新着Pick
SPD2MF0WU5FQIONH

株式会社 出前館

夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5
詳細を見る
概要
夢の街創造委員会株式会社は、出前に特化した宅配ポータルサイト出前館を運営、運営発表によるアクティブ会員数は258万人、総店舗数16,175以上(2018年3月末時点)の出店企業から注文できる。2016年7月にはLINEとの業務提携を開始し、LINE上に『出前館 on LINE』を開設。2016年10月からはApple Payの対応も開始している。
代表者
代表取締役社長 藤井 英雄
設立年月日
1999-09-09
従業員数
312 人
上場年月日
2006-06-05
平均年齢
34 歳
平均年収
5,610,000 円
上場市場
東証JASDAQスタンダード,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
147Picks
「ニンジンなしで走らされる」日本のウーバーイーツで報酬引き下げの知られざる背景
Business Insider Japan
|
コロナ禍の在宅需要でフードデリバリーサービスが急成長している。データ分析企業のヴァリューズによると、ウーバーイーツ、出前館、menuなど大手5社の利用者は2020年1月に294万人だったが、2021年1月は902万人と3倍に増加した。 だが、その33都道府県におよぶウーバーイーツのサービスを支える配...
139Picks
出前館、売上高2.7倍も赤字拡大 先行投資がかさみ、減損計上
ITmedia ビジネスオンライン
|
出前館の2021年8月期第2四半期(20年9月~21年2月)連結決算は、売上高が前年同期比2.7倍の104億円、営業損益が83億円の赤字(前年同期は9億8000万円の赤字)、純損益は96億円の赤字(同9億円の赤字)だった。
99Picks
UberEATSだけじゃない「フードデリバリー」新興5サービスを試してみた
bizSPA!フレッシュ
|
定番のウーバーイーツや出前館以外にも、さまざまなフードデリバリーサービスが登場している。今回は「menu」「Chompy」「wolt」「フードネコ」「fine Dine」の新興5サービスを実際に利用し、使い勝手をチェックした(※以下、情報
17Picks
「フードデリバリーは高い」は本当?手数料がかかっても、ウーバーイーツや出前館が使われる「納得の理由」
Business Insider Japan
|
営業時間の短縮や3密の回避など、コロナ禍で苦境のさなかにある飲食店の“救いの神”的な役割を果たして注目を浴びているのが、フードデリバリーサービスだ。 その代表格ともいえるのが「ウーバーイーツ(Uber Eats)」。東京の街中ではいまや、大きな四角いバックを背負って自転車に乗る配達員の姿を見ない日は...
235Picks
「出前館」が進める“雇用シェア”の実情ある明太子メーカーでは社員をデリバリー担当に
Business Insider Japan
|
新型コロナによる業績悪化で、余剰人員を抱えている企業の社員を、業種問わずフードデリバリーの配達員として雇う取り組みを「出前館」が2021年1月から始めている。 もともとの会社で社員としての籍を置きながら、出前館から業務委託を受け、出前館から会社に報酬が支払われる仕組み。 出前館ではこれまでも、飲食業...
70Picks
出前館、配達員へ応募で「支援金」3万円 緊急事態宣言で高まるデリバリー需要に対応
ITmedia ビジネスオンライン
|
フードデリバリー大手の出前館は1月14日、緊急事態宣言期間中に配達員へ応募し、条件を達成した人に支援金3万円を支給する「個人業務委託応援キャンペーン」を開始すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大により高まるデリバリー需要に対応するため、キャンペーンを通して配達員を確保する考えだ。
162Picks
出前館は「手数料競争には乗らない」--藤井社長に聞く2021年のフードデリバリー戦略
CNET Japan
|
出前館にとって2020年は、LINEへのグループ入りやコロナ禍における加盟店の急増など、大きな転換点の年となった。しかし、水面下では、2021年以降の飛躍に向けたさまざまな準備期間でもあったという。LINE傘下後の変化やUber Eatsとの棲み分け、「フードデリバリー日常化」に向けた2021年の取り組みなどについて、出前館 代表取締役CEOの藤井英雄氏に聞いた。
130Picks
「ミスタードーナツ」が出前館と組み宅配サービス
ニュースイッチ
|
ダスキンはミスタードーナツ事業で、日本最大級の出前サービスを手がける出前館と組み、宅配サービスを始めた。東京都や大阪府など16の都道府県にある約80カ所の店舗で注文できる。新型コロナウイルス感染拡大の影響でイートイン(店内飲食)の需要が落ち込む一方、テークアウト(持ち帰り)が伸びており宅配サービスで商機を広げる。食事配送サービスのウーバーイーツやDiDiフードとの連携も検討する。 出前館のサ...
132Picks
出前館、都内にキッチン併設の宅配旗艦拠点 客席持たず、10以上のブランド提供
時事ドットコム
|
料理の宅配サービスを提供する出前館は18日、同社初となるキッチン併設型の宅配旗艦拠点を都内に新設し、報道陣に公開した。客席はなく、入居する飲食店がインターネットでの注文に応じて料理を作り、出前館が配達代行する。出前館は飲食店が低コストでデリバリーに参入できるようにして、サービスの魅力向上と拡大を目指す。
60Picks
出前館、「ケーキの出前」開始 Cake.jpと連携 スイーツジャンルの拡充
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」を運営するCake.jpは、日本の出前ポータルサイトである出前館でスイーツ販売を試験的に開始することを発表した。 Cake.jpでは、最短
18Picks
出前館やUber Eatsを比較、フードデリバリー市場は今後どうなるのか?
ビジネス+IT
|
新型コロナウイルス感染症の拡大により、外食産業は大きな痛手を受けた。中には早々に廃業を決断した飲食店も多い。しかし、そうした中で急速に発展しているのがフードデリバリー市場だ。出前館やUber Eatsといった大手とmenuら新興勢力、フィンランド発のWoltなど新しい海外勢の進出など群雄割拠な現在のデリバリーサービスは外食産業の救世主となりうるのだろうか。この記事では、近年のフードデリバリー...
74Picks
「ウーバーイーツ」や「出前館」は? 満足度の高いフードデリバリーサービスはどこ
ITmedia ビジネスオンライン
|
フードデリバリーサービスで満足度が高いところはどこか。oricon ME(東京都港区)が実施した調査によると「dデリバリー」が総合1位となった。その理由とは?
1274Picks
【グラフ解説】フードデリバリーの「赤字競争」がはじまった
NewsPicks編集部
|
コロナをきっかけに急成長する国内のフードデリバリー業界で、シェア獲得競争が激化している。ライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズが手がける「Uber Eats」や、LINEが買収した出前館だけ...
100Picks
出前館はUber Eatsの夢を見るか--両者の戦略からみるフードデリバリービジネスの未来
CNET Japan
|
コロナ禍で注目を集めるフードデリバリー市場において、出前館とUber Eatsはそれぞれ異なる戦略の下で展開を続ける2社と認識されているが、両社における足元の動きから見える戦略を紐解きながら、フードデリバリー市場の展望を解説したい。
137Picks
出前館、20年8月期は54%増収 投資拡大で41億円の純損失
Reuters
|
[東京 15日 ロイター] - 出前館<2484.T>は15日、2020年8月期連結決算で売上高が前年比54.6%増の103億円、純損益は41億円の赤字(前年は1億円の赤字)となったと発表した。新型コロナウイルスの影響で事業は拡大したが、積極的な事業展開や投資で赤字幅が拡大した。21年8月期も売上高は2.7倍の280億円、純損益は130億円の赤字を見込んでいる。
814Picks
【社長激白】LINE=出前館が「Uberの逆」を狙う理由
NewsPicks編集部
|
シリコンバレー発のフードデリバリーアプリ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とともに、日本の業界をけん引するのが、出前館(本社:大阪市)だ。出前館は1999年の創業で、電話が主流だった出前の...
446Picks
【出前館 会長】急伸デリバリー、トップ自ら配達員を務める
NewsPicks編集部
|
「出前館」を利用いただいたことはあるでしょうか。実は私自身、デリバリースタッフを務めているので、もしかしたらみなさんのお宅に料理をお届け、なんてことがあるかもしれません。
39Picks
ゴーストレストラン戦国時代。カプリチョーザが参入、出前館は「月18万円」で出店できるキッチン事業
Business Insider Japan
|
客席がなく、キッチンのみの「ゴーストレストラン」が急増している。コロナショックの影響で拡大するデリバリーだけに絞った飲食業態だ。 から揚げ専門店や、一つのキッチンでいくつものブランドを展開する店舗も続々登場。ゴーストレストランは少ない初期投資で開業できることから、小規模なものが主流になっている。その...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ