新着Pick
SPD0AOZUUSQONZPR

株式会社 マンダム

株式会社マンダム(英語:Mandom Corporation)は、大阪府大阪市中央区十二軒町に本社を置く、日本の化粧品メーカーである。主に男性用整髪料やフェイシャルペーパーを中心とした男性用化粧品においてシェアは国内トップに位置する。主力ブランドはギャツビー。 ウィキペディア
大阪府大阪市中央区十二軒町5-12
06-6767-5001
詳細を見る
概要
元々は明治時代(詳しい時期は不明)に大阪で創業され、輸入雑貨品を販売していた大崎組を前身とする。創業者で岡山出身の西村新八郎は、この大崎組に1908年(明治41年)に入社し、フランスから輸入された香水を、自社ブランド名の「鶴香水」「金鶴香水」といった名を冠して販売していた。

その後、大崎組は1923年(大正12年)に倒産、大阪市内で化粧品を扱う業者が合同し、1927年(昭和2年)に金鶴香水株式会社として設立される。先に大崎組に在籍経験を持つ、西村は1915年(大正4年)に大崎組から独立し、同じく大阪市内で化粧品の製造を専業としていた株式会社 巴屋化粧品製造所(のちに1949年、同社に吸収合併される)の共同経営者をしていたが、新たに設立された金鶴香水の社長に就任することになる。

1933年(昭和8年)、スティック状で使う分だけ、押し出して塗って髪を整える「丹頂チック」を発売。爆発的なヒットを記録し、これが同社を長年に渡って支え続けるロングセラー商品となる(現在まで販売中)。戦後を経て、その後も「丹頂ヘアトニック」「丹頂コールドクリーム」など、自社ブランド「丹頂」名の製品が多くなったことから、1959年(昭和34年)には丹頂株式会社に社名を変更。
しかし1963年(昭和38年)に資生堂からシリーズ型男性用化粧品の先駆けとなる「MG5」が発売されると、一転してシェアは低下。一時倒産の危機に直面するが、1970年(昭和45年)にチャールズ・ブロンソンをイメージ・キャラクターに起用した「マンダム」シリーズを発売。当時テレビ放映されたCMの影響も手伝って、大ヒットを記録。倒産寸前の窮地から復活を遂げると、1971年(昭和46年)にマンダムへと社名変更する。

1978年(昭和53年)には、新世代向け男性用化粧品「GATSBY」(ギャツビー)シリーズを投入し、幾たびの製品リニューアルを繰り返しながら主力ブランドになっている。また、1989年(平成元年)には、業界で初となる男性用無香料化粧品として知られる「LUCIDO」(ルシード)シリーズを投入、(1993年には女性用頭髪製品として「LUCIDO-L」(ルシード エル)も誕生している)。

「mandom」とは、現在は“Human & Freedom”の略である。元々は“Man Domain”(男の領域)という意味だったが、1984年に女性化粧品事業へ参入するのに伴い、Mandom の意味付けの変更をした。

2013年11月18日、主に50代以降にみられる加齢臭ではなく、30代 - 40代の『おやじ臭(おばさん臭)』の原因物質がジアセチルであることを特定した。
代表者
代表取締役 社長執行役員 西村 元延
設立年月日
1927-12-23
従業員数
2,954 人
上場年月日
1988-11-28
平均年齢
41 歳
平均年収
8,317,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
19Picks
8割超の女性がSNSアップの自撮りを加工! 写真映えを重視
BCN+R
|
マンダムは、15~29歳の女性442人を対象にSNSアップの写真について調査を実施した。調査は1月に行われている。それによれば、8割超の女性がSNSにアップする際に自撮りを加工しているという。
487Picks
「今どきの若者はやる気がない」大人の4割 若者の6割はこれに反発
ITmedia ビジネスオンライン
|
大人世代の4割が「今の若者はやる気がない」と思っているのに対し、6割の若者はこれに賛同していない──こんな意識のズレが、男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開するマンダムが実施した意識調査で浮かび上がった。
20Picks
忙しい現代女性に“日々の美”を!マンダムの狙い
ニュースイッチ
|
マンダムは、忙しい毎日でも美しくありたいと願う現代女性向けECサイト「HIBInoBI(ヒビノビ)」を開設している。対象とするのは「エイジングケアに興味をもつ女性」だ。狙う層を明確に絞ることで、消費者とのコミュニケーションがとりやすい環境をつくった。 新規ビジネス開発部の神戸真奈マネージャーは「ヒビノビにはBツーC(対消費者)マーケティングの“切り込み隊長”になってほしい。当社ならではのBツ...
172Picks
臭い人はビジネスマン失格?スメルハラスメントに関する調査で発覚
IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議
|
(株)マンダムが、オフィスにおける"ニオイ"に関する意識調査を行った。調査対象は、25〜49歳のビジネスパーソン(男性567名、女性550名)で、その結果、42.1%もの人が「臭い上司・同僚とは仕事をしたくない」と回答。そこで注目したいのが「スメルハラスメント」である。スメルハラスメントとは、そ
107Picks
マンダム、インドネシアで誰もが知る有名企業。好調の背景とは
NewsPicks編集部
|
インドネシア市場で約半世紀の展開を続けるマンダム。男性用整髪料市場では8割を獲得。女性向けブランドも積極的に展開し、インドネシア人のおしゃれを彩ってきた。なぜ、インドネシアで成功を収めることがで...
86Picks
インドネシアで「ギャッツビー」認知度8割、なぜ?
ニュースイッチ
|
マンダムはインドネシアの製造・販売拠点を核として、アジアを中心に10カ国で事業展開する。「ギャツビー」ブランドはインドネシアなど多数の国で認知率が8割を超えて、男性化粧品のトップブランドになっている。 マンダムの海外販売品は現地生活者のニーズに応じた商品設計が基本。各国の一般大衆層を対象に、現地のライフスタイルなどを調査し、日本で基本処方した素材を基にインドネシアで研究開発する。 海外売上高...
53Picks
福山雅治レベルじゃなくてもOK!オッサン好きな20・30代女性はこんなにいた
女子SPA!
|
ここ数年、40代の男性俳優やタレントが人気です。  株式会社マンダムが20代・30代女性の恋愛対象と男性の年齢との関係について意識調査を実施した結果をみても、「好きな男性有名人」で名前が挙がった人の38%、およそ4割近くが40代でした。 ⇒【グラフ】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=355233
46Picks
40才からの“油っぽい”加齢臭発見―マンダム
ニュースイッチ
|
マンダムが40才からの男性のにおいに着目した「ルシード ニオイケアシリーズ」の販売が、2013年の発売から右肩上がりで伸びている。同社は50代以降本格化する加齢臭より前に気になり始める40才ごろからの“油っぽいにおい”を発見。「ミドル脂臭」と名付けた。ミドル脂臭は一般的な汗臭や加齢臭と違う第3のにおい。後頭部や首の後ろ周辺から発することも分かった。 「薬用デオドラント ボディウォッシュ」(4...
44Picks
三つの成分で頭の臭いに対策 マンダム、厚労省が承認
共同通信
|
三つの成分で頭の臭いに対策 男女を問わず幅広い年齢層が気にしているとされる頭の臭い(頭皮汗臭)。マンダムは、性質が異なる三つの成分を組み合わせた新たな対策を見つけ、厚生労働省から「頭皮汗臭を防ぐ」として医薬品医療機器法(旧薬事法...
39Picks
男子就活生が“見た目”で好印象を獲得するためには?
ニュースイッチ
|
肌や髪形の印象を良くして内定ゲット―。マンダムは男子就活生向けの身だしなみセミナー「男子就活生応援セミナー」を就職活動解禁日に合わせて開催した。肌と髪形による印象の大切さをアピールすることで、男性向け化粧品と整髪料の市場およびシェア拡大を目指す。 セミナーは学生12人が参加。肌の質感や髪形が相手に与える印象の違いを紹介し、肌の手入れ方法と髪形のスタイリング方法を紹介した。同社の製品を使い、実...
37Picks
アジアでも男性化粧品、マンダム"次の一手"
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
男性用化粧品で国内首位のマンダム。インドネシアが牽引して3期連続の最高益を更新する見込みだ。が、伸びは鈍化傾向。次なる成長への施策とは。
33Picks
マンダムが拓く、男性用化粧品の未踏領域
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
男性用化粧品で国内首位をひた走るマンダム。将来的な国内需要の頭打ちを見据えて、新たな成長戦略を打ち出している。西村元延社長にビジョンを聞いた。
31Picks
化粧品各社がメンズ攻勢 ひげそり・スキンケアなど伝授
産経ニュース
|
化粧品各社が、男性向けの事業を相次ぎ強化している。ポーラ・オルビスホールディングス(HD)子会社が国内初となる男性用の総合コスメブランドを立ち上げるほか、マンダムや資生堂は企業の社員や就活生に身だしなみを伝授するセミナーを開催している。マナーとして清潔感が重視され、スキンケアなどに関心を持つ男性が増える中、各社とも新たな需要を掘り起こしたい考えだ。
25Picks
採用面接で重要視されるのは“視線を合わせて話す”「就職活動に関する調査」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
マンダムは、30~60代の企業新卒採用担当者412名を対象に、面接中の就活生の態度に関する調査を実施し、その結果を発表した。 同調査によると、入社に対する熱意を伝えるための重要な機会である面接では…
23Picks
「スメハラ」が追い風?“体臭”対策市場が拡大中
ニュースイッチ
|
“スメハラ”という言葉ができるほど、体臭に対する意識が強まっている。におい対策といえば脇に使う制汗スプレーが一般的だが、最近では頭皮や足など他の部位に対策する製品も出現した。またにおいの質に着目した製品も発売された。におい対策市場は拡大をみせている。承認を取得 殺菌成分に着目―。マンダムは「頭皮汗臭を防ぐ」効能の承認を厚生労働省から取得。デオドラントスプレー「ルシード薬用 頭皮とカラダのデオ...
23Picks
6割以上がTwitterで複数アカウントを使い分けている──15〜24歳男性のSNS利用実態
Engadget 日本版
|
マンダムは2月21日、15歳〜24歳の男性を対象に実施した友達や仲間との交友関係に関する調査結果を公表した。いまどきの男子のSNS利用方法や、どのように友人関係を築いているかが明らかとなった。 調査は、2016年11月に実施。15〜24歳の男性415人を対象に、インターネット上で質問に答えてもらった。 調査ではまず、友達の定義について質問。一番多かったのは「複数で遊ぶ(食事)」の59.8%で...
19Picks
平成男子の約6割がSNSに載せる自身の顔写真を「加工」――マンダム調べ
ITmedia マーケティング
|
マンダムは、出会いとデジタルコミュニケーションに関する調査を実施しました。
17Picks
花王、資生堂、マンダム… 洗顔料・歯磨き粉・ボディソープ等に眼球損傷&環境汚染のプラスチック微粒子「マイクロビーズ」使用、米欧では規制進む|MyNewsJapan
MyNewsJapan
|
肌の古くなった角質を除去するスクラブ洗顔剤や歯磨き粉等に使われる微細なプラスチック粒子「プラスチック・マイクロビーズ」は環境汚染のリスクが高く、今年2月に米国で規制法案が提出されたのを機に、欧米の化粧品メーカーが相次いで自主規制を発表した...
14Picks
マンダム、アジア市場重点 マーケティング強化 2027年までに海外65%に
産経ニュース
|
マンダムは22日、同社が100周年を迎える2027(平成39)年までに海外売り上げ比率を現在の41%から65%に引き上げる方針を発表した。経済成長の伸びしろがあるアジアに重点を置く。同社は昭和33年にフィリピンに進出し、現在はインドネシアや中国など10の国・地域で事業を展開。グローバルな競争力向上のため、東京都港区のオフィスにマーケティングの担当部署を集約した。西村元延社長は「アジアにはこれ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ