万米ドルとなった。同社の成長は加速中だ。Netflix、HBO、Condé Nast、Time、IBM、Robinhood、Equinoxが名を連ねる顧客ベースは2018年11月には8万人だったのが20万人にまで増加している。 IDCの推計による...
20Picks
2023年に1000量子ビット超えのIBM製量子コンピュータが登場か 並行して「巨大な冷凍庫」も開発中
ITmedia NEWS
|
米IBMは、量子力学の原理を利用して効率的に計算できる「量子コンピュータ」の開発ロードマップを公開した。2023年末を目標に、1000量子ビットの大型量子コンピュータの開発を目指すとしている。
47Picks
IBMが開発したサイバーセキュリティーゲームを辻伸弘が体験
<PR>マイナビニュース
|
[提供:日本IBM] IBMが開発したサイバーセキュリティーゲームをセキュリティーリサーチャーの辻伸弘が体験。ミッションは国際空港のインシデントの解決。辻氏が気づいた数々の視点やIBMの思いとは。
119Picks
IBMが考える未来予想図--研究者が語るテクノロジーの過去・現在・未来
ZDNet Japan
|
日本IBMが「Think Summit Japan」を開催し、執行役員 最高技術責任者兼研究開発担当の森本典繁氏ら同社の研究者がテクノロジーへの数々の取り組みを語った。
98Picks
化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
MITテクノロジーレビュー
|
IBMは人工知能(AI)、ロボット、クラウドを組み合わせて、科学者がリモートで化学実験ができるプラットフォームを構築した。新薬や新素材が市場に出るまでの期間を劇的に短縮し、費用を低下させることが狙いだ。
17Picks
コロナ以降、転勤命令の多くは“非合理的”になった - どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は「お客様は神様」という“間違った”精神から、「価値労働」へのシフトを解説します。
46Picks
サービス業こそ、「お客様は神様」ではやっていけない - どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は「お客様は神様」という“間違った”精神から、「価値労働」へのシフトを解説します。
78Picks
「OJT」という名の放置プレイを、テレワークを機にどう変えるべきか?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回はコロナ以降まったく通用しなくなった「OJT」がテーマです、
84Picks
どうして、あんなに「会社飲み」があったんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は、コロナ・ショック以前からその是非が問われていた、職場での「飲み会」がテーマです。
90Picks
どうして、あんなに「会議」ばかりやっていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回はコロナ以降急速に変化する「会議」のあり方がテーマです。
225Picks
どうして、あんなに「対面」での仕事にこだわっていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回はコロナ以降急速に進む、「仕事のリアルからオンラインへの移行」がテーマです。
11Picks
新型コロナパンデミックで米国におけるeコマースへのシフトが5年分加速
TechCrunch Japan
|
新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが世界を変え、消費者は多くのものを頻繁にオンラインで買い物するようになった。IBMのU.S. Retail Index(米国小売インデックス)の新たなデータによると、パンデミックは実在店舗からデジタルショッピングへのシフトをおおよそ5年分加速させた。その結果、デパートはかなりの売上減となっている。2020年第1四半期のデパートや「必要不可欠...
13Picks
どうして僕たちは、あんなに「ハンコ」にこだわっていたんだろう? - どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は、コロナ以降、完全に「古い働き方」の象徴となったハンコがテーマです。
12Picks
発電量2倍も夢じゃない? 風力発電の起爆剤はスーパーコンピューター
ギズモード・ジャパン
|
GEがアメリカ東海岸の洋上風力発電のパワーアップの切り札として、IBM開発のスーパーコンピューター「Summit」を導入する計画を発表しました。これにより今までよりも大規模な研究を行なうことができるようになるとのことです。
118Picks
【より安全なオフィス復帰】企業がすべき「科学ベースの対策」
Quartz × NewsPicks Brand Design
|
ウイルスのパンデミック(世界的大流行)が発生して何カ月もの月日が経った今、IBMではアジア太平洋とヨーロッパの一部のオフィスが(出社人数を減らして)再開しているが、アメリカと中南米のオフィスは、...
10Picks
「量子超越性」を巡るグーグル、IBM、マイクロソフトの挑戦。その先に訪れる未来(後篇)
WIRED.jp
|
量子の重ね合わせが崩れ去る一瞬を迎えるまでに少しでも多くのコンピューティングを実行しようと、技術開発にしのぎを削るグーグル、IBM、マイクロソフト。その努力の先にある不確定な未来に、いまはまだ見ぬ「根本的な壁」が立ちはだかるとすれば、人類はテクノロジーによってどんな新境地に達したと言えるのだろうか。開発レースの展望を追うシリーズ後篇の射程は、人類による技術革新の領域を超えた宇宙の存在にまで拡...
13Picks
コロナ禍は日本のチャンス。ビジネスのデジタル化で見えてくる次の世界
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)悲観しすぎず、前を向きたい。新型コロナウィルスの影響で、われわれの生活は一変しました。明確な終わりの見えない戦いは、多くの不安に満ちています。一方で、この危機をチャンスだと訴える方がIBMのWebメディアMugendai(無限大)に登場。「日本にとってのコロナ禍は、人口減少すらアドバンテージになる」と語る、その真意とは。一気に進んだデジタル化で、働き方が多様に
19Picks
マイクロコンピューターにAIまで。義肢の世界はこんなにも進化していた
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)まさに日進月歩。事故や病気、あるいは先天的な理由などで体の一部が欠損している方は多くいます。そうした方々を支えるのが、義手や義足などの義肢です。IBMのWebメディアMugendai(無限大)に、義肢一筋40年の方が登場しています。AI搭載のハイテク義肢があるって知ってました?お寿司も握れる義手。機能的でかっこいい義肢を目指してインタビューに登場していたのは、
20Picks
軽い、強い、電気も通す。次世代材料、カーボンナノチューブが持つ可能性
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)好きさ加減が伝わってきます。世の中をゲームチェンジするイノベーションは、往々にして基礎研究から始まります。IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)にて、次世代材料の分野で世界的に名高い日本人研究者が登場。ナノレベルの世界に広がる、「美しい世界」とは。60年達成できなかった偉業。美しすぎる次世代材料ロングインタビューに登場していたのは、名古屋大学
65Picks
米IBM、4-6月決算は予想上回る デジタル化加速でクラウド好調
Reuters
|
[20日 ロイター] - 米IBM<IBM.N>が20日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は減収減益となったものの、売上高と調整後の1株利益が予想を上回った。新型コロナウイルス流行に伴い大企業のデジタル化が加速する中、利益率の高いクラウドコンピューティング事業が堅調だったことが貢献した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ