新着Pick
SPD2EVEEO1U9JF8W

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。TOPIX Core30構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都千代田区二番町8番地8
03-6238-3000
詳細を見る
概要
日本最大のコンビニエンスストア・チェーンのセブン-イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカドー、そごうと西武百貨店を運営するそごう・西武、東北地方などを中心に展開するスーパーのヨークベニマルなどを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。
沖縄県を除く46都道府県に店舗展開している。

以前はイトーヨーカドーを中核会社とする企業グループであった。しかしイトーヨーカドーの業績が伸び悩み、業績を立て直す必要があった。一方で、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの業績は好調で、セブン-イレブン・ジャパンがグループの中心的な存在になっていた。そのため、セブン-イレブン・ジャパンの株価の時価総額が筆頭株主たるイトーヨーカドーを上回る状態となり(いわゆる「親孝行会社」になった)、同社が買収の対象となりやすい状況にあった。

ちょうどその頃に、ライブドアによるニッポン放送買収問題が発生し(ニッポン放送の経営権問題)、敵対的買収への防衛策について注目が集まった。そこで、イトーヨーカドーが子会社の業績に頼らない経営、および敵対的買収からの防衛を目的として、持株会社制への移行を決定。2005年9月1日、イトーヨーカドー、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの三社で、持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。この持株会社のロゴマークはセブン-イレブンのロゴを元にしている。また近年では事業の中核がイトーヨーカドーからセブン-イレブン・ジャパンへと移りつつある。

2005年、株式上場することで敵対的M&Aの標的になることを危惧した西武百貨店社長の和田繁明から、セブン&アイHLDGS.社長の鈴木敏文に経営統合が持ちかけられた。鈴木は「2トップ制の対等、二人三脚の統合」を主張したが、和田の側が一歩引き、傘下入りすることで合意。

2006年1月31日、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の保有する株式 (65.45%) を買い取り、株式会社ミレニアムリテイリングを子会社化。2006年6月1日には株式交換により完全子会社化。これにより、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・デパート(百貨店)という既存業態の枠を超えた日本最大で、世界でも屈指の巨大総合流通グループになった。

「新入社員といえど、世の中の他の新入社員を店頭でお迎えすべき立場にある」とのポリシーから、通常4月に行われる新入社員の入社式を3月に行っている。

2012年度には「新しい今日がある」というスローガンを掲げ、呼称を「セブンアイ」または「セブンアイグループ」とした(表記は今まで通り「セブン&アイ」のままである)。呼称に関しては2013年度から再び「セブン&アイ」に戻されている。
代表者
代表取締役社長 井阪 隆一
設立年月日
2005-09-01
従業員数
56,606 人
上場年月日
2005-09-01
平均年齢
44 歳
平均年収
7,155,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
257Picks
セブンイレブン、居酒屋殺しの100円生ビール販売へ : 市況かぶ全力2階建
市況かぶ全力2階建
|
底上げと自社ブランドのセブンイレブンオタク向け一番くじで収益を稼ぐローソンイオン帝国の出向先ミニストップ緑色のファミマコンビニ界唯一の良心ヤマザキパン北の大地セイコーマート群馬の土地が育んだセーブオン僻地の救世主ポプラ四国を攻める神奈川のスリーエフ駅ナカ
97Picks
セブン、増進会と提携へ コンビニで答案提出可能に
共同通信
|
セブン、増進会と提携へ セブン&アイ・ホールディングスは5日、通信教育のZ会などで知られる増進会ホールディングス(静岡県三島市)と業務提携すると発表した。 傘下のコンビニであるセブン―イレブンの店舗にあるマルチコピー機を使っ...
13Picks
なぜセブンイレブンは全国展開していなかったのか?密度の経済性で考える
GLOBIS 知見録 最新記事
|
先日、沖縄県の地元企業グループがコンビニ大手「セブン-イレブン」のフランチャイズ店を来年(2019年)夏頃から展開する意向を表明した、と沖縄タイムスが報じました。セブンイレブンは5年間で約250店舗の県内での展開計画を発表しています。同社は1974年5月の日本1号店オープンから、これまで46都道府県に店舗を展開し、その店舗数は2万を超えています。ようやく全都道府県を網羅する区切りの良さと、競...
160Picks
十数銀行でネット取引障害 りそなやセブン、信金でも
共同通信
|
十数銀行でネット取引障害 りそな銀行などで27日、インターネットによる振り込みが一時できない状態になるトラブルがあった。金融庁によると障害は十数行で発生。セキュリティー大手、米シマンテックが提供するシステムに不具合が生じたため...
13Picks
【保存版】簡単なのに美味しすぎる最強コンビニ冷食はこれだ!おすすめの人気商品を厳選
BuzzFeed
|
大手コンビニ3社「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」の冷凍食品を食べまくり、特に美味しかった商品を厳選!チャーハンやつけ麺などの人気商品からおつまみまで、おすすめのコンビニ冷食をまとめました。
672Picks
セブン、スマホ決済の新会社「セブン・ペイ」設立 19年春にサービス提供へ
ITmedia NEWS
|
セブン・フィナンシャルサービスとセブン銀行が、スマートフォンを活用した決済サービスを提供する新会社「セブン・ペイ」を設立した。2019年春にサービスの提供を始める予定。
17Picks
セブン&アイがスマホ決済サービスを展開する新会社『セブン・ペイ』を設立
ECのミカタ
|
セブン&アイグループは、事業環境の変化に対応したデジタル戦略に取り組んできたが、今回その一環として、スマートフォンをツールとした新たな決済サービスを提供する新会社『セブン・ペイ』を設立した。 現在、新会社の具体的なサービス開始の準備段階とみられ、関係当局が関与する必要な手続きを経て、早期にサービスを開始することを目指す見込みだ。各種の情報を総合すると、具体的なサービスの内容の発表が2018年...
14Picks
トヨタの秘策....自動運転技術で「移動型」の無人コンビニ実現へ
自動運転ラボ
|
トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役: 豊田章男)は2018年6月、自動運転車両を用いた新たなサービスを、ヤマトホールディングス株式会社や株式会社セブン‐イレブン・ジャパンと共同開発するための協議を開始した模様だ。移動型の無人コンビニエンスストアを2019年秋にも運用開始したい考えだ。
136Picks
インタビュー:PB型の金融商品の販売目指す=舟竹セブン銀行社長
Reuters
|
セブン銀行の舟竹泰昭社長は、ロイターとのインタビューで、将来的にはセブン―イレブン店舗で購入できるプライベートブランド(PB)型の金融商品を開発したいとの意向を明らかにした。
17Picks
「Amazon、セブン-イレブン 巨大流通にメーカーが勝つ戦略」デジタルシフトウェーブ鈴木康弘・日本マクドナルド足立光 対談【後編】
Agenda note (アジェンダノート)
|
流通が強大化する中、メーカーの生きる道とは足立 先ほど、「セブン-イレブンのことが嫌いというメーカーが多いのでは」という話をしましたが、
23Picks
燃料電池車の逆襲? トヨタとセブンが水素戦略で連携 「水素社会」は本当に来るのか?
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
トヨタとセブン‐イレブン・ジャパンが「次世代型コンビニ店舗の共同プロジェクト」について記者会見を行った。セブン‐イレブンの環境配備型の店舗開発に、今後トヨタはさらに深く関与していく。
476Picks
NewsPicks Magazine創刊。落合陽一、1万字超インタビュー
NewsPicks編集部
|
NewsPicksの世界観を紙の雑誌にした「NewsPicks Magazine」創刊号が、いよいよ6月20日に発売。全国の書店、セブンイレブン、アマゾンなどで販売開始します。6月10日時点で、...
14Picks
セブンイレブンのみ既存店売上が前期比プラス コンビニ大手3社の5月売上
財経新聞
|
コンビニチェーン3社が5月の売上を発表し、客数の減少を低めに抑えたセブンイレブンが既存店売上の前期比プラスを維持する一方、ローソンとファミリーマートは既存店売上が前期比マイナスとなったことが分かった。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ