新着Pick
SPD2X5MRQWP1XG44

ヤマハ発動機 株式会社

ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 ウィキペディア
静岡県磐田市新貝2500
0538-32-1115
詳細を見る
概要
飛行機プロペラなどの軍需生産のための製造設備の平和利用を目的とし、日本楽器製造(現ヤマハ)社内でのオートバイ生産を開始、1955年(昭和30年)7月1日に日本楽器製造から分離されるかたちで、オートバイ製造販売業としてスタートした。この関係でヤマハと同様の「YAMAHA」ロゴや、円の中に音叉が3つ組み合わさったマークを使っているが、どちらも細部に違いがある(次節で解説)。ヤマハ発動機における2017年12月の売上高構成比は、連結ベースで北米が21.4%、欧州が12.8%、アジアが43.9%、日本が10.2%、その他が11.7%である。

2005年度(平成17年度)の決算ではヤマハとの比較でヤマハ発動機の売上高が倍以上の数字となっている。こうした時価総額の関係およびヤマハが持分法適用会社としていることから、間接的買収の対象となりやすい状況にあった。このため2007年(平成19年)5月にヤマハがヤマハ発動機の株式を売却することにより、ヤマハの持分法適用対象から外れた。一方、ヤマハ発動機がヤマハの株式を5%取得することになり、2017年(平成29年)5月現在5.5%を保有している。

一般によく知られているオートバイ・スクーターなどの自動二輪車部門だけでなく、ボート、船外機、漁船、ヨット、マリンジェットなどのマリン製品、スノーモビル、バギー、サイド・バイ・サイド・ビークルなどのレジャービークル、電動自転車、電動スクーターなどのEV、産業ロボット、表面実装機などの産業機器、ヒロボーとの共同開発による農業用無線操縦ヘリコプター「RMAX」、さらには除雪機、発電機、プール設備など様々な製品を展開している。

自動車関連では、従来よりエンジンの生産請負をしてきたトヨタ自動車の他にも、販路をフォードグループへ拡大。ハイパフォーマンスV型エンジン「SHO」(Super High Output)を開発し、トーラス等に採用している。また、パフォーマンスダンパーと呼ばれる車体性能向上装置や相互連携ショックアブソーバシステムなどを開発している。自社ブランドによる自動車事業への参入も何度か検討され、1992年発表のOX99-11では実際に発売寸前まで事業が進められたこともある。2013年11月には試作車「MOTIV」の公開とともに自動車事業への参入の意向が改めて示された。

社員による人力飛行機チーム「チーム・エアロセプシー」が存在し、過去に『鳥人間コンテスト選手権大会』(読売テレビ)で彦根市から琵琶湖西岸まで到達する記録を残した。現在は鳥人間コンテストへの参加こそ行っていないがチーム自体は存続しており、2013年には人力飛行機による飛行距離の世界記録へ挑戦する予定がある。

また、2008年(平成20年)の中華人民共和国、四川大地震における支援活動の功績により、2010年(平成22年)に紺綬褒章を授与されている。

クラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイター)は「トップ100 グローバル・イノベーター2016」で同社を選出した。6回目となる今回は、日本企業が躍進。分離独立元のヤマハのほか、ソニー、富士通、オリンパス、トヨタ自動車など34社が選出されている。

2014年(平成26年)、日本取引所グループと日本経済新聞が「財務や経営が優秀な上場企業の上位400社」として選定しインデックス化するJPX日経インデックス400の構成銘柄に採用される。以降、2017年まで4年連続して構成銘柄として採用されている。

2016年(平成28年)8月1日よりシャープに変わり日経平均株価の銘柄に採用される。

2016年(平成28年)10月5日に二輪車最大手のホンダと国内の排気量50ccのスクーターの生産、開発で提携の検討を始めたと発表した。

2016年(平成28年)12月7日に汎用エンジンにおいて、富士重工業(現・SUBARU)の一部技術資産と米国販売子会社を譲受することを発表した。2017年(平成29年)9月末でSUBARUの事業が終息するため、譲渡完了は2017年10月1日付けとなる。

2017年(平成29年)4月、産業用ドローンのベンチャー企業との提携、および農機中堅のやまびこと農薬散布ドローンの開発・販売で提携すると発表した。

2017年(平成29年)11月7日にヤマハ発動機とヤマハは、産業用ロボットの遠隔管理システムパッケージを共同開発し、2018年度内の発売を目指すと発表した。これにより、ヤマハ発動機はFA(ファクトリーオートメーション)領域におけるIoTビジネスへ本格的に参入するという。
代表者
代表取締役社長 日高 祥博
設立年月日
1955-07-01
従業員数
53,977 人
上場年月日
1961-09-18
平均年齢
43 歳
平均年収
7,598,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
549Picks
窓の代わりにディスプレイ ソニーのクルマ、実用化へ ヤマハ発と共同開発
ITmedia NEWS
|
ソニーは、イメージセンサーとディスプレイを搭載した窓のないクルマ「New Concept Cart SC-1」をヤマハ発動機と共同開発し、年内にサービスを開始する。試作機と同様、カメラでとらえた360度の映像をディスプレイに映して周囲を把握でき、乗員は夜間でもヘッドライトなしで視認できる他、遠隔操作にも対応している。
12Picks
深い感動は感覚の境界が溶け合うシームレスな領域に創造される【PLAY & TRAINING 遊びの再発明#02】
WIRED.jp
|
心身共に打ち震えるような、深い感動をもたらす「体感」は、どうデザインできるのか。モビリティの未来を捉え直そうとするヤマハ発動機がゲストを迎え、ラディカルに思考を深める対話のシリーズ。第2回のゲストは、「シナスタジア(共感覚)」の拡張を問い続けてきた水口哲也。
97Picks
自動運転技術開発のティアフォーが累計113億円の資金調達、本格的な商用化目指す
TechCrunch Japan
|
自動運転技術を研究・開発しているティアフォーは7月4日、シリーズAラウンドの累計資金調達額が113億円になったことを発表した。今回、新たに下記の企業を引受先とする第三者割当増資を実施。今回調達した資金は、人材の獲得と財務基盤の強化を利用される。今後、自動運転システムの本格的な商用化を目指すとのこと。 損害保険ジャパン日本興亜 ヤマハ発動機 KDDI ジャフコ(ジャフコSV5共有投資事業有限責...
69Picks
自転車、走行中にハンドルがロック リコールへ
テレ朝news
|
自転車約343万台にハンドルが効かなくなる恐れがあります。  ブリヂストンサイクルとヤマハ発動機は自転車と電動アシスト自転車で走行中に誤ってハンドルがロックされる不具合が見つかり、経済産業省に届け出ました。少なくとも3人が転倒し、骨折や靭帯(じんたい)損傷などのけがをしています。2003年から2015年までに製造された後輪の鍵を掛けるとハンドルもロックされるタイプの自転車合わせて343万台が...
63Picks
バイク市場、定額制で活性狙う 中古をサブスク、気軽にお試し ヤマハ発が実験
SankeiBiz
|
ヤマハ発動機は、毎月定額の料金を支払えば気軽に中古二輪車に乗れる「サブスクリプション(定額制)」サービスの実証実験を20日から始める。国内二輪車メーカーの先陣を…
13Picks
ヤマハ、バイクのサブスク「月極ライダー」開始 月額制で“乗り放題”
ITmedia NEWS
|
ヤマハ発動機が、月額制のバイク貸し出しサービス「月極ライダー」の実証実験を埼玉県で始めた。
114Picks
ヤマハ発動機、インテル出身者がかじを取るデジタル戦略の中身
ニュースイッチ
|
主力の2輪車や船外機のほか、電動アシスト自転車やドローンなど陸・海・空の多彩な商材を持つヤマハ発動機。デジタルマーケティングを本格化するため、1月1日付でIT本部を新設した。「顧客とダイレクトにつながることで、未来につながる面白いビジネスを展開したい」(平野浩介フェロー)と、新しい価値の創造に挑む。 IT本部でデジタル戦略のかじ取りを担う平野フェローはインテル出身。「ITを売る立場から、使う...
290Picks
電動バイクで4社が連携へ 国際的な規格づくりの主導権模索か
NHKニュース
|
ホンダやヤマハ発動機など日本のバイクメーカー4社は、電動バイクの普及に向け、電池や充電設備などの規格を統一するための協議…
14Picks
バイクのヤマハが赤字企業を次々と買収している…その“壮大な野望”
ビジネスジャーナル
|
ヤマハ発動機本社(「Wikipedia」より)  ヤマハ発動機は二輪車、マリンに次ぐ第3の柱としてロボティクス事業を強化する。  7月をメドに東証1部上場の半導体製造装置メーカーの新川、同業で2部...
687Picks
「YAMAHA」のプールが、学校でどんどん増えていったワケ
ITmedia ビジネスオンライン
|
「ヤマハ発動機」といえば、多くの人が「バイクやヨットをつくっている会社でしょ」と想像するだろうが、実はプール事業も手掛けているのだ。しかも、学校用のプールはこれまで6000基以上も出荷していて、トップブランドとして君臨。なぜ同社のプールが増えていったのかというと……。
434Picks
なぜ農業? 自動運転の異端児エヌビディアの妙計 IoT時代、<IT企業に求められる「品格」や「矜持」>が変わる
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
2018年9月13日、自動運転の異端児・エヌビディアのジェンスン・ファンCEOは、日本のヤマハ発動機と「農業」などの分野で協業することを明らかにした。自動運転の世界では強力なライバルが激しいつば迫り合いを展開する中で、今なぜエヌビディアだけが「都市モビリティ」という主戦場ではない、「農業」の分野にコミットするのか。
357Picks
ホンダ・ヤマハ発提携:若者SNSに敗れたバイク文化
毎日新聞
|
国内原付きバイクの市場のほとんどのシェアを占めるホンダとヤマハ発動機が、排気量50CC以下原付きバイクなどの生産・開発で提携することになった。かつて大幅値引きで張り合う「HY戦争」と呼ばれるほどの激しい販売合戦を展開してきた2社が手を組まざるを得ないほど追い込んだ若者のバイク離れはなぜ起こったのか。そこには2大メーカーの販売努力であらがうのは不可能なほど様変わりしたライフスタイルの変化があっ...
22Picks
ヤマハが「免許返納後も楽しく乗れるクルマ」を開発する理由 - エコカー大戦争!
Diamond Online
|
高齢者が運転免許を返納した後、普段の移動の足として活用されることが多いのが、ハンドル形電動車いすだ。スズキやホンダなど大手メーカー以外に、10社程度の中小メーカーが参入している分野である。ここに、ヤマハ発動機が一石を投じた。
233Picks
無人ヘリで田植えさらば ヤマハ発動機、イネ種まき実演:朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
|
ヤマハ発動機は1日、無人ヘリコプターを使ったイネの種まき現場を報道陣に公開した。田植えの作業を省くことができるため、担い手が足りないなか、広がる可能性がある。栃木県大田原市の専業農家、笠間康良さん...
51Picks
見えない所で起きてる日本の事実
note(ノート)
|
北海道に家族でスキーに出かけている友人Aから下記のようなメッセージが届き、グローバルで人を採用している友人Bからも下記のようなメッセージが・・。この現実、皆さんはどう思われますか? 友人Aからのメッセージ 今週、娘の学校がおやすみなので 北海道のキロロリゾートという、バブル時代にYAMAHAが開発したスキー場に来てます。少し前に、StarwoodGroupになってから、毎年来るようになったの...
204Picks
トヨタ社長がホンダのバイクに乗った理由「日本で盛り上げたい」
ニュースイッチ
|
「自らが動くことで注目を集め、バイクに情熱を傾けている多くの方々をプロモートし、楽しさを知ってもらうことが大事」。日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、東京・秋葉原で開いたイベント「バイクの日スマイル・オン2018」でこう語った。 スマイル・オン2018当日はホンダやヤマハ発動機、川崎重工業、スズキの国内2輪車メーカーが最新モデルを展示し、会場は家族連れなどが訪れた...
211Picks
会社は変えなくていい! ~米ヤマハ・モーター・ベンチャーズ西城洋志氏【番外編1】
GLOBIS 知見録 最新記事
|
シリコンバレーで異彩を放つ日本人がいる。西城洋志――。2014年にシリコンバレーに乗り込み、2015年にヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーを創設した。なぜ、ヤマハ発動機がシリコンバレーなのか、何をしようとしているのか。ロングインタビューを前後編でお伝えする。(聞き手は、水野博泰=GLOBIS知見録「読む」編集長)「オープンイノベーション病」にかかっていないか...
203Picks
自動車3社、燃費で不適切検査 スズキは約5割に問題、国交省
共同通信
|
自動車3社、燃費で不適切検査 国土交通省は9日、新車の燃費などの測定で、国交省の指示を受けて各自動車メーカーが調査した結果、スズキ、マツダ、ヤマハ発動機の3社で不適切な検査が見つかったと発表した。スズキは対象の約5割が不適切だった...
29Picks
自動車メーカーがロボットメーカーになる日
LIMO
|
トヨタ自動車、ホンダ(本田技研工業)、デンソー、コンチネンタル、メルセデスベンツ・バンズ(Mercedes-Benz Vans、メルセデスベンツのバン部門)、ボッシュ、川崎重工業、ヤマハ発動機――。これらの企業はいずれも世界トップクラスの輸送機器(自動車、二輪車)ならびにティア1メーカー(完成車メーカーに直接部品を供給するメーカー)として知られる。そして同時に、自社でロボット製品を開発もしく...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ