新着Pick
SPD2EKEWV9DL82JZ

株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手である。 ウィキペディア
東京都江東区豊洲3-3-3豊洲センタービル
03-5546-8202
詳細を見る
概要
・1966年(昭和41年)、日本電信電話公社はかねてよりの念願だったデータ通信サービス実施の認可を受け、翌1967年(昭和42年)に「電信・電話に次ぐ第三の通信、データ通信」を掲げデータ通信本部を設立した。主に官公庁・金融向けシステムの開発を行い、全国地方銀行協会システム(ACS、1968年(昭和43年)稼動開始)や、全国銀行データ通信システム(全銀システム、1973年(昭和48年)稼動開始)、気象庁地域気象観測データ通信システム(アメダス、1974年(昭和49年)稼動開始)、郵便貯金システム(1978年(昭和53年)稼動開始)、社会保険システム(1980年(昭和55年)稼動開始)、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS、1984年(昭和59年)稼動開始)、都銀キャッシュサービス(BANCS、1984年(昭和59年)稼動開始)等といった日本の基盤となるシステムを構築してきた。
・1985年(昭和60年)に日本電信電話株式会社が発足するとデータ通信事業本部へ改組され、1988年(昭和63年)5月23日 にはエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分離独立(データ通信事業本部に属する営業を譲り受け、営業を開始したのは同年7月1日)。その後1995年(平成7年)に株式上場し、1998年(平成10年)には創業10周年の節目とコーポレートブランドとしてNTT DATAが定着していたことから株式会社エヌ・ティ・ティ・データへと商号を変更。現在に至る。
・2007年(平成19年)3月期決算において、国内SI事業者としては初の売上高1兆円を突破。
・公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのM&Aを基本とした成長戦略を軸に据えている。これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では富士通、日立製作所に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。
・2012年(平成24年)3月期決算において、連結売上高1兆3千億円を達成。従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。
・2018年(平成30年)3月期決算において、連結売上高2兆円を達成。従業員数は連結で約11万8千人、単独で約1万1千人。
・国内においてもシステム開発などSIから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。
・1988年に制定された初代ロゴは淡い青地に、左側に2行に分けた「NTT DATA」の文字、右側に10個の楕円を三角形に配したもので、細川光夫によりデザインされた。楕円はコロンブスの卵を意味し、個数は二進法の1と0に掛けている。一番上のやや大きく、少し離れた楕円は人の知恵と未知なる分野への挑戦を表している。2012年には、初代ロゴの文字部分を一行にし、地色と文字色を反転させたものに改められた。
・グループビジョン 「Trusted Global Innovator」
・Values 「Clients First」「Foresight」「Teamwork」
代表者
代表取締役社長 本間 洋
設立年月日
1988-05-23
従業員数
123,884 人
上場年月日
1995-04-26
平均年齢
38 歳
平均年収
8,280,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
21Picks
医療情報を匿名加工し流通させるプラットフォーム、NTTデータが構築へ
ニュースイッチ
|
NTTデータが医療データの活用を支援する事業を今月始めた。医療情報を匿名加工し、流通させるためのプラットフォーム(基盤)を構築。将来は数百万人の医療ビッグデータ(大量データ)を実現し、研究者や製薬会社の研究部門の新薬開発などにつなげる。医療分野にデータを活用したイノベーションを起こすことで、医療業界の発展や医療費の削減に寄与する狙いがある。(取材・川口拓洋) 【国内ITで初】 NTTデータは...
10Picks
「Amazon Go」に対抗、NTTデータの「顔パス・レジなし」店舗が進化 3年後に1000店導入
BCN+R
|
2019年9月から小売業向けにレジなしデジタル店舗出店サービス「Catch&Go」を提供しているNTTデータは、22年度末までに1000店への導入を目指している。1月16日、Catch&Goに新しく「顔認証入店」と「店頭在庫と連携したダイナミックプライシング」機能を搭載したと発表した。
22Picks
国内初!レジなしコンビニ 顔認証で買い物できます
テレ朝news
|
国内初の顔認証だけで買い物ができるコンビニエンスストアです。  新たなコンビニエンスストアでは入り口のカメラで客の顔を認証し、多くのカメラや棚に設置されたセンサーで客がどの商品を選んだかを認識します。店内にはレジがなく、ゲートを出れば支払いが完了します。眼鏡を掛けても顔認証は可能ですが、マスクを着けた場合には鼻を出さないと認証されないということです。NTTデータは2023年3月までに1000...
13Picks
ソーシャルリスニング×データサイエンスで描くマーケティング戦略とは?
note(ノート)
|
自己紹介 このnoteはネットイヤーグループ開催のセミナーを紹介するものです。ゲストスピーカーのNTTデータ高野氏と登壇します。講演内容の一部をご紹介します。 私はイベント・セールスプロモーション業界で4年、電通グループなど総合広告会社の営業とマーケティングプランナーとして10年、マーケティングにおけるデータ分析を軸にしたコンサルティング支援3年と、戦略から戦術まで幅広く関わってきました。電...
16Picks
現金引き出したら家族に通知。NTTデータ、預金口座見守りサービス提供
ニュースイッチ
|
NTTデータは、家族の預金口座取引を見守るサービスを秋に提供する。預金を引き出した場合などは、家族のスマートフォン用アプリケーション(応用ソフト)に取引通知が届く。通知や照会範囲は利用者が自分で設定できる。金融取引に不安を抱える利用者を家族が見守ることで、安心して金融サービスを受けられる「フィナンシャルインクルージョン(金融包摂)」の実現を目指す。 同サービスは、銀行店舗窓口や現金自動預払機...
119Picks
スポーツテック業界の俯瞰図「Sports-Tech Landscape」2020が公表
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
NTTデータ経営研究所は、日本におけるスポーツビジネスの活性化とスポーツ関連のIT産業への投資促進を目的に、スポーツテック業界の俯瞰図「Sports-Tech Landscape」2020を公表し…
16Picks
IT企業の年頭所感2020(2):「5G」普及元年、新世代のネットワークが始動へ
ZDNet Japan
|
CTC、IIJ、NTT Com、NTTデータ、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、テラスカイ、NSSOL、NEC、日立製作所の新年のトップメッセージを紹介する。
19Picks
ドコモとNTTデータ、AIを活用した電話応対業務の自動化に向けた連携協定を締結
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ドコモとNTTデータがAIを活用した電話業務を自動化するソリューションの提供をめざし、「AIを活用した電話応対業務の自動化に関する連携協定」を締結した。 2020年初旬より実業務における同ソリュー…
16Picks
AI・RPA・クラウドでコールセンター業務を完全自動化 ドコモとNTTデータが4月以降に提供
ITmedia NEWS
|
ドコモとNTTデータが、電話応対業務を自動化するサービスを共同で提供すると発表。AI・RPA・クラウドの技術を組み合わせたもので、実証実験を行った後、4月以降に企業や自治体向けに正式サービスを始める。
17Picks
コンビニ、早くも「レジなし店舗」普及か 将来は顔認証が主流に?
ビジネスジャーナル
|
最大手コンビニエンスストアチェーンであるセブン‐イレブンが、NTTデータと連携して“レジなし店舗”の実証実験を開始している。昨年12月17日にオープンした、NECグループ社員のみが利用可能な三田国際ビル20F店(東京都港区)では、顔情報による決済システムが導入されているため、手ぶ...
74Picks
AIを活用した「音声会議支援システム」で意思決定を迅速化
<PR>マイナビニュース
|
[提供:日本マイクロソフト] グローバル規模でビジネスを展開するNTTデータでは、外国語のテレカンファレンスでAIによる翻訳支援の仕組みを導入し、迅速な意思決定がなされています。
49Picks
NTTデータ子会社のクラウドが壊滅、ストレージのバグで戸籍や税務などのデータ全消失 : 痛いニュース(ノ∀`)
痛いニュース(ノ∀`)
|
1 名前:ベスタ(茸) [US]:2019/12/05(木) 17:18:57.47 ID:yztuQHN80日本電子計算株式会社(通称:JIP)とは、NTTデータの子会社、いわゆる「デー子」である。概要1962年に日本証券金融株式会社の電算室が独立し「日本電子計算」として分社化するかたちで設立された。2
198Picks
NTTデータ×ネットイヤーグループが実現する顧客体験・企業変革の未来とは
NTTデータ
|
NTTデータは、2019年3月にデジタルマーケティング戦略策定やユーザーエクスペリエンス(UX)を得意とするネットイヤーグループと戦略的提携を発表しました。経営・マーケティング・ITを横断した包...
32Picks
NTTデータが開発を加速するRPA新技術の仕組み
ニュースイッチ
|
NTTデータが、RPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)関連の新技術開発を加速している。業務ログから自動で流用可能な既存RPAを探す「類似シナリオ検出技術」を開発し、社内で概念実証(PoC)を始めた。既存のシナリオではなく、自動化できそうな業務そのものを探す「定型作業検出技術」の開発にも着手。2020年前半のPoC実施を目指す。将来は顧客にも提供、RPAの導入プロセス簡素化を進める。 ...
131Picks
AI・データ活用の”民主化”、テクノロジーの進化と共に変わるビジネス
<PR>マイナビニュース
|
[提供:NTTデータ、インフォマティカ、DataRobot] 近年日本でも企業がDXを進めており、その多くがAIとデータを起点とした改革だ。本記事では、AI・データ活用の分野で市場を牽引している...
21Picks
エンジニアが新たな富裕層ルートへ IT人材に高額報酬
J PRIME
|
今、エンジニアの採用に異変が起きています。人工知能(AI)やIoTなどを扱える、富士通やNTTデータなどをはじめとした日本企業で、高度IT人材に対し、2,000万円を超えるような高額な報酬を提示する企業が増えているのです。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ