新着Pick
SPD1VVE7EBCRBFYD

Baidu Inc

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
Number 10 Shangdi 10th Street Baidu Campus, Haidian District Beijing People's Republic of China
+86 1059928888
詳細を見る
代表者
Yan Hong Li (Chief Executive Officer,Chairman)
設立年月日
2000
従業員数
42,267 人
上場年月日
2005-08-05
上場市場
ナスダック(ADR),ウィーン証券取引所(ADR),シンガポール証券取引所(ADR),スイス証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
中国がスマートスピーカー市場で米国を抜いた
TechCrunch Japan
|
米国もはやスマートスピーカー市場のリーダーではない。米国時間5月20日、Canalysが発表した最新データによると、中国のスマートスピーカー出荷台数は2019年Q1に500%成長し、米国を上回る市場シェア51%を占めた。 報告によると中国の出荷台数は1060万台で、それを支えているのは「お祭り騒ぎプロモーション」だという。 具体的には、Baidu(バイドゥ)は中国の旧正月前夜の新年番組で中国...
88Picks
中国の百度、米国上場以来初の四半期赤字-コスト高と売り上げ減速で
Bloomberg
|
中国インターネット検索最大手、百度(バイドゥ)の1-3月(第1四半期)決算は赤字となった。四半期ベースの赤字計上は2005年の米国上場以来初めて。コストの高騰と、景気減速を背景とした売り上げ拡大ペースの低下が響いた。
13Picks
中国のAI企業は1000社以上に、商業化をめぐる競争が激化―中国メディア
レコードチャイナ
|
百度自動運転やアリババ都市ブレーン、テンセント医療イメージング、科大訊飛スマート音声、商湯スマート視...
13Picks
世界で最も自動運転車の社会実装を進めている会社は、意外な中国企業
Newsweek日本版
|
<「中国のグーグル」とも呼ばれる同国の検索最大手企業がバイドゥだ。同社が起死回生...
11Picks
バイドゥが自動走行車の「ARモニター」特許を出願
Forbes JAPAN
|
自動走行車の開発競争が過熱するなか、中国IT大手のバイドゥが韓国で新たな特許を出願したとして話題となっている。出願されたのは、「自律走行車両内でメディアコンテンツを表示するためのシステムおよび方法」というもので、その主要な内容は自律走行車が・・・
227Picks
中国で自動運転バスに乗って判明! AI覇権争いでグーグルは負ける
マネー現代
|
昨年来、米中両国のテクノロジー覇権争いが過熱している。世界を席巻する米GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)に対抗するのは、中国テクノロジー企業群BATH(バイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイ)である。立教大学ビジネススクール教授の田中道昭氏は、そんな米中巨大テック企業8社の最前線を活写した『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』をこのほど上梓...
12Picks
Andrew Ngが説く「AIプロジェクトをいかにして始めるべきか」論
六本木で働くデータサイエンティストのブログ
|
(Image by Pixabay) 大変に面白い記事がしばらく前のHBRに出ていて話題になっていました。筆者は、あのAndrew Ng。機械学習(ML)そして人工知能(AI)の研究者・教育者(Courseraの共同創設者)としてあまりにも有名ですが、Google BrainやBaiduのAI groupやLanding.aiを設立し率いた実務家としても著名です。 その彼が説く「AIプロジェ...
10Picks
バイドゥの自動運転基盤「Apollo」 完全オープン化で勢力拡大
DIGITALIST
|
中国の人工知能(AI)研究をリードするバイドゥ。注力分野の一つが、有人月面着陸の「Apollo計画」にちなんで名付けられた自動運転基盤のApolloだ。
24Picks
中国の百度、第4四半期業績が予想上回る マーケティング事業好調
Reuters
|
[北京 22日 ロイター] - 中国のネット検索大手、百度(バイドゥ)<BIDU.O>が発表した2018年第4・四半期決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。主力のオンラインマーケティング事業が堅調だったほか、ストリーミングサービス「iQiyi」の売り上げが急拡大した。
27Picks
急拡大する中国のAI企業。抑えておくべきはこの3銘柄
ZUU Online|経済金融メディア
|
-米国の人工知能の支配に挑むバイドゥ、アリババ、テンセント- モトリーフール米国本社、2019年2月6日投稿記事より 人工知能(AI)は、輸送から医療に至るすべてを変革しつつあり、2030年までに世界のGDPを15.7兆ドル増加させると推定されています。 多くの米国のハイテク企業がAIの波に乗っており、アルファベット、アマゾン、マイクロソフト等は、良好なAI投資対象と考えられています。 しか...
11Picks
レベル4量産化に目途…中国・百度の自動運転戦略、最新まとめ AI開発で政府とも協調
自動運転ラボ
|
近年、自動運転分野で急速に存在感を強めている中国ネット検索最大手の百度(バイドゥ)。自動運転技術のプラットフォーマーとして大規模な自動運転開発連合を組織し、世界各国の自動車メーカーやサプライヤーとともに自動運転車の開発や量産化を進めている。
16Picks
百度、アリババ、 テンセントが牽引する中国のAI業界 - 海外ニュースで知る世界の流れ
海外ニュースで知る世界の流れ
|
2019年1月27日 百度、アリババ、 テンセント。 それぞれ中国版の グーグル、アマゾン、フェイスブック と言える3社は、 まとめてBATと呼ばれる。 AIを開発しているだけでなく、 他のAI関連企業に 資金を提供している。 交通、家電、教育、 ファイナンス、自動運転、 ビッグデータなど、 投資先は多岐にわたり、 業界を牽引する形。 (柴田優呼@アカデミック・ジャーナリズムが投稿) MIT...
571Picks
「スマートフォンは20年以内に消える」中国バイドゥCEOが予言
Business Insider Japan
|
中国IT大手・百度(バイドゥ)創業者の李彦宏(ロビン・リー)CEOが中国国営テレビの新年特別番組に出演し、「人工知能(AI)時代の到来で、スマートフォンは20年以内に消える」と“予言”した。 李彦宏CEOは「21世紀最初の20年が、携帯電話への依存度が強まった20年だとすれば、これからは依存度が低下...
11Picks
中国テック業界の次世代を担う「TMD + X」と呼ばれる企業群
Forbes JAPAN
|
中国のテクノロジー業界はこれまで「BAT」と総称される、バイドゥ、アリババ、テンセントの3社が覇権を握ってきた。アリババとテンセントの2社が決済をはじめ様々な分野で拮抗する一方で、バイドゥは特にAI(人工知能)への投資を活発化させてきた。そ・・・
404Picks
グーグルや百度に学ぶ、大企業をAI企業に変貌させる5つのポイント
NewsPicks Brand Design
|
AI研究者として世界的にも有名なスタンフォード大学のアンドリュー・ング教授は、企業がどのようにすればAIを有効に活用するAI企業に生まれ変われるのかを説いてきた。その背景にあるのは、同教授が関わ...
17Picks
アリババが築く「中国デジタル経済圏」、すり寄る日本企業
ニュースイッチ
|
“世界の工場”だけの中国のイメージはもはや過去の姿だ。今の成長をけん引するのは情報通信技術(ICT)であり、中国3大インターネット企業である阿里巴巴(アリババ)集団、百度(バイドゥ)、騰訊(テンセント
19Picks
「AIは永遠の春に入った」--人工知能の権威、アンドリュー・ウ氏が語る
CNET Japan
|
人工知能(AI)が「冬の時代」に入ると見る向きもあるが、グーグルや百度(バイドゥ)でAIプロジェクトを率いてきたアンドリュー・ウ氏はそうした懸念を一蹴する。それどころか「永遠の春に入った」かもしれないとする同氏の考えを聞いた。
300Picks
自動車業界に波紋!マツダの「新・人材採用法」が画期的すぎるワケ
マネー現代
|
自動車大手のマツダが、これまで日本企業では類を見ないような画期的なエンジニア採用システムを今年から導入していたことがわかった。その概要は、米シリコンバレーのユダシティと共同で教育プログラムを開発、その教育を受けた人材を採用していくというものである。ユダシティはアマゾン、グーグル、メルセデスベンツ、百度(バイドゥ)などもパートナーで、こうした企業から得た情報で最新のトレンドを捉えて、教育コンテ...
1461Picks
週末勉強する人は続かない―データから見えた外国語学習に成功する人の3つの特徴
TechCrunch Japan
|
 編集部注:この原稿は萩原正人( @mhagiwara )氏による寄稿である。 萩原氏はGoogle、Microsoft Research、バイドゥ、楽天技術研究所(ニューヨーク)にて、検索エンジンおよび自然言語処理の研究に携わった後、2015年2月からはDuolingo… Read More
276Picks
バイドゥが機械翻訳で新手法、「同時通訳」実現への道開く
MITテクノロジーレビュー
|
バイドゥが、より自然でリアルタイムな機械翻訳の新手法を開発した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ