新着Pick
SPD023YUVSL5C5LA

Bank of America Corp

100 North Tryon Street Bank of America Corporate Center Charlotte North Carolina United States
+1 704 386-5681
詳細を見る
代表者
Brian T. Moynihan (Chief Executive Officer,President,Chairman)
設立年月日
1998
従業員数
210,000 人
上場年月日
1973-01-02
上場市場
ニューヨーク証券取引所,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
115Picks
進学したところで「稼げない大学」が多すぎる? 多額の授業料を払う意味はあるのか
クーリエ・ジャポン
|
「負債が増えるだけ」の大学に注意バイデン米大統領は8月24日、連邦政府の学生ローン返済を一部免除すると発表した。アメリカでは4300万人が学生ローンを利用していると推測されており、債務額が1万ドル(約138万円)未満の人は全体の約20%だと言われている。つまり、多くの人々は、大学卒業後も、山のような負債を抱えている状態だ。たとえ大卒の資格を得ても、かつてそれが与えてくれた中流階級以上の生活は、そう
16Picks
投資の神様、ウォーレン・バフェットの最新ポートフォリオこの四半期での主な動きは3つ
Business Insider Japan
|
・ウォーレン・バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイは8月15日、2022年第2四半期(6月末時点)の米国株の株式保有報告書をアメリカ証券取引委員会(SEC)に提出した。 ・バークシャーは、アップル、シェブロン、オキシデンタル・ペトロリアムの株式を増やし、銀行株を微調整した。 ・ここでは...
18Picks
ウォール街の一部銀行、ロシア債の取引再開 米ガイドライン受け
Reuters
|
[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米ウォール街の一部金融機関がロシア債の取引を再開していることが、ロイターが入手した文書などで分かった。
47Picks
中国発ファストファッションのデカコーン「SHEIN」、24年に米上場の意向
36Kr Japan
|
中国発のファストファッション大手「SHEIN」が、2024年の米国上場を目指していることが分かった。関係者によると、同社は22年初めに実施した資金調達の際、投資家に向けて「早ければ24年にも米国で新規...
72Picks
米経済、40%の確率で来年リセッション入り=BofA証券
Reuters
|
(画面に正しく表示されなかったため再送します)
14Picks
中国百度、iQIYIの過半数株売却で協議=関係者
Reuters
|
[香港 15日 ロイター] - 中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は、保有する動画配信サービス「愛奇芸(iQIYI)の過半数株式売却に向けて協議を行っている。iQIYIの企業価値は約70億ドルとなる可能性がある。状況に詳しい関係者2人が明らかにした。
105Picks
決済ビジネスを破壊する暗号通貨Solanaと「ソラナペイ」の実力
Forbes JAPAN
|
世界最大規模の決済企業であるVisaとマスタカードは、暗号通貨にその地位を脅かされている。イーロン・マスクは、ドージコインが「未来の通貨になるかもしれない」と述べている。そんな中、元フェイスブック幹部で「SPACキング」と呼ばれる著名投資家・・・
11Picks
物言う投資家の標的企業助言業務、21年はBofAがランク首位
Reuters
|
[ボストン 3日 ロイター] - リフィニティブが3日公表したデータによると、2021年にアクティビスト(物言う投資家)の標的となった企業の金融アドバイザーランキングで、米バンク・オブ・アメリカ(BofA)が首位となった。
754Picks
高額報酬の投資銀行から逃げ出す新人バンカーが続出する理由 | 「新卒で年収1750万円でも嫌です」
クーリエ・ジャポン
|
投資銀行のアナリストといえば、かつては若くして高額の給与を手にすることができる、エリート学生にとって最高の就職先だった。だが、ワークライフバランスの見直しが進むなか、敬遠する若者が増えているという。その現状に、米紙「ニューヨーク・タイムズ」が迫った。ヴィンス・イヨリオベは、2017年にバンク・オブ・アメリカの投資銀行部門に新人アナリストとして入社したとき、自分にとって夢のキャリアである、別の金融系
90Picks
米国で利用増のリコマース市場、小売企業はどう対応すべきか
Forbes JAPAN
|
Z世代の多くは、新しい洋服やアクセサリーを買いたがらない。彼らには洋服が、まるで子犬のように思えるらしい。つまり、家族を必要としている保護犬がたくさんいるのだから、ブリーダーからわざわざ購入するのはおかしいというわけだ。「ゴミとして埋め立て・・・
640Picks
ビットコインは史上最大級のバブル崩壊へ向かう-投資ストラテジスト
Bloomberg.com
|
仮想通貨ビットコインは、歴史を揺るがした史上最大級のバブル崩壊を後追いしている。米銀バンク・オブ・アメリカ(BofA)のチーフ投資ストラテジスト、マイケル・ハートネット氏率いる同行のアナリストが8日のリポートで指摘した。
11Picks
米Amazon社員が語る、アメリカ就職 Vol.3
Forbes JAPAN
|
米アマゾン本社で働く日本人3人をゲストにお迎えし、アメリカでの就職やアマゾンへ入社する経緯をお聞きする座談会シリーズの第3回。今回は、アメリカと日本の労働環境の違いについてご紹介します。第1回はこちら第2回はこちらゲスト● 中里将久(なかざ・・・
277Picks
Googleは従業員の血糖値がKPI、ゴールドマン深夜残業禁止 米国で進む「健康経営」
ZUU Online|経済金融メディア
|
米投資銀行ゴールドマン・サックスは夏季インターン生に対し、午前0時以降の残業を禁止した。過酷な勤務環境で知られるウォール街においても、2年ほど前、バンク・オブ・アメリカのロンドン支店で、ドイツ人のインターン生が死亡したことから、ワークライフバランスを重視する流れが急速に広がっており、その中で非常に重視されている考え方が「健康経営」である。 ■単に医療費が削減できるだけでなく生産性・創造性も向...
257Picks
身近な人にお金を貸してはいけない6つの理由
Forbes JAPAN
|
バンク・オブ・アメリカの調査によれば、「お金の問題で友人を失ったことがある」という人は、回答者の50%を超えるという。「破産」した友人を助けるのは正しいことだと思うかもしれない。だが、そうすることで2人の関係は、完全に破綻してしまうかもしれ・・・
208Picks
クレジットカード決済が津々浦々まで行き渡ったとき、世界はどう変わるのか(前編)
Mugendai(無限大)|新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア
|
クレジットカードの歴史をひも解くと、1958年にバンク・オブ・アメリカがVISAの前身であるバンクアメリカードを発行、アメリカン・…
203Picks
アマゾンだけではない。明らかになるテック業界の過酷な労働環境
Bloomberg
|
2013年にバンク・オブ・アメリカで過労のインターンが死亡したとき、銀行業界は激しい批判にさらされた。このときにはウォール街の過酷な労働環境が、テクノロジー業界のそれと対比された。 テクノロジー...
198Picks
戦略人事の世界的権威、ラム・チャラン博士インタビュー
Forbes Japan
|
人事の果たす役割の重要性については誰もが理解しているはずだ。しかし、現実には多くの企業がその力を有効に活かせずにいる。他社よりも優れた人材を集め、競争的優位を保つにはどうすべきか?GEやデュポン、バンク・オブ・アメリカといった世界的な企業の・・・
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ