新着Pick
SPD2EKEWV9DL82JZ

株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手である。 ウィキペディア
東京都江東区豊洲三丁目3番3号
03-5546-9962
詳細を見る
概要
・1966年(昭和41年)、日本電信電話公社はかねてよりの念願だったデータ通信サービス実施の認可を受け、翌1967年(昭和42年)に「電信・電話に次ぐ第三の通信、データ通信」を掲げデータ通信本部を設立した。主に官公庁・金融向けシステムの開発を行い、全国地方銀行協会システム(ACS、1968年(昭和43年)稼動開始)や、全国銀行データ通信システム(全銀システム、1973年(昭和48年)稼動開始)、気象庁地域気象観測データ通信システム(アメダス、1974年(昭和49年)稼動開始)、郵便貯金システム(1978年(昭和53年)稼動開始)、社会保険システム(1980年(昭和55年)稼動開始)、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS、1984年(昭和59年)稼動開始)、都銀キャッシュサービス(BANCS、1984年(昭和59年)稼動開始)等といった日本の基盤となるシステムを構築してきた。
・1985年(昭和60年)に日本電信電話株式会社が発足するとデータ通信事業本部へ改組され、1988年(昭和63年)5月23日 にはエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分離独立(データ通信事業本部に属する営業を譲り受け、営業を開始したのは同年7月1日)。その後1995年(平成7年)に株式上場し、1998年(平成10年)には創業10周年の節目とコーポレートブランドとしてNTT DATAが定着していたことから株式会社エヌ・ティ・ティ・データへと商号を変更。現在に至る。
・2007年(平成19年)3月期決算において、国内SI事業者としては初の売上高1兆円を突破。
・公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのM&Aを基本とした成長戦略を軸に据えている。これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では富士通、日立製作所に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。
・2012年(平成24年)3月期決算において、連結売上高1兆3千億円を達成。従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。
・国内においてもシステム開発などSIから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。
・1988年に制定された初代ロゴは淡い青地に、左側に2行に分けた「NTT DATA」の文字、右側に10個の楕円をピラミッド状に配したもので、細川光夫によりデザインされた。楕円はコロンブスの卵を意味し、個数は二進法の1と0に掛けている。一番上のやや大きく、少し離れた楕円は人の知恵と未知なる分野への挑戦を表している。2012年には、初代ロゴの文字部分を一行にし、地色と文字色を反転させたものに改められた。
・グループビジョン 「Global IT Innovator」
・コミュニケーションワード 「変える力を、ともに生み出す。」
代表者
代表取締役社長 本間 洋
設立年月日
1988-05-23
従業員数
118,006 人
上場年月日
1995-04-26
平均年齢
38 歳
平均年収
8,207,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
究極の不動産テック目前?「不動産共有プラットフォーム」とは?
不動産投資を考えるメディア
|
前回、2018年リリース注目のリアルエステートテック新サービス7選という記事のブロックチェーンを応用した「不動産情報プラットフォーム」において、株式会社LIFULL、NTTデータ経営研究所、NTTデータ・グローバル・テクノロジー・サービス・
20Picks
効果は年間数十億ドル? 「物流×ブロックチェーン」の可能性
ITmedia NEWS
|
ブロックチェーンを物流に? IBMやNTTデータが考える物流の課題とブロックチェーンによる可能性とは。
157Picks
NTTがグローバル持株会社を設立へ、澤田社長「競争力強化図る」
Reuters
|
[東京 7日 ロイター] - NTT<9432.T>は7日、グローバル事業を強化するために、持ち株会社の傘下にグローバル事業を所管する中間持ち株会社を設立すると発表した。現在、持ち株会社傘下にあるNTTコミュニケーションズ(NTTコム)やNTTデータ<9613.T>など5社を中間持ち株会社の下に移管する。
10Picks
コミュ力をAIが数値化!?NTTデータが表情や話し方などから診断する技術を開発
www.appps.jp
|
最近では監視カメラの映像から買い物客の動作を分析して万引き犯を捕まえるシステムなど、話題が絶えない人工知能。そんな人工知能を活用して、今度は数値が難しいとされるコミュニケーション能力を診断できるシステ...
11Picks
勘定系システムの基盤拡大へ--NTTデータが技術検証を完了
ZDNet Japan
|
NTTデータが進める金融勘定系システムの提供基盤の拡大に向けた取り組みで、オープン基盤環境での技術検証が完了した。
20Picks
脳科学とAIで“広告効果”を予測
ニュースイッチ
|
NTTデータとNTTデータ経営研究所は19日、リクルートコミュニケーションズ(東京都中央区)と広告効果予測ソリューション「NORCS(ノークス)」を開発したと発表した。制作した広告が一般消費者にどのような心情変化を与えるのか自動で予測できる。7月からリクルートグループのテレビCMの制作プロセスで導入し精度や有効性の向上を目指す。 ノークスは、NTTデータなどが持つ脳情報を読み取るといった脳科...
11Picks
ワークエンゲイジメントが働きがいを後押し――NTTデータ経営研究所、働き方改革に関する調査結果を発表
ITmedia エンタープライズ
|
NTTデータ経営研究所の調査によると、働き方改革に取り組む企業は大企業を中心に増加しており、38.9%となった。働き方改革に取り組んでいる企業の従業員は、エンゲイジメントされている環境で働きがいを高めていることが分かった。
21Picks
働き方改革実施企業38%、気持ちの余裕がなくなるという回答も
ニュースイッチ
|
NTTデータ経営研究所(東京都千代田区)は12日、2018年度の「働き方に関する調査」結果を発表した。それによると働き方改革に取り組む企業は38・9%。17年度は36・4%、16年度は32・1%と年々増加しているものの低い水準となった。企業規模別では、1000人以上の企業では62・3%、100人未満の企業は17・7%と、企業規模で格差もあった。 働き方改革に取り組んでいる企業の従業員に「変化...
18Picks
電子債権管理のブロックチェーン適用を検証--安全面などに課題
ZDNet Japan
|
全銀電子債権ネットワークが、NTTデータと行った電子債権管理にブロックチェーンを適用する実証実験の結果を発表した。
12Picks
NTTデータ、介護施設向け見守りロボットサービス「エルミーゴ」
マイナビニュース
|
NTTデータは6月14日、介護施設向け見守りロボットサービスである「エルミーゴ」を提供開始した。
184Picks
焦点:メガ銀がキャッシュレス決済事業に参入、NTTデータと競合も
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>と三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が、キャッシュレス経済の進展を見据えて決済インフラビジネスに参入する。キャッシュレスの柱の1つであるクレジットカードの決済インフラは、事実上NTTデータ<9613.T>の独占市場だ。今後NTTデータと競合する可能性もあり、両社の動向次第では決済コストの大幅な低下も見込まれそうだ。
11Picks
イノベーションを起こせる人、起こせない人の違いとは? 成果を出せる企業の「三重の構造」
ログミー
|
2018年4月24日、東京ミッドタウン日比谷「BASE Q」にて、NTTデータ・三井不動産・日本郵便によるオープンイノベーションをテーマにした座談会が開催されました。いくつものトライアンドエラーを乗り越えてきた担当者らが語る、本当に価値あるオープンイノベーションを実現するために大切なこととは。本パートでは、企業のアセットをどう活用するかや、イノベーションを成功に導く人材について語りました。
22Picks
脳科学の応用 AIとの連携や医療分野の事業が活発に NTTデータが調査
財経新聞
|
NTTデータ経営研究所は5月31日、脳科学とその応用動向に関する調査の結果を発表。
34Picks
NTTデータとGoogleの協業でどんな“化学反応”が起きるか 最先端の「共創の場」が生み出す世界
ITmedia エンタープライズ
|
NTTデータがデジタルビジネスのデザイン拠点を東京・六本木に開設し、そこで活用する最新技術でGoogleと協業する。果たして、どんな“化学反応”が起きるか。
14Picks
AIが問い合わせ対応業務のFAQ化を支援 NTTデータ先端技術が「Quick Reply」を発表
ITmedia エンタープライズ
|
NTTデータ先端技術は、メール問い合わせ対応業務で生じるナレッジの蓄積、活用をAIで支援するクラウドサービス「Quick Reply」を開始。対応事例を基にしたFAQ作成や、AI検索による回答メール作成支援などの機能を提供する。
14Picks
NTTデータの「エコ」なデータセンターに建築士の社員が込めた工夫の結晶 - ものつくるひと
Diamond Online
|
「公共システムから産業、スポーツ、芸術まで、人の活躍するあらゆる現場でデジタルへの変革が起きている。その鍵となる技術を駆使する拠点となるのが、データセンターだ」3月20日、東京都三鷹市で開かれたNTTデータのデータセンター「三鷹データセンターEAST」の竣工式。社長の岩本敏男が冒頭のように演説する姿を、感慨深げに見詰める男がいた。
24Picks
NTTデータ次期社長が語る「経営の舵取りとSIの今後」
ZDNet Japan
|
システムインテグレーターの代表格であるNTTデータの次期社長に就任する本間洋副社長の決意とSIビジネスに対する考え方に迫ってみたい。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ