【完全解説】コインチェックの「財布」は、どこが抜け穴だったのか

2018/1/29
日本最大手の仮想通貨取引所のコインチェックから、たった一夜にして580億円相当の仮想通貨が盗まれたという、前代未聞のハッキング事件。
すでに同社は、盗まれた仮想通貨ネム(XEM)を保有していたユーザーに対して、自己資金から補償する方針を発表。具体的なロードマップは明らかではないが、市場のパニックはやや落ち着いている。
しかし日本人の仮想通貨への「投資熱」に、一気に冷水をぶっかけたこの大騒動は、どのよう背景から起きたのだろうか。
金融業界のプロフェッショナルらを経営メンバーに迎えて、仮想通貨取引所を運営しているQUOINE社の栢森加里矢CEOが、NewsPicksの緊急インタビューに応じた。
巨額の仮想通貨を取り扱っている取引所トップとして、今回の事件をどのように見ているのか。また個人はどのように自分の資産を守るべきか。その「本音」を語ってもらった。