新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD352SAA8304VLC

株式会社ダイヤモンド社

株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア
東京都渋谷区神宮前6-12-17
詳細を見る
概要
経済・経営・ビジネス関連の書籍および雑誌を中心に、幅広いジャンルの出版物を発行し、ウェブメディア事業、研修・テスト事業なども展開する総合出版社。「経済雑誌ダイヤモンド」創刊以来、2013年に創業100周年を迎えた。
代表者
石田哲哉(代表取締役社長)
設立年月日
1933-05-25
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
88Picks
ダイヤモンド・ビッグ社、「地球の歩き方」などを学研プラスに事業譲渡
Impress Watch
|
ダイヤモンド社は11月16日、子会社のダイヤモンド・ビッグ社の「地球の歩き方」などの出版事業やインバウンド事業を学研プラスに譲渡すると発表した。  ダイヤモンド・ビッグ社は、海外旅行ガイドブック
366Picks
【橋爪大三郎】「科学と宗教」両方を学ぶべき、これだけの理由
NewsPicks編集部
|
全3回でお送りする、日本を代表する社会学者・橋爪大三郎氏のインタビュー。最終回では、『死の講義──死んだらどうなるか、自分で決めなさい』(ダイヤモンド社)を上梓した橋爪氏に、宗教と科学の関係、宗...
131Picks
年収が高い企業ランキング2020【東京都・全500社完全版】
Diamond Online
|
今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、東京都に本社がある上場企業を対象に「東京都で年収が高い会社ランキング」を作成した。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。単体の従業員数が100人未満の企業は除外している。対象期間は、2019年6月期~20年5月期。
337Picks
「上昇志向」で頑張る人が危なっかしいワケ
Diamond Online
|
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で社長の「参謀役」を務め、アメリカ名門企業「ファイアストン」の買収という一大...
236Picks
仕事で結果を出すのは、「低姿勢だけど図々しい」人である
Diamond Online
|
IT黎明期に日本のみならず世界を舞台に活躍した「伝説の起業家」西和彦氏の初著作『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。20代から30代にかけて劇的な成功と挫折を経験した「生ける伝説」が、その裏側を明かしつつ、「何がアカ...
238Picks
ダ・ヴィンチの好奇心ノートに学ぶ「知覚力」の重要性と磨き方
ライフハッカー[日本版]
|
『知覚力を磨く 絵画を観察するように世界を見る技法』(神田房枝 著、ダイヤモンド社)より、レオナルド・ダ・ヴィンチが行なっていた知覚を磨く方法を解説します。
206Picks
20代の若者でも、ビジネス界の“超大物”と対等に付き合う「武器」とは?【西和彦】
Diamond Online
|
「あの西和彦が、ついに反省した!?」と話題の一冊、『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。IT黎明期に劇的な成功と挫折を経験した「伝説の起業家」が、その裏側を明かしつつ、「何がアカンかったのか」を真剣に書き綴った。本連...
24Picks
ビル・ゲイツの「信頼」を勝ち得るために、「言葉」よりも「行動」よりも大切だったこと【西和彦】 - 反省記
Diamond Online
|
IT黎明期に日本のみならず世界を舞台に活躍した「伝説の起業家」、西和彦氏の初著作『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。IT黎明期に劇的な成功と挫折を経験した「伝説の起業家」が、その裏側を明かした衝撃の一冊だ。その内容とは?
224Picks
“できる人”は「人間関係は悪いのが普通」と達観している
Diamond Online
|
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で社長の「参謀役」を務め、アメリカ名門企業「ファイアストン」の買収という一大...
15Picks
伝説の起業家が「成功のタネはそこらじゅうに転がっている」と断言する理由 - 反省記
Diamond Online
|
IT黎明期に日本のみならず世界を舞台に活躍した「伝説の起業家」、西和彦氏の初著作『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。20代から30代にかけて劇的な成功と挫折を経験した「生ける伝説」が、その裏側を明かしつつ、「何がア...
153Picks
「聞き取る力」が身につく、積極性を活かす「アクティブ・リスニング」
ライフハッカー[日本版]
|
『スタンフォード式 生き抜く力』(星 友啓 著、ダイヤモンド社)より、生き抜くために身につけておくべき、「聞き方」についての考えとメソッドを解説します。
12Picks
サブスクリプションがますます加速し、 ありとあらゆる業界に広がっていったとき、 企業と顧客との関係はどう変化するのか? - 起業大全
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
11Picks
今までにない新しい市場を作るには、 PFMF(Product Future Market Fit)の 視点が欠かせない - 起業大全
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
170Picks
「満員電車は甘く見てはいけない」…「地球の歩き方」で東京を歩こう、初の国内版4万部超
読売新聞
|
海外旅行のガイドブックとして40年の歴史を持つ「地球の歩き方」(ダイヤモンド社)の初の国内版となる「東京編」が話題となっている。9月1日の発売から1か月で4万部を超し、ガイド本としては異例の売れ行きだ。新型コロナウイル
43Picks
なぜ、ヴェニスの商人には、 複式簿記が必須だったのか? - たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる!会計の教室
Diamond Online
|
累計38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になります。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキ...
27Picks
起業家には、 顧客の「不」を見つけるだけではなく、 市場全体を俯瞰できる視野の広さが必要 - 起業大全
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
97Picks
多くのスタートアップは なぜ、初期市場の選択で 躓いてしまうのか?
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
24Picks
「ファイナンス思考」と「未来志向型経理」が経営の武器となる【朝倉祐介氏×ブラックライン古濱社長】
EnterpriseZine
|
目先の売上や利益の最大化を目的とする「PL脳」のままでは、長期的に企業価値を向上させることはできない。将来の見通しが困難な事業環境だからこそ、「ファイナンス思考」が経営の武器となる。――『ファイナンス思考』(ダイヤモンド社)の著者で、現在はスタートアップへの投資に携わる朝倉祐介氏はこう主張する。同氏はリモート決算を実現するソリューションを提供するブラックラインの年次イベント「BeyondTh...
385Picks
「コンサルタントに潰される会社」と「コンサルタントを活かす会社」の違い
Diamond Online
|
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で社長の「参謀役」を務め、アメリカ名門企業「ファイアストン」の買収という一大...
213Picks
資本主義で勝つために必要なことは、 「競争をしない」 「競争を避ける」こと
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ