新着Pick
SPD2YAKZ67H7BPLK

大阪瓦斯 株式会社

大阪ガス株式会社(おおさかガス、登記上の商号:大阪瓦斯株式会社、英語: Osaka Gas Co., Ltd.)は、近畿地方(主に京阪神)を中心に、3,220km2、722万世帯を供給対象としている一般ガス事業者である。略称は大ガス(だいガス)。海外展開も視野に入れて2018年、子会社や関連会社を含む155社の公式な名称をDaigas(ダイガス)グループとした。 ウィキペディア
大阪府大阪市中央区平野町四丁目1番2号
06-6205-4537
詳細を見る
概要
主な事業内容は
・ガスの製造、供給および販売
・LNGの供給および販売
・電力の発電、供給および販売
・ガス機器の販売
・ガス工事の受注
となっている。

大阪ガスは企業競争力のベースを技術に求めており、研究開発は最も重要な企業差別化戦略の一つと考え、様々な新技術の研究開発、実用化に積極的に取り組んでいる。その中には「低輻射方式」(機器表面の熱を下げることで輻射熱を低減する方式。"涼しいガス厨房シリーズ" 涼厨機器を二重構造にし、機器内側の空気の流れにより機器表面の熱を奪うことで輻射熱を低減)などがある。

大阪財界を支える有力企業であり、大阪商工会議所の会頭を度々輩出している。

りそなHDと親密関係にある。第二次世界大戦前は野村財閥の中核企業の一つだった。現在も本社ビル(大阪瓦斯ビルヂング、通称ガスビル。安井武雄の設計になる戦前期モダニズム建築の傑作として知られ、国登録有形文化財である。)の1階には、主力銀行でもあるりそな銀行の御堂筋支店がある。また同社は、旧大和銀行系列の企業集団に当たる大輪会にも加盟しているが、三和グループの社長会・三水会とその後身社長会である水曜会にも加盟している。但しみどり会には未加盟である。

ガス供給のほか、電力の卸・小売事業も行っている。また、同業者の岡山ガス、四国ガス、大津市企業局、静岡ガス、日本瓦斯などへ天然ガスの卸売りを行うほか、関西電力、沖縄電力へも発電向けの都市ガス供給を行っている。

ガス製造所:泉北製造所第1工場・第2工場(大阪府堺市・高石市、LNGタンク22基)、姫路製造所(姫路市、LNGタンク8基)

発電事業はグループ会社を含め、合計、国内約181万kW、海外約120万kWの発電施設を持ち、卸・小売を行っている。2009年(平成21年)からは、泉北地区に卸売電力事業者の発電所としては国内最大級の110万kWの泉北天然ガス発電所を設置し、関西電力、中部電力などに卸売している。

他、同社は、2016年春からの電力小売自由化を視野に、丸紅などと共同で茨城県内で石炭火力発電所の新設を計画していたが、原子力発電所の再稼働などで採算が厳しくなるなどの理由で、2015年までに計画を断念した。

東南アジア(タイ王国、シンガポール、インドネシア)など日本国外にも進出しており、2030年度には利益の3割を海外事業で稼ぐことを目標としている。アメリカ合衆国では火力発電所の運営(ミシガン州およびコネティカット州、ペンシルベニア州)、LNG基地やシェールガス開発(テキサス州)に出資または参画している。
代表者
代表取締役社長 本荘 武宏
設立年月日
1897-04-10
従業員数
20,224 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
43 歳
平均年収
6,673,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
AIスタートアップのHACARUSが大阪ガスから数億円規模の資金調達、Daigasグループのシステムを開発へ
TechCrunch Japan
|
HACARUS(ハカルス)は4月24日、数億円規模のシリーズBラウンドの資金調達を発表した。金額は非公開。第三者割当増資による資金調達で、引受先は国内の大手4大都市ガス事業者の1社である大阪ガス。加えて、DSファーマアニマルヘルスと既存株主の京銀リース・キャピタルがGP(無限責任組合)として運営管理する、京銀輝く未来応援ファンド2号投資事業有限責任組合からも追加の資金調達を実施してい...
16Picks
創業1年強で大阪ガスと業務提携。急伸するスタートアップにその理由を聞く
ZUU online
|
2019年11月、〔株〕ビットキーが大阪ガス〔株〕との業務提携を発表した。ビットキーは2018年8月に創業したばかりのスタートアップ。なぜ、インフラを担う大企業と業務提携を結ぶことができたのか? ビットキーCEOの江尻祐樹氏に聞いた。
18Picks
創業1年強で大阪ガスと業務提携。急伸するスタートアップにその理由を聞く 江尻祐樹(ビットキーCEO)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
|
2019年11月、〔株〕ビットキーが大阪ガス〔株〕との業務提携を発表した。ビットキーは2018年8月に創業したばかりのスタートアップ。なぜ、インフラを担う大企業と業務提携を結ぶことができたのか? ビットキーCEOの江尻祐樹氏に聞いた。
594Picks
AI時代におけるデータサイエンスの根付かせ方、生かし方
NewsPicks Brand Design
|
──この度の転身、かなり反響がありました。どういう経緯で決断されたのですか。河本 2011年から大阪ガスのデータ分析専門チームを引っ張る立場になって、7年間。自分で言うのもなんですが、それなりに...
540Picks
誰にでも「イノベーション」はできる。この方法論さえ身につければ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
イノベーション、つまり新しい価値を創造することは、なんとなく「センスのある」「優れたクリエイターたち」の仕事だと思いこんでいないだろうか?だが、「方法論さえ身につければ、イノベーションは誰にでもできる」と語るのは、『ザ・ファースト・ペンギンス 新しい価値を生む方法論』を刊行した、大阪ガス行動観察研究所所長の松波晴人氏だ。あなたのビジネスや思考を大きく変える「方法論」を伝授してもらおう。
477Picks
「AIはエクセルのような仕事の必須ツールになる」データサイエンティストの提言
Diamond Online
|
データサイエンティストの第一人者として、大阪ガスでデータ分析を企業の意思決定に活かす取り組みに尽力してきた河本薫氏がビジネスの世界から教育の現場に身を置くことになりました。だからこそ見えてきた、日本企業における人工知能(AI)やデータ分析をめぐる課題と期待について語ってもらいました。
184Picks
【朝原宣治×為末大】失敗が怖くなくなる「毎日ゼロベース思考」
NewsPicks編集部
|
大阪ガスに入社して1年目にドイツへ拠点を移した時、「失敗したらどうしよう」とは感じませんでした。 当時、僕は100メートルの日本記録保持者だったんですね。普通だったら、拠点を移すことにリスクを感...
165Picks
関電社長「大阪ガスより安くする」 来春から新規参入
朝日新聞デジタル
|
来年4月から家庭向けの都市ガス事業に参入する関西電力は、ガス料金を大手の大阪ガスより安くする方針を決めた。電気とガスをセットで契約した世帯の料金を割安にして、大阪ガスに奪われた電気の顧客を奪い返すね…
14Picks
「意思決定」の視点がないデータ分析が失敗する理由 元大阪ガスの河本薫氏が解説
ITmedia NEWS
|
ビジネスの現場で活躍できるデータサイエンティストに求められる能力とは。そして実際に問題を見つけ、それを分析し、業務に役立てるためのポイントは何なのか。滋賀大学の河本薫教授が説明した。
109Picks
ガスの全面自由化、近畿以外はまるで盛り上がらないワケ
ビジネス+IT
|
都市ガス小売りの全面自由化が4月1日にスタートし、一般家庭が購入先を選べるようになって2カ月近くが過ぎた。近畿では関西電力が大阪ガスに価格競争を挑み、競争が激化しているが、他地域では購入先切り替えの動きが鈍く、盛り上がりに欠けている。一般家庭向けの新規参入も電力大手とLP(液化石油)ガス企業にとどまり、大都市圏以外では新規参入企業が1社もない無風状態だ。新たな市場を切り開くはずの都市ガス自由...
99Picks
【朝原宣治×為末大】コーチは環境の一部。プラスに働くかは自分次第
NewsPicks編集部
|
僕の競技人生で転換期になったのが、ドイツ留学です。同志社大学を卒業して大阪ガスに就職してすぐ、プロとしてドイツに行きました。 小学校高学年のころから洋楽にはまったり、姉や父の影響で「海外で仕事を...
71Picks
電力小売り全面自由化「8兆円市場」の勝者は誰だ!
ニュースイッチ
|
4月の電力小売り全面自由化をにらんだ顧客争奪戦の火ぶたが切られた。家庭向けの電力小売り事業に参入する東京ガスや大阪ガスなどが、具体的なサービスメニューや料金プランを発表し、契約申し込みの受け付けを始めた。一般家庭も価格やサービスの違いで電力の購入先を選べるようになり、電気代の節減や利便性の向上につながることが期待される。だが、新規参入のハードルは依然として高く、自由化の効果は推し量りにくい。...
62Picks
関西で活気づく水素関連産業 神戸港に世界初の輸入基地、岩谷や大ガスが供給拠点
産経ニュース
|
環境に優しい「次世代エネルギー」として注目される水素エネルギーの関連産業が、関西でも活気が帯びてきた。もともと関西には水素関連の企業が多い。半世紀以上も前から水素に着目してきた岩谷産業や、大阪ガスなどの企業に加え、プラントメーカーの川崎重工業や関連装置の部品メーカーなどが技術を磨く。燃料電池車(FCV)への供給拠点となる水素ステーションの整備にとどまらず、神戸港に世界初の水素輸入基地を実験的...
32Picks
大阪の下水で発電 新電力に販売、大阪ガスが新事業へ
産経ニュース
|
大阪ガスが、大阪市での下水処理の過程で生じるメタンガスを使った発電事業に乗り出した。電力は国の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度を使って、関西に参入している新電力会社に販売する計画で、年間10億円程度の収入を見込む。下水に眠る未利用エネルギーの有効活用を広げていきたい考えだ。
28Picks
中部電力、大阪ガスが提携検討 首都圏販売で収益拡大狙う
共同通信 47NEWS
|
中部電力、大阪ガスが提携検討 中部電力と大阪ガスが、首都圏での電気・都市ガス販売の提携を検討していることが8日、分かった。需要が多い首都圏の販売を共同で増やし、収益拡大を狙う。双方が出資する新会社の設立を視野に入れる。 電力販売は...
24Picks
家計で見直したい費用1位は? もっとお金をかけたいことは? 意識調査
ITmedia ビジネスオンライン
|
総合情報サイトなどを運営するオールアバウトと大阪ガスが家計などに関する意識調査を実施。多くの人が生活インフラ費用を見直したい意向があることが明らかとなった。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ