新着Pick
SPD10XOE7H07EOTC

Microsoft Corp

マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
One Microsoft Way Redmond Western Australia United States
+1 425 882-8080
詳細を見る
代表者
Satya Nadella (Chief Executive Officer and Director)
設立年月日
1975
従業員数
124,000 人
上場年月日
1986-03-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
人工知能の「読解力」が人間を超える
ギズモード・ジャパン
|
Microsoft(マイクロソフト)とAlibaba(アリババ)の人工知能が、人間の読解力を超えました。この結果は、AIの言語プロセスのベンチマークするSQuAというデータセットを使い、人間のスコアを比較したものになります。
7Picks
マイクロソフト、Mac版Microsoft OfficeのソースコードをWindows版のソースコードと一本化実現
www.publickey1.jp
|
20年以上の歴史ではじめて、Microsoft OfficeのWindows版のソースコードとMac版のソースコード、iOS版、Android版のソースコードが一本化されたと、マイクロソフトのプリンシパルソフトウェアエンジニアであるEric...
1037Picks
Microsoftがテキストから本物と見間違うレベルの架空のイメージを自動生成する新AI技術「AttnGAN」を開発
GIGAZINE
|
Microsoftが文章からイメージを自動生成できるAI技術を開発しました。「黄色い体で、黒い翼を持ち、短いくちばしの鳥」と入力すれば、まるで実在する鳥であるかのような自然な画像を自動生成できます
10Picks
Microsoft、文章から本物のような画像を生成する人工知能を開発 ~人の「注意する」概念をモデル化し「常識」も学ぶ
PC Watch
|
米Microsoftは18日(米国時間)、文章から画像を生成する人工知能技術を開発したことを発表した。
20Picks
Microsoft、テキストから画像を描く人工知能「AttnGAN」で見事な小鳥の絵
ITmedia NEWS
|
MicrosoftのAIラボが、自然言語テキストに基づいてゼロから画像を描く技術「AttnGAN」の論文を発表した。例えば「体が黄色で黒い羽を持ち、くちばしが短い鳥」というテキストからリアルな小鳥の画像を生成する。
9Picks
Microsoft、「人間のように文書を読んだり、質問に答えたり」するAIを開発(@IT)
Yahoo!ニュース
|
Microsoftは2018年1月15日(米国時間)、同社の研究者が人工知能(AI)を使って、人間 - Yahoo!ニュース(@IT)
149Picks
マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
WIRED.jp
|
電動歯ブラシなどの小さな製品までがIoTデヴァイス化される未来が迫る一方で、それらの機器の脆弱なセキュリティが課題になっている。そこでマイクロソフトリサーチは、こうした機器のセキュリティを強化するための施策を打ち出し始めた。それはセキュリティに必要な基本機能をすべて備えた、小さなチップだ。
13Picks
人工知能で人間の働き方は広がる? 来たるAI時代の“働く意味”と人間の領分
ログミー
|
日本ヒューレット・パッカード、ダイエー、日本マイクロソフトなどで社長を歴任し、古巣のパナソニックに復帰した樋口泰行氏と、ジャーナリストを経てロフトワークを立ち上げ、現在は学びのプラットフォームの運営や森林再生などにも取り組んでいる林千晶氏。異なるキャリアを持つ2人が、100BANCH主催のイベント「企業と個人の理想的な関係」で、未来の働き方をテーマに対談を行いました。
8Picks
「Microsoft HoloLens」でマンション購入体験を変えたネクストスケープ
CNET Japan
|
日本マイクロソフトが販売する複合現実デバイス「Microsoft HoloLens」は、既にビジネスの最前線で活用されるようになった。ネクストスケープは野村不動産とプライムクロスと3社共同でHoloLensを活用した新築マンション販売向けビューアー「ホログラフィック・マンションビューアー」を展開している。
277Picks
文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革-農水省
時事ドットコム
|
農林水産省が文書作成ソフトをマイクロソフトの「ワード」に統一する方針を決め、1月から順次切り替えを進めている。ジャストシステムの「一太郎」と併用してきたが、スマートフォンで閲覧しやすく、外出先でも仕事ができるため、業務の効率化と残業代削減が見込める。 これまで農水省では、一太郎の方が使用頻度が高かったが、省外で文書を確認しづらく残業が増えがちだった。同省は「全省庁の動きは把握していないが、そ...
1Pick
「Microsoft Office」の脆弱性を悪用するマルウェアが拡散中
ZDNet Japan
|
「Microsoft Office」の脆弱性を悪用し、スパムメールを経由でマルウェアを配信する攻撃キャンペーンが確認された。このマルウェアはログイン情報を盗んだり、追加のマルウェアを投下したりするなど、高度な機能を備える。
13Picks
「2018年、ナスダックやFORTUNEが注目する年買い株11銘柄」 Amazon、アリババほか
ZUU Online|経済金融メディア
|
2018年最大の成長株はMicrosoft、Amazon、Alphabet、Facebookなど、昨年から引き続きITセクターとの見方が強い。買っておけば間違いのない手堅い優良株といったところだろうか。 その一方で学生向けのモバイル銀行開設を予定している米国の地方銀行、カスタマーズ・バンコープ、バークシャーハサウェイの持ち株会社ストア・キャピタル・コーポレーション、分社によって新たな境地が期...
16Picks
日本マイクロソフトは、いかにして生産性を26%も向上させたのか 「生産性3.0:組織生産力を最大化するためのマネジメントセミナー」から
PRESIDENT Online - PRESIDENT
|
企業、国の双方が力を注ぐ「働き方改革」。そのあり方に再考を促すプレジデント社の近刊『TIME TALENT ENERGY──組織の生産性を最大化する…
23Picks
量子コンピュータの最新動向と日本のスタートアップの可能性 – Masayuki Minato – Medium
Medium
|
2017年後半から量子コンピュータの商用化に向けたGoogle、IBM、Microsoft等の大手ハイテク企業のニュースがメディアを賑わし始めている。大手企業や政府の動きに呼応するように、D-WaveやRigettiのような量子コンピュータ関連のスタートアップにも注目が集まる…
2Picks
Microsoft、AMDマシン向けの更新プログラム配信を再開
ITmedia エンタープライズ
|
不具合が発覚して一時的に停止していた、一部AMDマシン向けのWindows更新プログラム配信を再開した。
12Picks
ビジネス向けチャットツールは、なぜ「次に来る大物」とされるのか──テック企業の競争が激化する理由
WIRED.jp
|
「Slack」やマイクロソフトの「Teams」、フェイスブックの「Workplace」──。ビジネス向けのチャットツールに、テック業界や投資家から熱い視線が注がれている。決して新しいアイデアではないこのツールに、なぜいま注目が集まっているのか? そしてこの熱はこれからも続くのか? 数々の疑問に対する答えを探った。
116Picks
IaaS比較は落とし穴ばかり 「Amazon、Microsoft、Googleから選ぶ」で失敗する理由
TechTargetジャパン
|
さまざまなメリットがあるパブリッククラウド。どのクラウドベンダーを選ぶかは難しい問題だ。復旧性、ハイブリッドクラウドのサポート、データサービスなど、ベンダーが提供する機能を慎重に評価する必要がある。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ