新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD13VBP9WF0JJ8P

LSI Corp

1320 Ridder Park Drive San Jose California United States
+1 408 433-8000
詳細を見る
代表者
Anthony E. Maslowski (President)
設立年月日
1980
従業員数
5,272 人
上場年月日
1983-05-13
上場廃止年月日
2014-05-07
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
アクセル、第1四半期は遊技機向け製品が伸び営業利益は8360%増の4億2300万円
Social Game Info
|
アクセル<6730>の第1四半期(4~6月)の連結決算は、売上高25億6400万円(前の期比67.4%増)、営業利益4億2300万円(同8360.0%増)、経常利益4億2500万円(同3763.6%増)、最終利益3億3800万円(同5533.3%増)と大幅増収増益となった。主力のパチンコ・パチスロ機向けのグラフィックスLSIとメモリモジュール製品の売上が大きく伸びたことが主な要因。① LSI...
588Picks
日本の技術は負けていないという思考停止
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
日本の半導体はソニーのイメージセンサー、東芝のフラッシュメモリなど数少ない勝ち組を除いては、総崩れになりました。 特に酷い状態なのがシステムLSI。日立、三菱電機、NECの半導体をスピンオフして作られたルネサスエレクトロニクスは業績悪化によって、社内の半数近くもがリストラされる状況に追い込まれました。 東芝でも不適切会計の舞台になったように、システムLSI事業は不採算だったようで、これからリ...
92Picks
東芝のシステムLSI事業に政府系が出資を検討。ファウンドリーとして継続
ニュースイッチ
|
東芝は、半導体のシステムLSI事業の構造改革の一環として設立する新会社に外部から出資を募る検討に入った。日本政策投資銀行といった政府系金融機関や産業革新機構が候補。新会社では東芝製品の製造と、他社からの受託生産の両方を手がける計画。外部資本を受け入れて工場の中立性を高め、受託生産の受注活動を円滑に行えるようにする。東芝は構造改革を通じてシステムLSIとディスクリート(単機能)の競争力を高め「...
27Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 大規模集積回路の時代に突入したカーボンナノチューブ【前編】 ~20年を超える研究開発の歴史を振り返る
PC Watch
|
次世代の半導体材料として期待されるカーボンナノチューブ(CNT : Carbon NanoTube)を使ったトランジスタ回路が、大規模集積回路(LSI : Large Scale Integrated circuits)の時代に突入した。この6月に京都で開催された半導体技術の国際学会「VLSIシンポジウム」で、数千個のカーボンナノチューブトランジスタ(CNFET : Cabon Nanotu...
25Picks
揺れる東芝「半導体構造改革」フラッシュメモリーに集中できるか
ニュースイッチ
|
東芝が経営再建に向け、不採算事業の構造改革を本格化する。赤字が拡大する家電部門は海外工場の統廃合に加え、国内市場から撤退する可能性を示した。不振のシステムLSIとディスクリート(単機能)半導体も改革が不十分としており、テコ入れに着手する方針だ。経営陣は改革を完遂し、負の遺産と決別できるのか。 14日に公表した2015年4―6月期連結決算は家電部門の不振が際立った。営業赤字は前年同期から156...
20Picks
ルネサス、来年に「完全自動運転」対応の半導体をサンプル出荷
ニュースイッチ
|
ルネサスエレクトロニクスは2017―18年にも、住宅街などの複雑な環境を認識できる高性能な車載機器向け次世代情報システムLSI(大規模集積回路)を製品化し、サンプル出荷を始める。少ない実装面積と高い計算能力、低消費電力を両立すべく、業界で最先端となる回路線幅7ナノメートル(ナノは10億分の1)、もしくは同10ナノメートルプロセスの採用を検討する。人工知能(AI)技術への対応も視野に、レベル4...
18Picks
電子部品産業は25兆円に成長、日系企業はシェア40%占有しトップを走る
LIMO
|
電子デバイス産業と一口に言うが、これは3つに分かれている。最大分野は半導体であり、2018年の世界生産額は52兆円を超えた。日系企業の生産額は約5兆円であり、残念ながらマーケットシェアは10%に満たないという有様だ。確かに東芝のNANDフラッシュメモリーやソニーのCMOSイメージセンサーなどは大活躍しているものの、巨大マーケットのシステムLSIおよびDRAMを持たないがために日系企業が飛躍的...
15Picks
富士通とパナソニックの半導体統合、新会社設立で大筋合意=関係筋
Reuters
|
[東京 15日 ロイター] - 富士通<6702.T>とパナソニック<6752.T>は、半導体システムLSI(大規模集積回路)の設計・開発部門を統合する計画について、今年秋に新会社を設立することで大筋合意した。複数の関係筋によると、新会社の社長には、元京セラ <6971.T>社長の西口泰夫氏(70)が内定した。
14Picks
「強みをもっと強くするM&Aは必要」(ローム社長)
ニュースイッチ
|
―半導体業界で再編が活発化しています。M&A(合併・買収)は考えていますか。 「当社は(単機能の)ディスクリートとLSIが2本柱。それぞれの強みをもっと強くするような案件があれば積極的に買収を考える。ただ自社単独でも、これまで分散していたリソースを注力分野に集中し、より強くしようとしている。その一つがLSIのアナログ・パワー分野。すでに世界で4位につけている」 ―市場別では自動車向けと産業機...
14Picks
社長直轄のマーケ組織をつくったロームの狙い
ニュースイッチ
|
ロームは社長直轄のマーケティング戦略部門を新設した。LSIとディスクリートそれぞれの事業部門に分かれていた戦略部を切り出し応用分野ごとに再編。マーケティングや技術提案などの業務を効率化するとともに、モノのインターネット(IoT)など従来にない市場ニーズを迅速にとらえるのが狙い。 社長直轄の新組織は「車載戦略部」「産機・IoT戦略部」「民生・スマートデバイス戦略部」「リファレンスビジネス戦略部...
12Picks
AIに最適な脳型LSI、東北大が脳機能のモジュール化で2019年度に実現へ
MONOist
|
東北大学の電気通信研究所は、2014〜2019年度のプロジェクトで、AI(人工知能)に最適な脳型LSIの開発を進めている。脳機能をモジュール化して計算効率を高め、人間の脳と同等レベルの処理能力と消費電力を持つ脳型LSIの実現につなげたい考えだ。
10Picks
「Snapdragon 845」をクアルコムが初披露、Xiaomiの次期フラグシップスマホに搭載
Engadget 日本版
|
ハワイで開催中のSnapdragon Tech Summitより。クアルコムは、次期モバイルSoC「Snapdragon 845」を初披露しました。 サムスンLSIの10nmファウンドリーで製造され、中国Xiaomiの次期フラグシップスマートフォンに搭載されるとのこと。機能の詳細などについては明日(現地時間12月6日)以降、Snapdragon Tech Summitのセッションにて明かされ...
10Picks
ロボットの力加減を調節する集積化触覚センサーの開発に成功
MONOist
|
東北大学は、MEMS技術による3軸力センサーと専用の「センサープラットフォームLSI」とをワンチップ化した集積化触覚センサーを開発した。これにより、ロボットの力加減を適切に調節するために必要な要素が、全て同時に達成できるようになった。
9Picks
ウエハーだけじゃない!半導体製造でシリコン素材がモテる理由
ニュースイッチ
|
半導体でシリコンといえば、まずウエハーを思い浮かべるだろう。実は、製造プロセスでもシリコン素材がにわかに注目されている。背景に、業界の取り巻く事業環境と新しい技術の潮流がある。半導体の下地とな
9Picks
日本の技術は負けていないという思考停止 --- 竹内 健
アゴラ 言論プラットフォーム
|
日本の半導体はソニーのイメージセンサー、東芝のフラッシュメモリなど数少ない勝ち組を除いては、総崩れになりました。 特に酷い状態なのがシステムLSI。日立、三菱電機、NECの半導体をスピンオフして作られたルネサスエレクトロニクスは業績悪化によって、社内の半数近く...
8Picks
「巡回セールスマン問題」大きく前進?東工大などが高速LSI開発
ニュースイッチ
|
東京工業大学科学技術創成研究院の本村真人教授らは、多くの変数の組み合わせから最適な解を選ぶ「組み合わせ最適化問題」を高速に解く大規模集積回路(LSI)を開発した。同問題の近似的計算技法「アニーリング処理」の一つで、応用範囲が広い「全結合型」の手法を高速化。処理性能を数倍、エネルギー効率を大幅に向上させた。製造や創薬などで重要問題として現れる同問題の計算技術の開発につながる可能性がある。 複数...
8Picks
半導体産業、もう一度輝きを取り戻すために
日経ビジネス
|
 かつて電子立国・ニッポンの中核を担いながら、1990年代以降急速に衰退した半導体産業。唯一のDRAMメーカー、エルピーダメモリは米国の同業大手に買収され、システムLSIのルネサスエレクトロニクスは2012年、産業革新機構の出資を受けた。景気回復の動きが広がる中、なお残る不振産業はどう再生するのか。ルネサスの大村隆司・執行役員常務に再建策を聞いた。
8Picks
医薬品の副作用を予測する新システム、iPS細胞由来の心筋細胞を活用
MONOist
|
NEDOのプロジェクトの一環として、LSIメディエンスは、医薬品による心循環器系の副作用を評価するシステムを開発した。ヒトiPS細胞に由来する心筋細胞を活用することが最大の特長だ。ヒトiPS細胞を創薬の分野に生かす取り組みが始まっている。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ