新着Pick
SPD2A1K6EMMLP5B5

株式会社 ヤマダ電機

株式会社ヤマダ電機(ヤマダでんき)は、日本の家電量販店チェーン。日本の家電販売最大手で、テックランド (Tecc.Land)、LABI(ラビ)、ヤマダモバイル(旧名称テックサイト (Tecc.site))、といった業態の店舗を展開している。なお、屋号としてのヤマダ電機にはヤマダ電機直営の店舗と子会社や提携企業が運営するものが存在する(後述)。 ウィキペディア
群馬県高崎市栄町1番1号
0570-078-181
詳細を見る
概要
1973年、日本ビクターを退社した宮崎県出身の山田昇が個人商店(ナショナルショップ)「ヤマダ電化センター」(群馬県前橋市)として創業。1983年に株式会社ヤマダ電機設立。現在の法人は、1978年設立の休眠会社・日本電線工業株式会社と株式額面変更のために1987年5月21日に合併して、商号を株式会社ヤマダ電機に変更したものである。

群馬県を地盤とした郊外型家電量販チェーンとしてスタートし、1980年代からは北関東各県の同業である、コジマ(栃木県)、ケーズデンキ(茨城県)などと、互いの商圏への進出と価格競争で激しく競い合い規模を拡大した。一時期コジマに対して売上高で劣勢に立たされたが、大型店舗出店の規制緩和にあわせて他社に先駆けて店舗を大型化する戦略に切り替えた。1999年には京都府八幡市に関西第1号店の京都八幡店を開店させ、この店舗から全国展開に本腰を入れ、翌2000年の東京証券取引所第一部上場以降は、既存店の建替・移転を進めるとともに、各地の地元量販店との提携や買収によって全国展開を加速した。

2002年に当時トップだったコジマを抜いて家電量販店国内最大手となり、2005年2月には、専門量販店としては日本で初めて売上高1兆円を達成している。2005年7月29日、最後まで未出店だった徳島県で徳島藍住店を開店させ、家電量販店で初の全都道府県進出を果たした。2006年度には、家電量販業界内売上規模の2割を占めている。2008年3月にコジマが島根県に出店するまでは全都道府県に出店している唯一の家電量販店チェーンだった。(しかし、その後コジマはビックカメラに買収されたためコジマは不採算店舗を次々と閉店。結局2018年現在家電量販店としては唯一の全都道府県に進出している。)

さらなる業様拡大のため、小商圏や駅前への進出も目指している。2004年6月、都市型店舗の試験をかねて、広島市中心部に広島中央本店を開店。そのノウハウを元にして、2006年には大阪市浪速区に「LABI1 なんば」を開店し、以降は「LABI」を駅前型量販店業態の統一ブランド名として各地に出店しており、ビックカメラやヨドバシカメラなどの都市型量販店と激突する格好となっている。また、2006年9月29日、携帯電話や携帯オーディオなどのモバイル機器を専門に扱う小型店舗の新業態「テックサイト」を東京都の中野駅前に出店、これも以降各地に展開する。さらに2006年9月、関西および北海道エリアで「ヤマダTVショッピング」を放送開始。2007年1月4日からは地上波とBSで全国展開し、TVショッピング分野への本格進出を狙う。

2011年には住宅メーカーのエス・バイ・エル(現・ヤマダホームズ)を傘下に収め、「S×L by YAMADA」のブランド名で太陽光発電・オール電化などを備えた「スマートハウス」の販売促進に力を注ぎ、2012年には住宅機器メーカーのハウステックを傘下に収めるなど、家電以外の業態拡大も視野に入れている。

2013年3月までに、全国約700の直営店のうち、国内約300か店の屋上に太陽光パネルを設置して太陽光発電を行う予定である。
代表者
代表取締役社長 三嶋 恒夫
設立年月日
1983-09-01
従業員数
18,853 人
上場年月日
1989-03-23
平均年齢
38 歳
平均年収
4,435,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
真空保存容器セット「真空フレッシュキーパー」、「ヤマダセレクト」で発売
BCN+R
|
ヤマダ電機は6月1日、ヤマダ電機オリジナル家電「ヤマダセレクト」から、真空保存容器セット「真空フレッシュキーパー」を全国のヤマダ電機(一部店舗を除く)と、同社ウェブショップ「ヤマダウェブコム」で6月上旬に発売すると発表した。また、追加用真空保存容器をヤマダウェブコムで発売する。
10Picks
ヤマダ電機、増収増益「大塚家具とのシナジー出ている」
朝日新聞デジタル
|
ヤマダ電機が7日発表した2020年3月期決算は、売上高が前年比0・7%増の1兆6115億円、純利益が同67・5%増の246億円だった。消費増税前の駆け込み需要があったことに加え、地域ごとに利益率を重…
48Picks
大塚家具、ヤマダ電機傘下で赤字脱出なるか
東洋経済オンライン
|
2月7日、「LABI1 日本総本店 池袋」には、ヤマダ電機の山田昇会長の姿があった。ゆっくりと店内を視察する山田会長の後ろを、大塚家具の大塚久美子社長がしずしずと歩く。その光景は、大塚家具がヤマダの傘下と…
16Picks
ニトリとヤマダ、全面戦争へ…お互いの業態を浸食、ニトリに大手アパレル買収観測も
ビジネスジャーナル
|
ヤマダ電機は大塚家具に43億7400万円を出資し、51.74%の株式を握り、昨年末に同社を子会社にした。大塚家具は創業者の大塚勝久氏と長女の久美子氏の対立でブランドが毀損。2016年からは赤字が続き、19年第3四半期(1~9月)決算は惨憺たる結果となった。売上高は前年同期比23....
13Picks
みずほFGら、ブロックチェーンを使った個人向けデジタル社債の実証実験開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ証券、みずほ情報総研、Blue Labが、ヤマダ電機、オリエントコーポレーション、ファミリーマート、および岡三証券グループ、松井証券、楽天証券等と協…
16Picks
みずほ、楽天、ファミマが「デジタル社債」で実証実験──2020年度中の商品化を目指す
CoinDesk Japan
|
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、ブロックチェーンを基盤としたデジタル証券分野に参入する。 みずほFGは2月21日、傘下のみずほ銀行とみずほ証券、みずほ情報総研に加えて、複数のパートナー企業と共同で、個人向けデジタル社債の発行・流通・償還の流れを対象にした実証実験を行うと発表した。 楽天証券、オリコ、ファミマ、ヤマダ電機が協働 実証実験は2月17日にスタートし、3月13日まで行われる。...
286Picks
【独自】ヤマダ・ビックカメラが「Paidyで詐欺」に使われた理由
NewsPicks編集部
|
メルカリで購入した製品が、ヤマダ電機やビックカメラから自宅に直接届いた。そして、1カ月後、身に覚えのないコンビニ支払いの請求書が届いた──。今年1月上旬、この詐欺事件が表面化。ツイッターなどのS...
13Picks
ヤマダ電機 × 大塚家具 双方の狙い コラボ店舗を展開
FNN.jpプライムオンライン
|
家具と家電の異色のタッグが、本格スタート。  ソファに座る女性「もうちょっと長いのがいい...」  ソファの買い物と思いきや、女性は「(きょうのお目当ては?)洗濯機を見に来た」、「こうなるとテレビも買
248Picks
ヤマダ電機が大塚家具を子会社化した理由、販路拡大だけではない?
Diamond Online
|
ヤマダ電機が業績不振に陥っている他業種の大塚家具を傘下に入れる狙いはどこにあるのでしょうか。ヤマダ電機の狙いについて、アンゾフの「成長マトリクス」と「シナジー効果」を用いて解説します。
1096Picks
ヤマダ電機が大塚家具を子会社化、40億円超で第三者割当増資を引き受けへ
Diamond Online
|
経営再建中の大塚家具が、ヤマダ電機の傘下に入る決断をしました。自主再建を断念し、ヤマダ電機の子会社になることで経営再建を果たす考えです。
241Picks
【図解】シャオミ、セブン、大塚家具。「先週の重要ニュース」9選
NewsPicks編集部
|
NewsPicksが、先週の重要ニュースをサクッと解説。今回のテーマは計9個。 「①ボルカー死去」「②シャオミ日本上陸」「③セブン残業代未払い」「④ヤマダ電機、大塚家具買収」「⑤JDI、いちごア...
41Picks
ヤマダが大塚家具「久美子社長続投」を呑んだ理由
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
お家騒動以来、業績の低迷が続く大塚家具を、ヤマダ電機が子会社化する。しかも、大塚家具の大塚久美子社長は続投するという。赤字会社を、その経営責任を負うべき社長と一緒に救済することになるヤマダ電機の狙いは何か?
470Picks
ヤマダ電機「閉店ラッシュ」が意味するもの 「量販店」が消える日家電に続いて、スーパーも危ない
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
量販店の巨象が苦しんでいる。一時は売上高2兆円超を誇ったヤマダ電機のことだ。人口減やネット通販の浸透で、大規模店に種々雑多な商品を陳列するビジネスモデルは曲がり角を迎えている。
14Picks
ヤマダ会長、子会社化する大塚家具社長に「チャンス与える」
産経ニュース
|
経営再建中の大塚家具のヤマダ電機による子会社化発表を受け、ヤマダの山田昇会長と大塚家具の大塚久美子社長は12日夕、東京都内で記者会見を行った。赤いスーツ姿で登壇した大塚氏は、創業者で父の勝久氏に「事前に伝えた」と語ったものの、やり取りの内容は伏せ、続投して黒字化する決意を強調。76歳で勝久氏と同じ年齢の山田氏は「大塚氏の方向性は間違っておらず来期黒字化の手応えもあり、テコ入れでチャンスを与え...
448Picks
大塚家具 ヤマダ電機と業務提携 38 億円余増資へ
NHKニュース
|
業績が低迷している家具販売大手の「大塚家具」は、財務基盤の改善に向けて、38億円余りの増資を行うことを発表しました。また…
364Picks
ヤマダ電機は、もう成長を望めないのか
東洋経済オンライン
|
家電量販の巨人、ヤマダ電機が46店の閉鎖を表明した。かつての隆盛は見る影もなくなっている。もう成長を望めないのか。
363Picks
ヤマダ電機が「一人負け」…ケーズとノジマは「絶好調」で明暗のワケ
マネー現代
|
10月18日、家電量販店業界に衝撃が走った。この日、業界大手のヤマダ電機が2019年3月期決算の下方修正を突如発表したのだが、その内容が目を覆いたくなるほど惨憺たるものだったのだ。そんなヤマダ電機とは対照的に、じつはいま家電量販店業界のライバルたちは大活況の様相を呈している。関東圏のケーズホールディングス、ノジマは直近の業績が絶好調。どうして、ヤマダとケーズ、ノジマはここまで明暗がわかれたの...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ