新着Pick
SPD2M02UR1LDHVPR

株式会社 東芝

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
東京都港区芝浦1-1-1
03-3457-4511
詳細を見る
概要
東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。

東芝の事業は、テレビや家電製品、携帯電話、パソコンなど消費者向け製品からは撤退、電子部品(HDDなど)の他、原子炉・重電機・軍事機器・鉄道車両など、企業間取引による重工業分野へ重点的に事業展開をしており、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれる。

冷蔵庫・洗濯機・掃除機・電子レンジ・炊飯器など、家電製品の国産化第1号の製品が多く(電子レンジと炊飯器以外は1930年代に開発された)、白物家電の日本におけるパイオニアであった。だが、2015年発覚の粉飾決算事件を契機に2016年に白物家電事業は一部株の売却によりブランドのみとなり、医療機器事業は売却、2018年には半導体、テレビ、パソコン事業も売却した。最近は経営不振が響き、同年8月8日に東芝が発表した2018年4~6月期決算(米国基準)は営業利益が7億円(前年同期比較 -94.5%)に留まり、売上高も-7.3%の8422億円となった。

電機メーカーとしては、最初に委員会設置会社に移行した企業でもある(移行した2003年当時は、委員会等設置会社。現在の指名委員会等設置会社)。委員会設置会社となってからは、会長は代表権を有さない取締役会長となっていたが、2016年6月より代表執行役会長を新設した。

歴代の社長ら役員は、財界活動に積極的であることも知られている。石坂泰三(第4代社長)と土光敏夫(第6代社長)が経済団体連合会会長に就任し、岡村正(第14代社長)が日本商工会議所会頭に就任するなど、財界四団体のトップを輩出している。

そのほか、西室泰三(第13代社長)は日本経済団体連合会のナンバー2である評議員会議長に就任し、佐々木則夫(第16代社長)が現役社長の頃から内閣府経済財政諮問会議議員に就任するなど、日本の政財界に強い影響力を及ぼしている。特に石坂泰三は「財界総理」との異名を持つほどの影響力を誇り、東芝が財界で重きをなす礎を築いた。

ブランドタグラインは「 Leading Innovation>」(2006年10月2日制定)。

東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)、月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)、三井業際研究所、綱町三井倶楽部に加盟している。
代表者
代表執行役社長 CEO 車谷 暢昭
設立年月日
1875-07
従業員数
125,648 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
44 歳
平均年収
8,676,000 円
上場市場
東証2部,名証2部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
21Picks
東芝の大株主、議決権行使の集計に疑義 外部調査を要求=書簡
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 東芝<6502.T>の大株主のファンド、3Dインベストメント・パートナーズが、先月31日に開かれた株主総会での投票の処理が適切だったかについて外部による調査を要請していることが分かった。3Dが東芝の社外取締役に送った書簡の内容をロイターが確認した。3Dが事前行使した議決権の一部が結果に反映されていないと主張している。
10Picks
東芝、AIなど拠点に340億円投資は始まりに過ぎない
Ledge.ai
|
株式会社東芝が約340億円を投じて、人工知能(AI)などの先端研究開発を手がけるランドマーク「研究開発新棟(仮称)」について、東芝の広報に問い合わせた。
1Pick
東芝の大株主、議決権行使の集計に疑義 外部調査を要求=書簡 - ロイター
BLOGOS - 最新記事
|
[東京 14日 ロイター] - 東芝<6502.T>の大株主のファンド、3Dインベストメント・パートナーズが、先月31日に開かれた株主総会での投票の処理が適切だったかについて外部による調査を要請していることが分かった。3Dが東芝の社外取締役に送った書簡の内容をロイターが確認した。3Dが事前行使した議決権の一部が結果に反映されていないと主張している。書簡は今月9日付。3Dが行使した4.2...
46Picks
東芝、4─6月期は126億円の営業赤字 コロナ影響493億円
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - 東芝<6502.T>は12日、2020年4―6月期の連結営業損益(米国基準)が126億円の赤字だったと発表した。四半期での赤字は3年半ぶり。78億円の黒字だった前年同期から一転した。新型コロナウイルスの影響が493億円あった。
26Picks
東芝、4-6月連結営業損益が100億円強の赤字に-報道
Bloomberg
|
東芝の2020年4-6月期の連結営業損益(米国会計基準)は、100億円強の赤字に転落したようだと、日本経済新聞が報じた。前年同期は78億円の黒字だった。
56Picks
Dynabook、シャープの100%子会社に
ITmedia NEWS
|
シャープと東芝が共同出資していたDynabookが、シャープの100%子会社になった。東芝が保有していたDynabook株(発行済み株式の19.9%)を、8月4日までにシャープに譲渡した。
19Picks
東芝、AIなどの研究開発拠点建設に340億円を投じる
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
株式会社東芝は8月5日、神奈川県の川崎市にある同社グループの小向事業所内に、約340億円を投じて、人工知能(AI)などの先端研究開発を手がけるランドマーク「研究開発新棟(仮称)」を建設すると発表。
62Picks
東芝株主総会、「物言う株主」提案の今井氏支持43% 存在感示す
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - 東芝<6502.T>は4日、先月31日に開催した定時株主総会で、アクティビスト(物言う株主)のエフィッシモ・キャピタル・マネジメントが取締役候補として提案した今井陽一郎氏の選任に43.43%の賛成があったと発表した。総会では株主提案は否決されたものの、存在感の高まりがうかがえる。
16Picks
東芝デジタルソリューションズ 東芝のDXは「本格展開」フェーズへ島田新社長がデジタル戦略を説明
週刊BCN+
|
東芝デジタルソリューションズ(TDSL)の島田太郎社長は7月16日、今年4月の社長就任後初めてとなる記者向け説明会をオンラインで開催し、東芝グループのデジタル戦略を担う中核会社として今後、自社のデジタルトランスフォーメーション(DX)を本格的に進め、ビジネスを進化させていく方針を示した。
6Picks
東芝、MikroElektronikaと評価ボードで提携
EE Times Japan
|
東芝デバイス&ストレージは、モータードライバーICの評価ボードについて、組み込みシステム向け開発ツールメーカーのMikroElektronika(以下、Mikroe)と提携した。
13Picks
東大が量子コンピューターの協議会、東芝・トヨタなど10団体参加
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - 東京大学は30日、量子コンピューターについて産学官の協力を促進する「量子イノベーションイニシアティブ協議会(QII)」を設立すると発表した。世界に先駆けて日本が量子コンピューターの社会実装を実現することを目的とし、東芝<6502.T>やトヨタ自動車<7203.T>などの10団体が参加する。相互の情報交換を通じ、日本全体の取り組みのレベルアップと実現の加速化を図る。
13Picks
ポイントはデジタルで「ずらす」、エネルギー業界のDXとは?
MONOist
|
東芝は2020年6月26日、エネルギー事業のDX(デジタルトランスフォーメーション、デジタル変革)が社会で果たす役割について解説する第7回東芝技術サロンをオンラインで開催した。
79Picks
DXの本質は「コトの起こる場作り」、東芝はCPSで何をしてきたか
MONOist
|
東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は2020年7月16日、新たに取締役社長に就任した島田太郎氏がオンラインで記者会見を行い、東芝グループにおけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)への取り組みとその中でTDSLが果たす役割について説明した。
10Picks
EAGLYSが東芝と協業検討、リアルタイムビッグデータ分析にセキュリティ・秘密計算を適用へ
TechCrunch Japan
|
秘密計算技術のEAGLYS(イーグリス)は7月13日、東芝が新規事業創出を目指し開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」において、協業検討企業として選抜されたと発表した。 EAGLYSは、秘密計算技術で常時暗号化したデータ操作が可能なデータベース向けプロキシソフトウェア「DataArmor Gate DB」と、東芝のIoT・ビッグデータに適したデー...
14Picks
東芝、健康診断結果から6年先まで生活習慣病のリスクを予測するAIサービス提供開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
東芝と東芝デジタルソリューションズは、健康診断結果から生活習慣病発症のリスクを6年先まで予測する疾病リスク予測AIサービスの提供を開始したと発表した。 疾病リスク予測AIは、SOMPOホールディン
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ