新着Pick
338Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コネクテッドもさることながら、EV、特にFCVは運行範囲が一定の範囲の商用車が向いている。適切な流れではないでしょうか?
人気 Picker
気になるポイントと、歴史の振り返り。

①がリリースで『小型トラック領域を中心に、EV・FCV、自動運転技術、電子プラットフォームの開発に共同で取り組みます』とある。技術的には、大型になるほど普通の乗用車と違う(最近は乗用車でディーゼル使わなくなっているので、小型でも違いが増えているとは思うが)。②が日本での区分で、グローバルにもトラックメーカーの主戦場は中・大型車。そのなかで小型車に限定しているのが一つ気になる点。
そしてEVも含めているのがもう一つ。トラックは稼働させてナンボ、なので充電時間がかかるEVは適していないと思う。ただヤマトの宅配便のトラックのような、駐車場に停めるようなものはアリかもしれない(そしてこれは小型)。

歴史については、いすゞは元々GMと仲が深かったがGMの経営危機で売却され、トヨタは日野を傘下に持つ中、2006年に業務資本提携をした。ただ協業領域だった小型ディーゼルで進展がなく、2018年に資本関係を解消(③)。
その後のいすゞの文脈は④でまとめたが、GMと提携を再度深め、GMと関係を深めているホンダともFCVで提携。またその前から米国のエンジン大手のCumminsと提携(⑤)したり、2019年12月にVolvoと戦略提携覚書を締結し、2020年10月にはそれを深めてUDトラックスを取得(⑥)。

そしてCASE文脈では、ホンダもいすゞもMONETに出資。そして今回いすゞの関係がより深まる。そうすると、FCVでトヨタ・ホンダ・GMがどうなっていくのかが、次に気になる…ただ、記者会見内容(⑦)は日本国内の話中心。

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/34957140.html
https://www.jta.or.jp/coho/hayawakari/5.kubun.html
https://newspicks.com/news/3220328
https://newspicks.com/news/5283140
https://newspicks.com/news/3358671
https://newspicks.com/news/5349673
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/34956968.html
3社の共同出資で新会社「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ」を設立。出資比率はトヨタが80%、いすゞと日野がそれぞれ10%。トヨタで商用車を担当する中嶋裕樹氏が社長に。どんな会社になるのか。注目ですね。
欧米ではトラック・バスのFCV化(水素)、自動運転L4が注目されています。日本もトラック事業で協調する覚悟ができたと理解してます。
3時まであと10分、正式発表を待ちましょう。コネクティッド基盤を共有化しさまざまな商用領域の課題解決を実現できる仕組みづくりが鍵?
規模が違う企業同士の相互持ち合いメリットをあまり感じていないのですが、契約書だけではダメなんでしょうか?現金が減るデメリットに対して「ちぎり」以外のメリットがよくわかりません
3社による株式の持ち合いかと誤解したが、トヨタといすゞとの間の約5%の持ち合いと、メインの共同出資会社の新設だった。

本体同士の協業ではなく、なぜ、別会社の設立なのだろう?
また、将来、上場(株式公開)することがないなら、株式会社形態選択する必要はない。

おそらくCASE分野での協業の具体案がまだ詰まっていない、取りあえずの枠組みの設置なのだろう。

トヨタによる子会社の設立と、それへのいすゞによるマイノリティ出資ということだから、騒ぐこともない。
2006年には小型ディーゼルエンジンでの提携をしたが、2018年には解消、今回はカーボンニュートラルとCASEでの社会課題解決だから中身が大きくことなる資本提携。日野とISUZUのトラックを合計すると国内シェアは8割以上。かつ、トラックは台数は全体の2割だが輸送におけるCO2排出は8割、となるとこれは社会課題解決におけるインパクトは大きい。CASEにおけるマッチングなどをしていくことで台数、走行距離は大きく減少できる。
商用はいすゞが独自でリードすると思っていたので少し意外。日野含めた連合でとなると、トヨタのコネクティッドを上手く使えるかもしれませんが、ちと面白みにはかけますね。
FCトラック・バス (もちろん繋がるやつ) ですかねぇ (あ、ちなみにいすゞはメリケンではトラックが主製品なんですよ)
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
32.5 兆円

業績

いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語: Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスなどの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。1916年(大正5年)創業。 ウィキペディア
時価総額
1.23 兆円

業績