新着Pick
SPD34E31VKKCA9VU

Daimler AG

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア
Mercedesstrasse 137 Stuttgart Germany
詳細を見る
概要
アメリカ合衆国の自動車会社クライスラーとの関係解消(後述)に伴い、2007年10月4日(現地時間)に旧社名であるダイムラー・クライスラー・アーゲー(DaimlerChrysler AG )から現社名に変更した。

同社の乗用車はメルセデス・ベンツ、スマート、フレイトライナー、その他のブランドで販売されている。また、子会社として三菱ふそうトラック・バスなどを所有している。

2000年には航空宇宙産業部門のダイムラー・クライスラー・エアロスペース(DASA)は分離、合併しEADSとなった。日本の三菱自動車工業や韓国の現代自動車とも提携していた。対アジア計画の巨額の損失により、2004年に現代自動車との提携を解消、2005年11月には三菱自動車工業との資本提携を解消した。2003年に三菱自動車工業から分離・独立した三菱ふそうトラック・バスとは資本提携を継続、後に連結子会社とした。2010年、ルノー・日産アライアンス(現ルノー・日産自動車・三菱自動車)と戦略的業務提携を締結。
代表者
Bernd Pischetsrieder (Chairman),Ola Källenius (Chief Executive Officer)
設立年月日
1998
従業員数
288,064 人
上場年月日
1998-11-17
上場市場
フランクフルト証券取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),イタリア取引所,ウィーン証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
42Picks
日産自、独ダイムラー株1.5%売却へ ルノーに続き持ち合い解消
Reuters
|
[フランクフルト 4日 ロイター] - 日産自動車は4日、独ダイムラーの株式約1.5%をアクセラレーティッド・ブックビルディング方式で売却すると明らかにした。
12Picks
中国BAICのEV、電池火災危険でリコール…独ベンツに影響も - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
|
中国北京の国有完成車会社BAICグループ(北汽集団)はバッテリー欠陥のため、電気自動車3万1963台をリコール […]
58Picks
ルノー、ダイムラー株売却 1500億円超、財務改善
共同通信
|
ルノー、ダイムラー株売却 【ロンドン共同】フランス自動車大手ルノーは11日、保有するドイツ大手ダイムラーの株式1.54%を全て...
71Picks
東京センチュリー、「空飛ぶタクシー」の独スタートアップに出資!機体リース展開へ
ニュースイッチ
|
東京センチュリーは「空飛ぶタクシー」開発のスタートアップ、ドイツ・ボロコプター(バーデン・ヴュルテンベルク州)に出資する。独ダイムラーや日本航空なども出資済みで、2023年までに運航を開始する計画。空飛ぶクルマは20年代半ばの実用化が視野に入り、40年には関連産業を含む市場規模が160兆円になるとの試算もある。東京センチュリーは出資を通じ、国内外で機体リース事業を手がける考えだ。 ボロコプタ...
47Picks
メルセデス・ベンツ、新型「Cクラス」世界初公開 電動化対応で第4世代PHV導入も予告
Car Watch
|
ダイムラーは2月23日(現地時間)、メルセデス・ベンツの新型「Cクラス」を発表、セダンとエステートモデルを世界初公開した。欧州では3月30日から注文を開始して夏に発売する。
15Picks
車載電池大手CATL、積極的な投資で半導体やモビリティ産業に布陣
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
原文はこちらセミナー情報や最新業界レポートを無料でお届けメールマガジンに登録 ボットではない場合はこの欄を空のままにしてください: 関連記事はこちら 中国CATLがメルセデス・ベンツの主要サプライヤーに バッテリー技術で...
17Picks
電気自動車は損かトクか?EV購入前の疑問に答える - News&Analysis
Diamond Online
|
2020年は、フォルクスワーゲン、ダイムラー、アウディ、ポルシェ、プジョー、シトロエンなど主だった輸入車ブランドが軒並み電気自動車(EV)を日本市場にも投入してきた。2020年末には、自工会会長豊田章男氏が急激なEV化に対する警鐘ならしたものの、この傾向は21年も続くと見られ、マツダMX-30、日産アリアと軽EV(iMK)、さらにトヨタ・スバル共同開発によるSUVの発売・発表が続く予定だ。購...
27Picks
メルセデス新EVは約500万円から。海外発表「EQA」はGLAベースのコンパクトSUVに
Engadget 日本版
|
独メルセデス・ベンツが、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車「EQA」を海外発表しました。 EQAは同社のSUV「GLA」をベースとした電気自動車。最初に投入される「EQA 250」には66.5kWhバッテリーが搭載され、486キロメートルの航続距離を実現しています。 また、モーター出力を200kW以上に高めた前輪駆動バージョンや、航続距離を500キロメートルに延長したモデルも投入が予定さ...
2247Picks
トヨタの10年先をゆく、日本人が知らない「ベンツ」最前線
NewsPicks編集部
|
6月中旬。ドイツの首都ベルリンから、新幹線ICEで南西に移動することおよそ5時間半。ライン川を隔ててフランスと国境を接する、緑豊かなシュヴァルツヴァルト地方に降り立った。その目的は1つ。ここに、...
12Picks
Breakingviews - Daimler could be Elon Musk's Time Warner
U.S.
|
Electric-car maker Tesla is worth an eye-popping $540 billion despite a puny 0.8% global market share. It's an opportunity for boss Elon Musk to use the company's hyped-up stock to merge with an ol...
114Picks
「自動運転トラック」に新連合、ウェイモがダイムラーと提携
Forbes JAPAN
|
アルファベット傘下で自動運転車両の開発を行うウェイモは10月27日、ダイムラーのトラック部門と提携し、自動運転トラックを共同開発すると発表した。ウェイモは、10年以上に渡って培った自動運転技術を、ダイムラーが展開する「Freightline・・・
11Picks
企業の中国依存に気をもむドイツ コロナ禍でも高級車を買ってくれる中国富裕層だが・・・
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
ドイツの自動車メーカーは自分たちの幸運が信じられずにいる。10年前の世界金融危機の時に落ちた穴から自分たちを引っ張り上げてくれた中国の消費者が、再び救助に駆けつけてくれたからだ。「話がうますぎるほどだ」。ダイムラーのオーラ・ケレニウス最高経営責任者(CEO)は先月、中国での自動車販売台数が第3四半期に前年比で23%増えたことを喜ぶ。
903Picks
【ビジュアル完全解説】破壊者ベンツのすべて
NewsPicks編集部
|
「未来のモビリティ」の再発明に挑む、破壊者ディーター・ツェッチェCEOのダイムラー12年史を、わかりやすいビジュアルで徹底解説する。
836Picks
【新常識】ドイツの移動が激変。未来都市を予感する“神サービス”
NewsPicks編集部
|
ドイツの首都ベルリンの中心部から、早速クルマを走らせてみた。高級車「メルセデス・ベンツ」を抱える、独ダイムラーのクルマだ。といっても、ベンツ車そのものの乗り心地について、わざわざここドイツまで体...
688Picks
【独占解説】ベンツが狙う、“モビリティ界のアマゾン”とは何か
NewsPicks編集部
|
自動車メーカーから脱却し、「モビリティサービス企業」に変貌する──。2018年1月、トヨタ自動車の豊田章男社長はそう宣言した。これからの自動車メーカーは、人々に自動車という「モノ」を提供するので...
563Picks
「自動運転トラック」実証実験=欧州物流に革命的変化も-オランダ
時事ドットコム
|
【ハーグAFP=時事】先頭車の運転を後続車が自動的に認識して追う「スマート・トラック」の実証実験の車列が6日、オランダ・ロッテルダムに到着した。ダイムラー、ボルボなど大手メーカー6社によるプロジェクトで、欧州の物流に革命的変化をもたらすと期待されている。 こ
413Picks
ベンツ & アウディ & Googleが自動運転車の公道走行認可を取得!ドライバーの同乗義務が無しに!
自動車ニュース&スクープ|シークドライブ
|
メルセデスベンツ & アウディ & Google社が自動運転車両の公道走行認可を取得! メルセデスベンツ、アウディ、Goo
396Picks
【核心】自動運転は難しい。そうだ、インフラをスマートにしよう
NewsPicks編集部
|
完全自動運転──。ドライバーがいなくても、クルマ自らが走行していく世界。2020年に実現できるという人もいれば、まだまだ実現までには遠いという人もいる。そうした中、ベンツのお膝元であるドイツ南西...
395Picks
メルセデスの「つながる機能」にみる、トヨタとの根本的な違い
Diamond Online
|
メルセデスベンツがAクラスに搭載した「MBUX」。対話型のAIエージェントだ。車両の操作やカーナビ、コネクテッド機能などを音声によって設定することができる。Amazon Echoのようなスマートスピーカーの車載版で、AI本体はクラウド上にあり、単なる音声認識から進化した「エージェント」に近い機能を実現している。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ