新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD2KFKT7KNG8J1S

株式会社イオン銀行

株式会社イオン銀行(イオンぎんこう、英称:AEON BANK, LTD.)は、イオングループの日本の銀行。全国銀行協会準会員。 ウィキペディア
東京都江東区枝川1丁目9番6号
詳細を見る
概要
小売業主導で設立された銀行としてはセブン銀行(セブン&アイ・ホールディングス主導)に次ぐもので、いわゆる「新たな形態の銀行」に分類される。ブランドスローガンは「アイデアのある銀行」。

ATMによる個人口座管理主体のセブン銀行と異なり、イオングループの店舗ほぼすべてにATMを設置する一方で、イオングループのショッピングセンターなどの大型商業施設に有人店舗を「インストアブランチ」として設け、一般の銀行と同様に利用客と対面でのサービスを提供している。また、取扱商品も預金口座の他、一般の銀行同様に投資信託あるいは各種個人向け融資を窓口で扱う。そのためコンビニATMの一つに数えられる一方で、一般的な銀行としての性格も強い。イオングループのスケールメリットを生かしたショッピングとの連携なども行っている。
代表者
代表取締役社長 渡邉廣之
設立年月日
2006-05-15
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
39Picks
神奈川県が初連携…「地域通貨×情報銀行」は地域経済を豊かにするか
ニュースイッチ
|
個人データを活用して地域を豊かにする―。イオン子会社のフェリカポケットマーケティング(東京都港区)はこうした構想を抱き、個人データを預かって適切な同意の下で外部の企業に仲介する新しい仕組み「情報銀行(※1)」の運用を6月にも始める。神奈川県と連携協定を結び、個人データの利活用を通した地域の活性化や県民のQOL(生活の質)向上を目指す。相模原市や大和市から導入を進め、県全域に広げていく。 具体...
527Picks
指紋認証だけでATMの利用可能に イオン銀行 
NHKニュース
|
大手流通グループ「イオン」が運営する銀行が、ATM=現金自動預け払い機を利用する際にキャッシュカードを使わずに最新のIT技術を活用して、指紋…
206Picks
ローソン銀行が「銀行冬の時代」にセブンの後発で参入する理由
Diamond Online
|
10月15日、コンビニ銀行「ローソン銀行」が営業を開始した。7年ぶりとなる銀行新規参入であり、流通系金融機関としてはセブン銀行、イオン銀行に続く3行目となる。近い将来には、キャッシュレス決済に対応した新サービスも手掛けるという。超低金利が続く昨今、“銀行冬の時代”の到来が叫ばれて久しいが、このタイミングでの参入に勝算はあるのだろうか。決済サービスに詳しい野村総合研究所・田中大輔氏に聞いた。
160Picks
キャッシュカード、暗証番号なしでATMが使える――Liquidの生体認証をイオン銀行が導入
TechCrunch Japan
|
 銀行ATMを利用するには通常キャッシュカードと暗証番号の入力が必須だ。店頭でキャッシュカードの再発行などの手続きを行う場合は、さらに印鑑や本人確認書類なども必要となる。Liquidとイオン銀行が目指すのは、「手ぶら」でもそうした手続きや銀行ATMの利用ができる未来だ。 Read More
157Picks
イオンの金融事業再編スキームに地銀関係者が熱い視線を送る理由
Diamond Online
|
1月21日、ひそかに地方銀行関係者の注目を集める事業再編が発表された。それは、イオングループの金融事業を統括するイオンフィナンシャルサービス(FS)が、今年4月に銀行持ち株会社から事業会社に移行するという組織内再編だ。
108Picks
ローソンが銀行業参入を検討 三菱UFJフィナンシャル・グループと共同出資の方向
産経ニュース
|
コンビニエンスストア大手のローソンが銀行業への参入を検討していることが20日、分かった。現金自動預払機(ATM)の運営で提携する三菱UFJフィナンシャル・グループと共同出資し、新銀行を設立する方向だ。今後、出資比率や事業などに関する協議を本格化させ、金融庁に設立の認可を申請する方針。実現すれば、流通業ではセブン&アイ・ホールディングス、イオンに次いで3社目となる。
66Picks
PayPayがイオンで20%還元の衝撃、イオン銀行チャージにも対応
TechCrunch Japan
|
キャッシュレスのコード決済サービスを提供してるPayPayは4月16日、スーパーマーケット大手のイオンとの提携を発表した。関東地区と山梨の32店舗限定で、決済金額の20%を還元する「イオンでPayPayはじまるキャンペーン」を実施する。 5月31日23時59分までの期間限定で、1回あたりの還元上限は1000円、累計の還元上限は2万円なので、1回あたり5000円前後の買い物を20回に分けて決済...
64Picks
イオン銀行が「指紋+静脈」の認証サービスを開始! イオン銀行のATMなら、キャッシュカードや通帳が なくても、入出金や振込などの銀行取引ができる! - クレジットカードおすすめ最新ニュース
Diamond Online
|
イオン銀行が、「指紋+静脈」の生体認証サービスを始めたことで、イオン銀行ATMでの取引時にキャッシュカードや預金通帳、暗証番号などが不要に! さらに、いまなら、指紋認証システムに登録すると、携帯クリーナーとクリアファイルのセットがプレゼントされるほか、Webアンケート回答すると、500 WAONポイントを獲得できるキャンペーンも実施中! そのほか、イオンで最も得するクレジットカード「イオンカ...
42Picks
イオン、スマホアプリでバーチャルカードを即時発行、即iD利用可能に
Impress Watch
|
イオンクレジットサービスおよびイオン銀行は、イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」において、最短5分で、バーチャルのイオンカードを即時発行するサービスを、21日より開始した。
24Picks
根深きイオン銀行の過剰請求、システムに日割り利息計算機能が事実上なし([特報]イオン過剰請求の全貌)
ITpro総合
|
イオンカードのキャッシングサービスで、長年にわたって過剰請求が生じていたことが明らかになった。直接の原因は利息の日割り計算誤りだが、根は深い。「にわかには信じがたい」と関係者が驚くのは、イオンクレジットサービスの業務システムに事実上、利息の日割り計算機能が存在しなかったとみられることだ。システム装置産業とされる金融機関にあって、情報システムに対する企業意識の甘さがうかがえる。
11Picks
「イオン岡田元也社長の23年」を振り返る
商業界オンライン
|
イオンでは3月1日付で岡田元也社長が退任し、吉田昭夫副社長が社長に就任することになった。 周知のようにイオン(社名変更前はジャスコ)はローカル企業の岡田屋、フタギ、シロの3社が提携・合併してできた企業だ。初代の社長は岡田卓也が1984年まで14年間務め、2代目の二木英徳氏が96年まで、その後は第一勧業銀行出身の田中賢二氏が就任したが、翌年、出身行の総会屋事件で逮捕されたため、急きょ、卓也の長...
17Picks
ローソン銀が15日開業、その成長戦略とセブン銀の動きは?
ニュースイッチ
|
ローソン銀行が15日営業を開始する。銀行の新規参入は7年ぶりで、流通系金融機関としてはセブン銀行、イオン銀行に次ぎ3行目となる。山下雅史社長は「経済圏をしっかり活性化するのは我々にとって大事。地域活
14Picks
ライフル銃で撃っても「燃えない」リチウムイオン電池を開発した69歳からの起業家
ニュースイッチ
|
**大銀行の元副頭取がテクノロジーベンチャーに挑むリチウムイオン電池に「熱をもちやすい」「発火の危険性がある」といったイメージをもつ人は少なくないかもしれない。直近では、多くの人に身近なスマートフォ
13Picks
指紋認証だけでATM操作可能に イオン銀行が実証実験
J-CASTニュース
|
イオン銀行は2015年12月30日、指紋認証だけで現金自動預払機(ATM)を利用できるようにする実証実験を16年2月15日から始めると発表した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ