新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1W8CLGUQN7LCM

株式会社JERA

株式会社JERA(ジェラ)は、東京電力と中部電力が共同で設立した火力発電事業のための会社である。2015年(平成27年)10月、両電力会社の燃料輸送事業と燃料トレーディング事業を承継した。両電力会社にある、既存の火力発電所を承継する将来構想もある。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋2-7-1
詳細を見る
概要
東京電力と中部電力は2015年、火力発電事業についての包括的連合に合意した。JERAは、この合意に基づいて設立された会社である。両社のJERAに対する出資比率は50:50で、初代の代表取締役会長には東電出身の内藤義博が、初代の代表取締役社長には中部電出身の垣見祐二が就任した。2016年4月、会長はアメリカ人弁護士のヘンドリック・ゴーデンカーに交代した。

JERAは将来、化石燃料(液化天然ガス、石炭)の調達から日本国内外の火力発電所の運営までを一貫して担うことを目指している。垣見社長は2015年の講演で「化石燃料調達と火力発電事業における世界一の企業を目指す」と宣言した。

仮に構想どおりに東電と中部電の火力発電事業の全てをJERAが承継すると、JERAは年間の液化天然ガス調達量4千万トン(世界最大級)、発電能力7千5百万kW、売上高3兆~4兆円の巨大企業になる見込みである。ただし、中部電に慎重論があるため、2015年9月現在、東電・中部電の火力事業の統合の決定には至っていない。

JERAという社名は、Japan(日本)の頭文字J、energy(エネルギー)の頭文字Eにera(時代)という語を組み合わせたものであり、「日本のエネルギーを新しい時代へ」という意味が込められている。
代表者
代表取締役社長 垣見祐二
設立年月日
2015-04-30
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
秋田・千葉の洋上風力公募、4区域の入札締め切り/三菱商事系は全応札
電気新聞ウェブサイト
|
経済産業省と国土交通省は27日、秋田県と千葉県の計4区域の洋上風力公募で事業者の応募を締め切った。三菱商事系は中部電力などと組み、全区域に応札した。JERAとJパワー(電源開発)は秋田県3区域の総取りを目指す。東京電力リニューアブルパワー(RP)は地元千葉県のほか秋田県にも参戦。秋田県ではレノバも応札した。
16Picks
CO₂ゼロエミッション 2050年へのロードマップ - DQ
Diamond Online
|
菅義偉総理大臣の「2050年までに温室効果ガスの排出をゼロにする」という宣言以後、日本産業界は大きく脱CO₂へと傾斜した。脱CO₂に拍車がかかっていくことは歓迎すべきだが、とかくエネルギー分野には、さまざまなトレードオフや見解の相違を伴う、一筋縄ではいかない多元的で複雑な議論がつきまとう。JERA社長の小野田聡氏へのインタビューを通じて、こうした唯一最善解のない地球環境問題に対処するために事...
11Picks
燃料アンモニア国内需要、30年に300万トン。石炭火力20%混焼目指す
電気新聞ウェブサイト
|
経済産業省・資源エネルギー庁は8日、アンモニアの燃料導入拡大に向けた方策について、中間取りまとめを行った。燃料アンモニアの国内需要想定を、2030年に年間300万トン、50年に同3千万トンと設定。JERA以外の発電事業者によるアンモニア混焼・専焼の計画公表に期待を示した。エネ庁は水素と同様、まずはエネルギー供給構造高度化法の非化石エネルギー源にアンモニアを追加する方針。事業者の投資予見性を高める
6Picks
JERA、ドイツ水素関連企業へ出資/グローバル供給網構築を後押し
電気新聞ウェブサイト
|
JERAは13日、水素の貯蔵・輸送技術を開発するドイツのスタートアップ企業のハイドロジーニアスに、約1500万ユーロを出資すると発表した。革新的な水素エネルギーキャリア技術に関する知見を獲得するとともに、グローバルな水素サプライチェーンの構築を後押しする。JERAはゼロエミッション火力の一環となる火力発電所での水素混焼に向け、経済的に水素を輸送するための最適なキャリア選定を進めており、今後も幅広
6Picks
エネルギー業界では難しかった“フルクラウド化”に挑戦 発電会社が3カ月でERPをAzureに移行するまで
ITmedia NEWS
|
発電会社のJERAは、エネルギー業界では珍しく、システムのフルクラウド化を目指している。まず2019年11月に「Microsoft Azure」を導入し、20年2月にはERPをオンプレミスからAzureに移行。現在はその他のシステムをAzureに移行中だ。同社はなぜこうした施策に踏み切ったのか。
5Picks
JERA・トヨタ、EV電池ハイブリッド実証/蓄電システム大型化へ
電気新聞ウェブサイト
|
◆系統連系へ課題検証も JERAは2021年度、トヨタ自動車と進めている車載用電池を再利用して大規模蓄電池システムの構築を目指す事業について、新たな実証に着手する。これまでニッケル水素電池とリチウムイオン電池でそれぞれ進めてきたが、21年度は両電池を組み合わせたハイブリッドの実証を行う。加えて、パワーコンディショナー(PCS)の代替として、車載インバーターを再利用する取り組みも推進。国内で約5
5Picks
JERA、米でCO2フリーメタンガスのFS開始
電気新聞ウェブサイト
|
JERAは16日、米国で二酸化炭素(CO2)の分離回収とメタネーションに関する事業可能性調査(FS)に、今月から着手すると発表した。廉価な再生可能エネルギーを活用して製造する水素と、既存の火力発電所や製油所などから回収するCO2を反応させ、CO2フリーメタンガスを製造する事業を想定している。JERAアメリカスが、開発エリアや開発規模といったポテンシャル、経済性などを調べて評価する。
5Picks
発電会社JERAの経営戦略は? 小野田聡社長に聞く
朝日新聞デジタル
|
国内の温室効果ガスの1割強を出す発電会社のJERA(ジェラ)が昨年10月、2050年までに国内外の事業で排出される二酸化炭素(CO2)を実質ゼロにすることをめざすと表明した。再生可能エネルギー拡大の…
5Picks
「海洋再生可能エネルギー連合」による全世界における洋上風力発電の開発促進に向けた報告書の発行について
JERA
|
JERA「「海洋再生可能エネルギー連合」による全世界における洋上風力発電の開発促進に向けた報告書の発行について」ページ。株式会社JERAは、東京電力FPおよび中部電力の燃料上流・調達から発電までのサプライチェーン全体に係る事業を担う合弁会社です。
4Picks
石炭とアンモニア混焼し発電 大型商業炉で初実証へ
朝日新聞デジタル
|
東京電力と中部電力の火力発電部門を統合したJERAと、重工大手のIHIは24日、石炭火力発電所でアンモニアを混ぜて燃やす実証実験を6月に始めると発表した。二酸化炭素(CO2)の排出が抑えられるとされ…
4Picks
JERA、今年度の統合効果250億円に/23年度、年1000億円目標
電気新聞ウェブサイト
|
JERAは27日、親会社の燃料・火力事業の完全統合後、初年度となる2019年度の相乗効果が250億円になったと発表した。国内火力のコスト競争力強化では、メンテナンス費用やオペレーション費用の削減額が150億円に達した。燃料トレーディング事業など新たな収益源の創出では、100億円の効果があった。統合による相乗効果について、JERAは23年度末までに年間1千億円以上の目標を掲げている。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ
Premiumを無料で体験
登録・ログイン