新着Pick
SPD2DKVNQCBBEMT6

本田技研工業 株式会社

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
東京都港区南青山2-1-1
03-3423-1111
詳細を見る
代表者
取締役社長 八郷 隆弘
設立年月日
1948-09
従業員数
219,722 人
上場年月日
1957-12-02
平均年齢
45 歳
平均年収
8,198,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,サンパウロ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
21Picks
トヨタ、採用の5割を中途に 日本型雇用終わりの始まりか(THE PAGE)
Yahoo!ニュース
|
トヨタ自動車が採用の5割を中途にする方針を固めたほか、ホンダも中途採用の比率を大 - Yahoo!ニュース(THE PAGE)
50Picks
「決してステアリングはなくさない」:来たるべき自動運転時代における“ホンダのアイデンティティ”ここにあり
WIRED.jp
|
レヴェル5と呼ばれる「完全自動運転」の普及を目指す各自動車メーカーの動きを見ていると、その多くが「A地点からB地点までを、安全に・効率よく移動する」ことを目指しているように見える。そんななか、「散歩のごとく寄り道をしながら、最終的には目的地が変わってしまうような自動運転があってもいいのではないか」と唱えているのがホンダだ。いわく、「自動運転ではなく自由運転」。一体どのような世界観なのだろうか...
62Picks
ホンダ人事抗争71年史、「研究所vs営業」に潜む文民統治の弊害
Diamond Online
|
技術の本田宗一郎と経営の藤澤武夫。絶妙な経営統治で急成長したホンダも71歳。組織の官僚化が進んだと言われて久しい。伝統的に強い研究所、米販売法人が弱体化し、近年では中国閥が勢力を増している。それでも、社内の対立構造はそう単純ではなく、研究所vs営業を影で牛耳る“派閥”があった。
510Picks
「Aを轢けばBが助かる」そのとき自動運転車は誰を殺すのか?――「トロッコ問題」が提起する倫理的ジレンマ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
自動運転車の開発が本格化している。トヨタは2020年の東京オリンピックで“お披露目”すると発表、ホンダはグーグル傘下のIT企業ウェイモと提携し、2025年までにはレベル4(システムによる主導運転)…
13Picks
納車遅れ、ホンダが消費増税分を負担 N―WGN不具合
朝日新聞デジタル
|
ホンダが8月に発売した新型軽自動車「N(エヌ)―WGN(ワゴン)」で不具合が発生し、生産や出荷を一時停止している問題で、納車遅れによる顧客の負担増分を、ホンダが支払うことがわかった。対象は数千台規模…
23Picks
三菱重工から「H3」ロケット部品を受注したホンダ系サプライヤー
ニュースイッチ
|
日刊工業新聞2019年10月2日 田中精密工業はグループ会社で次期基幹ロケット「H3ロケット」用部品を受注した。100%子会社のタナカエンジニアリング(富山市)が三菱重工業からエンジン部品と機体バルブ部品を受注した。タナカエンジの航空宇宙関連部品の売上高は部品製造事業の7%を占めるまでに拡大した。 今回受注したのは、H3ロケットの水素と酸素の混合比を最適化するのに寄与する燃料噴射部品をはじめ...
32Picks
ホンダN―WGN、生産停止 新型フィット発売に影響も
朝日新聞デジタル
|
ホンダが8月に全面改良して売り出した軽自動車「N(エヌ)―WGN(ワゴン)」の生産・出荷を約1カ月停止していることがわかった。電子制御のパーキングブレーキ関連の警告表示の不具合が原因という。近く生産…
12Picks
ホンダN―WGNの生産停止 部品不具合で、再開未定
共同通信
|
ホンダN―WGNの生産停止 ホンダが8月に新型を発売した軽ワゴン車「N―WGN」の生産を停止していることが5日、分かった。新たに...
104Picks
ホンダ、21年までに欧州でディーゼル車販売打ち切り
Reuters
|
[23日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は23日、2021年までに欧州でディーゼルエンジンを搭載した車両の販売を打ち切ると発表した。
63Picks
SUVブームが終わる? 新型車ラッシュでも既存車種の売上が低迷している理由
くるまのニュース
|
最近のSUV市場は、新型車ラッシュが続いています。しかし、これまで売上が好調だったトヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」の人気に陰りが見えているようです。この先の国内SUV市場はどうなるのでしょうか。
19Picks
「トヨタの後追いばかり」 “独身主義”ホンダの四輪事業が不振な理由
文春オンライン
|
トヨタ自動車とスズキは8月28日、資本提携すると発表した。両社の提携で、日本の自動車産業は、トヨタ連合、日産自動車・三菱自動車連合、ホンダの3陣営に集約される。今年7月、独フォルクスワーゲンと米フォー…
399Picks
【3分解説】ホンダで相次ぐ「海外撤退」の真相
NewsPicks編集部
|
本田技研工業が、四輪の生産拠点を次々に閉鎖している。ホンダ初の四輪専用工場である狭山工場は、2023年に完全閉鎖される予定。国外では2021年に英国とトルコの工場を閉鎖するほか、南米アルゼンチン...
17Picks
N-BOXが24カ月連続トップ 8月の新車ランキング
朝日新聞デジタル
|
8月に最も売れた新車はホンダの軽自動車「N(エヌ)―BOX(ボックス)」で、24カ月連続で首位だった。軽が1~5位を占め、上位10車種のうち5車種が軽だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協…
15Picks
旅先でバイクを無料レンタル「ホンダGOバイクスタンド」
ニュースイッチ
|
ホンダは19日、キャンプ場やホテルなどと連携し、無料の2輪車レンタルサービスを30日から順次始めると発表した。若者らが2輪車に触れる機会を提供し、旅先で2輪車の楽しい体験をしてもらうプロジェクト「ホ
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ