新着Pick
SPD1Y5L6L99A2FXE

アイシン精機 株式会社

アイシン精機株式会社(アイシンせいき、AISIN SEIKI Co.,Ltd.)は、トヨタグループの自動車部品メーカー。日本の他メーカーや、フランスのプジョー等の海外メーカーにも部品を供給している。CIは「Geared up for the future」。 ウィキペディア
愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
0566-24-8441
詳細を見る
概要
主な事業は自動車部品の開発と生産。ブレーキシステムや、大容量トランスミッション、エンジン関連、ドア周り部品、GPSカーナビゲーションなどを手がけている。音声案内を行うボイスカーナビゲーションを世界で初めて世に送り出した。オートマチックトランスミッション(自動変速機)においては世界トップレベルとも言われる。近年はトヨタグループの製品(自動車や自動織機の技術など)を応用した商品が開発され、系列としてはベンチャー的である。

他にもベッドやミシンなど住生活関連製品、ガスヒートポンプなどのエネルギー関連製品、さらには電動車いすなど福祉用品も扱っている。1980年代前半までは、シャープ製のカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを「TOYOTA」マークをつけて「トヨタ家庭用機器」として販売していた。また、1976年に伊奈製陶(現LIXIL)と共同開発した「シャワートイレ」はその後の主力製品となった。

2009年6月から藤森文雄が社長に就任。豊田幹司郎以来となる二人目の生え抜き社長である。

アイシン精機は、一つの事業が大きくなった場合は分社化するという特徴があり、グループ会社は全世界で180社以上存在する。 中でも、子会社であるアイシン・エィ・ダブリュは、近年成長が著しく、親会社であるアイシン精機と比較しても売上高・社員数共にほぼ変らないという規模まで成長している。

ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグに所属するシーホース三河を運営している。2000年頃までは成績低迷に喘いでいたが、他チームを解雇されたりチームの廃部で居場所を失ったりした選手を多数受け入れて、2002年にはオールジャパン優勝を果たした。この苦労話が「ファイブ」としてノンフィクション小説となった。これが劇画化されビッグコミックで連載され、また2008年1月にはNHKでテレビドラマ化もされた。

同社は日本取引所グループと日本経済新聞が「財務や経営が優秀な上場企業の上位400社」として選定しインデックス化するJPX日経インデックス400の構成銘柄に採用されている。
代表者
取締役社長 伊勢 清貴
設立年月日
1965-08-31
従業員数
119,732 人
上場年月日
1952-07-23
平均年齢
39 歳
平均年収
7,495,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
祖業の“ミシン”手放すアイシン精機の覚悟
ニュースイッチ
|
家庭用ミシン、ベッド事業から撤退することを決めたアイシン精機。ミシンは1946年から手がける祖業で、ベッドは66年に「トヨタベッド」として販売を始めた歴史ある事業。赤字が続いていることや、主力の自動車部品事業との相乗効果が見込めないことなどから撤退を決めた。他社への事業譲渡の可能性も探る。同社は経営体質強化の目的で事業再編を進めている。不採算事業からの撤退で体質改善を加速する。 ミシンの国内...
21Picks
【アイシン精機】規模3年で倍に、成長性を確信する事業の正体
ニュースイッチ
|
「あすの会見で、事業規模を3年で倍にすると宣言してもいいか?」。アイシン精機社長就任直後の伊勢清貴に声を掛けられた、専務役員でアフターマーケットバーチャルカンパニー(VC)プレジデントの立松敬朗は、自信を含んだ声でこう答えた。「どうぞ!」。事業の成長性に対する確信と「大手競合メーカーと同規模の事業にしたい」という強い思いが込められていた。手を出せない 2018年8月、アイシンは新たなVCを設...
13Picks
【アイシン精機】競合相手と統合して得たモノ、得られていないモノ
ニュースイッチ
|
アイシン精機のバーチャルカンパニー(VC)制に先駆けてグループ融合を始めたのが、ドアやシート部品を主に手がける車体VCだ。きっかけは2016年4月のシロキ工業(愛知県豊川市)との経営統合。東急電鉄の関連会社で、競合相手だったシロキとの統合作業に一定のめどをつけた今、車体VCはCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(乗り物のサービス化)に戦略のかじを切る。受注取れな...
29Picks
【アイシン精機】経営改革を断行する“連結の申し子”のビジョン
ニュースイッチ
|
アイシン精機が導入したバーチャルカンパニー(VC)制において「グループ本社」は、各事業VCに横串を通し効率的に運営する仕組みを整える役割を持つ。調達や人事などの総務系機能に加え、全事業に関わる素材系
13Picks
【アイシン精機】「絶対に負けられない」電動化対応ブレーキの戦い
ニュースイッチ
|
「もっと電動ブレーキの分野に人を出せないか」。アイシン精機社長で走行安全バーチャルカンパニー(VC)プレジデントを務める伊勢清貴はこの1年ほど、幾度となく事業のスクラップ・アンド・ビルドを指示し、新
17Picks
CASE時代へ、東京事務所の“壁”を壊したアイシン精機の危機感
ニュースイッチ
|
217社―。自動車部品で世界6位のアイシン精機が抱えるグループ会社の数だ。製品ごとに事業の独立性を尊重してきた同社は、2017年4月、その路線を大きく転換した。グループ企業を仮想の社内カンパニー傘下
1217Picks
【独占】グーグルを辞めた「頭脳」が明かす、トヨタに来た秘密
NewsPicks編集部
|
昨年10月、東京・日本橋に新たな会社がひっそりと本格始動した。TRI-AD。トヨタの自動運転車を、現実の世界へと送り込むためのAI開発組織だ。トヨタ、デンソー、アイシンの3社が出資するこの会社の...
19Picks
トヨタ子会社TRI-ADがNVIDIAを全面採用、シミュレーションから車載コンピュータまで
MONOist
|
NVIDIAは2019年3月18日(現地時間)、ユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19~21日)において、トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)との協業範囲を拡大すると発表した。自動運転AIの学習、クラウドベースの走行シミュレーションによる検証から開...
16Picks
トヨタ、高精度地図の自動作成実証開始へ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は28日、自動運転に使う高精度地図の自動作成で、米CARMERA(カーメラ)と連携すると発表した。4月から都内の複数の市街地で実証試験を始める。実験車両に搭載した汎用の車載カメラを使って取得したデータから、カーメラのソフトウエア基盤を使って高精度地図を自動作成する。将来の一般道での自動運転実用化につなげる。 デンソー、アイシン精機との共同出資会社で自動運転ソフト開発会社の「トヨタ...
28Picks
ソフト開発は「ツールとインフラが9割」、トヨタの先行開発会社が重視すること
MONOist
|
トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)は2019年1月30日、東京都内で事業説明会を開いた。
19Picks
トヨタの自動運転ソフトウェア開発を担う「TRI-AD」がワークショップ。「ソフトウェアの90%をクラウド化してバグフリーを実現」
Car Watch
|
トヨタ自動車、デンソー、アイシンの3社によるジョイントベンチャーとして設立されたトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(Toyota Research Institute-Advanced Development, Inc、以下TRI-AD)は1月30日、東京 日本橋にある同社本社内において自動運転ワークショップを開催し、同社がトヨタ向けに開発している自動運転技...
19Picks
アイシン精機社長、カーシェア時代は部品ビジネスで終わらない
ニュースイッチ
|
―社長に就任して半年がたちました。 「200社超のグループ企業を抱える点が、アイシンの大きな特徴。皆が同じ方向を向いて一致団結するのが重要だ。会社の構図を変え筋肉質な体制にしなければならない」 ―グループ会社を機能ごとにまとめる「バーチャルカンパニー(VC)」の成果は。 「ドラムブレーキ事業を豊生ブレーキ工業(愛知県豊田市)に、変速機事業をアイシン・エィ・ダブリュ(AW)に集約するなど、成果...
510Picks
トヨタ、新会社「TRI-AD」を設立 デンソーやアイシンらと東京にエンジニア1000名規模
ビジネス+IT
|
トヨタは3月2日、自動運転技術の先行開発分野での技術開発を促進する目的で、新会社「Toyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)」を2018年3月下旬までに東京に設立することを決定したと発表した。新会社にはアイシン、デンソーも出資し、共同技術開発を行うことに加え、3社で3000億円以上の開発投資を実施する。新会社のCEOには元グー...
491Picks
トヨタ、たった4名のEV開発ベンチャーを新たに立ち上げ
ビジネス+IT
|
トヨタは17日、電気自動車(以下、EV)の開発を担う新たな社内ベンチャーを立ちあげると発表した。新ベンチャーは、豊田自動織機、アイシン精機、デンソー、トヨタの各社から1名ずつ、計4名が参加する直轄組織として、2016年12月に発足するという。
228Picks
デンソーが初めて4000億円超え。トヨタ系部品メーカー、研究開発投資は怠らず
ニュースイッチ
|
自動運転技術など先進分野の開拓を見据え、トヨタ自動車グループ大手部品メーカーの研究開発費が増加している。2017年3月期にデンソーは研究開発費が初めて4000億円を超える見込みで、アイシン精機やジェイテクトも連続して過去最高額の更新を計画する。大手自動車メーカーなどが自動運転技術やADAS(先進運転支援システム)の開発を積極化する中、将来の需要取り込みを目指して研究開発を急ぐ。 デンソーは1...
214Picks
4000億円規模の研究開発投資、デンソーが「歯を食いしばってやる」宣言
ニュースイッチ
|
自動車部品メーカーが、国内外で開発部門の強化に動いている。電気自動車(EV)や自動運転車などの次世代車は、バッテリーや自動走行システムの開発に膨大な費用が必要になる。次世代車でもガソリン車から引き続き使用される既存部品は、完成車メーカーから現状以上の原価低減の要請が強まるとみられる。各社は開発の現地化などにより、コストを抑えた開発体制の整備を急ぐ。 デンソーやアイシン精機などのトヨタ自動車系...
197Picks
トヨタの自動運転ソフト開発子会社、即戦力エンジニアの募集開始 1000人規模での開発体制目指す
ITmedia NEWS
|
トヨタ自動車が3月に立ち上げた自動運転ソフトの研究開発を行う新会社「Toyota Research Institute Advanced Development」(TRI-AD)が即戦力となるエンジニアの新規採用を開始した。同社に出資するトヨタ、アイシン精機、デンソーからのエンジニアを含め1000人規模での開発体制を目指す。
24Picks
トヨタ系主要部品メーカーから集められる170人の精鋭、そのミッション
ニュースイッチ
|
デンソーなどトヨタ自動車グループの部品各社は、自動運転と電動化に関する共同出資会社の設立で正式合意し、それぞれの新会社を2019年4月に設立すると。車両制御や駆動部品といった領域で強みを結集し、競争力を
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ