新着Pick
SPD13AKKG402TK0R

サイボウズ 株式会社

サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋二丁目7番1号
03-4306-0808
詳細を見る
概要
1997年に愛媛県松山市にて高須賀宣、畑慎也、青野慶久により創業された。

社名は、「電脳」を意味する「cyber」と、親しみを込めた「子供」の呼び方「坊主 (bozu)」に由来し、「電脳社会の未来を担う者達」という意味も込められている。

創業当時は企業を中心にWeb技術が爆発的に普及しつつある時代で、高須賀、青野はこの技術を使って「企業の仕事をもっと簡単にできる」と考えていた。起業前、高須賀、青野は松下電工関連の子会社に勤めており、青野が大阪大学時代の先輩である畑(当時ジャストシステム勤務)に声を掛け3名で起業した。高須賀が経営、青野が販売、畑が技術を担当した。当初からネット上でのみ販売する事を考えており、事務所は家賃の高い大都市ではなく愛媛県松山市内の畑の住居を利用していた。

高須賀、青野が松下関連企業出身ということもあり、松下幸之助の松下七精神を基に、社訓として「サイボウズ7精神」を設定。後日簡略化した「サイボウズ五精神」を社訓とした。さらに2010年には「サイボウズ五精神」に代わる新しい行動指針「Action5」を制定した。

近年はコラボレーションツール事業へ経営資源を集中し、国内コラボレーションツール市場における地位の確立、海外進出への基盤作りを行っている。本社のほか大阪、松山にオフィスを構えている。中国、ベトナム、米国に子会社を設置している。
代表者
代表取締役社長 青野 慶久
設立年月日
1997-08-08
従業員数
586 人
上場年月日
2000-08-23
平均年齢
34 歳
平均年収
5,958,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
2018年「公私混同の複業」のリアル。どんな複業を、いつ、そしてなぜ行っているのか? 〜メディアと語る朝渋 サイボウズ式〜
朝渋(朝活コミュニティ)
|
ーー2018年は「複業元年」。 「働き方改革」についての話題が日常に溢れている日本社会ですが、複業の浸透はまだまだこれからであり、複業について悩む人も、企業も多く存在しています。 「本業と複業の折り合いに悩んでいる」 「色々な複業のケースを知りたい」 「何から複業を始めたらよいのか、わからない」 こんな悩みを持つ方に向け、朝渋では『サイボウズ式』で話題のサイボウズ株式会社 藤村能光さんと明石...
488Picks
「組織の中で我慢しなさい」という教育はもういらない
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
「どこで、何曜日に、何時まで働くのか」。働き方改革の先頭を走る企業として注目されるサイボウズでは、社員全員が自らの働き方を宣言し、実行しているという。社員に「自立」を求め続ける代表取締役社長の青野慶久氏と、子どもたちに「自律」を求め続ける麹町中学校校長の工藤勇一氏。経済界と教育界を代表する2人の改革者が、変化の時代に必要な学びについて語り合った。
36Picks
サイボウズ式:日本人は、会社にいる「時間」にこだわりすぎ。「時間=責任」は学校文化の呪縛──田端信太郎×青野慶久
ハフポスト日本版
|
7月に書籍『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』を上梓したスタートトゥデイ・田端信太郎さんと、サイボウズ社長・青野との公開取材イベント。 第1回と第2回は、働き方や子育てについての対談レポートをお届けしました。第3回では、イベント参加者からの質問に対して、お二人に答えていただきます。 質疑応答の前半は、「上司と対等に交渉するには?」「会社における責任って何?」といった悩みや問題提起をピッ...
18Picks
「複業」を推進するサイボウズとライフネット生命の思惑とは?
ZUU Online|経済金融メディア
|
社員のパラレルキャリア(複数の仕事を掛け持ちする働き方)を応援しようと、企業の取り組みも始まっています。そして「複業(副業)」を黙認するどころか、推進する企業も出始めています。会社が社員のパラレルキャリアを応援するのはなぜなのか。「パラキャリ採用」を導入しているサイボウズとライフネット生命、両社の人事担当者が語る、そのメリット、デメリットとは? 【司会】西村創一朗さん(HARES代表取締役社...
131Picks
「人生の目的を見つけて邁進している」なんてウソ、「仕事の意味」ばかり考えてもしょうがない──田端信太郎×青野慶久
サイボウズ式
|
“最強のサラリーマン”の異名をとるスタートトゥデイ・田端信太郎さん。サイボウズ社長・青野とともに、働き方や子育てについて語り合う公開取材イベントが行われました。 イベントレポート最終回では、前回に続いて就職活動中の学生や新入社員からの質問をピックアップ。「大企業かベンチャー企業か」「上司の古い価値観を変えるには?」「自分と向き合うってどういうこと?」など、さまざまな悩みや疑問が挙がりました。...
11Picks
新潟から週2回東京に出勤、サイボウズの複業採用社員に聞く複業ライフのリアル。
Business Insider Japan
|
副業解禁に踏み切る企業が増える中、「副業を始めてみたい」と考える読者も多いのでは。 しかし、「副業に時間を割かれることで、本業に支障をきたすのではないか」と不安視する人や、そのことに懸念を示す企業が多いのもまた事実。 世間では「新しい働き方」とパラレルキャリアに光が当たっているものの、本音としては、...
19Picks
働き方の多様化を目指すなら「チーム戦」で挑め 離職率28%→5%を実現したサイボウズの働き方改革
ログミー
|
2018年7月24日、虎ノ門ヒルズフォーラムにてサイボウズ株式会社の事業を支えるチームリーダーが集結したMeetup「Cybozu Team Growth Meetup」が開催されました。これは、現場のチームが日々どんなことに取り組み、どんな活動をしているのかについて、現場のリーダーたちが登壇しありのままを伝えるという異色のイベント。本記事では、代表取締役社長の青野氏とコーポレートブランディ...
13Picks
「自分がやった仕事を発信すること」と「褒めてほしいアピール」はまったくの別物
サイボウズ式
|
サイボウズ式編集部より:チームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。はせおやさいさんのコラムです。 最近よく見かける「やりました」告知 最近、TwitterやFacebookでよく見かけるのが「お仕事しました!」という報告。 わたし自身も投稿してしまうのですが、「カッコ悪い」とネガティブに捉える人もいるようです。「わざわざ自分で言うものではない」という意見や、「自己満足ではない...
591Picks
日本人は、会社にいる「時間」にこだわりすぎ。「時間=責任」は学校文化の呪縛──田端信太郎×青野慶久
サイボウズ式
|
7月に書籍『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』を上梓したスタートトゥデイ・田端信太郎さんと、サイボウズ社長・青野との公開取材イベント。 第1回と第2回は、働き方や子育てについての対談レポートをお届けしました。第3回では、イベント参加者からの質問に対して、お二人に答えていただきます。 質疑応答の前半は、「上司と対等に交渉するには?」「会社における責任って何?」といった悩みや問題提起をピッ...
14Picks
「転職先、会話が少なくて寂しい……」と思いきや、オンラインがにぎやかだった
サイボウズ式
|
「新しい働き方」「自由な働き方」「働きやすい会社」──。ここ数年で、世の中でよく聞くようになった言葉たち。サイボウズも「働きやすい会社」として取り上げていただくことがあります。 そして、実際に中にいるとなかなか気づかないのですが、サイボウズには、転職してきた人やお付き合いのある企業の方々が思わずびっくりしてしまうような「ちょっとおかしい」会社の常識があるようです。 「働きやすい会社」には、世...
17Picks
日本人は、会社にいる「時間」にこだわりすぎ。「時間=責任」は学校文化の呪縛──田端信太郎×青野慶久 - サイボウズ式
BLOGOS - 最新記事
|
7月に書籍『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』を上梓したスタートトゥデイ・田端信太郎さんと、サイボウズ社長・青野との公開取材イベント。第1回と第2回は、働き方や子育てについての対談レポートをお届けしました。第3回では、イベント参加者からの質問に対して、お二人に答えていただきます。質疑応答の前半は、「上司と対等に交渉するには?」「会社における責任って何?」といった悩みや問題提起をピックア...
19Picks
サイボウズ:社員を縛らず、選択肢を広げて社員に決めてもらうのが新しいカイシャ──サイバーエージェント、ほぼ日と語ってみた
ハフポスト日本版
|
新しいカイシャの姿をテーマに、サイボウズが主催した「チームワーク経営シンポジウム」。パネル1では堀江貴文さんを迎え、これからの働き方と教育について議論しました。 「個人が会社を使うという働き方はおもしろい」──ホリエモンと新しいカイシャを議論したら、生き方の話になった 小中高教育の9割は意味がない──ホリエモンは「ルールを壊すのではなく、現実の種明かしをする人」だった パネル2では、モデレー...
21Picks
サイボウズ式:小中高教育の9割は意味がない──ホリエモンは「ルールを壊すのではなく、現実の種明かしをする人」だった
ハフポスト日本版
|
3月30日、ベルサール東京日本橋にて、サイボウズ主催の「チームワーク経営シンポジウム」を株主総会の前に開催しました。 パネル1「ホリエモンと、語ろう。」では、モデレーターにBUSINESS INSIDER JAPAN統括編集長浜田敬子さん、パネラーに堀江貴文さんと弊社代表の青野慶久を迎えて、働き方についてディスカッション。 新しいカイシャの姿やこれからの生き方などのテーマが盛り上がった前編に...
35Picks
「30代半ばからは、家庭より仕事にのめり込んだほうが、ぶっちゃけ楽なんですよ」──田端信太郎×青野慶久
サイボウズ式
|
「なんとなく空気を読んで残業してない?」 「会社と個人は対等な関係。その気構えを持たないとダメ」 「年収の差より、決裁権の大きさで比較すべし」 「仕事に何を求めているのか、改めてリストアップしてみる」 公開取材イベントとして開催された、スタートトゥデイ・田端さんとサイボウズ社長・青野の対談。第1回では、会社と個人のあるべき関係性について議論が深まりました。 実は、田端さんと青野には共通点があ...
16Picks
サイボウズ式:仕事を気にして休めないなら、休むのも仕事だと思えばいい
ハフポスト日本版
|
サイボウズ式編集部より:著名ブロガーによるチームワークや働き方に関するコラム「ブロガーズ・コラム」。今回は、「休み方」をあらためて考えてみようと思います。ブロガーズ・コラム チーム4人でお届けします。最終回は朽木誠一郎さんです。 休むのが苦手だ。 「苦手」といっても別に、もっと働きたいというわけではない。できれば私はずっと、ベッドで漫画を読んでいたい。近年のジャンプは最高である。 だからこれ...
14Picks
サイボウズ式:教員の働き方改革、どうすればいい?──「難しく考えず、できることから始めて続ける」聖光学院
ハフポスト日本版
|
「中学教師の約6割が過労死ラインを超えて働いている(※)」「ボランティア扱いの部活動顧問や時間を取られる書類仕事に追われ、長時間労働が常態化している」 そんなブラックなイメージが蔓延する教師の働き方に真っ向から立ち向かう学校が、中高一貫校の聖光学院中学校高等学校です。 東京大学をはじめ難関高校への進学実績を飛躍的に伸ばしつつ、全館Wi-Fi整備、情報共有の効率化、定時の16時20分に退勤でき...
35Picks
サイボウズ流のメソッドを青野社長が伝授--「チームワーク経営塾」を始める狙い
CNET Japan
|
サイボウズは、同社の青野社長や経営陣が講師となり、サイボウズ流のチームワーク経営を指南する「チームワーク経営塾」の募集を開始した。なぜ、このタイミングで経営塾を始めるのか。経営塾のテーマでもある「労働力不足」に対する思いもあわせて青野氏に聞いた。
143Picks
「年収100万円の差」なんて意味がない。自分の名刺代わりになる仕事の方が大事――スタートトゥデイ 田端信太郎×サイボウズ 青野慶久
サイボウズ式
|
「会社のためにがんばっている」「会社は何もわかっていない」……。このように、私たちは「会社」をどこか巨大な、抗えないものとして捉えがちです。でも本当にそうなのでしょうか? 7月6日に発売された『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』(幻冬舎)の中で、田端信太郎さんは「会社なんてただの共同幻想だ」と語っています。 "最強のサラリーマン"と言われる田端さんと、サイボウズ社長・青野の対談から、「...
10Picks
複業は「どっちの仕事も中途半端」? それでもボクが複業を選択する理由
サイボウズ式
|
地方でNPO法人を運営しながら、サイボウズで副(複)業している竹内義晴が、実践者の目線で語る本シリーズ。今回のテーマは、複業と本業の間で揺れ動く仕事に対する悩み。複業って中途半端なんじゃないの?死ぬ気で本業に打ち込んだほうがいいのかなぁ。 今回は、複業を始めて抱いている「悩み」について触れてみたい。 ただ……私はこの記事を書くべきか悩みながら書いている。なぜなら「複業はいいよー。最高だよー。...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ