新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1H42JP2M9V6Y2

株式会社タミヤ

株式会社タミヤ(TAMIYA INC.)は、静岡県静岡市に本社を置く模型・プラモデルメーカー。世界有数の総合模型メーカーである。旧社名は「株式会社田宮模型」。 ウィキペディア
静岡県静岡市駿河区恩田原3-7
詳細を見る
設立年月日
1984-03-24
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
148Picks
タミヤの実車版ミニ四駆「エアロ アバンテ」が走った!…最高速180km/h - Car Watch
Car Watch
|
タミヤは10月18日、「1/1ミニ四駆実車化プロジェクト」で製作した実車版ミニ四駆「エアロ アバンテ」を世界初公開。東京の「MEGA WEB」特設コースでは、実際に走行する姿を披露した。
67Picks
「ミニ四駆」の生みの親 タミヤ社長が語るプラモデルの未来
ITmedia ビジネスオンライン
|
ミニ四駆の生みの親、タミヤの田宮俊作社長に、プラモデルの現状、そして令和時代を迎えた今後の在り方について語ってもらった――。
24Picks
タミヤのラジコンはこうしてブームになった
ITmedia ビジネスオンライン
|
「レーサーミニ四駆」の先駆けとして、1980年代半ばにブームを巻き起こしたタミヤのラジコン(RCカー)。そのブームはどのように作られていったのか。そして、そこにはある他社商品の存在があったこと抜きには語れない。
23Picks
模型のタミヤ 最大10万人分の情報流出か 
NHKニュース
|
静岡市に本社がある模型メーカー「タミヤ」のサーバーが外部から不正にアクセスされ、会社によりますと、インターネットで商品を販売するオンラインシ…
16Picks
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!
www.excite.co.jp
|
小学生のバイブル的雑誌「コロコロコミック(以下コロコロ)」。そこに掲載されたおもちゃは、いつも小学生の流行の最先端だ。筆者が子どもの頃に読んでいた時、最もアツかったのはタミヤの「ミニ四駆」だった。当時...
7Picks
VR識者3名が「エンタメVRはこれ以上は難しい」と口をそろえる、決定的な重要課題
ビジネス+IT
|
VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの「xR」をビジネスとどう結びつけたらよいか。前編では、バンダイナムコアミューズメントの仮想現実エンターテインメント・コンテンツを開発する「コヤ所長とタミヤ室長」こと小山順一朗氏・田宮幸春氏、それに東京ジョイポリスでロケーションベースVR「ZERO LATENCY」を手がけるCAセガジョイポリスの小川明俊氏が、VRを顧客のベネフィットのための1アイデアと...
7Picks
「模型の世界首都」静岡市――タミヤ社長が「新時代のプラモデル」を語る
ITmedia ビジネスオンライン
|
最近はプラモデルを作ったことのある子どもたちも減り、小売店もめっきり減ったというが、ところがどっこい、静岡は熱い。タミヤの田宮俊作社長に「模型の世界首都」静岡市で開かれたホビーショーについて聞いた。
7Picks
タミヤ「ムカデロボット」、なぜセンサー無しで障害物をさける? 機構を再現する“模型”の面白さ
Real Sound|リアルサウンド テック
|
今年も開催された、第57回 静岡ホビーショー(5月10日〜13日)。その会場の片隅で、一風変わったキットが発表された。タミヤの"楽しい工作シリーズ"の新作「ムカデロボット工作セット」がそれである。キットに含まれているのは全長40㎝ほどの、まさにムカデ型のロボット。クリアブルーの胴体からは内部の動力が見…
7Picks
タミヤ、ジャパンカップ30年を記念した「ミニ四駆デザインコンテスト」を開催中!
Social Game Info
|
タミヤは、「ジャパンカップ30年記念企画 ミニ四駆デザインコンテスト」を開催している。2007年の開催以来11年ぶりの開催となる。7月31日まで応募を受け付ける。これは、「ミニ四駆」のレースイベント「ジャパンカップ」が30周年を迎えることを記念したイベントで、 全国のミニ四駆ファンからオリジナルのミニ四駆のデザインを募っている。ミニ四駆のボディデザインのデザインスケッチまたは造形作品を画像デ...
7Picks
タミヤ社長の田宮昌行氏が死去 「模型材ではお世話に...」と追悼の声
J-CASTニュース
|
「ミニ四駆」などで知られる模型メーカー・タミヤ(静岡市)の田宮昌行(たみや・まさゆき)社長が、2017年5月1日に病気のため死去した。同社担当者によると、59歳だった。死因は非公表という。
6Picks
スマホでミニ四駆を操れる! “乾電池”の概念を覆すIoTガジェットが資金調達へ
MONOist
|
タミヤの「ミニ四駆」やタカラトミーの「プラレール」を、スマートフォンから自在に操作できたら――。そんな夢を“乾電池を交換するだけ”で簡単に実現するスマートガジェット「MaBeee」が登場した。同製品を開発したノバルスの代表取締役を務める岡部顕宏氏に話を聞いた。
6Picks
“オヤジ”たちが今なおミニ四駆に熱狂する理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
模型メーカーのタミヤがレーサーミニ四駆を発売してから30年。かつて社会現象となったミニ四駆が、今また盛り上がりを見せているのをご存じだろうか。タミヤの社員としてミニ四駆の誕生から携わり、「前ちゃん」という愛称でブームの火付け役としても尽力した前田靖幸氏がその舞台裏を語る。
5Picks
タミヤグランプリの大本命!? フォーミュラEボディを搭載した新型シャーシ『TC-01』がデビュー! - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
株式会社タミヤは、電動ラジオコントロールカー(以下RCカー)の新型シャーシ「TC-01」を採用した組み立てキットを、2020年8月22日ごろより発売開始する、と発表した。  電気自動車のF1とも呼ばれる「フォーミュラE GEN2」を再現し…
5Picks
ミニ四駆を実車化するタミヤの本気度
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
小さな頃、誰もが一度は手にしたであろうミニ四駆。そのミニ四駆が現在、第三次ブームを迎えている。そして、そのタミヤがなんと1/1スケールでミニ四駆を実車化させようとしている。そのモデルとなっているのは、シリーズ屈指の人気 …
5Picks
今にも走り出しそうな緻密さ。 「Ninja H2R」の1/12スケールがタミヤから登場
ギズモード・ジャパン
|
川崎重工の技術の粋を集めて開発した、市販2輪車としては初となる「スーパーチャージャー」を搭載した最強のニンジャ「H2R」が、タミヤから1/12スケールでモデル化! 排気量1000cc直列4気筒から最...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ