新着Pick
SPD016E69E5AYX4G

株式会社 みずほフィナンシャルグループ

株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
03-6838-6101
詳細を見る
概要
かつての第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を合併・再編したことによって2000年に発足したみずほホールディングス(現・みずほフィナンシャルストラテジー)の子会社として2003年1月に発足し、同年3月に親子関係を逆転して、みずほグループの統括企業となった(同時に、現在のみずほ信託銀行が合併により発足している)。

また、同社を親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の金融関係の企業からなる企業グループのことも指す。グループ全体によるブランドスローガンは2013年から、「One MIZUHO」が設定されている。各事業子会社を通じて銀行・信託・証券・資産運用・クレジットカードなどの業務を提供しており、法人融資先は10万社超、個人預金口座数は2,600万口座に上り、総資産154兆円を抱える。

三菱UFJフィナンシャル・グループ (MUFG)、三井住友フィナンシャルグループ (SMFG) とともに、3大メガバンクの一角を占める。2007年現在、総資産・預金量・時価総額などの点で、SMFGに次ぐ日本第3位の金融グループであり、世界的な銀行の中では、総資産・時価総額で第10位にランクインしている。フォーブス世界企業総合番付2007 (Forbes Global 2000) では、トヨタ自動車、MUFG、NTTに次ぐ日本第4位(世界59位)となった。

2013年7月1日、傘下行である『みずほコーポレート銀行』がみずほ銀行を吸収合併し、行名をみずほ銀行に改称した。

2017年11月13日、2017年度中間決算の際、収益力向上に向けて、2024年度末までに店舗数を現在の500店舗から100店舗削減し、2026年度末までに人工知能などを使った業務効率化により、グループの従業員数を現在の約7万9000人から6万人に減らす構造改革案を公表した。
代表者
執行役社長 坂井  辰史
設立年月日
2003-01-08
従業員数
61,064 人
上場年月日
2003-03-12
平均年齢
40 歳
平均年収
9,868,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
みずほが中計、24年3月期に約9000億円の業務純益 19年3月期は4083億円
Reuters
|
[東京 15日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ<8411.T>は15日、2024年3月期に連結業務純益を9000億円程度とする5カ年経営計画を発表した。19年3月期の4083億円から倍増を目指す。
14Picks
風雲急を告げる米中摩擦はトランプ再選にとって「諸刃の剣」
Diamond Online
|
にわかに高まる米中の緊張に対し、米国内での政治的な反発は思いのほか盛り上がらない。来年の大統領選挙を考えれば、中国とのディールを求める力学が高まるはずだが、大統領選挙への計算がむしろトランプ大統領を強気な姿勢に駆り立てている。
13Picks
【マレーシア】みずほ銀、イスラム開発銀に3億米ドル融資[金融]
NNAアジア経済ニュース
|
【マレーシア】みずほ銀、イスラム開発銀に3億米ドル融資[金融] マレーシアみずほ銀行は4月30日、イスラム開発銀行の民間融資部門イスラム民間開発公社(ICD)との間...
16Picks
【経済インサイド】サービス開始、みずほFGの「Jコイン」 商標争いにアノ会社も - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト
SankeiBiz
|
乱立するスマートフォン決済。新興のIT企業が金融業界に攻め込む構図に、みずほフィナンシャルグループ(FG)はメガバンク初の2次元バーコード「QRコード」を使った…
181Picks
LINEが"野村・みずほ"と組む本当の狙い
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
LINEが金融事業に力を入れている。野村証券やみずほ銀行と手を組み、フィンテック事業を次々と立ち上げている。立教大学ビジネススクールの…
90Picks
みずほ大幅下方修正が示す銀行の苦境、投資家が注視すべき「減損リスク」
Diamond Online
|
新年度に入り株式相場は堅調に推移するなか、銀行株は上値の重い展開となっている。今後の金利上昇や金融機関の利ざや改善への期待が醸成されにくい状況になったためだ。修正幅が特に大きかったみずほをはじめ、今後注意すべきは減損損失リスクである。
10Picks
オールバンクのスマホ決済「Bank Pay」今秋スタート。メガバンクから地銀まで
Impress Watch
|
メガバンクや地方銀行など、1,000以上の銀行口座から直接支払いができる“オールバンク”のスマホ決済サービス「Bank Pay(バンクペイ)」が今秋スタートする。日本電子決済推進機構が展開し、みずほ、三井住友、三菱UFJなどのメガバンクから、地銀、信用金庫などが対応予定。
21Picks
AIで融資の審査 中小企業向け、みずほが大手行初
朝日新聞デジタル
|
みずほ銀行は16日、中小企業の信用力を人工知能(AI)を使って審査し、最大1千万円まで貸し出す新サービスを始めたと発表した。法人向け融資の審査にAIを活用するのは大手行で初。当面は、同行に法人口座を…
16Picks
「ガラケーでUber」から「孫とのマッチング」まで──若者に注目しないシニア向けサービスを紹介
FastGrow
|
高齢者のケアを主眼に置いたスタートアップがアメリカで存在感を発揮している。日本国内では、少子高齢化による高齢者向けビジネスの市場拡大は加速度的になると考えられている。みずほ銀行の試算によると、高齢者における「医療・医薬」「介護」「生活産業」の事業分野における市場規模は、2007年時点で67.8兆円。これが2025年には、101.3兆円にまで伸びると予測されている。アメリカの先例を知っておくこ...
16Picks
メガバンクが後発でスマホ決済に参入しても「勝機がある」理由とは
DIGITALIST
|
りそなグループ、みずほFG、ゆうちょ銀行など、銀行のスマホ決裁サービスへの本格参入が相次いでいる。勝機をどこに見いだしているのか。
172Picks
グーグルやアマゾンだけではない、米国で盛り上がる「巨大企業分割論」
Diamond Online
|
次期大統領選挙に向けた動きが活発になってきた米国で、巨大企業のもたらす弊害が争点になっている。やり玉にあがっているのは、フェイスブックやグーグルといったハイテク系の大企業ばかりではない。企業活動にどんな影響を与えるのだろうか。
13Picks
【新イベント】ヤフー沼田氏、上田紀行氏、みずほ大久保氏が登壇
NewsPicksアカデミア
|
NewsPicksアカデミアでは毎月7回以上、各業界のプロフェッショナルによるリアルイベントを開催しており、毎週新規イベントを公開しています。今週の新規イベントは▼Future of Work ...
96Picks
名前でつまずいたみずほFG「Jコイン」 地銀参加も乏しく
産経ニュース
|
乱立するスマートフォン決済。新興のIT企業が金融業界に攻め込む構図に、みずほフィナンシャルグループ(FG)はメガバンク初の2次元バーコード「QRコード」を使った…
1150Picks
LINE Payとメルペイが提携、QR決済の相互開放へ
Engadget 日本版
|
LINE Payとメルペイは26日、QRコード決済サービスでの提携を発表しました。2019年初夏を目処に、両社の加盟店を相互開放し、両方のユーザーが利用できるようにします。 QRコードを巡って各社が乱立する状況のなか、ここにきて事業者間での連携の動きが進んでいます。 2018年末より新規参入が相次ぐQRコード(バーコード)決済市場。2019年に入ってからも「J-Coin Pay」(みずほ銀行...
14Picks
みずほ“6800億円の損失”が意味すること 追い打ちをかけるフィンテック
ビジネス+IT
|
みずほフィナンシャルグループが6800億円の損失計上を発表した。構造改革を目的とした前向きな処理であることを強調しているが、必ずしもそうとは限らない。システム費用の損失計上は、期待収益が下がったことを意味しており、今後の事業環境がより厳しくなったことを意味している。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ