新着Pick
SPD2OHN4PJ1TJNSL

株式会社 日立製作所

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
03-3258-1111
詳細を見る
概要
情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8の部門から構成されている。売上高9兆4806億円、営業利益7549億円、総従業員数29万5941人は、総合電機最大であり、日本の全業種中でもトヨタ自動車、日本電信電話に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業。

全世界に製造・販売拠点を広げる多国籍企業でもあり、売上の51%は日本国外からもたらされる。米国誌『フォーブス』が毎年発表する世界企業ベスト2000 では、コングロマリット(複合企業体)に分類されていたが(他にコングロマリットとしてはゼネラル・エレクトリック、シーメンス等が分類されている)、近年はコングロマリットディスカウントに対応するため、事業の集中と選択を徹底して子会社を減らす傾向にあり、2019年にはエレクトロニクスに分類された。

連結子会社879社、持分法適用会社407社、計1,286社を傘下に置き、日立グループを形成する。グループ全体のコーポレート・ステートメントは「Inspire the Next(インスパイアー・ザ・ネクスト)」。
代表者
執行役社長兼CEO 東原 敏昭
設立年月日
1920-02-01
従業員数
303,519 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
8,943,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
生産プロセス可視化で“一品ものづくり”--日立「Lumada」実践工場の最前線
ZDNet Japan
|
日立製作所は2月17日、電力事業者向けのパワーグリッド機器などを手がける「日立事業所」や、社会インフラ・産業分野向けに情報制御システムなどを手がける「大みか事業所」での取り組みを報道機関に説明した。
14Picks
ロボ・ガレージ高橋智隆×日立八尋俊英:人とロボットが築く未来
Executive Foresight Online (EFO)
|
ロボットクリエーター高橋智隆氏と日立コンサルティング八尋俊英の対談。ロボット・AIの浸透が人を変化させると語る高橋氏。人とロボットの共存はエコシステムを築けるか。5回連載で公開中。
26Picks
米良はるか×日立八尋俊英:クラウドファンディングでつくる未来
Executive Foresight Online (EFO)
|
READYFOR米良はるか氏と日立コンサルティング八尋俊英の対談。社会課題の解決という強い思いを実現するクラウドファンディングはポストAI時代の基盤になり得るか。5回連載で公開中。
4Picks
日立製作所のシステム運用管理「JP1」 コンテナへの対応力を強化 RPA運用管理ではNECと協業を拡大
週刊BCN+
|
日立製作所は、統合システム運用管理「JP1」の大規模コンテナ環境の運用監視や、業務自動化ソフトRPAの運用支援機能を強化している。システム刷新のタイミングで、コンテナ型仮想化の技術を取り入れるユーザー企業が増加。RPAにおいても複数ベンダーの製品が混在するなど運用の複雑化が進んでいる。こうした動きを踏まえて、日立製作所ではこの1月末から順次出荷を始めているJP1新バージョンで大規模コンテナ環...
18Picks
日立、東ガスなど参加、太陽光を売らずに収益化するプロジェクト──ブロックチェーンで発電量を記録
CoinDesk Japan
|
太陽光で発電した電力を売るのではなく、自己消費した電力を収益化する試みにブロックチェーンを活用するプロジェクトが始まった。東京ガスグループ、日立製作所、経済産業省などが関わる省エネ推進制度「J-クレジット」の一環としてデジタルグリッド株式会社が主導。早ければ20年4月から自己消費量がJ-クレジットとして認証され、売り出せるようになる。 エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の価格が低迷するな...
549Picks
【新戦略】アマゾンで台頭したメーカーが「リアル店舗」を目指す
NewsPicks編集部
|
かつて「家電」と言えば、パナソニックやソニー、シャープ、日立製作所、三菱電機、東芝、三洋電機(現パナソニック)など大手メーカーの花形事業だった。しかし今は、外資企業を含めた事業の売却、撤退など再...
135Picks
日立が日立ハイテクにTOB 買付代金5300億円で完全子会社化目指す
Reuters
|
[東京 31日 ロイター] - 日立製作所<6501.T>は31日、日立ハイテクノロジーズ<8036.T>株に対し公開買い付け(TOB)を行うと発表した。同社は親子上場の解消を含むグループ再編を進めている。買付代金は約5311億円を予定しているい。
24Picks
説明可能な人工知能、日立がサービス開始
ニュースイッチ
|
日立製作所と日立コンサルティングは27日、回答を導き出した根拠を可視化(見える化)する説明可能人工知能(AI)を活用し、業務システムや運用でのAI適用を支援する「AI導入・運用支援サービス」の提供を開始したと発表した。 業務でのAI活用を前提として企画検討からPoC(概念実証)、導入、運用、改善を一貫支援する。価格は個別見積もり。 同サービスは、AIを説明するための技術「エクスプレイナブルA...
18Picks
日立“製作所”、AIと無関連の事業切り離し…社員2万人の「御三家」すら容赦なく売却
ビジネスジャーナル
|
日立製作所は、AI(人工知能)を中核事業に据えるべく、事業の「選択と集中」を進めている。2022年3月期に連結売上高営業利益率を10%超の水準に高めることを経営目標に掲げる。選別の基準は営業利益率5%以上だったが、現在は7~8%以上に高めた。それ以下の事業は整理対象となる。
602Picks
【新】IoTのトップが語る、「モノ売らぬ」日立の勝算
NewsPicks編集部
|
日立製作所がIoT基盤「Lumada(ルマーダ)」で、ディズニーと組むなど攻勢に出ている。さらにはホンダ系列の部品サプライヤーも買収した。一方、日立化成の売却など事業ポートフォリオ再編も進める。...
16Picks
日立製作所、鮮やかかつ理想的な「選択と集中」断行…富士フイルムとウィン・ウィン取引達成
ビジネスジャーナル
|
12月18日、富士フイルムホールディングスが、日立製作所の画像診断関連事業を買収すると発表した。買収金額は約1790億円と予定されている。今回の買収成立により、富士フイルムは画像診断システム(MRI、CTなど)、電子カルテなどの研究開発・販売などの事業を取得する。
12Picks
パナソニック津賀社長が本誌だけに明かした「反転攻勢」の秘策 - 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ
Diamond Online
|
創業101年のパナソニックに再び経営危機が迫っている。事業軸を担当する五つのカンパニー全ての業績が振るわず、2020年3月期見通しでは営業利益が前年同期比で1000億円もダウンする異常事態。日立製作所やソニーが過去最高の営業利益を更新する中、パナソニックだけが長期低落傾向から抜け出せずにいるのはなぜか。就任8年目の津賀一宏・パナソニック社長に突撃インタビューを敢行した。
20Picks
電機業界「生き残り再編」、ソニーは勝者でパナソニックは正念場
ニュースイッチ
|
電機業界は事業再編の最終局面を迎える。日立製作所と東芝が上場子会社中心のグループ再編に着手し、パナソニックは液晶パネルと半導体事業からの撤退を決めた。2010年代は中国経済がけん引役となって自動車やスマートフォン、そしてそれらをつくる工場設備の需要は右肩上がりだった。ただ、米中貿易摩擦の激化した19年に入って風向きが変わり、再編機運が一気に高まった。 「2020年は、組織構造が大きく変化する...
14Picks
世界で最も先進的な工場として日本から初認定、日立大みか事業所など3工場
MONOist
|
世界経済フォーラムは、第4次産業革命をリードする世界で最も先進的な工場「ライトハウス(灯台=指針)」として新たに18工場を認定。今回は、日本関連で初めて、日立製作所の大みか事業所、GEヘルスケア・ジャパンの日野工場、三井海洋開発の海洋施設(ブラジル・リオデジャネイロ)の3工場が認定された。
17Picks
IT企業の年頭所感2020(2):「5G」普及元年、新世代のネットワークが始動へ
ZDNet Japan
|
CTC、IIJ、NTT Com、NTTデータ、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、テラスカイ、NSSOL、NEC、日立製作所の新年のトップメッセージを紹介する。
126Picks
日立、東芝、パナ…事業再編が奏功するのは誰?
ニュースイッチ
|
2020年の総合電機各社は、事業再編の巧拙がカギを握りそうだ。日立製作所と東芝は上場子会社中心のグループ再編に着手し、目指す企業像へ突き進む。一方、パナソニックは液晶パネルと半導体事業からの撤退を決めたが、事業再編は道半ばだ。2010年代は中国経済がけん引役となって自動車やスマートフォン、それらを作る工場設備の需要は右肩上がりだった。ただ、米中貿易摩擦が激化した19年に入って市場環境は一変し...
13Picks
車部品業界の再編加速 自動運転・EVで競争激化(時事通信)
Yahoo!ニュース
|
日立製作所とホンダが傘下の部品4社の経営統合を決めるなど、自動車部品業界の合従連衡が加速している。自動運転や電気自動車(EV)といった次世代技術「CASE(ケース)」の開発競争が激化し、経営環境が厳 - Yahoo!ニュース(時事通信)
14Picks
日立“製作所”、サービス企業へ変貌…8千億円赤字から驚異の復活、自己否定的改革に成功
ビジネスジャーナル
|
日立製作所が事業ポートフォリオの“選択と集中”を進め、ソフトウェア開発力の向上などを通して稼ぐ力を引き上げようとしている。従来、日立は家電から重電さらには原子力に至る幅広い事業ポートフォリオを抱えてきた。高度経済成長期以降、この事業構造は収益の獲得と組織の安定、雇用の保護などを目...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ