新着Pick
SPD02A98MCQ3R48U

Alibaba Group Holding Ltd

阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
c/o Alibaba Group Services Limited 1 Matheson Street 26th Floor Tower One, Times Square Causeway Bay Hong Kong Hong Kong
+852 22155100
詳細を見る
概要
1999年3月創業。企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴 (Alibaba.com; アリババ・コム)」が多くの会員を集め瞬く間に急成長。

以降、電子商取引サイト「淘宝網 (Taobao.com)」、検索サイト「Yahoo!中国雅虎」、電子マネーサービス「支付宝 (Alipay)」、ソフトウェア開発会社「阿里軟件 (Alisoft)」(現在はアリババドットコムとアリババクラウドコンピューティングに合併) などの会社を設立または買収し傘下に収める。

国際的な知名度を高めたのは、2005年に行ったYahoo!中国の買収案件を成立させたことから。この際、アメリカYahoo!は阿里巴巴集団の株を入手し、2007年現在筆頭株主となっている。

創業者は馬雲(马云)。アメリカ検索サイト大手ヤフーの創業者ジェリー・ヤン、ソフトバンクの孫正義と交流があり、2007年からソフトバンク取締役を務める。

2007年11月に阿里巴巴網絡有限公司(アリババ・ドットコム)を香港証券取引所のメインボードに上場。2012年6月、アリババ・グループによる株式公開買付けにより、香港証券取引所の上場を廃止。買付け価格は、上場公募時の価格と同じ一株13.50香港ドルであった。

2014年、ロスチャイルドを財務アドバイザーに起用し、ニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額2兆円を超える当時世界史上最大のIPOとして話題を呼んだ。上場の準備段階でフィデリティ・インベストメンツを自社の金融仲介に参加させていた。2015年、スナップチャットに2億ドルを出資したと報じられる。

2015年からトヨタ自動車に代わり2022年までの8年契約でFIFAクラブワールドカップの冠スポンサーに就いている。2018年より2028年までの10年契約で国際オリンピック委員会 (IOC)の13社目(トヨタなどに続く)のワールドワイドパートナーとなることも発表され、これにより韓国の2018年平昌オリンピック、日本の2020年東京オリンピック、中国本国の2022年北京オリンピックなどのスポンサーとなることが決まった。子会社のアリスポーツはEスポーツの振興に力を入れており、アジアオリンピック評議会(OCA)と提携して中国で行われる2022年アジア競技大会でメダル種目にすることを発表し、独自大会ではも主催してる。同年3月にはインド電子決済最大手のペイティーエムに巨額の出資をアリババの関連会社とともに行っており、インドでの高額紙幣廃止を追い風にシェアを拡大している。なお、アリババと提携しているソフトバンクも同企業に出資してアリババと並ぶ大株主となっており、両社はスナップディールにも巨額出資している。

2016年、3月期の決算で、傘下のサイトで売り買いされた流通総額は前年比27%増の4850億米ドル (約51.9兆円)だった。米ウォルマート、米コストコ、仏カルフールを上回り、初めて世界最大の小売企業・流通企業となった。営業利益が前年同期比26%増の291億元 (約4800億円)。スマートフォン経由でのネット通販が伸び、増収増益が続いた。売上高は同33%増の1011億元 (約1兆6671億円)。15年11月に実施した大規模セールの取引額が912億元と14年より6割増えたほか、スマートフォン経由での売上高も2.8倍に増えた。通期の総取引額は同27%増の3兆920億元 (約49兆8121億円)。投資収益などが膨らみ、最終利益は同2.9倍の712億元 (約1兆1740億円)。時価総額ではテンセントを抜いてアジア最大の企業にもなった。また、同年4月には東南アジアのECコマース最大手ラザダグループを買収した。2018年、米マネーグラムと前年に買収で合意するも米国の規制当局から認可されなかった。
代表者
John Michael Evans (President),Yong Zhang (Chief Executive Officer),Yun Ma (Chairman)
設立年月日
1999
従業員数
103,699 人
上場年月日
2014-03-11
上場市場
サンパウロ証券取引所,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所(ADR),スイス証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所(ADR),フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
アリババ、京東が米国向け電子たばこの発売を停止 中国メーカーも打撃か
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
世界最大かつ最も成熟している電子たばこ市場である米国が今、転換期を迎えている。 米メディア「ザ・ヴァージ(the Verge)」によると、米国ではすでに7人が電子たばこが原因とされる疾病で死亡しており
32Picks
アリババ創業者、ジャック・マーがアフリカに期待する理由
Forbes JAPAN
|
アリババ創業者のジャック・マーは中国の数百人の経営者らが今後、独自の慈善団体を立ち上げることを望んでいるが、中国はまだこの分野のスタート地点に立ったに過ぎないと述べた。「世界の多くの国々が、慈善活動分野で長年の歴史を築いてきた。しかし、中国・・・
258Picks
グーグルが切り開く、量子コンピューターの未来
NewsPicks編集部
|
量子コンピューターの開発に、IBMやグーグルそして中国のアリババがしのぎを削っている。焦点はゲート方式の量子コンピューターの開発だ。そのゲート方式の開発について、英紙フィナンシャル・タイムズ(F...
598Picks
中国・アリババの「デジタル百貨店」に行って驚いた、そのヤバい実力 日本の百貨店、復活のヒントもあった!
デジタルシフトタイムズ
|
立教大学ビジネススクール教授 田中道昭氏がデジタルシフトの最新動向をお届け。アリババのリサーチを目的に、同氏が中国・杭州へ視察した中で訪ねた「デジタル百貨店」を解剖する。
11Picks
アリババ、データを元に作った服をファッションウィークで発表
ZOZO FashionTechNews
|
ファッションウィークで発表された服は、AIによってトレンド予測したデータを元に生み出された。 アリババグループのECサイトTmallは、2019年9月に行われたニューヨーク、ミラノ、パリで行われたファッションウィークで、新人中国デザイナーのコレクションを発表する「Tmall China Cool」というイベントを行った。イベントの目的は優れた中国デザイナーを世界に発信すること。既にニューヨー...
15Picks
アリババの独自開発DB、オラクル抜き世界一に 20人の部隊から
www.afpbb.com
|
【10月13日 CNS】アリババ系ネット決済プラットフォーム「螞蟻金融服務(アントフィナンシャル、Ant Financial)」は2日、同社が独自に開発したデータベースのOceanBaseが、TPC-Cデータベース基準性能テストの世界記録を打ち破り、前世界記録保持者であるオラクル(Oracle)の2倍の成績を獲得した。
44Picks
アリババ初のAIチップ クラウドサービス成長の武器になるのか
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
中国IT大手アリババグループ傘下の半導体メーカー「平頭哥半導体(Pingtouge Semiconductor、T-HEAD)」が9月25日、同社初のAIチップ「含光800(HanGuang 800)
981Picks
「スーパーアプリ」とは何か?統合アプリ戦争勃発、LINEがWeChatやAlipayを追うワケ
ビジネス+IT
|
スマホアプリは日常生活に欠かせない存在となった。ただ、いちいちアプリを立ち上げるのも面倒だ。そんな煩わしさからユーザーを解放するのが、さまざまなサービスを統合した「スーパーアプリ」である。中国の「WeChat」や「Alipay」、インドネシアの「Go-Jek」、シンガポールの「Grab」などは代表的なスーパーアプリで、すべてアジアから生まれている。なぜか? また、サービスの拡張を進めるLIN...
58Picks
日本企業も熱視線、世界のクラウド市場で急成長するAlibaba Cloudの魅力
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
中国ではGoogleもAmazonもFacebookもない、独自のインターネットが発展している。特にここ数年はAlipay、WeChat Payといったスマートフォンを用いた電子決済が浸透し、それ…
163Picks
JR西、アリババと提携 中国人客増へ旅行商品開発
共同通信
|
JR西、アリババと提携 JR西日本は24日、中国の電子商取引(EC)大手アリババグループと提携したと発表した。共同開発した旅...
10Picks
アリババ子会社がAIチップ「含光800」を発表、従来GPUの10倍の処理能力
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
関連記事はこちら ファーウェイ、Androidスマホがスムーズに動くコンパイラ「ARK」を発表 ファーウェイが...
54Picks
アリババが展開する次世代スーパー「盒馬mini」 地方進出を加速
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
関連記事はこちら FacebookのWeChat化が止まらない サムスンの好況期は終わった:メモリがもたらした...
22Picks
カリスマ経営者を失ったアリババとジャック・マーの今後
Forbes JAPAN
|
創業者のジャック・マーが、経営から離れた後の中国のアリババはどこに向かっていくのだろう。20年近くもの間、アリババの経営を率いてきたマーはカリスマ性と先見性で知られ、彼が会社を去ることは会社にとって大きな痛手にもなり得る。米中の貿易摩擦の高・・・
967Picks
「次のアリババが明日始まる」「別の舞台で会おう!」ジャック・マー引退演説全文
Business Insider Japan
|
中国EC最大手のアリババは9月10日、創業20年の節目に企業のビジョンやミッションをまとめた「新六脈神剣」を発表した。 「顧客第一、従業員第二、株主第三」「唯一変わらないものは変化」「今日の最も良い仕事は明日の最低限の要求」など、6つの短い文章からなる「新六脈神剣」は、ジャック・マー(馬雲)会長...
98Picks
ジャックマーのラストスピーチ「青山不改,绿水长流」
辺境通信
|
2019/9/11に引退したジャックマーの最後のスピーチ
408Picks
ジャック・マー氏退任、カリスマ失うアリババ
The Wall Street Journal
|
【杭州(中国)】中国財界で馬雲(ジャック・マー)氏のような人物は他にはいない。そして、馬氏のような人物が次に登場するまでには、長い月日を要するかもしれない。  中国の大富豪である馬氏は10日、自身の55歳の誕生日にアリババグループ会...
552Picks
【分析】ECの鬼門「生鮮」。アリババのフーマーはなぜ成功した
NewsPicks編集部
|
eコマース(電子商取引)が頭打ちになったことで、オフラインの世界に出て行ったアリババ、ジンドン、シャオミ。彼らはオンラインで磨いた高効率化を実現するテクノロジーの何を、どのようにしてオフラインの...
105Picks
アリババ、競合大手を買収 越境ECで圧倒的地位に
共同通信
|
アリババ、競合大手を買収 【上海共同】中国の電子商取引(EC)大手のアリババグループは6日、IT企業、網易(ネットイース)傘下...
368Picks
【真相】訪れた潮目。アリババがニューリテールに向かった理由
NewsPicks編集部
|
小売業の効率を一段上げる新しいテクノロジーが出てきた時、新しいビジネスモデルが生まれる。「ニューリテール」の本質とは、小売業の効率を高めることだと『新・小売革命』(中信出版日本)の著者・劉潤(リ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ