新着Pick
SPD20QC0PVWQ97GY

株式会社 西武ホールディングス

株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
東京都豊島区南池袋一丁目16番15号
03-6709-3100
詳細を見る
概要
西武ホールディングスは、2004年に発覚した西武鉄道における有価証券報告書虚偽報告事件を受けて、西武グループ創業家の堤義明前社長のワンマン経営からの企業体質の改善を図るとともに、東京都・埼玉県を中心にした鉄道事業と、プリンスホテル・コクドが請け負ってきたレジャー・ホテル事業の一体型経営を行い、西武グループの経営再建をするために設立された。

グループ再編が行われるまでは、西武鉄道・国土計画の創業者である堤康次郎の後継者である堤義明が大半の株を保有するコクドにおいて、西武鉄道・西武建設と、首都圏外のプリンスホテル・ゴルフ・スキー場などの運営会社の株式の大数を有しており、コクドのオーナーである義明が西武鉄道グループの経営権を握っていた。

しかし、2004年10月に上場会社であった西武鉄道と伊豆箱根鉄道が有価証券報告書上で、コクドの実質持株比率が上場廃止基準に触れるにも関わらず、名義株で過小記載するといった虚偽記載を行っていたと公式に発表すると共に、堤義明がコクドの会長職などを辞任し、表舞台から退いた(2005年に証券取引法違反容疑により逮捕)。東京証券取引所はそれぞれ上場廃止処分を下した。不採算事業の拡大と上場廃止に伴う信用低下から、メインバンクであるみずほフィナンシャルグループなど金融機関主導による経営再建の策定が急浮上した経緯がある。

2014年4月23日に東京証券取引所第1部に上場。事実上の前身会社である西武鉄道が有価証券報告書虚偽報告事件を受け、2004年12月17日に上場廃止して以来、約9年半ぶりの再上場となった。鉄道業界における上場は1997年に上場した東海旅客鉄道(JR東海)以来17年ぶりである。この上場に合わせて、「西武ホールディングス」および「西武グループ」のロゴマークを変更した。

2016年2月10日、西武HDは2004年上場廃止となり、株主から株主代表訴訟で損害賠償請求を提訴され、賠償金など309億円を要した件で、堤義明らに支払いを求めていた債権の全額を回収すると発表した。堤は保有するNWコーポレーション株式の全部を売却して資金を捻出する。これによって堤と西武HDの関係は解消される。

池袋旧本社ビル跡地に賃貸オフィスビルを新築した。このビルは西武池袋線の線路上空に18階建てのビルであり、低層部には商業テナントを誘致している。2019年3月竣工したこのビルには西武HDの本社機能も入り、1986年以来33年ぶりに西武が池袋に帰る形となったが、鉄道の本社はこれまで通り所沢に位置している。
代表者
代表取締役社長 後藤高志
設立年月日
2006-02-03
従業員数
22,844 人
上場年月日
2014-04-23
平均年齢
40 歳
平均年収
8,022,000 円
上場市場
東証プライム,OTCピンクシート,ハノーバー証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
39Picks
「中国人の間ではニセコより知名度が高い」アジアの富裕層が今狙っている北海道の"ある観光地"
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
富良野の地価が上昇している。金融アナリストの高橋克英さんは「ニセコ投資で味をしめたアジアの富裕層が注目している。富良野は第2のニセ
92Picks
日本から百貨店がなくなる日――そごう・西武の売却から考える“オワコン業界”の今後
ITmedia ビジネスオンライン
|
そごう・西武の売却は、「日本から百貨店がなくなる日」の予兆かもしれないと筆者は解説する。もはや“オワコン”ともいえる百貨店業界は、これから先どうすればよいのか。他業界や海外事例にヒントがありそうだ。
111Picks
ロシア侵攻、孫正義の決断...2月の注目ニュースまとめ
NewsPicks Curation Team
|
2月の「注目ニュース」まとめ記事です。ウクライナ/ロシア/国際情勢/孫正義/ソフトバンク/半導体/小売/西武/セブン&アイ/北京五輪/メタバース/NFT...
12Picks
「850社あった電力会社が5社に」かつて世界をリードした日本のM&Aの歴史 - 世界有数のM&A大国だった
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
2021年、日本企業のM&A件数は10年前の約10倍になり過去最多を更新した。代々木ゼミナールの人気講師・蔭山克秀さんは「戦前の日本は世界有
32Picks
売却はそごう・西武にとどまらず? イトーヨーカ堂に迫る魔の手と、カギを握るスーパー
ITmedia ビジネスオンライン
|
セブン&アイHDによる、「そごう・西武」の売却方針の発表が大きな話題を呼んだ。ここで筆者が気になるのが、イトーヨーカ堂の動向だ。グループの食品販売チャネルを担う同部門において、カギを握るのが「あるスーパー」だという。
19Picks
東京ドームが過去最大規模のリニューアル 4.4倍の大型ビジョンなどデザイン刷新
野球・MLBの総合コラムサイト
|
東京ドームの過去最大規模のリニューアル工事が完了し、1日にプレス内覧会が行われた。メインビジョンが従来の約4.4倍に拡大したほか、各入場ゲートからのデザインを刷新し、デジタルサイネージを導入。訪れたファンは一歩踏み入れると、洗練された非日常空間を味わうことができる。
21Picks
コストコ商品、駅にお届け 西武HDが実証実験
共同通信
|
西武ホールディングス(HD)は18日、客がスマートフォンで注文した総菜や日用品約70商品の買い物を代...
17Picks
名門プリンスホテル売却へ、西武はなぜホテルの土地所有にこだわりつづけたのか
ビジネス+IT
|
西武ホールディングス(HD)が、プリンスホテルなど約31施設を外資系ファンドに売却する。プリンスホテルは西武鉄道創業者の堤康次郎氏が終戦後の混乱の最中、困窮した旧皇族から土地を取得してスタートした事業であり、80年代にはバブル経済の代名詞にもなった。同ホテルは日本の戦後史おいて特別な存在感を放っており、まさに日本の「土地神話」を体現していた。
1436Picks
孫正義が叫んだあのひと言から、日本は変わった
Forbes JAPAN
|
本田宗一郎、盛田昭夫、堤清二、豊田章男──。名経営者たちの奮い立つ言葉なくして「経済大国」日本は生まれなかった。彼らは何と闘ったのか。そして、日本人の心に刺さったメッセージは、時代とともにどう変わっていったのか。ノンフィクション作家の児玉博・・・
47Picks
西武・松坂大輔の引退セレモニーにイチロー氏が登場! サプライズで花束渡す
東スポWeb
|
西武・松坂大輔投手(41)の引退セレモニーに盟友のイチロー氏(48=マリナーズ会長付特別補佐兼インス...
944Picks
大谷を怪物にした花巻東高校の「目標達成用紙」
NewsPicks編集部
|
雪国から好選手が生まれないという野球界の常識は、もはや過去のものになろうとしている。花巻東高校から菊池雄星(西武)や大谷翔平(日本ハム)が現われ、後輩たちがそれに続こうとしている。その立役者が同...
797Picks
清原元選手:覚醒剤所持容疑で逮捕
毎日新聞
|
警視庁は2日、西武や巨人で活躍した元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。  清原容疑者を巡っては、一昨年3月以降、週刊誌で薬物使用疑惑が報じられていた。昨年8月28日に放送されたテレビ番組では、出演者に疑惑について問われ、「(薬物を使用したことは)ないですよ」と全面的に否定していた。
772Picks
面接不要で空いた時間にすぐ働ける「タイミー」が3億円調達、2019年中には新サービスの公開も
TechCrunch Japan
|
空いた時間にすぐ働けるワークシェアサービス「タイミー」を運営するタイミーは1月10日、サイバーエージェント、エン・ジャパン、オリエントコーポレーション、セブン銀行、西武しんきんキャピタル、名称非公開の上場会社ならびに個人投資家2名から3億円を調達したと発表した。 タイミーは、人手が足りない飲食店などと、空いた時間を有効活用したい人たちをマッチングするサービスだ。お店ごとの求人に応募したり、採...
363Picks
西武、「USJ復活の立役者」に託す遊園地の再生
東洋経済オンライン
|
――ゴジラ・ザ・ライドに登場するゴジラのデザインがすばらしい。個人的には歴代のゴジラでナンバーワンです。森岡:格好いいでしょ。このデザインは結構がんばった。昔のゴジラのデザインを使えれば早く簡単にで…
331Picks
「無駄なことをやり続ける」 喫茶店不況の中、創業55年のレトロ喫茶が人気のわけ
ITmedia ビジネスオンライン
|
喫茶店の倒産が相次いでいる。東京商工リサーチによると、2019年1~8月の期間で倒産した喫茶店は42件。過去20年の中で最多ペースに並ぶ勢いだ。こうした中で、新宿にあるレトロな“純喫茶”が9月、新たな店を西新宿に出店した。店名は「珈琲西武」。新宿三丁目にある1号店は1964年にオープンし、今年で55年目を数えるほどの老舗純喫茶だ。喫茶店チェーンでは、200円台からコーヒーが飲める店も増えてい...
327Picks
菊池雄星のケースから明かす、人の「将来」の見抜き方
NewsPicks編集部
|
 8月26日、西武の菊池雄星投手が高卒7年目で初のシーズン2桁勝利を記録しました。 花巻東高校時代から甲子園で活躍し、6球団がドラフト1位指名をするほどの逸材と評価されたので、プロでいつその才能...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ