新着Pick
SPD1B2JC4PWIE1GA

伊藤忠商事 株式会社

伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
東京都港区北青山2丁目5番1号
03-3497-2121
詳細を見る
概要
戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。東証第一部上場。

銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親密であったが、戦後住友系列より徐々に離脱し、旧第一銀行に接近。第一勧銀グループからの流れを受けて、現在はみずほグループに属している。

単体従業員数が大手総合商社(伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)で最少ながら、2015年(平成27年)度(2016年3月期決算)には最終利益で三菱商事を抜いて総合商社業界でトップになったが、三菱商事と三井物産が創業以来初の最終赤字となったことも大きく、社長の岡藤正広は「不戦勝で土俵にあがったようなもの」と述べている。

2016年7月、米の空売りファンドのグラウカス・リサーチ・グループから不正会計の指摘を受けたため、自社から反論のリリースを出した。

また、2018年4月、岡藤が会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。大手商社で会長がCEOを務める体制は異例であり、岡藤の注力した中国最大の国有複合企業「中国中信集団」(CITIC)との提携が、効果の面で課題が残っているためで、当面は「二頭体制」としている

近年、社員の健康増進を図る健康経営を推進している伊藤忠が乗り出す「全員健康経営」とは何か 東洋経済オンライン 2016年6月15日
。朝型勤務の奨励、がんの早期発見・がん先端医療の無償化等の社員のがん治療との両立支援などが報じられている。
代表者
代表取締役社長COO 鈴木 善久
設立年月日
1949-12-01
従業員数
124,847 人
上場年月日
1950-07-06
平均年齢
41 歳
平均年収
14,609,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
伊藤忠商事を辞めた2人が「ブロックチェーン」で起こす貿易革命(マネー現代編集部) @moneygendai
マネー現代
|
商社マン×ビットコイン×アフリカ。このキーワードの組み合わせを見て、あなたは一体どんなビジネスを想像するだろうか? 株式会社スタンデージは、伊藤忠商事出身の2人が創業、ビットコインなどの仮想通貨(=暗号資産、本稿では便宜的に「仮想通貨」で統一)を使った海外への送金サービスを開発している。今年4月にはナイジェリアでの実証実験も行った。ビットコインに魅せられた2人の商社マンが、ブロックチェーンで...
285Picks
ミドリムシから家畜などの餌の原料作りを事業化へ
NHKニュース
|
大手商社の「伊藤忠商事」とベンチャー企業の「ユーグレナ」は、火力発電所から排出される二酸化炭素を活用して、ミドリムシから…
8Picks
「仕事イコール人生」の真意を話そう 元伊藤忠会長、元中国大使 丹羽宇一郎
朝日新聞GLOBE+
|
伊藤忠商事に入社、社長、会長まで務めて初の民間出身の中国大使にもなった丹羽宇一郎さん(80)。「仕事イコール人生」「泥のように働け」と公言してきた丹羽さんには、変化著しい今の時代の働き方はどう見えているのだろう。新著『仕事と心の流儀』...
16Picks
伊藤忠が超抜ハエ技術のムスカと提携した理由、畜糞処理からプラント建設までの壮大な構想
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日に丸紅と、4月23日に伊藤忠商事とそれぞれ戦略的パートナーシップを締結した。両社ともムスカに資本参加し、畜糞処理や食料危機などの世界的問題の解決に取り込んでいく方針だ。 ムスカは、2016年設立のスタートアップ企業。45年間1,100世代の交配を重ねたイエバエの幼虫を活用し、糞尿などを約1週間で肥料化、そしてその幼虫を飼料化する技術を擁する。昨年TechCrunch Japa...
15Picks
タンパク質危機の回避を目指す丸紅がイエバエ技術のムスカと組んだ狙いとは?
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日に丸紅と、4月23日に伊藤忠商事とそれぞれ戦略的パートナーシップを締結した。両社ともムスカに資本参加し、畜糞処理や食料危機などの世界的問題の解決に取り込んでいく。 ムスカは、2016年設立のスタートアップ企業。45年間1100世代の交配を重ねたイエバエの幼虫を活用し、糞尿などを約1週間で肥料化、そしてその幼虫を飼料化する技術を擁する。TechCrunch Japanが主催した...
24Picks
コクヨが突如ぺんてる筆頭株主に、文具業界で勃発した経営権問題
Diamond Online
|
親子喧嘩をきっかけに経営不振に陥った大塚家具や、筆頭株主・伊藤忠商事と対立し、創業家社長が退任に追い込まれたデサント――。このところ続いている経営権を巡るゴタゴタが、消費者になじみ深い文具業界でも勃発した。コクヨと、同社が間接出資した未公開企業ぺんてるとの間で、すれ違いが起きている。
43Picks
「心底失望した」伊藤忠元会長・丹羽宇一郎(80)が、政府の「働き方改革」を徹底批判!(2019年5月24日)
BIGLOBEニュース
|
4月1日より働き方改革関連法が順次施行されて約1ヶ月半。1947年に労働基準法が制定されてから70年ぶりとなる大改革で、長時間労働の是正や同一労働・同一賃金の実…(2019年5月24日 6時0分0秒)
12Picks
2019年後半以降、世界経済の行方が不透明でも有望な 銘柄は? アナリストが「買い」や「強気」と太鼓判 を押す「ソニー」「ヤフー」「伊藤忠商事」を分析! - 最新記事
Diamond Online
|
相場環境が不透明な中でも、相場のプロが「買い」「強気」と診断する、「業績好調な3銘柄」を紹介! 5月21日に発売されたばかりのダイヤモンド・ザイ7月号では、特集「最新決算でわかった! 儲かる好業績株32」を掲載! 個人投資家に人気が高い25銘柄のうち、最新決算に基づいてアナリストが「買い」「強気」と診断した株や、この先値上がりが期待できる「増配株」「過去最高益株」「テーマ株」など、合計32種...
28Picks
デサント伊藤忠TOBでコメント 決算会見で「今は信じたい」
共同通信
|
デサント伊藤忠TOBでコメント 伊藤忠商事から敵対的な株式公開買い付け(TOB)を仕掛けられ、経営陣の刷新で決着したデサントの辻本謙...
47Picks
商社が農業ドローンで“種まき”し始めた!
ニュースイッチ
|
商社が農業用ドローンを開発するベンチャー企業への出資などを通じて「スマート農業」の実現に向けた取り組みを強めている。三菱商事は日立製作所との共同出資会社を通じ、農薬を散布するドローンなど販売を推進。
85Picks
伊藤忠がキッザニア出店施設を刷新、子どもに「商社ビジネス」どう伝える?
ニュースイッチ
|
伊藤忠商事が、子ども向け職業体験型テーマパーク「キッザニア東京」(東京都江東区)内の出展施設を刷新した。子どもたちが世界を舞台に働く“商社パーソン”となり、海外顧客に対して、日本製の製品について英語で
29Picks
9割反対でも伊藤忠がデサントを買収した理由
東洋経済オンライン
|
伊藤忠がデサントに対して「敵対的TOB」を行ったというニュースに驚いたビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。大会社である伊藤忠が、資本の論理、つまり金の力で、弱いものいじめをしたような印象もあり…
21Picks
【ガイア】伊藤忠、産休・育休経た30代女性に「同期の中で遅れている」と異動提案 ネットで「時代錯誤」という声相次ぐ
キャリコネニュース
|
画像は伊藤忠商事のサイトのキャプチャ 4月23日の『ガイアの夜明け』(テレビ東京)で放送された伊藤忠商事の特集に、賛否両論が巻き起こっている。番組では、2003年に同社に入社した3人の社員に密着した。 このうち、資源エネルギー部門に初の女性総合職として入社した女性(38)は、入社から16年を経て2児の母になった。サハリンの油田・天然ガスの採掘事業を担当し今もばりばり働いているが、課長との面談...
12Picks
伊藤忠商事、ガイアの夜明けのスポンサーなのに仕事と育児の両立に挑む女性総合職の厳しさを晒される : 市況かぶ全力2階建
市況かぶ全力2階建
|
伊藤忠が自ら油被って火に飛び込みにいったらしい。— 空き缶 (@akikankeri) 2019年4月23日https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20190423.htmガイアの夜明けお得意の「伊藤忠の宣伝をすると見せかけて総合商社がいかに女性の社会進出に対して遅れているか
19Picks
飼料と肥料に革命を起こすハエ技術のムスカ、丸紅に続き伊藤忠と連携し10億円超調達へ
TechCrunch Japan
|
ムスカが有する超抜イエバエは羽化する前に収穫・飼料化されるが、ムスカは遂に飛翔することになる。同社は、TechCrunch Tokyo 2018の「スタートアップバトル」で応募100社超の頂点、最優秀賞に輝いた2016年12月設立のスタートアップ。 【関連記事】 ・Startup Battleはハエで食糧危機を解決するムスカが優勝 ・ムスカが丸紅と電撃提携、イエバエ技術で生ゴミや糞尿を約1週...
14Picks
昆虫産業の旗手・ムスカ、伊藤忠商事との戦略的提携と新経営体制を発表
LoveTechMedia - ラブテックメディア
|
LoveTech Media編集部コメント 45年1,100世代に及ぶ選別交配を重ねたサラブレッドな"ハエ"を基幹技術にもつ株式会社ムスカ。 昨年あたりから「昆虫ビジネス」「昆虫食」といったワードがメディアを中心に飛び交うようになったが、間違いなく、その旗手となっているスタートアップ企業である。 同社では、長年研究開発してきたイエバエの幼虫を活用し、畜産糞尿や食品残渣などの有機廃棄物を1週間...
12Picks
クラウド養豚システム「Poker」の販路拡大、Eco-Porkが伊藤忠飼料と協業へ
TechCrunch Japan
|
モバイル養豚経営支援システム「Porker」を開発・販売しているEco-Porkは4月12日、伊藤忠飼料との協業を発表した。この協業により、伊藤忠飼料はPorkerの優先取扱権(有期契約)を国内飼料メーカーとして初めて取得。5月1日から伊藤忠飼料の販売ルートでの提供を開始する。 「Porker」は、スマートフォンなどのモバイル端末を用いて農場現場で発生するさまざまなデータを現場で入...
889Picks
【伊藤忠・野田CSO×楠木建】次世代商社が担う“大人のビジネス”とは?
NewsPicks Brand Design
|
── 楠木さんから見る伊藤忠の強みはなんでしょう。楠木 伊藤忠に限らず、日本の総合商社は様々な事業の集合体として、特殊な形で発展してきたわけです。その強みや弱みは、個別の事業単位でないと語れませ...
168Picks
デサントの石本社長が退任、後任に伊藤忠の小関専務執行役員
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - デサント<8114.T>は25日、石本雅敏社長が退任し、後任に伊藤忠商事<8001.T>の小関秀一専務執行役員を充てる人事を発表した。6月開催予定の株主総会および取締役会で正式に決定される。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ