新着Pick
SPD35JAJEU7KJNVV

SBIホールディングス 株式会社

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
東京都港区六本木一丁目6番1号
03-6229-0100
詳細を見る
概要
ソフトバンク株式会社の持株会社制導入に伴い、1999年4月にソフトバンクの管理本部55名を率いて中間持株会社としてソフトバンク・ファイナンス株式会社を設立(現在はソフトバンクテレコム株式会社に吸収)。傘下にインターネットを軸に金融関連事業を行う事業会社を数多く設立した。
その後、事業再編等を行いながら傘下の企業を中核企業となるソフトバンク・インベストメントに集約することで、ソフトバンクの子会社としての体制から、ソフトバンク・ファイナンスグループ(現SBIグループ)としての体制を作る。

ソフトバンク・インベストメント株式会社は、ソフトバンク・ファイナンスの子会社として1999年7月8日に設立。翌2000年12月15日に大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現・大阪証券取引所ヘラクレス市場)に上場。
2003年6月2日にイー・トレード株式会社との合併を行い、2005年7月1日にSBIホールディングス株式会社に商号を変更するとともに、SBIベンチャーズ株式会社(同時にソフトバンク・インベストメント株式会社に商号変更。その後、SBIインベストメント株式会社に商号変更)にファンド事業を移管することで、持株会社体制へと移行した。
その後、順次ソフトバンクグループ保有分の株式の売却が行われ、2006年8月2日に全ての売却を完了。ソフトバンクグループから完全に独立した。ネット証券最大手。月刊誌FACTAに対して損害賠償請求を行い勝訴した。
代表者
代表取締役 社長 北尾 吉孝
設立年月日
1999-07-08
従業員数
6,439 人
上場年月日
2002-02-15
平均年齢
37 歳
平均年収
7,559,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
落合陽一氏のピクシーダストテクノロジーズが48億円調達、次の一手は?
ニュースイッチ
|
ピクシーダストテクノロジーズ(東京都千代田区、落合陽一最高経営責任者〈CEO〉)は、INCJ(旧産業革新機構)など10社から総額38億4600万円の投資を受けた。商工組合中央金庫からの10億円の融資
19Picks
スルガ銀の支援先選定、ノジマとSBIの一騎打ちに金融庁が「待った」で混迷 - DOL特別レポート
Diamond Online
|
経営不振に陥っていたスルガ銀行が外部からの支援を仰ぐことになり、現在、支援企業の選定作業が最終局面を迎えている。5月15日の決算発表までには決定すると見られているが、土壇場になって金融庁の思惑も絡まり予断を許さない状況だ。
155Picks
月定額のマイカー賃貸サービス「カルモ」を展開するナイルが15億円を資金調達
TechCrunch Japan
|
月定額で自動車を保有できるサブスクリプションサービス「カルモ」を運営するナイルは4月22日、総額約15億円の資金調達を発表した。このラウンドのリードインベスターは、未来創生2号ファンドを運営するスパークス・グループで、ほかSBIグループ、AOKIグループなど複数の投資家を引受先として第三者割当増資を実施している。 ローンで車を購入するのと、レンタカーやカーシェアリングで一時的に車を借りるサー...
20Picks
熟練の匠の技術をAIに、製造業をスマートにするスカイディスクが8.6億円を調達
TechCrunch Japan
|
製造業に特化したAI×IoTソリューションを提供するスカイディスクは4月18日、複数の投資家を引受先とする第三者割当増資により総額で8.6億円を調達したことを明らかにした。 今回の投資家リストは以下の通りだ。 SBIインベストメント AJS 中島工業 鈴与商事 りそなキャピタル 環境エネルギー投資 みずほキャピタル DG Daiwa Ventures スカイディスクにとってシリーズCとなる今...
203Picks
証券不況なのに「SBI証券」はなぜ絶好調なのか…その意外な理由
マネー現代
|
証券業界に大逆風が吹いている。昨年来の米中貿易摩擦に端を発して、世界経済の先行きに不透明感が高まる中、取引が大きく低迷。証券業界のガリバーである野村ホールディングスが1000億円超の大赤字に転落するなど、証券各社の決算も減益ラッシュとなっている。そんな証券不況が吹き荒れる中、SBIホールディングスは気を吐いている。同社の2018年4ー12月期決算は増収増益を達成。さらに、収益とすべての利益項...
42Picks
SBI保険、地銀との提携拡大へ 信金とも、窓口販売を強化
共同通信
|
SBI保険、地銀との提携拡大へ 保険事業を手掛けるSBIインシュアランスグループの乙部辰良社長(60)は2日までにインタビューに応じ...
155Picks
日本で活動する主なCVC/VCリスト
note(ノート)
|
主なVCといえばJAFCO, SBI, NIF, JAIC, Globisなど5社前後を指していた頃から飛躍的に増えたとは思っていたが、改めて数えてみて、合計350社超、CVCだけでも250社以上、VCだけでも100社以上ある。 公開情報から休日に趣味程度に拾い集めたリストを作成してみて改めて感じた。各社のファンド規模や投資先情報、投資方針、内情などは有料データベースや勤務先の情報を含むため...
366Picks
SBI損保、LINEで写真と位置情報を送るだけで事故報告が完了する新サービス
TechCrunch Japan
|
SBI損害保険(以下、SBI損保)はメッセージアプリ「LINE」のトーク上で事故受付を完了できる新サービスを1月17日より開始した。トーク画面上に表示される「自動車事故LINE受付」というボタンをタップし、損害状況を移した写真とスマホから取得した位置情報を送るだけで事故報告が完了する。 事故を起こした直後の電話では、気が動転して事故状況や現在位置を的確に伝えることができないこともある。一方、...
20Picks
OCR、自然言語処理、データ予測などAIプロダクトを複数提供するCogent Labsが資金調達
TechCrunch Japan
|
手書き文字をデータ化するOCRプロダクトの「Tegaki」などを提供するCogent Labsは1月30日、SBIインベストメント、京都電子計算、TIS、野村ホールディングス、みずほ銀行、三井住友信託銀行、および個人投資家から資金調達を実施したと発表した。金額は非公開。 Cogent Labsが手がけるサービスは3つある。金融機関や自治体向けに導入が進む手書き文字の読み取りサービス「Tega...
11Picks
AIスタートアップのシナモンが15億円調達、サントリー代表の新浪氏がアドバイザーに
TechCrunch Japan
|
文書読み取りエンジン「Flax Scanner」などを展開するシナモンは1月28日、SBIインベストメント、未来創生ファンドなどから15億円を調達したと発表した(融資含む)。また、2月1日よりサントリーホールディングス代表取締役の新浪剛史氏がアドバイザーに就任することも併せて発表された。今回のラウンドに参加した投資家は以下の通り。 SBIインベストメント FFGベンチャービジネスパートナーズ...
19Picks
野菜のように、顔の見える生産者から電気を買う「みんな電力」が11.8億円調達
TechCrunch Japan
|
「顔の見える電力プラットフォーム」を提供するみんな電力は1月21日、シリーズBラウンドにおいてTBSイノベーション・パートナーズ、SBIインベストメント、TOKAIホールディングス、セガサミーホールディングス、丸井グループ、電通から11億8000万円を調達したと発表した。 みんな電力は電力小売業を営むスタートアップ。でも、普通の電力小売とはちょっと違う方法で電気を販売している。最近、道の駅や...
144Picks
SBI証券、顧客に当選株数を過少に伝達-ソフトバンクIPO
Bloomberg
|
ソフトバンクの新規株式公開(IPO)に関連し、国内主幹事を務めているSBIホールディングス傘下のSBI証券が顧客に過少に当選株数を伝え、訂正していたことが分かった。
1072Picks
リップル活用のスマホ送金アプリ「Money Tap」発表。住信SBI・りそな・スルガ銀行が参加
Engadget 日本版
|
住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行の3行は、ブロックチェーンを活用したiOS / Android向け送金アプリ「Money Tap」を夏以降に一般公開します。 「Money Tap」は、リップル社のブロックチェーン関連技術を活用した金融基盤に接続する個人間送金アプリです。参加銀行間であれば、電話番号やQRコードを用い、24時間365日・ローコストでの送金が可能となります。 具体的に...
264Picks
ロボアドバイザー「WealthNavi」が40億円を調達、預かり資産は1000億円を突破
TechCrunch Japan
|
資産運用を全自動で行うロボアドバイザー「WealthNavi」を運営するウェルスナビは11月9日、複数の株主を引受先とした第三者割当増資と金融機関からの融資などにより、総額で40億円を調達したことを明らかにした。 内訳は第三者割当増資が25億円、融資などが15億円。なお今回同社に出資したのはいずれも既存株主だ。 グローバル・ブレイン SBIグループ 未来創生ファンド Sony Innovat...
646Picks
電動車椅子ベンチャーWHILLが50億円を資金調達、シェア事業に本格参入へ
Business Insider Japan
|
電動車椅子などのパーソナルモビリティの開発・販売を手がけるハードウェアスタートアップのWHILL(神奈川県横浜市)は2018年9月18日、SBIイ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ