新着Pick
SPD14FOE480N53SK

伊藤忠テクノソリューションズ 株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(いとうちゅうテクノソリューションズ 、英文名称:ITOCHU Techno-Solutions Corporation)は、コンピュータ、ネットワーク、アプリケーションによるコンサルティングからシステムの開発、運用・保守、管理、アウトソーシングなどのトータル・ソリューションの提供をおこなうシステムインテグレーター(ユーザー系)。通称CTC。 ウィキペディア
東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル
03-6203-5000
詳細を見る
概要
サン・マイクロシステムズ社のワークステーションに早くから取り組み、国内におけるサン社製品の取り扱いに関しては富士通や東芝と並ぶ。

2006年10月1日にCRCソリューションズと経営統合したことにより、従来の強みである情報機器販売、ITインフラ構築および保守事業に加え、法人向け情報システムのコンサルティング、設計、開発、維持保守、運用アウトソーシング、およびデータセンタ事業、サイエンス事業に強みを有する、強靭なシステムインテグレーターとなる。

通称の「CTC」は、同社の英文名称の旧称(C.ITOH TECHNO-SCIENCE Co., Ltd)の頭文字を取ったものだが、現在では同社の行動指針「Challenging Tomorrow's Changes」に由来するとされている。なお、KDDI系の通信企業である中部テレコミュニケーションと略称が同じであり、どちらもコンピュータネットワーク関連業務を手がける企業であるため、単に「CTC」と呼ぶとどちらを指すかがわからず混乱が起きることがある。
代表者
代表取締役社長 柘植 一郎
設立年月日
1972-04-01
従業員数
9,089 人
上場年月日
1999-12-14
平均年齢
40 歳
平均年収
8,966,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
伊藤忠商事、AI需要予測と発注最適化を導入 発注業務を半分に - Ledge.ai
BLOGOS - 最新記事
|
伊藤忠商事株式会社は2月1日、グループ会社で食品卸大手の株式会社日本アクセスと連携し、日本アクセスから食品メーカーに対する発注に、人工知能(AI)を用いた需要予測および発注最適化のソリューションを導入開始したと発表。関連記事:ライフ、AI需要予測を導入 作業時間を年間15万時間も削減伊藤忠商事は2020年から、株式会社ブレインパッドやグループ会社の伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と連携。...
647Picks
サッカー本田の投資1号は教育―、中高生向けプログラミング教育のライフイズテックが7億円を調達
TechCrunch Japan
|
 ライフイズテックは今日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ジャフコ、電通デジタル・ホールディングス、ベクトル、Misletoe、KSK Angel… Read More
202Picks
建設現場と職人のマッチングアプリ「助太刀」が5.3億円調達、ペイメント機能の提供も視野に
TechCrunch Japan
|
 建設現場と職人のマッチングアプリ「助太刀」を運営する助太刀(旧社名:東京ロケット)は4月5日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズやジェネシアベンチャーズなどを引受先とする第三者割当増資を実施した。調達金額は5億3000万円だ。投資家リストは以下の通り。 Read More
185Picks
小さな上場より赤字を掘ってでも大きく成長する--ネット印刷のラクスルが40億円の資金調達
TechCrunch Japan
|
オンライン印刷サービス「ラクスル」を手がけるラクスルは2月17日、第三者割当増資により総額40億円の資金調達を実施したことを明らかにした。引き受け先は既存株主であるオプト、グローバル・ブレイン、WiL、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ANRI、電通デジタル・ホールディングス、GMO Venture Pertnersのほか、新たにリンクアンドモチベーション、グリーベンチャーズ、Global C...
11Picks
従業員同士の自律的協業を促すプラットフォームを開発中のBeaTrustが約3億円を調達
TechCrunch Japan
|
BeaTrust(ビートラスト)は8月11日、シードラウンドにおいて、J-KISS型新株予約権の発行による総額約3億円の資金調達を実施した。引受先は、サイバーエージェント・キャピタル、DNX Ventures、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、STRIVE、One Capital,、Delight Ventures、PKSHA SPARXアルゴリズム1号、みずほキャピタル、複数の個人投資家。 ...
54Picks
スタートアップにとって、TVCMが今なお重要なチャネルである理由
Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
|
「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」をビジョンに掲げるラクスルがTVCMの企画・制作・放映サービスを始めた。スタートアップ企業にとって、TVCMとは一体どのようなインパクトがあるのか。伊藤忠テクノロジーベンチャーズの河野純一郎氏と、ラ
10Picks
CTC、「サプライチェーン最適化ソリューション」の提供を開始 AIの需要予測とシミュレーションの技術を組み合わせる
デジタルシフトタイムズ
|
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、物流拠点の適正配置や廃棄ロスの削減など、多様な最適化ニーズに対応する、AIを活用したサプライチェーン最適化ソリューションの提供を2020年7月2...
39Picks
思い出深い住友銀行とのコンテンツ開拓
NewsPicks編集部
|
CTC社にサーバーの構築依頼 ソフトウェア開発をメーカーにお願いするわけですが、ドコモのルールでは、複数の会社に声をかけて、その中から最も適した会社を選定します。 そこで、ベンダー4社に声をかけ...
32Picks
独立系VCのANRIに元ITVの河野氏が参画、シードからレイターまで起業家の挑戦に長く寄り添うVCへ
TechCrunch Japan
|
左からANRIの佐俣アンリ氏、河野純一郎氏、鮫島昌弘氏 「伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(ITV)の河野純一郎氏」と言えば、スタートアップ界隈では名の知れたベンチャーキャピタリストの1人だろう。 一部では“男気投資”“黒豹”とも言われるように、迫力のある風貌と投資先への熱いフォローが特徴の同氏は2008年からITVに在籍し、約11年間で累計28社へ50億円を超える投資を行ってきた。 その前に...
29Picks
AIに強い営業も欲しい、SI企業が社員約3000人に研修
ニュースイッチ
|
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、社員約3000人を対象に人工知能(AI)の基礎研修を実施する。全社規模でAIに強い営業やエンジニアを育成する。今後は基礎研修だけでなく、エキスパート研修も進
29Picks
“お腹が弱い社員”がきっかけで生まれた「IoTトイレ」の今後
CNET Japan
|
システムを受諾開発する大手SIerとして知られる伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、近年“脱SIer”とも取れる動きを見せている。2015年8月にはビジネスチャットサービス「Tocaro」を公開。また2016年10月には、トイレの空き状況をスマートフォンから確認できる「IoTトイレ」を発表するなど、既存の事業領域にとらわれない新規サービスを打ち出している。
25Picks
私がこの起業家に投資した理由:伊藤忠テクノロジーベンチャーズ河野純一郎 × VASILY金山裕樹
Forbes Japan
|
金山裕樹が創業したVASILY(ヴァシリー)は、ファッションコーディネートアプリの「iQON(アイコン)」を運営。提携するECサイトのファッションアイテムを自由に組み合わせ、かつ100万件以上の他ユーザーのコーディネート … The post 私がこの起業家に投資した理由:伊藤忠テクノロジーベンチャーズ河野純一郎 × VASILY金山裕樹 appeared first on Forbes J...
24Picks
パナソニック、輸出向け農作物の作付手法確立の実証実験を開始。野菜プラネットによる映像コンテンツ協力も
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
パナソニック株式会社は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)、一般社団法人野菜プラネット協会や各生産企業とコンソーシアムを組み、農作物の輸出拡大に向けた栽培作付手法確立の実証実験を開始した。
23Picks
IT企業の年頭所感2020(2):「5G」普及元年、新世代のネットワークが始動へ
ZDNet Japan
|
CTC、IIJ、NTT Com、NTTデータ、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、テラスカイ、NSSOL、NEC、日立製作所の新年のトップメッセージを紹介する。
22Picks
SDGsの目標8「働きがいも経済成長も」を目指す“ユニバーサル農業”とは
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とCTCの特例子会社のひなりは2018年12月13日、ICTを活用した未来型ユニバーサル農業の実現に向け、静岡県浜松市の京丸園とともに実証実験を開始したと発表…
21Picks
法人向けクラウドサービスの比較サイト「ボクシル」が総額3億円の資金調達
TechCrunch Japan
|
 法人向けクラウドサービスの比較サイト「ボクシル」を運営するスマートキャンプは5月29日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルおよび既存株主を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額3億円を調達したと発表した。… Read More
19Picks
KLーシンガポール間高速鉄道 6月に二国間協定締結
マレーシアマガジンニュース
|
こちらの記事もどうぞLenny Kravitz live in MalaysiaマレーシアにもホットファイヤーメンズCTCマレーシアで運用・監視サービスアジア株総じて上昇自律反発期待エアアジア機フライトレコーダー回収
18Picks
電子薬歴システムのカケハシが9億円調達、売上はすでに月4000万円
TechCrunch Japan
|
 電子薬歴システム「Musubi」を提供するカケハシは5月14日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Salesforce Ventures、SMBCベンチャーキャピタル、Draper Nexus Venture Partners、グリーベンチャーズ、500 Startups… Read More
17Picks
チャットツールを導入している大手企業は全体の約3割--CTC調査
CNET Japan
|
伊藤忠テクノソリューションズは4月13日、2017年2月に実施した「大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査」の結果を発表した。
16Picks
“知られざるブルーオーシャン”教育市場の勝算──ディズニーと手を組み、米国進出するライフイズテックの経営戦略に迫る
FastGrow
|
「教育事業は、スケーラブルな事業成長が望めるビジネスではない」といったイメージを抱いている読者も少なくないだろう。また、同じ領域で活動するNPOが多いゆえに、「奉仕性が強い領域である」という見方もされがちだ。そんななか、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社や株式会社ジャフコといった企業から累計約10億円の資金を調達し、ビジネスを急拡大しているのが、ライフイズテック株式会社だ。中高生向けのI...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ