新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3EB7YNKZN9KQQ

株式会社竹中工務店

株式会社竹中工務店(たけなかこうむてん、英語: Takenaka Corporation)は、大阪府大阪市中央区本町に本社を置く、大手総合建設会社である。 ウィキペディア
大阪府大阪市中央区本町四丁目1番13号
詳細を見る
概要
江戸時代前期の1610年に、織田信長の元家臣であった初代竹中藤兵衛正高が尾張国名古屋にて創業。神社仏閣の造営に携わる。やがて明治時代の到来により、ヨーロッパ型の建築技術を導入すると、当時開港し、都市化し始めた神戸へ進出。数々の建築物を施工し、その名を知られるようになる。

「工務店」という言葉を作り、社名としたのは同社が初めてである。「設計と施工は切り離せない」の考えから「工務」を掲げ、お客様ありきの仕事であるという考えから「店」を用いている。

スーパーゼネコン5社(大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店)の一つであり、現在では5社の中で唯一、大阪市に本社を置く企業である(本店は大阪・東京それぞれに設置している)。

これまでに施工した建築物は東京タワー・日本武道館や5大ドーム球場(札幌・東京・ナゴヤ・大阪・福岡)をはじめ、全国有名美術館や商業施設、さらには病院、オフィスビル、ホテルなど多岐にわたり、施工実績の多さでは国内随一を誇る。また、完成工事高で比較しても国内トップクラスの業績を維持している。

大手5社の中では唯一の非上場企業(サントリーなどと並び、日本の主要非上場企業の筆頭としてあげられる)であり、また売上高(2014年度)の94.1%を建築が占める建築専業のゼネコン(土木は0.4%に過ぎない。土木事業は主に、関連会社の竹中土木が担当)であるなど、技術力や経営状況等で顕著な差のない大手ゼネコンの中では比較的特徴が強いことでも知られている。

自社の施工した物件を「作品」と呼ぶことでも知られている。スーパーゼネコンの中でもBCS賞(建築業協会賞)を最多受賞しており、設計や品質に対する評価が高く特命受注の比率も高い。

創業は名古屋だが、設立の地が神戸ということ、現会長の竹中統一が同じ神戸の甲南大学出身ということもあり、近畿の小学校、中学校、高等学校、大学(公立・私立を問わず)の新築や増改築工事の大半が同社による設計・施工である。

創業以来、社長には常に創業家の人物が就いてきたが、2013年3月より宮下正裕が初めて創業家以外から社長に就任した。

アトリエ系建築家の出江寛、早川邦彦、菊竹清訓、柳澤孝彦、鈴木了二、有馬裕之等、同社設計部から多くの建築家を輩出している。

コーポレート・メッセージは「想いをかたちに 未来へつなぐ」。
代表者
宮下正裕(代表取締役社長)
設立年月日
1909-05-16
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
【記者座談会】鹿島と竹中工務店の技術連携/洋上風力発電事業が本格始動
建設通信新聞Digital
|
A 鹿島と竹中工務店がロボット施工・IoT(モノのインターネット)分野で技術連携を打ち出した。建設現場のデジタル化を進めることで、働き方改革や生産性の向上といった建設業の業務改革に取り組むという。 B 両社は現場のデジタル化を業界全体に共通する社会課題と捉えている。同業他社が類似の技術を開発したり、同じような失敗を繰り返しているならば、そこは協力して乗り切ろうという理屈だ。かつてバブル期にゼ...
18Picks
建設ロボット開発、鹿島と竹中が手を組んだワケ
ニュースイッチ
|
鹿島と竹中工務店は、ロボット施工、IoT(モノのインターネット)分野で技術連携すると発表した。「建設RX(ロボット変革)プロジェクト」チームを設置し、開発済み技術の相互利用を始めたほか、今後は機械遠隔操作や場内搬送管理システムを共同開発する。 各社で重複する建設ロボット開発の無駄をなくし、現場への普及を加速して建設業界の課題である生産性向上につなげる。同業他社の参加も拒まず、広く技術相互利用...
10Picks
鹿島と竹中、技術連携で包括合意 現場の生産性向上や働き方改革へ(SankeiBiz)
Yahoo!ニュース
|
大手ゼネコンの鹿島と竹中工務店は30日、建設現場に導入する施工ロボットやIoT(モノのインターネット)を活用した機械などの開発で連携すると発表した。両社の強みを生かしたロボットの相互利用のほか、機械 - Yahoo!ニュース(SankeiBiz)
10Picks
電力ロス減らして脱炭素社会へ!ロームのSiCが支える竹中工務店のBEMS
ニュースイッチ
|
エネルギー管理で省エネ・温暖化対策に 地球温暖化問題などを背景に、センサーやIT機器などを駆使して家庭やビルなどで電力消費量などを効率化するエネルギー管理システム(EMS)の導入が進んでいる。近年は太陽光や風力など、再生可能エネルギーからもたらされる電力を積極的に使用したり、台風や地震など相次ぐ自然災害の発生を受け、BCP(事業継続計画)対策としてのEMS導入も脚光を浴びている。 大手建設会...
21Picks
月面に農場を作れるか?低圧環境で植物生育確認
ニュースイッチ
|
竹中工務店は5日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、キリンホールディングス(HD)、千葉大学、東京理科大学と、宇宙空間の長期滞在に必要な食の要素技術研究を実施し、低圧環境下で植物の生育状態を確認したと発表した。レタスの植物体、ジャガイモの種イモ、ダイズ苗を生産するため、キリンHDが開発した袋型培養技術を活用した。今後、5者の産学連携を加速し、次の段階で微小重力環境下の生育実験の実現を目指す。...
10Picks
微生物で汚染土壌浄化、竹中工務店と名古屋工大が開発
ニュースイッチ
|
竹中工務店と名古屋工業大学は29日、新規の脱塩素化微生物「デハロコッコイデス属細菌=写真」を使った汚染土壌・地下水浄化技術を共同開発したと発表した。同微生物と栄養剤を注入井戸から汚染土壌・地下水に注
133Picks
AIで施行管理作業を自動化し、働き方改革をすすめる竹中工務店
<PR>マイナビニュース
|
[提供:日本マイクロソフト] 建設業界は「人手不足」という深刻な課題をかかえています。竹中工務店は、AIシステムの開発・活用を行い、現場作業員の作業効率化に取り組んでいます。
16Picks
竹中工務店、街の状態可視化ツールを開発--AIが街に関するSNS投稿を抽出
ZDNet Japan
|
竹中工務店は10月11日、AIが位置情報付きのSNS投稿内容を分析し、質的評価(人の視点での評価)を可視化するツール「ソーシャルヒートマップ」を開発したと発表した。
11Picks
竹中工務店、SNS投稿をAIが分析しまちの状態可視化 「ソーシャルヒートマップ」開発
財経新聞
|
竹中工務店は、まちに関するSNSの投稿を解析して表示する「ソーシャルヒートマップ」を開発した。
221Picks
ボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”が、東京の建設現場で働き始めた(動画あり)
WIRED.jp
|
ボストン・ダイナミクスが、“ロボット犬”として知られる「SpotMini(スポットミニ)」の新しい映像を公開した。大手ゼネコンの竹中工務店とソフトバンクが実証実験を実施している東京の建設現場で撮影されたとみられ、建設途中のビル内で“働いて”いる様子が収められている。その働きぶりからは、どんな進化が読み取れるのか。
185Picks
建設現場に四足歩行ロボット 竹中とフジタが実証実験
産経ニュース
|
竹中工務店と大和ハウス工業グループのフジタは25日、四足歩行ロボットをそれぞれの建設現場で利用する実証実験をしたと発表した。ロボットが自動で現場を巡回し、カメラを活用して工事の進捗状況を管理したり、安全点検したりした。両社は今後、センサーなどを搭載したユニット(組み合わせ)を開発し、平成31年夏の本格活用を目指す。
139Picks
GE、コマツなど--IoT市場で増える非IT事業者によるサービス提供
ZDNet Japan
|
米GEのほか、日本でもコマツやセコム、竹中工務店といった非IT事業者がIoTのサービスプロバイダーになっており、この動きはIT投資の増加に直結すると説明した。
119Picks
大阪・中之島の新ビルにコンラッド進出 17年開業予定
朝日新聞デジタル
|
米ホテルチェーン大手のヒルトン・ワールドワイドは31日、朝日新聞社と竹中工務店が大阪・中之島に建設中の高層ビルに、最高級ブランドのホテル「コンラッド大阪」を開くと発表した。コンラッドは東京・汐留に続…
72Picks
BIMの定着に必要なこと
10+1website
|
筆者の所属する竹中工務店は設計施工を得意とする会社である。そのなかで建築設計やBIM活用の視点から見た世界をもとに、建築・建設と情報をつなぐキーワードやこれからの課題について考えてみたい。完璧なBIMモデルは、存在しないが必要だIT分野に詳しいガートナー社の「ハイプ・サイクル」によれば、新しい技術は「過度な期待」をもって受け入れられたあと「幻滅期」と呼ばれる反動を経験する。それを乗り越えた技術は定
53Picks
あなたが建設業界5位の竹中工務店社長ならどのような経営戦略を取るか?
Biz Arts
|
2020年東京オリンピックや東日本大震災の復興の影響により景気が回復してきている建設業界ですが、今回は売上1兆円を超えるスーパーゼネコンの中で唯一非上場企業である竹中工務店の経営戦略について考察してみました。もしも読者の皆さんが竹中工務店の
40Picks
奇怪な「四足歩行ロボット」が建設現場を巡回開始 竹中工務店とフジタ
施工の神様 Powered by 施工管理求人ナビ
|
四足歩行ロボットが現場管理 四足歩行ロボットを建設現場で活用する実証実験が行われた。6月25日、竹中工務店と大和ハウス工業グループのフジタがそれぞれ発表した。 使用した四足歩行型ロボットは、ソフトバンクグループが買収したボストン・ダイナミクス社の「SpotMINI(スポットミニ)」。カメラを搭載した四足歩行ロボットが建設現場を自動で巡回し、そのカメラの映像を通じて、遠隔で技術者が工事の進捗管理、安
35Picks
竹中工務店、4年で1.5億円所得隠し大阪国税局指摘
朝日新聞デジタル
|
大手ゼネコン「竹中工務店」(本社・大阪市)が大阪国税局による税務調査を受け、2013年12月期までの4年間で約1億5千万円の所得隠しを指摘されたことがわかった。利益率が高い工事で建設資材をわざと多め…
32Picks
建設業界のロボット開発まとめ、清水建設や竹中工務店らがこぞって開発の理由とは
ビジネス+IT
|
9月度のロボット新製品は、過去最多水準の勢いの82機種にも及んだ。ロボット開発競争の勢いは留まるところを見せない。今回はこのロボット新製品の中で見えてきた新しい流れを追ってみたい。特に建設向けロボットはもっともだ。2020年の東京オリンピックを迎えて、国内の建設業界は活況となっている一方で、深刻な労働者不足に悩まされている。その中で、ロボットでの省人化を各社が模索し始めている。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ