新着Pick
SPD2JBWWLHA3SXUM

三井化学 株式会社

三井化学株式会社(みついかがく)は、三井グループの総合化学メーカーである。山口県和木町で工場を開業以後、事業拡大・海外展開を行い、三井東圧化学と三井石油化学工業との合併を経て、1997年10月1日に三井化学となる。 ウィキペディア
東京都港区東新橋一丁目5番2号汐留シティセンター
03-6253-2100
詳細を見る
概要
総合化学3位、石油化学の比率が高い。ペットボトルの原料であるPETペレットやポリエチレン、ポリプロピレンの触媒など日常品の様々な原材料を市場に供給している大手総合化学メーカー。千葉と大阪にエチレンセンターを持つ。

本社は東京の汐留シティセンター内にある。
代表者
代表取締役社長 橋本  修
設立年月日
1955-07-01
従業員数
18,051 人
上場年月日
1962-10-05
平均年齢
41 歳
平均年収
8,376,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
172Picks
商品の“黒子”素材メーカーがデザインの力で消費者に近づく理由
ニュースイッチ
|
モノづくりの最上流に位置する素材メーカーが、デザインの力を借りて一般消費者に近づこうとしている。三菱ケミカルはアパレルブランドを立ち上げ、同社独自の繊維の魅力を発信する。三井化学は海外高級ブランドなどを通し、強みの技術を訴求する。素材は自動車や家電製品、アパレル、食品などのさまざま商品の価値を高める黒子。デザイナーや消費者の声から気づきを得て、新たな可能性を切り開く。(取材・梶原洵子) 三菱...
22Picks
ENEOS・三井化学・ホンダなど参戦、藻類の量産・製品化事業は脱炭素への足がかりになるか
ニュースイッチ
|
バイオ企業群を束ねる、ちとせバイオエボリューション(シンガポール)は、ENEOSや三井化学、ホンダなど企業16社を含めた20社・団体と藻類の量産と製品化で連携すると発表した。2025年には藻類を年14万トン(乾燥状態)供給できる世界最大の量産設備を建設する。化石資源に頼らずに藻類から燃料やプラスチック、食品の原料を生産し、温室効果ガス排出量を実質ゼロにする脱炭素に貢献する。 他にも花王や日本...
21Picks
三井化学が挑む化学業界の新たなAI活用法の中身
ニュースイッチ
|
三井化学は2021年度から素材の新規用途探索に人工知能(AI)を活用する。どんな物性の素材がどんな用途で使われているかをAIに学習させ、人には思い付かない用途をAIが提案する。化学業界にとって新たなAI活用方法となる。研究開発や生産技術に加え、素材の営業もAIで効率化することで全社のデジタル変革(DX)を加速する。 AIを用いた素材の新規用途探索システムには、IBMのAI「ワトソン」の機能の...
15Picks
ビジネスモデル転換を迫られる素材メーカーで生まれた情報事業 スタートアップとのコラボを進める三井化学が考えるエコシステムとは
ASCII.jp
|
三井化学株式会社は、1912年創業の日本を代表する総合化学メーカーだ。現在は、モビリティ、ヘルスケア、フード&パッケージング、基盤素材、次世代事業の5つの事業領域を中心に展開している。同社のコーポレートベンチャーキャピタルの立ち上げから携わり、国内外のスタートアップとの多くのオープンイノベーションによる新事業の創出を手掛ける、新事業開発センター長の善光 洋文氏に、同社の新規事業への取り組み、...
284Picks
【髙島郁夫】ビジネスのパフォーマンスを高める「ツール」としてのメガネとは
刻一刻と変化する現代において、ビジネスの成功に欠かせないのは幅広い視野と瞬時の判断力。そんな中、三井化学が次世代アイウェアとしてこの秋から全国展開を予定しているのが最新電子メガネの「タッチフォー...
146Picks
しっとりやさらさら…素材の「感性」価値を定量化、どうやって?
ニュースイッチ
|
三井化学は、しっとりやさらさら、シルキー感などの感性価値の研究を加速する。新たに質感に作用する因子を発見し、研究成果をもとに開発した素材の提案活動を始めた。自動車業界などで素材の感性価値へのニーズが高まっており、より効果的な素材開発や提案につなげる。 三井化学は、自動車の内装材に使われる熱可塑性エラストマーや発泡ポリウレタン、不織布を中心に、約4年前から感性価値の研究を始めた。例えば、「しっ...
119Picks
好調な化学産業にシンガポールが浴びせる“冷や水”
ニュースイッチ
|
シンガポールが2019年から導入する炭素税は好調な化学産業に冷や水を浴びせる。住友化学や三井化学など日本企業も多く進出し、業績を支える主力工場というケースも少なくない。温室効果ガス排出量に応じて課税
99Picks
【三井化学】メンタルヘルスに良い職場の仕組みを全社に水平展開
NewsPicks編集部
|
「2000年代初頭からメンタルヘルス休業者がじわじわ増えてきて、リーマンショックが起きた2008年に一気に増えました」と語るのは、三井化学の統括産業医・土肥誠太郎氏。同社の専属産業医として199...
19Picks
ルネサスやJFE稼働再開へ、三井化など稼働停止続く-地震影響
Bloomberg.com
|
宮城県や福島県で震度6強を記録した13日の地震による一部企業の生産活動への影響が15日も続いている。アサヒグループホールディングスや三井化学などでは一部工場の稼働が現在も停止している一方で、ルネサスエレクトロニクスやソニー、JFEホールディングスの製造拠点では順次再稼働に向けた準備が始まった。
25Picks
食品ロス削減へ IoT活用し鮮度を可視化 イトーヨーカ堂など実験(食品新聞)
Yahoo!ニュース
|
新型コロナ騒動を受け、内食機会の拡大、ネットスーパーの需要が急増する中、イトーヨーカ堂、伊藤忠インタラクティブ、凸版印刷、日本総合研究所、三井化学は20日、RFIDタグやセンシングデバイスなどIo
60Picks
海洋プラ解決へ、日本の化学メーカーが欧米と主導権争い
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルホールディングス(HD)と住友化学、三井化学は、深刻化する海洋プラスチック汚染問題の解決に向けた取り組みの手を広げる。1月に創設された廃プラの環境排出削減を目指す国際的な枠組みへそろって
18Picks
三井化学・旭化成・住友化学...化学大手が「5G」や「半導体」向け材料開発を加速
ニュースイッチ
|
化学各社は、第5世代通信(5G)や半導体向け材料の開発・拡充を加速している。三井化学は新たにオレフィン系の低誘電材料を高周波基板向けに提案する。旭化成は5G分野で全社プロジェクトを発足した。住友化学はM&A(合併・買収)を活用して半導体材料の製品群拡充を図る。5Gなどの次世代通信技術は発展途上で、技術革新を支える新素材が求められる。 三井化学が提案する高耐熱環状オレフィンコポリマー「ギガフレ...
36Picks
プラスチックの新用途にロボット、金属の代替で軽量化なるか?
ニュースイッチ
|
化学各社は、プラスチックなどの新たな用途として、ロボット分野の開拓に注力している。三井化学は特にユニークな活動を展開。メルティンMMI(東京都中央区)のアバターロボット実証試験機「MELTANT―β」のスキン向け素材や、人間の拍手を再現したロボハンドを開発した。ロボの部材は金属製が多く、プラ代替による軽量化も期待される。(梶原洵子) 三井化学は、MELTANT―βのスキン向けに、弱い力でも伸...
32Picks
素材メーカー「クルマ攻略」の攻め筋、勝ち筋
ニュースイッチ
|
素材業界が、自動車分野を中心にバリューチェーンの上流を目指している。三井化学が1月に試作や金型製造など開発支援のアークを買収するなど、各社は材料売りからの脱却をもくろむ。コスト面で優位な中国や中東、
30Picks
連結売上1兆2000億!三井化学はこうして「V字回復」を達成した
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
連結売上高約1兆2000億円、世界的化学メーカー・三井化学を取材した。近年、事業構造改革を進め、製品群の高付加価値化に注力。高品質な自動車の外・内装部材の原料をグローバルに供給するほか、食の安心・安全や環境負荷低減に寄与する高性能な農薬や優れた食品包装材を開発するなど、日本の各産業のイノベーションを支えている。
26Picks
炭鉱電車を「音で残す」 記憶を未来につなぐ三井化学のプロジェクト
Forbes JAPAN
|
コロナ禍の影響で、「今まで当たり前にあったものがなくなっていく」ということを、我々は、日々、目の当たりにしています。冒頭から暗い表現を並べてしまいますが、廃業、破産、撤退、閉店……最近こうした文字を目にする機会が・・・
25Picks
好調石化業界に米中の脅威、“黒船問題”強い警戒感
ニュースイッチ
|
好調が続く石油化学業界に新たなリスクが浮上しつつある。為替変動や原油価格の上昇といった従来型の懸念材料に加えて、米国のシェールと中国の石炭化学という“黒船問題”が少しずつ大きくなっている。「海外
20Picks
大手化学各社、「有望市場メキシコ」の投資に惑う
ニュースイッチ
|
総合化学各社はメキシコ事業への新規投資に慎重な姿勢を強めている。自動車産業の集積に伴い今後拡大する樹脂需要などをにらみ、ここ数年拠点整備を進めてきた。ただ、米国のトランプ次期大統領が打ち出す通商政策次第でその青写真が崩れる可能性が出てきた。有望市場の先行きに不透明感が漂い始めた。 三井化学はメキシコ・アグアスカリエンテス州に自動車向けの樹脂コンパウンド(混練)工場を持ち、来夏に向けて製造設備...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ